アバウトタイム(韓国ドラマ)あらすじネタバレ(最終回結末)とキャスト相関図!

この記事は6分で読めます

アバウトタイム~止めたい時間~
韓国ドラマ『アバウトタイム~止めたい時間~』は、2019年6月1日(土)からBS11にてオンエア(毎週土曜日・日曜日:全22話)される事が決まった注目作!

『いとしのソヨン』や『火の女神ジョンイ』『2度目の二十歳』など、ヒット作に立て続けに出演している実力派俳優イ・サンユンさんの主演最新作でもある『アバウトタイム~止めたい時間~』とはどんな作品なのでしょう?

ここでは、韓国ドラマ『アバウトタイム~止めたい時間~』原作あらすじネタバレ感想キャスト相関図最終回結末など、気になる情報をご紹介しながら、作品の魅力にとことん迫っていきます!

 


スポンサーリンク


 

アバウトタイム~止めたい時間~(韓国ドラマ)原作・あらすじ

韓国ドラマ『アバウトタイム~止めたい時間~』の原作あらすじをご紹介します

病院やホテルなど、大規模施設の建設プロジェクトを手掛ける超大手企業・MKグループの三男で、代表理事として会社を支えている33歳の事業家イ・ドハ(イ・サンユン)が本作の主人公。

韓国国内に大きな影響力を及ぼすMKグループの後継ぎ候補として期待が懸けられているイ・ドハですけど、すぐに怒ったり、肝心なところで大雑把な面を露呈したり、と後継ぎ候補らしからぬ振る舞いを見せる事もしばしば…。

とある日、MKグループの勢力を維持させる一環として、大財閥の娘との結婚話が進んでいたイ・ドハでしたが、ミュージカル女優でミステリアスな雰囲気を醸し出すチェ・ミカ(イ・ソンギョン)と運命の出会いを果たし…。

 

アバウトタイム~止めたい時間~(韓国ドラマ)ネタバレ・感想

韓国ドラマ『アバウトタイム~止めたい時間~』のネタバレ感想をご紹介します

『アバウトタイム~止めたい時間~』は、大企業一族の主人公イ・ドハとミュージカル女優をしているヒロインのチェ・ミカによる恋物語を描く作品ではありますが、ラブストーリーを展開する2人は共に大きな秘密を抱えています。

原作あらすじのコーナーでご紹介した通り、主人公のイ・ドハは短気で大雑把な性格なのですが、初恋相手と破局した時、心に大きな傷を負った事がきっかけとなり、33歳になった今でも“全般性不安障害”というハンディキャップを持っています。

一方、ヒロインのチェ・ミカは祖母の死がきっかけおなり、他人の残り寿命が分かる、という“寿命時計”の異能を持ち合わせていて、31歳を迎えた時に自分の寿命が残り100日前後である事に気付いてしまいます。

失恋後に精神障害を患ったイ・ドハと自分の残り寿命を知ってしまったチェ・ミカ、という複雑な事情を抱える2人ですけど、イ・ドハと出会った際、チェ・ミカは自分の“寿命時計”がストップする、という摩訶不思議な体験をします

自分の“寿命時計”をストップさせたイ・ドハにチェ・ミカが強い興味を抱いたところから2人の仲が急接近していきますので、最初の出会いのシーンから2人の関係性がどう変化するのか、というところにどうぞご期待ください!

 

アバウトタイム~止めたい時間~(韓国ドラマ)見どころ

韓国ドラマ『アバウトタイム~止めたい時間~』の見どころをチェックしていきましょう

主人公のイ・ドハとヒロインのチェ・ミカが展開するハートフルなラブストーリーの行方に注目するのはもちろん、イ・ドハの事を秘かに想っているペ・スボン(イム・セミ)の心情が揺れ動く様も本作の大きな見どころになっています。

大財閥の娘で、イ・ドハと戦略的な結婚をする予定だったペ・スボンですけど、出会った時からイ・ドハに一目惚れしていて、親たちの思惑とは関係なく、純粋にイ・ドハを愛していました。

しかし、チェ・ミカが登場した事で、立場が悪くなってしまい、イ・ドハの気持ちが自分から離れていく事を悟るペ・スボン。

叶わない恋だと分かっていても、理想の男性像に合致するイ・ドハの事を一途に想い続ける、というピュアな恋心を随所に見せていくペ・スボンの振る舞いにもどうぞご注目ください!

