花遊記ファユギ(韓国ドラマ)あらすじネタバレ(最終回結末)とキャスト相関図!

この記事は7分で読めます

花遊記
2019年3月13日(水)からBS朝日でオンエアされる事が決まった注目の韓流ドラマ『花遊記ファユギ』を大特集!

『華麗なる遺産』『九家の書〜千年に一度の恋〜』など、大ヒット作で主演を務めているほか、歌手としても第一線で活躍している韓流スターのイ・スンギさんが除隊後初主演作となる『花遊記ファユギ』とはどんな作品なのでしょう?

ここでは、BSチャンネル初放送を迎える韓国ドラマ『花遊記ファユギ』原作あらすじネタバレ感想キャスト相関図見どころ最終回結末主題歌・OSTなど、気になる情報をとことん掘り下げていきます!

 


スポンサーリンク


 

花遊記ファユギ(韓国ドラマ)原作・あらすじ

韓国ドラマ『花遊記ファユギ』の原作あらすじをご紹介します

圧倒的な武芸と妖力を持ち合わせていながら、自分勝手な性格が仇となり、五行山という場所に封印されてしまった天界出身の妖怪“孫悟空”ことソン・オゴン(イ・スンギ)

とある日、ソン・オゴンは“牛魔王”ウ・フィ(チャ・スンウォン)の命令で五行山へとやってきた美女チン・ソンミ(オ・ヨンソ)と出会います。

チン・ソンミの力を借りて五行山から脱出する事を思いついたソン・オゴンは、霊視能力を捨てたがっているチン・ソンミに対し、「悪霊が襲ってきたら、絶対に助けてやる!」と言い放ち、チン・ソンミに封印を解いてもらいます。

その後、チン・ソンミを騙す事で五行山の脱出に成功したソン・オゴンですけど、“三蔵法師”の血を持つチン・ソンミが25年ぶりにソン・オゴンの目の前に現れた事がきっかけで、チン・ソンミとつかず離れずの関係になり…。

 

花遊記ファユギ(韓国ドラマ)ネタバレ・感想

韓国ドラマ『花遊記ファユギ』のネタバレ感想をご紹介します
ここでは、本作のヒロインにあたるチン・ソンミに関するネタバレをしていきますので、気になる方はご注意ください。

霊視能力を持っているチン・ソンミは、普通の人には見えない幽霊の姿が見えてしまうがために、幽霊を見かけた時に度々怯えてしまい、周囲から不審に思われる、という不条理な扱いを受けてきました。

五行山で出会ったソン・オゴンにも騙され、疑心暗鬼な面を抱えたまま大人へと成長したチン・ソンミですけど、霊視能力を駆使して事故物件が安全かどうかを見極める、という新しい道を切り拓き、不動産会社の女社長に就任します。

嫌で嫌でしょうがなかった霊視能力のおかげで手に職をつけたチン・ソンミは、妖怪が無敵状態になれる血を持つ“三蔵法師”の行方を追い求めていたソン・オゴンと25年ぶりに再会し、チン・ソンミ自身が“三蔵法師”である事が判明。

“三蔵法師”の血を欲しがるソン・オゴンに対し、ウ・フィから譲り受けた宝具“緊箍児(きんこじ)”を手首にくくりつけたチン・ソンミは、ふとしたひょうしにソン・オゴンとキスをして、“緊箍児”の異能が発動します。

「キスをした相手の事が好きになる」という“緊箍児”の力により、チン・ソンミは自分の血を狙っていたソン・オゴンから求愛されるのでした。

因縁のある男女が急接近する、という韓流ラブコメにありがちな展開になりますが、韓流ラブコメの王道の流れを受け継いでいる作品ともいえますので、韓流ラブコメが大好きな方にはうってつけの作品になると思います。

 

