半分、青い。(朝ドラ)脚本は北川悦吏子!あらすじやヒロイン鈴愛(すずめ)役は誰?

この記事は7分で読めます

半分、青い。(朝ドラ)脚本は北川悦吏子!あらすじやヒロイン鈴愛(すずめ)役は誰?

半分、青い。(朝ドラ)2018年4月から放送開始されるNHK朝ドラの新作です!

20%前後の平均視聴率をマークしている『べっぴんさん』の放送がクライマックスを迎えそうとしている中、約1年後に放送される新たな朝ドラ『半分、青い。』の詳しい情報が解禁されました。

『半分、青い。』の脚本を担当するのは北川悦吏子さん。
恋愛ドラマの達人として知られている人気作家・北川悦吏子さんが初めてNHK朝ドラの脚本にチャレンジします

ここでは、朝ドラ『半分、青い。』のあらすじや見どころといった基本的な情報をご紹介するのはもちろん、ネット上のみんなの反応のまとめやヒロイン鈴愛(すずめ)役の予想もお届けします。

2017年6月20日追記 ヒロイン決定!

 


スポンサーリンク


 

半分、青い。(朝ドラ)基本情報

半分、青い。
2018年4月2日(月)スタート(全156回)
NHK総合 月曜~土曜 午前8時~午前8時15分

脚本 :北川悦吏子(ドラマ『ロングバケーション』『運命に、似た恋』)
演出 :田中健二(朝ドラ『ウェルかめ』大河ドラマ『軍師官兵衛』)
    土井祥平(大河ドラマ『真田丸』ドラマ『ダークスーツ』)
    ほか
プロデューサー:松園武大(大河ドラマ『龍馬伝』
             朝ドラ『とと姉ちゃん』)
制作統括:勝田夏子(朝ドラ『ゲゲゲの女房』『梅ちゃん先生』)
主題歌:未定

2016年9月から11月にかけて放送された『運命に、似た恋』に引き続き、NHKドラマの脚本を担当する事になった北川悦吏子さん。ストーリーの舞台に近い岐阜県美濃加茂市出身です。

NHK朝ドラの第1作目が放送されたのが1961年で、北川悦吏子さんが誕生した年も1961年、というように朝ドラと北川悦吏子さんとの縁の深さを感じさせる作品でもあります。

制作発表会見ではヒロイン・鈴愛と同じく、北川悦吏子さん自身も左耳が聞こえなくなっている事をカミングアウトしました。

ロングバケーション』や『ビューティフルライフ』『オレンジデイズ』など、王道の恋愛ドラマを数多く手掛けてきた北川悦吏子さんが左耳の聴力を失いながら作家活動を続けている、という事実を知って驚かれた方も多かったはずです。

でも、耳が聞こえないからこそ感じ取れる独特な世界がきっとあるはずですし、ヒロインと同じ立場の北川悦吏子さんであれば、聴覚障害をお持ちの方々の思いを組み込んだ形で新感覚の朝ドラを作り上げてくれるのではないでしょうか。

北川悦吏子さん関連記事
運命に似た恋(ドラマ)あらすじやキャスト!原田知世と斉藤工の純愛劇

 

半分、青い。(朝ドラ)のあらすじは?

朝ドラ『半分、青い。』のあらすじをご紹介しましょう。

■あらすじ
主人公の鈴愛(すずめ)は日本中が大阪万博(1970年)の熱狂に沸いた次の年に岐阜県の東濃地方で生を受けました。

実家はこじんまりした料理屋さん。
豊かな自然に囲まれ、すくすくと成長していった鈴愛なのですが、小学校時代に病気の影響で左耳の聴力を失ってしまいました

左耳から音が聞こえなくなった事で気落ちしてしまった鈴愛。
でも、両親や誕生日が同じ幼なじみから厚いサポートを受け、持ち前の明るさを取り戻していきます。

耳に障害を抱えながらも高校を無事卒業した鈴愛は若い女性向けの漫画家になる事を夢見て、上京する事を決意したのです。

漫画家として成功するため、バブル景気に沸く大都会・東京に渡り、漫画の先生やアシスタントたちに支えられながら一生懸命努力したものの、手詰まり状態になってしまい、志半ばで漫画家の道を断念します

鈴愛は漫画家引退後に1人の男性と結婚。娘を授かり、女性としての幸せをかみしめる日々を送っていたのですが、理想的な日常が長く続く事はありませんでした。

家の台所事情が厳しくなると、とある夢を追いかけていた夫から離婚を言い渡され、シングルマザーになってしまいます

バブル景気が崩壊し、より厳しい時代が到来。
東京で暮らせなくなった鈴愛は岐阜の実家へと戻るのですが、鈴愛に予想外の事態が待っているのでした…。

 

■感想
波乱万丈な人生を送るヒロインの姿を描く、というスタイルは朝ドラの定番ともいえますけど、障害を持つキャラクターが朝ドラのヒロインになるケースは珍しいですよね

2020年に開催される東京パラリンピックの前に、障害を持ちながらも懸命に生き抜こうとしている女性の姿をしっかりと目に焼き付けて、障害を持つ方々に対する理解をより深めていきたいですね。

 


スポンサーリンク


 

朝ドラ『半分、青い。』ヒロイン鈴愛(すずめ)役を予想!

