蒼穹の昴(中国ドラマ)あらすじネタバレ(最終回結末)とキャスト相関図!

この記事は8分で読めます

蒼穹の昴
2019年5月10日(金)からBS日テレで再放送される事が決まったほか、大手映像配信サイト・U-NEXTでも見逃し配信を実施している日中合作ドラマ『蒼穹の昴』をピックアップ!

シリーズ累計発行部数が300万部を突破した浅田次郎さん原作の小説が元ネタになっていて、田中裕子さんや小澤征悦さん、平田満さんといった日本の名優が勢ぞろいした事でも話題を集めた『蒼穹の昴』とはどんな作品なのでしょう?

ここでは、中国ドラマ『蒼穹の昴』原作あらすじネタバレ感想キャスト相関図見どころ最終回結末主題歌など、気になる情報をご紹介しながら、作品の魅力を徹底的に掘り下げていきます!

 

中国ドラマ『蒼穹の昴』を見逃したら、U-NEXTがおすすめ!

>>31日間無料キャンペーン実施中!
※本ページの情報は2019年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

蒼穹の昴(中国ドラマ)原作・あらすじ

中国ドラマ『蒼穹の昴』の原作あらすじをご紹介します

17世紀半ばから250年ほど中国大陸を統一し、諸外国にも大きな影響力を及ぼしていた清王朝末期(19世紀末)の紫禁城(ユネスコ世界遺産に登録されている歴史的建造物)がストーリーの舞台。

明治20年(1887年)を迎えた日本では、自由民権運動家たちが“三大事件建白運動”という大規模な政治運動を展開していたのですが、清王朝でも10代の光緒帝(チャン・ボー)が11代目の王に即位する、という大きな出来事が起きていました。

若き王・光緒帝以上の権力者・西太后(田中裕子)を支持する“守旧派”と光緒帝を支持する“改革派”が激しい権力争いを繰り広げる中、春児(ユィ・シャオチュン)梁文秀(ジョウ・イーウェイ)という2人の青年が運命的な出会いを果たし…。

中国ドラマ『蒼穹の昴』を1話から視聴するならU-NEXT

 


スポンサーリンク


 

蒼穹の昴(中国ドラマ)ネタバレ・感想

中国ドラマ『蒼穹の昴』のネタバレ感想をご紹介します

原作あらすじのコーナーでご紹介した通り、『蒼穹の昴』は若き王・光緒帝側の勢力と強大な権限を持つ西太后側の勢力とが権力争いを展開し、その権力争いに本作の主要キャラである春児と梁文秀が巻き込まれる、というストーリーを描いていきます。

赤の他人だった春児と梁文秀は、義兄弟の契りを交わし、互いの事を唯一無二の存在として意識するのですが、義兄弟の関係になったはずなのに、春児と梁文秀は180度異なる人生を歩んでいく事になります

春児(のちの李春雲)は、極度の貧乏生活から抜け出すため、去勢手術をして宦官(かんがん)になる事を決意し、西太后を支える立場へとのし上がっていきます

一方、春児の良き理解者だった梁文秀は、官僚登用試験をトップの成績でクリアし、エリート街道を突き進む最中、西太后と相反する立場にある光緒帝に仕える事になります

“権力者をサポートする”というところは共通していますけど、対極の立場にある権力者に仕える事になった春児と梁文秀がどんな関係性を築くのか、というところも大きな注目点になっていますので、どうぞご期待ください。

中国ドラマ『蒼穹の昴』を1話から視聴するならU-NEXT
 

蒼穹の昴(中国ドラマ)見どころ

中国ドラマ『蒼穹の昴』の見どころをチェックしていきましょう

国を動かす立場にある実力者に仕える春児と梁文秀の振る舞いに注目するのはもちろん、義兄弟の2人が献身的にサポートしていく西太后と光緒帝がどのような形で権力争いを展開するのか、というところも本作の大きな見どころになっています。

実子が王に即位していた時代から、2代続けて摂政の立場に居座る西太后に対し、西太后の言いなりだった光緒帝は、厳しい修羅場をくぐり抜ける事でどんどんたくましくなっていき、西太后にも対抗する姿勢を見せていきます。

“影の実力者”という表現がピッタリな西太后と距離を置き、西太后とは異なるアプローチで国の発展に貢献しようとする光緒帝の成長度合いに注目しながら、ストーリーを追っていってくださいね。

