ニングルの記事一覧

  1. 海上牧雲記

    中国ドラマ『海上牧雲記~3つの予言と王朝の謎~』のフル動画を1話から最終回まで無料視聴できる見逃し配信サイトを紹介します。 [su_button url="https://link-a.net/gate.php?guid=on&a…

  2. ポロス 古代インド英雄伝

    インドドラマ『ポロス 古代インド英雄伝』は、2019年9月11日からBS日テレで毎週月曜日から金曜日の午後2時30分~午後3時30分にオンエアされている海外ドラマで、動画サイト・Huluでは独占配信を実施中! 世界各国で異例の大ヒ…

  3. 家にはじめて行ってみた

    ドラマ『家にはじめて行ってみた』は、2019年10月4日(金)から大阪MBSでオンエア(金曜日の午後10時54分~56分)される事が決まった注目作! 朝ドラ『まんぷく』や高視聴率ドラマ『ノーサイド・ゲーム』など、人気作に数多くキャ…

  4. ジュニアグランプリファイナル2019女子(イタリア・トリノ)が2019年12月7日・8日の日程で開催される事になりました! 前年のバンクーバー大会はロシア勢が1位~5位を独占し、ロシア勢の選手層の厚さを示す形になったのですが、ジュニア…

  5. ジュニアグランプリファイナル2019男子(イタリア・トリノ)が2019年12月5日~7日の日程で開催される事になりました! 羽生結弦選手や宇野昌磨選手、ネイサン・チェン選手など、世界的な人気スケーターが金メダリストとして名を連ねている…

  6. 中国ドラマ扶揺(フーヤオ)の見逃したフル動画を無料視聴!再放送予定は?

    中国ドラマ『扶揺(フーヤオ)』のフル動画を1話から最終回まで無料視聴できる見逃し配信サイトを紹介します。 [su_button url="https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=…

  7. グランプリシリーズカナダ大会2019女子(2019年10月26日・27日)に、昨シーズンのグランプリファイナルを優勝した紀平梨花選手と、四大陸選手権銅メダリストの三原舞依選手が参戦! 元世界女王のエフゲニア・メドベージェワ選手、昨季の…

  8. グランプリシリーズアメリカ大会2019女子(2019年10月19日・20日)に、昨シーズンの全日本フィギュアを見事優勝した坂本花織選手がエントリー! 公式戦で4回転ジャンプを成功させているアンナ・シェルバコワ選手(ロシア)&エリザヴェ…

  9. グランプリシリーズカナダ大会2019男子(2019年10月26日・27日)に、五輪2連覇の大偉業を成し遂げた絶対的エース・羽生結弦選手がエントリー! 昨シーズンのグランプリシリーズロシア大会の練習中に右足首を負傷した影響もあり、大一番…

  10. グランプリシリーズアメリカ大会2019男子(2019年10月19日・20日)に、フィギュアスケート男子世界ランキング1位のネイサン・チェン選手(アメリカ)がエントリー! 2019年3月の世界フィギュアで圧倒的な強さを見せたネイサン・チ…

  11. ボディーガード(ミュージカル日本版)

    ボディーガード(ミュージカル日本版)は、大谷亮平さんや元宝塚スター・柚希礼音さん、新妻聖子さん、入野自由さん、内場勝則さん、などバラエティーに富んだキャストが集結する注目の舞台! 世界11ヵ国で舞台化されていて、観客動員数400万…

  12. ホジュン(韓国ドラマ)の見逃したフル動画を無料視聴!再放送予定は?

    韓国ドラマ『ホジュン』のフル動画を1話から最終回まで無料視聴できる見逃し配信サイトを紹介します。 [su_button url="https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=tcgg…

  13. ボディーガード(ミュージカル日本版)

    ボディーガード(ミュージカル日本版)は、大阪梅田劇場(2020/3/19~3/29)と東京・東急シアターオーブ(2020/4/3~4/19)で公演される事が決まった注目イベント! ケビン・コスナーさん&ホイットニー・ヒューストンさ…

  14. 独孤伽羅(中国ドラマ)の見逃し動画を無料フル視聴!再放送はいつ?

    中国ドラマ『独孤伽羅』のフル動画を1話から最終回まで無料視聴できる見逃し配信サイトを紹介します。 [su_button url="https://link-a.net/gate.php?guid=on&mcode=tcgg…

  15. 台湾人ライターのシュフェンです♪ この数年間、中国のエンターテイメント事業がだいぶ発展し、日本までも多い数な映画やドラマが輸入され、大ヒットになったのです。 その中に「中国イケメン俳優」と言えば、皆様は必ずヤン・ヤン(楊洋)さん…

RETURN TOP