人形の家(韓国ドラマ)のネタバレとキャスト!最終回感想と視聴率・相関図を調査!

この記事は6分で読めます

人形の家
韓国ドラマ『人形の家』は、2019年7月3日(水)からBS12で毎週月曜日~金曜日(全69話構成)にBS初放送される事が決まった注目作!

最高視聴率は16.2%!

フランス三大映画祭の1つに数えられるナント映画祭で最優秀女優主演賞を獲得している国民的女優チェ・ミョンギルさんが様々な顔を持つミステリアスな母親役を好演した『人形の家』とはどんな作品なのでしょう?

ここでは、韓国ドラマ『人形の家』原作あらすじネタバレ感想キャスト相関図最終回結末など、気になる情報をご紹介しながら、作品の魅力を徹底深掘りしていきます!

 


スポンサーリンク


 

人形の家(韓国ドラマ)原作・あらすじ

韓国ドラマ『人形の家』の原作あらすじをご紹介します

韓国国内のファッション業界を牛耳っている巨大企業・ウィナーズグループの孫娘にあたるウン・ギョンヘ(ワン・ビンナ)

祖父の反対を押し切る形で、エリート街道を突き進む夫チャン・ミョンファン(ハン・サンジン)と結婚したウン・ギョンヘですけど、チャン・ミョンファンとの仲が日に日に悪化していき…。

一方、愛情表現が豊かな母キム・ヨンスク(チェ・ミョンギル)に女手一つで育てられたホン・セヨン(パク・ハナ)は、自分の面倒を見てくれた母キム・ヨンスクへの恩返しをするため、売れっ子デザイナーになる事を決意します。

日中は高級ブティック店の販売員として、夜中はファッションデザイナーとして働く、という忙しい日々を過ごすホン・セヨンでしたが、勤務先で万引きを働こうとするウン・ギョンヘの姿を目の当たりにして…。

 

人形の家(韓国ドラマ)ネタバレ・感想

韓国ドラマ『人形の家』のネタバレ感想をご紹介します

デザイナー志望のホン・セヨンと超ド級のお嬢様ウン・ギョンヘが、ホン・セヨンの勤務先の高級ブティックで最悪な出会いを果たしてからストーリーが急展開していく『人形の家』。

父親が事業に失敗した後、家庭が一気に崩壊する様を間近で目撃する、という壮絶な過去を背負うホン・セヨンですけど、母キム・ヨンスクの事を助けるため、決死の思いで自身の夢を掴もうとします。

様々な困難に立ち向かっていくホン・セヨンとは異なり、何不自由ない生活を送っているかのように思われていたウン・ギョンヘですが、ウン・ギョンヘには他人に知られたくない大きな秘密が隠されています。

ウン・ギョンヘが抱えている秘密とは、極度の“買い物依存症”を患っている事で、買い物を繰り返さないと正気を保つ事ができない、という状態になっていました。

原作あらすじのコーナーで、ホン・セヨンの勤務先でウン・ギョンヘが万引きをする、というエピソードをご紹介しましたけど、ウン・ギョンヘが働いた万引き行為の原因は“買い物依存症”だったのです。

財閥の孫娘という恵まれた環境にいながら、“買い物依存症”の影響で夫チャン・ミョンファンからも見放されてしまうウン・ギョンヘがどんな人生を歩んでいくのでしょうか。

また、ホン・セヨンの母親で、とても穏やかな性格のキム・ヨンスクも、家族に内緒で巨大企業・ウィナーズグループの会長執事として働いている、という他言できない秘密を抱えています。

ホン・セヨンの奮闘っぷりだけでなく、ウン・ギョンヘとキム・ヨンスクの秘密がどのような流れで明らかになるのか、というところも『人形の家』の大きな見せ場になっていますので、どうぞご注目ください。

 

人形の家(韓国ドラマ)見どころ

韓国ドラマ『人形の家』の見どころをチェックしていきましょう

今回ご紹介している『人形の家』は、キム・ヨンスク、ホン・セヨン、ウン・ギョンヘという3人のメインキャラクターが中心となって、嘘や裏切り、復讐など、様々な形で互いの思いを衝突させていくドロドロな愛憎劇を繰り広げていきます。

それぞれが抱える秘密や心の奥底に眠る憎悪が明るみになるまでの流れに注目するのはもちろん、財閥一家ならではの傲慢な態度を見せていくウン・ギョンヘとデザイナー志望のホン・セヨンが展開するバトルも要チェック!

プライドの高いウン・ギョンヘが上から目線で物申していく中、ストーリーが進むにつれて、少しずつ感情をむき出しにするホン・セヨンの心境の変化も大きな見どころになっていますので、どうぞご期待ください。

 

人形の家(韓国ドラマ)最終回結末

韓国ドラマ『人形の家』の最終回結末の大まかなあらすじをご紹介します

敵意をむき出しにするチャン・ミョンファンに襲撃されそうになるホン・セヨンとウン・ギョンヘですけど、現場に居合わせたキム・ヨンスクが目の前で銃撃されてしまいます。

キム・ヨンスクが意識不明の重体になっただけでなく、ウン・ギョンヘも心臓発作で倒れ込んでしまい、気が動転するホン・セヨン。

その後、心臓発作で倒れたウン・ギョンヘは無事に息を吹き返すのですが、銃撃後に死亡したキム・ヨンスクの心臓が自分に移植された事を知り…。

最後の最後にキム・ヨンスクが亡くなる、という衝撃的な展開を見せる一方、キム・ヨンスク亡くなった後にウン・ギョンヘが改心して、自分の罪と向き合っていく、という感動的な場面が描かれますので、どうぞご注目ください。