中国ドラマ『蒼穹の昴』を1話から視聴するならU-NEXT
 

蒼穹の昴(中国ドラマ)最終回結末

中国ドラマ『蒼穹の昴』の最終回結末(25話:永遠の昴)をご紹介します

西太后を支持する“守旧派”と光緒帝を支持する“改革派”による権力争いが泥沼化する中、梁文秀は西太后から命を狙われていたため、清王朝の事情を把握している日本公使館へと足を運び、身を潜めていました。

一方、西太后に仕える立場を追われ、新天地でも虐げられていた春児ですが、宮廷の部屋掃除をしている最中、謎めいた透明な玉(龍玉)を発見し、その透明な玉を西太后の元へと運んでいき…。

春児が梁文秀との再会を心待ちにしている事を悟った西太后が、わざと春児を宮廷から追放して、龍玉を託す、という西太后の“親心”が垣間見える最終回に仕上がっていますので、どうぞご注目ください。

中国ドラマ『蒼穹の昴』を1話から視聴するならU-NEXT

 


スポンサーリンク


 

蒼穹の昴(中国ドラマ)キャスト・出演者

中国ドラマ『蒼穹の昴』のキャスト・出演者をご紹介します

春児(チュンル)/李春雲(リイ・チュンユン)役:ユィ・シャオチュン


西太后に仕える宦官
貧乏な生活から抜け出すため、浄身(去勢手術)した後、紫禁城の官吏として活躍していく。

映画デビュー作となった『花の生涯〜梅蘭芳〜』で京劇俳優の第一人者・梅蘭芳(メイ・ランファン)の青年時代を好演していた実力派俳優のユィ・シャオチュンさんが春児役を演じています。

 

梁文秀(リァン・ウェンシュウ)役:ジョウ・イーウェイ


春児と義兄弟の契りを交わした青年
官僚登用試験を首席で突破したエリートで、西太后と対立する光緒帝に仕える。

『海上牧雲記』で占星術師が下した予言に翻弄される主要キャラ・碩風和葉(セイフウワヨウ)役を見事に演じ切るなど、時代劇ドラマに出演する機会が多いジョウ・イーウェイさんが梁文秀役を演じています。

 

西太后(セイタイゴウ)役:田中裕子


光緒帝の伯母
10代の頃に王となった光緒帝に代わり、清王朝の実権を握る。

昭和の日本ドラマ界を代表するNHK朝ドラで、中国国内でも圧倒的な人気を誇る『おしん』に出演していた名女優・田中裕子さんが、日中合作ドラマの象徴的存在として、西太后役にキャスティングされています。

 

光緒帝(コウショテイ)役:チャン・ボー


西太后の甥
摂政の西太后に従う立場だったが、少しずつ西太后の姿勢に反発する姿勢を見せていく。

『昭王~大秦帝国の夜明け~』で秦国を束ねる主人公・エイ稷役を好演したほか、『三国志Three Kingdoms』では呉の大将・孫権役を見事に演じ切ったチャン・ボーさんが光緒帝役を演じています。

 

玲玲(リンリン)役:チャオ・リーイン


春児の妹
梁文秀から養育された過去がある。

『花千骨〜舞い散る運命、永遠の誓い〜』や『楚喬伝』といった人気作でヒロイン役を演じているほか、中国国内の“最も歓迎される10大女神”で1位を獲得するなど、国民的な人気を誇っているチャオ・リーインさんが玲玲役を演じています。

 

ミセス・チャン 役:イン・タオ


アメリカ人記者(トーマス・バートン)の現地秘書
宮廷内外に幅広い人脈を持っている。

主演作『歌声天高く~父と過ごした日々』でゴールデンホークス賞・優秀女優賞を獲得したほか、大人気歴史ドラマ『武則天秘史』では青年時代の武則天役に抜てきされていたイン・タオさんが謎めいた美女のミセス・チャン役を演じています。

 

岡圭之介 役:小澤征悦


日本人の新聞記者
福島県会津地方の出身で、現在は天津を活動拠点にしている。

世界的に有名な指揮者・小澤征爾さんを父に持ち、配信ドラマ『ミス・シャーロック』のワールドプレミアイベントに登場した際は中国メディアからも注目を浴びていた小澤征悦さんが岡圭之介役を演じています。

 

柴五郎 役:田中隆三


日本公使館の職員
岡圭之介と同じく、福島県会津地方の出身。

西太后役を演じる田中裕子さんの実弟で、刑事ドラマ『相棒』に登場する鑑識捜査員・益子桑栄役でもお馴染みのベテラン俳優・田中隆三さんが柴五郎役を演じています。

 

