仮面(韓国ドラマ)あらすじネタバレ(最終回結末)とキャスト相関図!

この記事は6分で読めます

韓国ドラマ『仮面』は、2020年2月3日から毎週月曜~金曜にBS12で全25話放送されます。
動画の見逃し配信サイト・TSUTAYA TVでも視聴可能です!

韓国では2015年に放送され、平均視聴率7.5最高視聴率13.6を記録しています。

スリリングな展開が人気を呼び、同時間帯視聴率トップを独走しました!

2015年SBS演技大賞でチュ・ジフンが優秀演技賞、10大スター賞ユ・イニョンが特別演技賞を受賞し、2015年グリメ賞でスエヨン・ジョンフンがそれぞれ最優秀演技者賞を受賞しています。

ここでは、韓国ドラマ『仮面』あらすじネタバレ最終回結末感想キャスト相関図など、詳しくご紹介していきます♪

 


スポンサーリンク


 

仮面(韓国ドラマ)あらすじ

韓国ドラマ『仮面』のあらすじをご紹介します。

SJグループの御曹司チェ・ミヌ(チュ・ジフン)との政略結婚が決まっている次期大統領候補の娘ソ・ウナ(スエ)
ウナはミヌと婚約しながらも、ミヌの義兄ミン・ソクフン(ヨン・ジョンフン)と不倫をしています。

そんな中、ウナはある日ミヌの家にあるプールに転落し脳死状態になってしまいます。

そこにやって来たのがウナに瓜二つの女性ピョン・ジスク(スエ)でした。
ウナとジスクは互いに面識はなく、外見が似ているだけで生きてきた世界は全く違うものでした。

ジスクの存在を知ったソクフンは、SJグループを自分の物にするため、ジスクを使ってミヌを操ろうと考えます。

借金の返済に追われるジスクは、お金のために渋々ソクフンと取引をするのです。

ジスクとミヌの取引によって偽物の結婚生活を始めたミヌとジスク。
一緒に生活を送るうちに互いに惹かれあうようになるのですが…。

 

仮面(韓国ドラマ)ネタバレ・最終回結末

韓国ドラマ『仮面』のネタバレ・最終回結末をご紹介します。

緊急記者会見を開いたチェ・ミヌ。
ミヌに頼まれ、ミン・ソクフンは弁護人を務めます。

多くの記者の前で壇上に立ったソクフンは、「チェ・ミヌは意図的に妻の命を奪ったのではありません。幼い頃から夢遊病を患っていたミヌは、妻を手にかけてしまったことも覚えていないのです。意図していたわけではないので、彼が行くべきところは刑務所ではなく病院です。」と嘘をでっち上げて発表するのです。

ソクフンはミヌの耳元で「これが最善の方法だ。これなら逮捕されずに済む。」と話します。

それを聞き「これから私が犯した罪をお話しします。」と壇上に上がり記者に話すミヌ。

「別荘で火事があった夜、私は妻の血がついた服の切れ端を握って倒れていました。意識を失った妻は車で運ばれ川に投げ込まれたのです。私のせいで、妻は亡くなる直前まで恐怖を味わったでしょう。意識を失ったせいで妻を守れなかったこと。すべて私の責任です。申し訳ありません。」と謝罪を口にします。

記者たちがざわつく中、ウナが亡くなった時の事を詳しく話し始めるミヌ。
そして、ウナの命を奪ったのはソクフンだと公表するのです。

ミヌの発言を聞いたソクフンはミヌに訂正するよう話しますが、ミヌは証拠を掴んでいました。
会場にジスクとメイドが現れたのです。

ウナと瓜二つのジスクが現れざわめく記者たち。
ジスクは、自分はウナではなくピョン・ジスクだと話し、全てを話すと言って壇上に上がります。

ジスクが会場に入る前、ミヨン(ユ・イニョン)がジスクにどうやってウナの命を奪ったのかを話していました。
ソクフンにもうこれ以上の罪を犯して欲しくなかったのです。
ジスクの命を救ったのもミヨンでした。

ウナがプールに落ちてしまった日、本当ならばミヨンがメイドに命じて睡眠薬を仕込ませたワインを飲んだウナが車で事故を起こすという計画でしたが、ウナはプールに落ちて亡くなってしまったのです。