朝ドラ『半分、青い。』のヒロイン鈴愛(すずめ)役の座を射止めるのは誰でしょうか。
鈴愛役にキャスティングされそうな女優5名を大胆予想してみました。

鈴愛(すずめ)役:広瀬すず(1人目)
広瀬すず
あさが来た』の波瑠さん、『とと姉ちゃん』の高畑充希という歴代の朝ドラヒロインと一緒に2017年エランドール賞・新人賞を受賞した広瀬すずさん。

2016年は『ちはやふる』で単独の映画初主演を果たしましたし、CM起用社数ランキングでも吉田羊さんに次ぐ女性2位タイの座を獲得。

知名度という点では若手女優の中でナンバーワンだと思いますので、『半分、青い。』への注目度を更に上げるために、大人気の広瀬すずさんをヒロインに起用する可能性は十分あると思います。

広瀬すずさん関連記事
怪盗山猫(ドラマ)主演に亀梨和也!あらすじ・ネタバレやキャスト相関図
広瀬すずのCMがかわいい!曲と共演者まとめ!福士蒼汰と熱愛の噂も

 

鈴愛(すずめ)役:森川葵(2人目)
森川葵
2016年10月から12月にかけて放送されたドラマ『プリンセスメゾン』でNHKの連ドラ初主演を果たした森川葵さん。

映画『チョコリエッタ』の丸坊主姿やドラマ『硝子の葦』のブロンドヘアー姿など、役柄にしっかり染まるため、演じるキャラクターごとにヘアスタイルを大幅に変える事でおなじみの若手女優です。

演技力は申し分ないですし、明るいキャラクターよりも少し暗い面を持つキャラクターの方が合う女優さんですので、『半分、青い。』のヒロイン鈴愛の役柄にピッタリだと思います。

岐阜県が舞台のストーリーなので、岐阜県と同じ東海地方の愛知県東海市出身、という点も森川葵さんを推す理由の1つです。

森川葵さん関連記事
プリンセスメゾン(ドラマ)ネタバレやキャスト!家を買う前に知っておきたい!
遺産相続弁護士柿崎真一(ドラマ)あらすじとネタバレ!主演は三上博史
NINJATHEMONSTERにディーンフジオカ!あらすじキャストと上映映画館情報
TOO YOUNG TO DIE!(映画)のあらすじや感想は?キャストと主題歌は

 

鈴愛(すずめ)役:杉咲花(3人目)
杉咲花
2017年4月スタートの『ひよっこ』でヒロインを務める有村架純さんのように、朝ドラ出演をきっかけにブレイクした若手女優が後の朝ドラでヒロインを演じる、というケースが目立っていますよね。

『半分、青い。』でも有村架純さんと同じパターンになる可能性がありますので、『とと姉ちゃん』でヒロインの妹・美子役を演じた杉咲花さんがヒロインとして朝ドラに返り咲きするのでは?と予想します。

杉咲花さん関連記事
とと姉ちゃん(朝ドラ)主演は高畑充希!あらすじやキャスト相関図は

 

鈴愛(すずめ)役:平祐奈(4人目)
平祐奈
サッカー日本代表・長友佑都選手と結婚した平愛梨さんの妹としておなじみの平祐奈さん。2017年には『暗黒女子』など3本の映画に出演する事が決まっている旬な若手女優です。

現在18歳の平祐奈さんですが、年齢以上に大人っぽい雰囲気を醸し出していますので、どんどん年を重ねていく朝ドラヒロインの役柄にもしっかり対応できるのでは?と予想します。

 

鈴愛(すずめ)役:小松菜奈(5人目)
小松菜奈
菅田将暉さんとW主演を務めた『溺れるナイフ』や『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』など、映画を中心に活躍している小松菜奈さん。

2014年には映画『渇き。』の藤島加奈子役での演技が評価され、日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞するなど、実力は折り紙付き。

2017年2月22日から放送開始となった『赤の章〜警視庁庶務係ヒトミの事件簿』ではNHKドラマ初出演・初主演という大役を務めていますので、NHK関係者の評価も高いのかな?と予想しています。

小松菜奈さん関連記事
ディストラクション・ベイビーズ(映画2016)の原作あらすじとキャスト
沈黙Silence(映画)で窪塚洋介がハリウッドデビュー!キャストや感想
黒崎くんの言いなりになんてならない(映画)あらすじやキャストは?