伊藤博文 役:平田満


日本の初代内閣総理大臣
光緒帝の元を訪れた事がきっかけとなり、清王朝改革派から根強い支持を得ている。

深作欣二監督の映画『蒲田行進曲』で村岡安次役に抜てきされてから、様々な作品に登場している名脇役・平田満さんが旧1,000円札の肖像にもなっていた伊藤博文役を演じています。

中国ドラマ『蒼穹の昴』を1話から視聴するならU-NEXT
 

蒼穹の昴(中国ドラマ)登場人物・相関図

中国ドラマ『蒼穹の昴』の登場人物・キャスト相関図をご紹介します
蒼穹の昴(中国ドラマ)登場人物・相関図

中国ドラマ『蒼穹の昴』を1話から視聴するならU-NEXT

 


スポンサーリンク


 

蒼穹の昴(中国ドラマ)ネット上の反応

中国ドラマ『蒼穹の昴』に対するネット上の反応をまとめます

NHK総合でのオンエアを皮切りに、数多くのテレビ局・サイトで視聴されている大ヒット作ですから、Twitter上には様々な意見が寄せられています。

特に、田中裕子さんの演技を絶賛する意見がとても多くなっていますので、日本を代表する名女優・田中裕子さんの作中での振る舞いにどうぞご注目ください。

中国ドラマ『蒼穹の昴』を1話から視聴するならU-NEXT
 

蒼穹の昴(中国ドラマ)主題歌・OP/EDは?

中国ドラマ『蒼穹の昴』の主題歌・OP/ED情報をご紹介します

主題歌『BALLAD』浜崎あゆみ

OP(中国版)

ED(中国版)

中国ドラマ『蒼穹の昴』を1話から視聴するならU-NEXT

 

蒼穹の昴(中国ドラマ)視聴方法

中国ドラマ『蒼穹の昴』を放送・配信しているU-NEXTおよびBS日テレの視聴方法をご紹介します

【U-NEXTの視聴方法】

U-NEXT公式サイトにある「まずは31日間無料体験」や「無料でお試し」の箇所をクリックし、加入手続きの専用ページで必要事項を入力してください。

加入手続きをする際、支払い用のクレジットカードの情報を入力する必要がありますので、手元にクレジットカードを準備してから、公式サイトにアクセスする事をおすすめします(情報入力は1分程度で完了)。

U-NEXTの1ヶ月あたりの利用料金は1,990円(税抜)
(2019年4月時点)

『蒼穹の昴』はもちろん、華流・韓流ドラマを好きな時間に一気見したい!という方はU-NEXTをぜひご利用ください!

中国ドラマ『蒼穹の昴』を1話から視聴するならU-NEXT
 

【BS日テレの視聴方法】

国内外のヒットドラマをオンエアしているBS日テレの視聴を希望する皆さんは、BSチャンネルの視聴環境を整備するために必要なBSパラボラアンテナとデジタルチューナー内蔵テレビを買いそろえてください。

BSチャンネルを視聴するための各アイテムの相場は以下の通りです。
(2019年4月時点)

BSパラボラアンテナ      ⇒ 5,000円~10,000円程度
デジタルチューナー内蔵テレビ ⇒ 20,000円程度

BSパラボラアンテナとデジタルチューナー内蔵テレビを購入し、セッティングが完了したら、BS日テレ(チャンネル番号「4」)の視聴が可能になります。

ちなみに、マンション等の集合住宅にお住いの皆さんは、BSチャンネル視聴可能な共同アンテナが整備されている可能性がありますので、加入手続きをする前に管理会社に問い合わせしてくださいね。

 

蒼穹の昴(中国ドラマ)基本情報


蒼穹の昴
2019年5月10日(金)スタート(全25回)※中国版は全28回
BS日テレ 毎週月曜日~金曜日 午前10時~午前11時

原作 :浅田次郎『蒼穹の昴(講談社・刊)』
脚本 :ヤン・ハイウェイ
監督 :ワン・チュン
語り :松平定和

昭和の名優・高倉健さん主演で映画化された『鉄道員』など、世界に誇る名作を次々に生み出している稀代の小説家・浅田次郎さんが手掛けた珠玉の作品『蒼穹の昴』に乞うご期待!

中国ドラマ『蒼穹の昴』を1話から視聴するならU-NEXT

 

中国ドラマ一覧

他の中国ドラマを見る

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 人は見た目が100パーセント(ドラマ)原作あらすじとキャスト!最終回結末予想も
  2. 明日も晴れ
  3. 油っこいロマンス
  4. 仮面ライダージオウアイキャッチ
  5. 新牡丹と薔薇(昼ドラマ)第22話に神保悟志登場!あらすじ相関図
  6. 我が家のロマンス
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。