 

アバウトタイム~止めたい時間~(韓国ドラマ)最終回結末

韓国ドラマ『アバウトタイム~止めたい時間~』の最終回結末の大まかなあらすじをご紹介します

止まっていたはずの“寿命時計”が急加速している事に気付いたチェ・ミカは、寿命が尽きようとしている現状をイ・ドハに悟られないよう、イ・ドハの元から去る決意を固めます。

一方、姿を消したチェ・ミカの事を必死に探し回っていたイ・ドハは、田舎町で買い物に出かけていたチェ・ミカと再会を果たしたものの、2人そろって交通事故に巻き込まれてしまい…。

最後の最後に命の危機にさらされるイ・ドハ&チェ・ミカですけど、無事に生還するだけでなく、チェ・ミカの”寿命時計”の異能が消滅して、2人の仲がより深まる、という晴れやかな気持ちになれる結末が用意されていますので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

アバウトタイム~止めたい時間~(韓国ドラマ)キャスト・出演者

韓国ドラマ『アバウトタイム~止めたい時間~』のキャスト・出演者をご紹介します

イ・ドハ 役:イ・サンユン


大手企業・MKグループの文化事業代表理事
初恋相手との失恋がきっかけとなり、“全般性不安障害”を患う。

ヒロインを健気に愛し続ける医師パク・ドンジュ役を好演した『エンジェルアイズ』など、数多くのヒット作に出演しているイ・サンユンさんがイ・ドハ役を演じています。

 

チェ・ミカ 役:イ・ソンギョン


ミュージカル女優になる事を夢見ているヒロイン
7歳の頃に最愛の祖母が交通事故で亡くなった後、他人に残り寿命が示される“寿命時計”の異能が宿っている。

2019年6月21日に品川インターシティーホールで自身初となる日本ファンミーティングを開催する事が決まった実力派女優のイ・ソンギョンさんがチェ・ミカ役を演じています。

 

ペ・スボン/ベス 役:イム・セミ


強い支配力を持つメディア財閥・MJBCの令嬢
政略結婚の相手になるはずだったイ・ドハに淡い恋心を抱いている。

日本でリメイクされる事が決まった『TwoWeeks』で検察の情報員オ・ミスク役を好演するなど、幅広いジャンルの作品で印象的な演技を見せているイム・セミさんがペ・スボン役にキャスティングされています。

 

チョ・ジェユ 役:キム・ドンジュン


天才的な音楽センスを持ち合わせている音楽監督
自身が手掛ける事になったミュージカルのオーディションで出会ったチェ・ミカに不思議な感情を抱く。

9人組のK-POPアイドルグループ・ZE:Aのメンバーとして活動する一方、ヒット作『輝け、ウンス!』にキャスティングされるなど、俳優としても目覚ましい活躍を見せているキム・ドンジュンさんがチョ・ジェユ役を演じています。

 

アバウトタイム~止めたい時間~(韓国ドラマ)登場人物・相関図

韓国ドラマ『アバウトタイム~止めたい時間~』の登場人物・キャスト相関図をご紹介します
アバウトタイム~止めたい時間~(韓国ドラマ)登場人物・相関図

 


スポンサーリンク


 

アバウトタイム~止めたい時間~(韓国ドラマ)ネット上の反応

韓国ドラマ『アバウトタイム~止めたい時間~』に対するネット上の反応をまとめます

これといった悪役が出てこない事もあり、Twitter上ではかなり高い評価を受けていますから、韓流ドラマ初心者の方にも受け入れられやすい作品なのかな?という印象を持っています。

 

アバウトタイム~止めたい時間~(韓国ドラマ)主題歌・OP/EDは?

韓国ドラマ『アバウトタイム~止めたい時間~』の主題歌・OP/ED・OST情報をご紹介します

『不思議なこと』キム・イジ

『Yesterday』パク・ボラム

『より良い明日』イ・ソンギョン

 

アバウトタイム~止めたい時間~(韓国ドラマ)再放送と無料動画見逃し配信サービス

韓国ドラマ『アバウトタイム~止めたい時間~』の再放送・無料動画見逃し配信サービスをご紹介します

【最新の再放送予定】
2019年6月1日(土)~ BS11

【現在放送中の再放送】
2019年5月13日~6月3日 アジアドラマチックTV

【過去の再放送】
2018年9月20日~ ひかりTV

【アバウトタイムの無料動画見逃し配信サービス】
現在、無料動画の見逃し配信はありません。

 

アバウトタイム~止めたい時間~(韓国ドラマ)基本情報


アバウトタイム~止めたい時間~
2019年6月1日(土)スタート(全22回)
BS11 毎週土曜日・日曜日 午前9時59分~午前10時55分

原題 :『멈추고 싶은 순간 어바웃 타임』
脚本 :チュ・ヘミ
演出 :キム・ヒョンシク(ドラマ『ファントム<幽霊>』『カインとアベル』)

イ・サンユンさんと国民的女優チェ・ジウさんが共演を果たした『2度目の二十歳』など、話題性抜群の作品を数多く手掛けてきたキム・ヒョンシクが演出を担当している『アバウトタイム~止めたい時間~』に乞うご期待!

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 花のち晴れ~花男 Next Season~
  2. ひよっこ(朝ドラ)の追加キャスト!相手役やモデルは誰?茨城のロケ地情報
  3. ずる賢いバツイチの恋
  4. 匂いを見る少女
  5. 闇金ウシジマくんSeason3(ドラマ)あらすじネタバレ!洗脳くん編が実写化
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。