彼女はキレイだった(韓国ドラマ)あらすじネタバレ(最終回結末)とキャスト相関図!

この記事は5分で読めます

韓国ドラマ『彼女はキレイだった』
韓国ドラマ『彼女はキレイだった』は、2019年5月9日から毎週月~火曜日の11:30からアジアドラマチックTVで全16話放送されていて、6月16日9:30から一挙放送予定です。動画見逃し配信サイト・U-NEXTでも視聴可能です。

初回放送では、視聴率4.8%だったが13話では18%を記録。同時間帯最下位でスタートしたこのドラマは、同時間帯で惜しまれながら放送を終了した。

『美男ですね』『最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~』『ビッグ~恋は奇跡〈ミラクル〉~』などラブコメの代表作を制作してきたBON FACTORYが送る珠玉のロマンチック・ラブコメ‼

韓国ではMBCで2015年9月16日から11月11日に放送され、年末のMBC演技大賞で、最優秀演技賞、人気賞など10冠に輝いた大ヒットドラマ!

ここでは、韓国ドラマ『彼女はキレイだった』あらすじネタバレ最終回結末感想キャスト相関図など、詳しくご紹介していきます♪

 

韓国ドラマ『彼女はキレイだった』を見逃したら、U-NEXTがおすすめ!

>>31日間無料キャンペーン実施中!
※本ページの情報は2019年6月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

彼女はキレイだった(韓国ドラマ)あらすじ

韓国ドラマ『彼女はキレイだった』のあらすじをご紹介します。

子ども時代は美少女だったキム・へジン(ファン・ジョンウム)は、クルクルヘアにそばかすだらけのアラサーとなり、就職もうまくいかない日々。

でも持ち前の気立ての良さで明るく健気に振舞って頑張っていた。

そんなへジンに、おデブさんで泣き虫だった初恋相手のチ・ソンジュン(パク・ソジュン)から15年ぶりにメールが届き、会うことに!

ところがそこに現れた別人のようなイケメンに成長したソンジュンを見て、今の自分を見せられず、とっさに隠れてしまう。

スタイル抜群で美人の親友ミン・ハリ(コ・ジュニ)に自分の代役を頼んでしまうが、ハリもへジンの大切な人だとわかっていながらソンジュンに惹かれてしまう・・・。

ファッション誌「ザ・モスト」編集部で働き出したへジンだが、そこへニューヨーク本社から編集長としてソンジュンが配属されてくる。

仕事でミスを連発するへジンを、初恋相手とは知らず、キツイ言葉で叱責するソンジュン。

そんなへジンを先輩記者のキム・シニョク(チェ・シウォン)は優しく見守り、助けてくれる。

15年ぶりに再会した初恋相手のへジンとソンジュン、へジンの代役だとは言いだせないままソンジュンに惹かれていくハリ、へジンを放っておけないシニョク。

ソンジュンはふとした時のへジンに昔の面影を感じると同時に、今の彼女自身にも惹かれていき、それを打ち消すためにへジンに辛く当たってしまう。

シニョクは、ソンジュンを廻るハリとへジンの関係に気づき、自分のへジンへの抑えがたい想いはありながらも、へジンの恋のために尽力する。

ハリもへジンもお互いのソンジュンへの気持ちに気づき、友達以上のお互いへの想いと恋の狭間で揺れ動く。

そんな中、へジンが交通事故に遭ったとの連絡が入り、駆け付けたソンジュンは無事だったへジンを思わず抱きしめ、自分の気持ちを確信する。

そしてとうとうハリがへジンの代役だったことがわかり、「久しぶりだなへジン、会いたかった。」とへジンに電話をかける。

嬉しいはずなのにハリを気遣うあまり、すぐにソンジュンを受け入れられないへジンだが、ハリはへジンに靴をプレゼントして、ソンジュンの元へ送り出す。

シニョクもまた彼独特の優しさでへジンをソンジュンの元へ…。

ソンジュンとへジンはようやくお互いの気持ちを確かめ合う。

韓国ドラマ『彼女はキレイだった』を1話から視聴するならU-NEXT

 


スポンサーリンク


 

彼女はキレイだった(韓国ドラマ)ネタバレ・最終回結末

韓国ドラマ『彼女はキレイだった』のネタバレ・最終回結末をご紹介します。

お互いの愛情を確かめ合い、一年後に結婚する約束をしてアメリカに戻ったソンジュンと、童話作家になるために奮闘し始めたへジン

へジンがソンジュンに日課の電話をかけるが一向に繋がらない。

心配になり仕事も手につかないが、ソンジュンが雨の中現れる。

ソンジュンは、「ザ・モスト」の編集長となり、なんとへジンの実家に住むことにした!と言う。

へジンは一年間打ち込んできた本を完成させ、ソンジュンは編集長として相変わらず仕事はクールにこなしている。

シニョクは世界を旅して書き上げた有名人気作家テンとしての新作を発表、ハリはまたホテルで働き始め、充実した毎日を送っている。

ソンジュンとへジンは編集部のみんなに祝福されて結婚式を迎えた。

時が流れ…、信号を待って、「よし!出発!」とクルクルヘアにそばかすのママそっくりの女の子が♡

韓国ドラマ『彼女はキレイだった』を1話から視聴するならU-NEXT

 


