復讐の女神(韓国ドラマ)あらすじネタバレ(最終回結末)とキャスト相関図!

この記事は4分で読めます

復讐の女神
韓国ドラマ『復讐の女神』は、2019年10月31日から毎週月曜~金曜にWOWOWプライムで全16話放送されることが決定しました!

キム・ユンジンさんがアガサ・クリスティの作品で19年振りにドラマカムバック。

本作はアガサ・クリスティの作品中、「ミス・マープル」の話だけを集めてドラマ化。

憎悪や復讐、人間の本性を暴いていく本格ミステリー、日本初放送です!

ここでは、韓国ドラマ『復讐の女神』あらすじネタバレ・最終回結末感想キャスト相関図など、詳しくご紹介していきます♪

 


スポンサーリンク

 

復讐の女神(韓国ドラマ)あらすじ

韓国ドラマ『復讐の女神』のあらすじをご紹介します。

誰もが羨む完璧な人生を送っていたミス・マ(キム・ユンジン)

けれどある日、何者かによって娘は誘拐され、最終的に殺害されてしまうという悲劇に見舞われます。

第一発見者の娘の母親であるミス・マは殺人容疑で逮捕され、無実を主張するも、無期懲役の有罪を言い渡されてしまいます。

たった1日ですべてを失ってしまったミス・マ。

そして9年が経ち、入念な準備と計画でミス・マは脱獄を図ります。

娘を殺害した濡れ衣を着せられ、9年も投獄されていたミス・マはムジゲ町に辿り着きます。

そこで自分とうりふたつの推理小説家マ・ジウォン(キム・ユンジン)に成りすまし、娘を殺害した真犯人を見つけ出す決心をします。

突然、静かで平和なムジゲ町で恐ろしい事件が起き始めます。

ミス・マは冤罪を少しでも減らしたいと、並外れた推理力で事件を次々と解決。

事件を解決していくうちに、少しずつミス・マに助けられた人々がミス・マの力になってくれ始めます。

9年前にミス・マを逮捕した刑事のハン・テギュ(チョン・ウンイン)も、脱獄したミス・マを追いながらも真犯人は他にいるのではないかと考え始めます。

果たしてミス・マの娘の殺害事件の真相とは。

 

復讐の女神(韓国ドラマ)ネタバレ・最終回結末

韓国ドラマ『復讐の女神』のネタバレ・最終回結末をご紹介します。

あることに気付き過去の事件を調べなおし始めたテギュは何者かに殺害されてしまいます

けれどテギュの残した証拠で、ミス・マは犯人を追い詰めます。

ミス・マの娘を殺害したのは、ミス・マの夫とミス・マの事件を担当した女性検事ヤン・ミヒ(キム・ヨンア)でした。

娘を自分達が殺害しておいて、ミス・マを有罪判決に導いたふたりをミス・マは許せませんでした。

夫とミヒを追い詰めると、夫はミヒの言うとおりにしただけで娘が死ぬとは思わなかったと言い訳をし、ますますミス・マを悲しみのどん底へ突き落とします。

ミス・マはミヒと裏組織の関係を暴こうとしましたが、共に真犯人を見つける為に奔走してきたソ・ウンジ(コ・ソンヒ)を夫とミヒに拉致されてしまいます。

ミヒはウンジを銃で撃ち、ウンジを助けたいなら証拠の品を渡すように脅してきます。

そしてとうとうミヒは、自分と不倫の関係にあったミス・マの夫をも撃ち殺してしまうのです。

ミス・マも殺そうと狂気を見せるミヒに抵抗し、ミス・マは本で殴ったり植木鉢を振りかざします。

そこへ駆けつけたミヒの部下に、ミヒは銃で撃ち殺されてしまいます

ミス・マは長い年月をかけてやっと冤罪を晴らすことができたのです。

 


スポンサーリンク

 

復讐の女神(韓国ドラマ)感想

韓国ドラマ『復讐の女神』の感想をご紹介します。

ミステリー推理小説が題材なだけあって、次々と人が殺害されていきますが、推理していく過程がすごく面白かったです。

父親が娘の殺害に関わっているストーリーも、韓国ドラマあるあるですね。

現実の世界では児童虐待の義父に多いですが、どちらも見ていて辛すぎます。

特にミス・マの娘が埋められた場所でミス・マが娘の幻覚を見ながら嬉しそうにしたかと思うと、現実に戻ってきて泣き叫ぶシーンは苦しかったです。

見終わった後はアガサ・クリスティさんの小説が読みたくなってきました。

それくらい引き込まれてしまうドラマです。

 

復讐の女神(韓国ドラマ)キャスト・出演者

韓国ドラマ『復讐の女神』のキャスト相関図をご紹介します。

ミス・マ/マ・ジウォン 役:キム・ユンジン

娘殺害の罪で無期懲役になってしまいます。

9年後、真犯人を探す為脱獄をします。

キム・ユンジン

ヒューマンコメディ映画『担保』への出演が決まっているキム・ユンジンさん。

『担保』の監督たちと以前一緒に仕事をした義理から、ノーギャラでの出演を自ら提案し周りを驚かせたそうです。

 

ソ・ウンジ 役:コ・ソンヒ

9年前に妹を殺害され、ミス・マと共にお互いの事件の真相を追います。

コ・ソンヒ

ドラマやバラエティなど、活躍の場を広げているコ・ソンヒさん。

映画『気がつけば、結婚』でキム・ドンウクさんとの主演が決定しています。

男女監督の共同演出で、男女ともに共感できる作品として話題を呼んでいます。

楽しみですね。

 

ハン・テギュ 役:チョン・ウンイン

娘殺害容疑でミス・マを逮捕した刑事。

脱獄したミス・マを追いながら、事件に疑いを持ち始めますが殺害されてしまいます。

チョン・ウンイン

また出てる!と言いたくなるくらい、数え切れない数の作品で様々な役柄をこなし続けているチョン・ウンインさん。

本当に憎たらしい時もあれば、哀れな時もあったり、頼もしい時もあったり、見れば見るほどファンになってしまいます。

次回作はイ・ジョンジェさん、シン・ミナさん出演のドラマ『補佐官』に出演が決まっていて、スーツ姿を披露しています。

 


スポンサーリンク


 

復讐の女神(韓国ドラマ)登場人物相関図

韓国ドラマ『復讐の女神』の登場人物・相関図をご紹介します。
復讐の女神相関図

 

復讐の女神(韓国ドラマ)基本情報

復讐の女神
2019年10月31日(木)スタート(全16回)
WOWOWプライム 毎週月曜~金曜 午前7時~

2019年5月29日スタート(全16回)
WOWOWプライム 毎週月曜~金曜 午前8時15分~
WOWOWメンバーズオンデマンド 放送終了後 各話見逃し配信

演出 :ミン・ヨンホン(ドラマ『ラブ・トライアングル~また君に恋をする~』『やきもき』)
    イ・ジョンフン(ドラマ『水曜日の午後3時30分』)
脚本 :パク・ジヌ(ドラマ『雪の花』『ボーイフレンド』)

アガサ・クリスティの推理小説「ミス・マープル」をドラマ化した本格ミステリー。

 

韓国ドラマ一覧

他の韓国ドラマを見る

 


スポンサーリンク

 


スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 三銃士アイキャッチ
  2. 2度目のファーストラブ
  3. ジャグラス
  4. 憎くても愛してるアイキャッチ
  5. 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(映画)原作あらすじとネタバレ感想!キャスト相関図と予告PV動画
  6. ミス・ハンムラビアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。