花遊記ファユギ(韓国ドラマ)見どころ

韓国ドラマ『花遊記ファユギ』の見どころをチェックしていきましょう

ズバリ、『花遊記ファユギ』の最大の見どころは、ヒロインのチン・ソンミに対して攻撃的な態度を取る一方、“緊箍児”の影響もあり、事あるごとにチン・ソンミにベタ惚れしていく主人公ソン・オゴンのツンデレっぷりに尽きるのではないでしょうか。

ぶっきらぼうでやんちゃな面を持つソン・オゴンは、所々で子供っぽい振る舞いを見せてしまうのですが、“緊箍児”の効果でどんどんチン・ソンミの事を好きになっていきます。

“三蔵法師”の血を飲みたい、という妖怪としての本能と、チン・ソンミをただひたすらに想い続けるピュアな恋心との間で気持ちを揺れ動かしながら、様々な困難に立ち向かっていくツンデレ主人公ソン・オゴンの活躍にどうぞご期待ください!

 

花遊記ファユギ(韓国ドラマ)最終回結末

韓国ドラマ『花遊記ファユギ』の最終回結末をご紹介します

自分の目の前でチン・ソンミが亡くなり、大きなショックを受けたソン・オゴンは、竜との激しい戦いの末、意識を失ってしまいます。

“緊箍児”の力が心臓を護っていた事もあり、一命を取り留めたソン・オゴンですけど、これまでの記憶が全て消し飛んでいて、チン・ソンミとの楽しい思い出も忘れてしまっていたのです。

記憶を完全に失い、水簾洞から出ていく気力も失ってしまったソン・オゴンに対し、ウ・フィたちは様々な策を繰り出すものの、失意のどん底にあるソン・オゴンはウ・フィたちの願いに応じる気配はなく…。

最終回直前にヒロインのチン・ソンミが絶命する、というまさかの展開が待っているのですが、現世から冥界に行こうとするチン・ソンミへ向け、ソン・オゴンが思いの丈をぶつける、という感動的な結末が待っていますので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

花遊記ファユギ(韓国ドラマ)キャスト・出演者

韓国ドラマ『花遊記ファユギ』のキャスト・出演者をご紹介します

ソン・オゴン(孫悟空)役:イ・スンギ


天界・火山島生まれのサルの妖怪
たぐいまれな武力と妖力を持ち合わせているものの、自由奔放すぎる面があり、周囲を困惑させる事も。

兵役の影響で現場から離れていましたが、2014年に本放送された『君たちは包囲された!-アクシデント・ラブ-』以来、約3年ぶりに連ドラ主演を果たす事になったイ・スンギさんが破天荒な主人公ソン・オゴン役を演じています。

 

チン・ソンミ(三蔵法師)役:オ・ヨンソ


子供の頃から霊視能力を持っている美女
事故物件を取り扱う不動産会社の社長を務めていた最中、25年前に出会ったソン・オゴンと運命の再会を果たす。

大人気時代劇ドラマ『トンイ』でイヌォン王妃役を好演したほか、2019年1月末にはグラビア撮影のため来日を果たしているオ・ヨンソさんがチン・ソンミ役を演じています。

 

ウ・フィ(牛魔王)役:チャ・スンウォン


エンターテインメント企業・ルシファー企画の会長
正体は馬鹿でかい妖怪だが、神仙の力を得るため、人間界へと渡り、修行を積み重ねている。

『最高の愛〜恋はドゥグンドゥグン〜』でトッコ・ジン役を好演し、知名度が急上昇した高身長(188cm)の実力派俳優チャ・スンウォンさんがウ・フィ役を演じています。

 

チョ・パルゲ/PK(猪八戒)役:イ・ホンギ(FTISLAND)


ルシファー企画の社員
抜群のコミュ力とルックスを武器にしたアイドルとして活躍しているが、正体は豚の妖怪で、兄貴分にあたるソン・オゴンには頭が上がらない。

5人組のK-POPアイドルバンド・FTISLANDのボーカルを務める一方、2011年に日本のTBS系列で放送された『マッスルガール!』に出演するなど、俳優としても第一線で活躍しているイ・ホンギさんがチョ・パルゲ役を演じています。