 

半分、青い。(朝ドラ)のヒロインが決定!

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『半分、青い。』のヒロインが遂に決定しました!

ヒロインの楡野鈴愛(にれの すずめ)役に選ばれたのは、
永野芽郁(ながのめい)さんでした!

ドラマや映画を中心に経験を積み、最近では『UQモバイル』のCMで、深田恭子さん、多部未華子さんと姉妹役で共演し、「三女の子かわいい!」と評判になっていました。

大人っぽい顔立ちですが、まだ17歳!

朝ドラ『半分、青い。』のヒロインをしっかり演じきれれば、その後の女優人生に箔が付くので、期待してドラマを見たいと思います。

 

半分、青い。(朝ドラ)の見どころ

朝ドラ『半分、青い。』の見どころをチェックしていきましょう。

NHK朝ドラは苦しい状況に追い込まれたヒロインがどのようにして苦境を乗り越えるのか、というところにスポットライトをあてる事がお約束になっていますよね。

『半分、青い。』のヒロイン鈴愛も、左耳の障害、仕事(漫画家)の挫折、夫との離婚など、人生の分岐点になる大きな問題を抱えながらも、自分を見失わず、問題と真正面から向き合う事で更に心を強くしていく、というキャラクターになります。

恋愛ドラマの達人でもある北川悦吏子さんが脚本を担当する作品なので、作中に恋愛要素がたくさん入って来るのは間違いないでしょうけど、恋愛要素だけではなく、様々な困難を乗り越えるヒロインの芯の強さにも注目していただきたいです。

 

半分、青い。(朝ドラ)ネット上のみんなの反応

最後に、朝ドラ『半分、青い。』への期待度をネット上のみんなの反応から探っていきましょう。

■Twitter

『半分、青い。』の舞台となる岐阜県は大いに沸いているようですね。
映画『君の名は。』でも岐阜県への聖地巡礼が話題になっていましたし、『半分、青い。』でも聖地巡礼が流行するかもしれませんね。

 

最近の朝ドラはヒロインだけではなく、ヒロインの脇を固める若手役者たちにも注目が集まりますよね。

『半分、青い。』でも『べっぴんさん』の岩佐栄輔役・松下優也さんのように、急にブレイクする若手俳優が出演するかもしれません。

 

北川悦吏子さんが手掛けた聴覚障害設定のドラマというと『オレンジデイズ』が思い浮かびますよね。

『オレンジデイズ』では柴咲コウさんが聴力を失い、手話でしかコミュニケーションが取れない聴覚障害者の役を好演しましたが、左耳が聞こえない、という『オレンジデイズ』とは違う設定でのどんな味を見せてくれるのでしょうか。

 

■ヤフコメ

恋愛物には定評があったけど、過去の人の感が否めない。
朝ドラで新たな境地を開拓して、「ここに北川あり!」を
見せてほしい。

1990年代から2000年代前半にかけてヒット作を生み出した北川悦吏子さんですので、古いという印象を持つ方も多いのかもしれませんね。

北川悦吏子さんにはネガティブな意見を打ち消すような素晴らしい作品を作り上げてもらいたいです。

 

今までの朝ドラとは違うタイトルには興味が惹かれる。
ちょっと期待。

朝ドラのタイトルに句読点が付いているのは、1990年10月から1991年3月にかけて放送された『京、ふたり』以来となります。

『君の名は。』のように、タイトルに句読点をつける事がトレンドになっていますので、今の流行に沿った形でタイトルをつけたのかな?という印象を持ちました。

 

朝ドラ『半分、青い。』のあらすじや見どころ、ヒロイン鈴愛(すずめ)役の予想、Twitterやヤフコメで寄せられたみんなの反応のまとめ、といった情報を一気にご紹介しました。

『半分、青い。』の撮影開始は2017年秋から、と発表されています。
鈴愛以外にどんなキャラクターが登場するのか、というところも気になりますよね。

ヒロイン鈴愛役をはじめ、主要キャラクターのキャストは2017年夏ごろには公表される事になると思いますので、どうぞご期待ください。

 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 暗殺教室卒業編(映画)で柳沢誇太郎(シロ)と茅野カエデの役は誰が?
  2. 女の中にいる他人(ドラマ)あらすじと最終回の結末ネタバレ!
  3. 新牡丹と薔薇(昼ドラ)第13話・第14話・第15話あらすじやネタバレ
  4. トットちゃん(昼ドラマ)原作あらすじとネタバレやキャスト!黒柳徹子の半生をドラマ化
  5. 過保護のカホコ(ドラマ)あらすじネタバレやキャスト!高畑充希の朝ドラ後初主演ドラマ
  6. 銀と金(実写ドラマ)あらすじネタバレ!主演池松壮亮とキャスト
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。