ジスクはウナに成りすましていた事、そしてミヨンの悪事を公表しました。
メイドもミヨンに指示されてワインに睡眠薬を仕込んだと証言したのです。

「愛する人をだまし、自分をだまして生きてきた生活は苦痛でした。ウナさんが大事にしていた人まで傷つけているのもいたたまれませんでした。私が傷つけてしまった人たち、そしてソ・ウナさんに心からお詫びいたします。」と謝罪したジスク。

そしてこのすべての悲劇はソクフンから始まったと言いソクフンを告訴すると話します。

ソクフンがウナの遺体を遺棄した事、ジスクとウナの秘密に気づいたキム・ジョンテ(チョ・ハンソン)の命を奪った事、更に数回に渡りミヌの命を奪おうとしていた事、ソクフンが行ってきた悪事の証拠を全て証言するのです。

待機していた検察に取り押さえられる直前に会場から逃亡を図ったソクフン。
ミヨンが車で駆けつけソクフンを助けます。

一方、ソクフンの指示で悪事を行っていた人たちは全て警察によって逮捕されるのです。

ミヨンはソクフンに「誰も知らないところへ逃げましょう。」と話しますが、ソクフンは「去るなら一人で行けばいい。君と一緒に去ることは出来ない。」と言いそれを拒否します。

ソクフンは父親の復讐の為にミヨンと結婚したのです。
ミヨンの父チェ会長(チョン・グクファン)の会社で働いていたソクフンの父親は、工場で指を切断する事故に遭ってしまいます。

それでも会社に尽くしていたソクフンの父。
しかし、作業効率が落ちるからと言う理由で解雇されてしまったのです。

そして屋上で抗議デモをしていた時に転落して全身マヒになってしまいまいました。
そのショックで母親は亡くなってしまったのです。

母親の葬儀にやって来た会長は悲しげな顔で補償金を渡した後、笑ったのだとミヨンに話すソクフン。
ソクフンはそれから復讐の為だけに生きてきたのです。

ミヨンは「私と一緒が無理ならあなただけ逃げて。車にパスポートとチケットがあるわ。このまま逃げて。絶対に捕まらないで。捕まって私に惨めな姿を見せないで。」とソクフンに話します。

「最後だから、一言だけ愛してるって言って。嘘でもいいから。」と言うミヨンにソクフンは「僕は君を愛してなんかいない。会長に復讐するために利用しただけだ。」と冷たく言い放ちその場から立ち去るのです。

“仮面をつけていたら幸せにはなれない”そう言ったウナの言葉の意味を理解したジスク。
罪を告白し、償うと決めたジスクは気持ちが軽くなったとミヌに話します。
ミヌは「僕たち笑顔で再会しましょう。」とジヌクと約束を交わすのです。

空港にやって来たソクフン。
ミヨンから預かったキューバ行きのチケットに手紙が入っていることに気付きます。
ミヨンからの手紙をソクフンが読んでいる頃、行き場を失ったミヨンは自らの命を絶ってしまいました。

手紙を読み終わったソクフンはミヨンに電話をしますが、そこでミヨンが亡くなった事を知ります。

ミヨンの葬儀に現れたソクフンはミヨンの母ソン・ソリ(パク・ジュングム)から罵声を浴びせられながらも、ミヌらミヨンの家族に頭を下げながら涙を流します。

その後、父親のチェ会長から母親は事故で亡くなったのだと本当のことを聞かされるミヌ。
息子がいると知ってミヌに会いたくなったチェ会長は一度だけ会うために人を送ったのですが、ミヌを取られると勘違いしたミヌの母親はミヌを連れて逃げ、その最中に事故が起きてしまったのです。

本当のことを知ったミヌでしたが、「本当のことを知っても何も変わりません。父さんは母さんを守れなかった。私はそうなりたくありません。愛する人を何としても守ります。」と話します。

刑務所にいるジスクと手紙をやり取りしながら近況を報告するミヌ。
“僕たちはもうすぐ会える”そう記して再会を待ちわびるのです。

一方、同じく刑務所にいるソクフンは、本の間に挟まれたミヨンの写真を見た看守にこれは誰かと尋ねられ「もすぐ会いに行く人です。」と告げるのです。

それから4年。
ジスクは家族とミヌに33回目の誕生日を祝ってもらいます。
そこには皆の幸せそうな笑顔が溢れていました。

愛する人と歩む時間が幸せなのだと気付いたジスクは、ミヌと愛する娘と一緒に幸せになろうと決意するのでした。

 


スポンサーリンク


 

仮面(韓国ドラマ)感想

韓国ドラマ『仮面』の感想をご紹介します。

嘘から始まったミヌとジスクの結婚でしたが、最後、真実の愛を見つけたミヌとジスクの幸せそうな姿にジーンとしてしまいます。
大人のロマンチックなラブストーリーにキュンとしてしまう人も多いはず!