 


スポンサーリンク


 

人形の家(韓国ドラマ)キャスト・出演者

韓国ドラマ『人形の家』のキャスト・出演者をご紹介します

キム・ヨンスク 役:チェ・ミョンギル


ホン・セヨンの母親
女手一つで娘を育て上げたが、巨大企業ウィナーズグループの会長執事を務めるなど、家族には言えない秘密を数多く抱えている。

『パンチ~余命6ヶ月の奇跡』で法務部長官のユン・ジスク役に抜てきされるなど、数多くのヒットドラマで強烈な存在感を放っている国民的女優のチェ・ミョンギルさんがキム・ヨンスク役にキャスティングされています。

 

ホン・セヨン 役:パク・ハナ


キム・ヨンスクの娘
売れっ子のファッションデザイナーになるため、努力を重ねている頑張り屋で、勤務先の高級ブティックでは3年続けて優秀社員に選出されている。

『輝け!ウンス』でWヒロインのうちの1人にあたるキム・ビンナ役に抜てきされたほか、大ヒット愛憎ドラマ『凍える華』にも出演していたパク・ハナさんがホン・セヨン役にキャスティングされています。

 

ウン・ギョンヘ 役:ワン・ビンナ


巨大企業ウィナーズグループ会長の孫娘
生まれながらにして何不自由ない生活を過ごしてきたかのように見える人物だが、“衝動調節障害”という病の影響で、極度の買い物依存症を患っている。

チャン・グンソクさんが出演した時代劇ドラマ『ファン・ジニ』でヒロインの事を強くライバル視するプヨン役を見事に演じ切ったワン・ビンナさんがウン・ギョンヘ役にキャスティングされています。

 

チャン・ミョンファン 役:ハン・サンジン


ウン・ギョンヘの夫
司法試験を最年少でパスした超エリートで、ウィナーズグループ・法務チームの中核を担っている。

大ヒット時代劇ドラマ『イ・サン』で主人公を健気に支える親衛隊隊長のホン・グギョン役に抜てきされるなど、幅広いジャンルの作品で印象的な演技を見せているハン・サンジンさんがチャン・ミョンファン役にキャスティングされています。

 

イ・ジェジュン 役:イ・ウニョン


ウィナーズグループ・秘書室の室長
ウン・ギョンヘの世話を任されている人物だが、いつもミステリアスな雰囲気を醸し出している。

『恋の花が咲きました』でヒロインの双子の兄にあたるム・スヒョク役を好演し、知名度を急上昇させたイ・ウニョンさんがイ・ジェジュン役にキャスティングされています。

 

人形の家(韓国ドラマ)登場人物・相関図

韓国ドラマ『人形の家』の登場人物・キャスト相関図(ハングル版)をご紹介します
人形の家(韓国ドラマ)登場人物・相関図

 


スポンサーリンク


 

人形の家(韓国ドラマ)ネット上の反応

韓国ドラマ『人形の家』に対するネット上の反応をまとめます

“ホラーレベル”と称される一方、複雑な人間関係を描くところに面白さを感じるTwitter民が存在しているように、『人形の家』は視聴者側の受け取り方次第で様々な感想が出てくる奥の深い作品だ、という事が分かりますね。

 

人形の家(韓国ドラマ)主題歌・OP/EDは?

韓国ドラマ『人形の家』の主題歌・OP/ED・OST情報をご紹介します

『止めることができない悲しさ』ジェイセラ

『Wirper』RAN

『胸があなたを覚えてる』ウン・ガウン

 

人形の家(韓国ドラマ)再放送と無料動画見逃し配信サービス

韓国ドラマ『人形の家』の再放送・無料動画見逃し配信サービスをご紹介します

【最新の再放送予定】

  • 2019年7月3日(水)~ BS12

【過去の再放送】

  • 2018年5月19日~ KBSWorld(日本初放送)

【人形の家の無料動画見逃し配信サービス】

  • 無料動画見逃し配信サービスを実施しているサイトはありません。
    ※2019年6月時点

 

人形の家(韓国ドラマ)基本情報


人形の家~偽りの絆~
2019年7月3日(水)スタート(全69回)
BS12 毎週月曜日~金曜日 午後4時~午後5時

原題 :『인형의 집』
脚本 :キム・イェナ
イ・ジョンデ(ドラマ『その女の海』)
監督/演出:キム・サンフィ(ドラマ『未練』『少女探偵パク・ヘソル』)

2013年のKBSTVドラマ・脚本公募大会で佳作に選出されたホームドラマ『ボミの部屋』など、見せ場たっぷりの作品を数多く誕生させているキム・サンフィさんが監督を務めた『人形の家』に乞うご期待!

 

韓国ドラマ一覧

他の韓国ドラマを見る

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 片渕須直監督作品「マイマイ新子と千年の魔法」のあらすじと評判は?
  2. 崖っぷちホテル(ドラマ)
  3. ショッピング王ルイ
  4. 嫌われる勇気(ドラマ)あらすじとキャスト!香里奈がベストセラー原作に挑む
  5. そして誰もいなくなった6話ネタバレ感想と伏線考察!
  6. コンフィデンスマンJPアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。