スポンサーリンク


 

彼女はキレイだった(韓国ドラマ)感想

韓国ドラマ『彼女はキレイだった』の感想をご紹介します。

とにかく見終わった後、とーっても幸せな気持ちになります(^^)

ソンジュンのツンデレぶりにドキドキ。

へジンの切なさ、優しさ、強さ、可愛さに一緒に泣いたり笑ったり。

そしてなんといっても、シニョク!!

からかってばかりに見えて、いつもそばにいて助けてくれる、大人で潔くて頼ってしまう先輩。

ソンジュンよりシニョクについつい気持ちがいってしまうくらい、魅力炸裂です。

ラブコメ最高峰!

記憶に残るドラマです。

韓国ドラマ『彼女はキレイだった』を1話から視聴するならU-NEXT

 

彼女はキレイだった(韓国ドラマ)キャスト・出演者

韓国ドラマ『彼女はキレイだった』のキャスト相関図をご紹介します。

キム・へジン 役:ファン・ジョンウム

元美少女からクルクルヘアにそばかすの冴えないアラサーに。

15年ぶりに初恋相手のソンジュンに再会し、すれ違い迷いながらも恋も夢も掴み、輝いていく。

ファン・ジョンウム

シリアスからコメディまで幅広い役柄を演じている実力派女優さんというイメージ。

ファン・ジョンウムさんがヒロインというだけで、面白いんだろうなという安定感がありますよね。

このドラマでは、冴えない外見から、恋や仕事で輝きを取り戻していくにつれ、美しくなっていく姿も見ごたえあり。

逆に、恋がうまくいき、夢のために奮闘し始めてから、外見は元に戻るものの、キラキラして綺麗に見えるのは、さすが!ファン・ジョンウム!といった感じで素敵。

 

チ・ソンジュン 役:パク・ソジュン

おデブさんでいじめられっ子だった初恋の男の子が、15年後に再会したら、超イケメンエリートになっていた!なんていう夢の展開。

初恋のへジンを想い続け、再会したのが代役とは気づかなかったものの、やはり本物のへジンに惹かれていき、ドSキャラ→甘えたデレデレキャラへと変わっていく。

初恋を貫くまさに王子様♡

パク・ソジュン

「魔女の恋愛」の年下彼氏であり、「花郎」「キム秘書はなぜそうか?」などなど、今や恋愛ドラマのツンデレ俳優さんとしては欠かせない存在。

ソンジュン役も、エリートでモデルみたいな佇まいとスマートな身のこなしというクールな外見と、その殻をやぶった時におちゃめなキャラクターがまさにパク・ソジュンワールド!

 

キム・シニョク 役:チェ・シウォン
へジンの先輩記者。

神出鬼没で強引ながらも、いつも優しくへジンを見守り続けてくれる。

実はテンという正体不明の超人気作家。

チェ・シウォン

言わずと知れたSUPER JUNIORのシウォン。

とにかく!もうシニョクが素敵!!

アイドルの時のクールなかっこよさとは一味違う、おちゃめなシウォンの新しい魅力発掘!!

個人的にはソンジュンよりシニョクを応援しちゃうくらい、シウォンが最高。

韓国ドラマ『彼女はキレイだった』を1話から視聴するならU-NEXT

 


スポンサーリンク


 

彼女はキレイだった(韓国ドラマ)登場人物相関図

韓国ドラマ『彼女はキレイだった』の登場人物・相関図をご紹介します。

彼女はキレイだった相関図

韓国ドラマ『彼女はキレイだった』を1話から視聴するならU-NEXT

 

彼女はキレイだった(韓国ドラマ)基本情報

彼女はキレイだった
2019年5月9日スタート(全16回)
アジアドラマチックTV 毎週月~金曜日 11時30分~

監督:チョン・デユン(ドラマ『W-二つの世界-』『ロボットじゃない-君に夢中-』)
脚本:チョ・ソンヒ(ドラマ『ハイキック』)

あなたも恋がしたくなる?!ツンデレ♡ラブコメの最高峰‼

韓国ドラマ『彼女はキレイだった』を1話から視聴するならU-NEXT

 

韓国ドラマ一覧

他の韓国ドラマを見る

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 正義のセ
  2. 緊急取調室【キントリ】(ドラマ)あらすじとキャスト!前作最終回と視聴率予想
  3. ボディーガード(ミュージカル日本版)
  4. はじめまして愛しています(ドラマ)あらすじとネタバレ!気になる視聴率と主題歌は?
  5. 王の顔
  6. 私結婚できないんじゃなくてしないんです(ドラマ)原作あらすじとネタバレ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。