 

ユン・デシク(沙悟浄)役:チャン・グァン


国内最大規模を誇る企業の社長
圧倒的な財力を誇るものの、正体は妖怪で、ソン・オゴンの身の回りの世話をする事に喜びを感じている。

『花遊記ファユギ』の撮影期間中に交通事故に遭う、というアクシデントに巻き込まれたものの、作中ではケガの影響を感じさせず、ベテラン俳優ならではの圧倒的な存在感を発揮しているチャン・グァンさんがユン・デシク役を演じています。

 

花遊記ファユギ(韓国ドラマ)登場人物・相関図

韓国ドラマ『花遊記ファユギ』の登場人物・キャスト相関図をご紹介します
花遊記ファユギ(韓国ドラマ)登場人物・相関図

 


スポンサーリンク


 

花遊記ファユギ(韓国ドラマ)ネット上の反応

韓国ドラマ『花遊記ファユギ』に対するネット上の反応をまとめます

BS朝日での放送を間近に控えている事もあり、日本にいる韓流ドラマファンの皆さんも『花遊記ファユギ』に関する意見をツイートしているようです。

作品への評価も上々ですし、BS初放送を迎える段階でも注目度が高くなっていますから、2019年中に地上波初放送される可能性も十分あるのでは?と考えています。

 

花遊記ファユギ(韓国ドラマ)主題歌・OP/EDは?

韓国ドラマ『花遊記ファユギ』の主題歌・OP/ED・OST情報をご紹介します

『Let Me Out』NU’EST W

『後ろ姿』SURAN

『君が僕ならば』ジミン、ユナ (AOA) Feat.ユ・フェスンof N.Flying

花遊記ファユギ(韓国ドラマ)視聴方法

韓国ドラマ『花遊記ファユギ』を放送するBS朝日の視聴方法をご紹介します

【BS朝日の視聴方法】

BS朝日をはじめとするBSチャンネルの視聴をご希望の皆さんは、まずBSパラボラアンテナとデジタルチューナー内蔵テレビを購入してください。

各アイテムの相場(ネットショップ)は以下の通りです。
(2019年2月時点)

BSパラボラアンテナ      ⇒ 5,000円~10,000円
デジタルチューナー内蔵テレビ ⇒ 20,000円程度

BSパラボラアンテナとデジタルチューナー内蔵テレビを買いそろえたら、BS朝日(チャンネル番号「5」)の視聴が可能になります。

ただ、マンション等の集合住宅にお住いの皆さんは、BSチャンネルに対応した共同アンテナが既に整備されている可能性がありますので、事前に管理会社に問い合わせしておきましょう。

 

花遊記ファユギ(韓国ドラマ)基本情報


花遊記ファユギ
2019年3月13日(水)スタート(全22回)
BS朝日 毎週月曜日~金曜日 午前8時30分~午前10時

原題 :『화유기(ファユギ)』
脚本 :ホン・ジョンウン&ホン・ミラン(ドラマ『美男ですね』『僕の彼女は九尾狐』)
演出 :パク・ホンギュン(ドラマ『善徳女王』『メンドロントット』)

大ヒットドラマを数多く生み出しているホン・ジョンウンさん&ホン・ミランさんの“ホン姉妹”が脚本を担当するほか、チャン・グンソクさんが妖怪のクジャク役として特別出演した事でも話題を集めた『花遊記ファユギ』に乞うご期待!

 

韓国ドラマ一覧

他の韓国ドラマを見る

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 過保護のカホコ(ドラマ)あらすじネタバレやキャスト!高畑充希の朝ドラ後初主演ドラマ
  2. 個人の趣向
  3. U-NEXT
  4. ビューティー・インサイド
  5. フラジャイル(医療ドラマ)原作あらすじ感想は?松本潤の病理医とは
  6. あさが来た(朝ドラ)今井家のモデル三井家の現在!場所や行き方
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。