スリリングな展開はテンポも良くて、先が気になりすぎて一気見したくなってしまいますよ!

スエさんの演じるジスクがとっても素敵で、凛とした強さと、守ってあげたくなるか弱さと、そしてチャーミングな姿まで、色んな顔を見せてくれています。

そして、何といってもヨン・ジョンフンさんの悪役が凄かった!
最後まで嫌な奴でしたが、ミヨンを思って涙する姿には泣けてしまいます。

今まで、良い人のイメージが強かったジョンフンさんの新たな魅力を感じられる役柄でした!

 

仮面(韓国ドラマ)キャスト・出演者

韓国ドラマ『仮面』のキャスト相関図をご紹介します。

ピョン・ジスク/ソ・ウナ役:スエ

デパートの販売員として働く。
父親の借金に悩まされる。
国会議員の父を持つソ・ウナと瓜二つ。
ウナが脳死になってしまったことをきっかけにソクフンからウナの身代わりにならないかと提案される。

スエ

2002年に女優としてデビューしたスエさん。
デビュー翌年にはドラマ『ラブレター』でヒロインを演じ一躍有名になりました。

繊細な演技がスエさんの持ち味で、切なく哀しい役柄を美しく演じる演技派の女優さんです。

『仮面』では、真逆の人生を送るウナの身代わりになり、戸惑いながらもミヌに惹かれ、ミヌを守ろうとするジスクを美しく演じています。

 

チェ・ミヌ役:チュ・ジフン

SJグループの御曹司。
幼い頃に母親を亡くし、父親からは後継者として厳しく育てられ、愛を知らずに生きてきた。

チュ・ジフン

ファッションモデルとしてデビューしたチュ・ジフンさん。
ドラマ『宮~Love in Palace』で皇太子役を演じ、作品の人気と共に俳優としてもブレイクしました。

最近では主に映画俳優として活躍しています。

『仮面』では、愛を知らずに育ってきた孤独な御曹司ミヌを繊細に演じ、幅広い演技力を見せています。

 

ミン・ソクフン役:ヨン・ジョンフン

SJグループの令嬢ミヨンの夫。
ウナと付き合いながらもミヨンと結婚した野心家。
SJグループを自分の物にしようとしている。

ヨン・ジョンフン

演技派俳優として人気のヨン・ジョンフンさん。
新しい作品ごとに全く違った役柄を見事に演じきっています。

1999年に俳優としてデビューし、ドラマ『エデンの東』への出演で一気に注目を浴びました。

『仮面』では、グループ乗っ取りを企む悪い男を演じ、ジョンフンさんの違った魅力が発見できます。

 

チェ・ミヨン役:ユ・イニョン

ミヌとは腹違いの姉でソクフンの妻。
ソクフンとウナの関係を怪しんでいる。

ユ・イニョン

モデルとして芸能界デビューしたユ・イニョンさん。
2004年に女優としてもデビューしています。

ドラマ『三銃士』や『奇皇后 ふたつの愛、涙の誓い』などの人気ドラマに出演しています。

洗練された容姿のイニョンさんはヒール役を演じる事も多く、『仮面』でも愛する人の為に悪事に手を染めていく役を熱演しています。

 


スポンサーリンク


 

仮面(韓国ドラマ)登場人物相関図

韓国ドラマ『仮面』の登場人物・相関図をご紹介します。
仮面相関図

 

仮面(韓国ドラマ)基本情報

仮面
2020年2月3日スタート (全25回)
BS12 毎週月曜~金曜 午後4時~

監督:プ・ソンチョル (ドラマ『スターの恋人』)
脚本:チェ・ホチョル (ドラマ『秘密』)

秘密を軸に複雑に絡み合う欲望と愛。
仮面を纏った夫婦の切なくスリリングな大人のロマンチックラブストーリー!!

 

韓国ドラマ一覧

他の韓国ドラマを見る

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 半分、青い。(朝ドラ)脚本は北川悦吏子!あらすじやヒロイン鈴愛(すずめ)役は誰?
  2. ボーイフレンド
  3. ラブリー・スター・ラブリー
  4. 春が来た
  5. バリでの出来事
  6. スモーキング
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。