無法弁護士~最高のパートナー~(韓国ドラマ)あらすじネタバレ(最終回結末)とキャスト相関図!

この記事は7分で読めます

無法弁護士
韓国ドラマ『無法弁護士~最高のパートナー~』は、2020年1月3日にホームドラマチャンネルで全16話一挙放送されました。
動画の見逃し配信サイト・music.jpでも視聴可能です!

韓国では2018年に放送され、平均視聴率8.9最高視聴率10.2を記録しています。

様々な役を演じる演技派俳優、イ・ジュンギが初の弁護士役を演じるとかなり話題になりました!

また、法廷ドラマであってアクションドラマとしても楽しめるストーリーに注目が集まった作品です。

ここでは、韓国ドラマ『無法弁護士~最高のパートナー~』あらすじネタバレ最終回結末感想キャスト相関図など、詳しくご紹介していきます♪

 


スポンサーリンク


 

無法弁護士~最高のパートナー~(韓国ドラマ)あらすじ

韓国ドラマ『無法弁護士~最高のパートナー~』のあらすじをご紹介します。

弁護士のポン・サンピル(イ・ジュンギ)は、ある日、差出人不明の手紙を受け取り、母親の復讐を果たす時が来たことを確信します。

人権弁護士だったサンピルの母親は、サンピルがまだ幼い頃、サンピルの目の前で命を奪われてしまいます。

その事件から、サンピルは母親の復讐を果たすため、母方の伯父である闇社会のボス、チェ・デウン(アン・ネサン)の下で育ち、キレる頭脳と強い拳を持った青年に成長し、弁護士となったのです。

そして18年ぶりに訪れた故郷で「無法ローファーム」を開業することに。

そんな時、サンピルは弁護士のハ・ジェイ(ソ・イェジ)に出会います。
ジェイは曲がった事が嫌いで、不当な審判を下した裁判官に盾突くほどの負けん気の強さを持った女性。

そんなジェイの性格を買ったサンピルはジェイに弁護士事務所で事務長をしないかと誘い、18年前の真相に迫っていくのですが…。

 

無法弁護士~最高のパートナー~(韓国ドラマ)ネタバレ・最終回結末

韓国ドラマ『無法弁護士~最高のパートナー~』のネタバレ・最終回結末をご紹介します

キム秘書(チョン・ヨンフン)から攻撃され怪我を負ったアン・オジュ(チェ・ミンス)
オジュを庇ったソク・グァンドン(チェ・テフン)も重傷を負ってしまいます。

そこへ駆けつけたのがポン・サンピル。
キム秘書を倒しますが、その後キム秘書は逃亡してしまいます。
重傷を負ったグァンドンはその場で息絶えてしまうのです。

サンピルはオジュに「これはお前が裁判で証言しないようにチャ・ムンスク(イ・ヘヨン)が仕組んだものだ。」と告げます。

それを分かっていたオジュは、サンピルからまだ法廷で証言できると聞き、怪我を負った体を引きずりながらお金を積めた鞄を持ってその場から去っていきます。

一方、計画が失敗に終わった事、オジュの息の根を止められなかった事の報告をキム秘書から受けたムンスクは血相を変え、すぐにオジュを見つけ出すようキム秘書に指示するのです。

ナム・スンジャ(ヨム・ヘラン)はハ・ジェイに、時間を稼ぐために気を失ったフリをしたのだと話します。
それを聞いたジェイはチャ・ムンスク判事を信じないようスンジャに話します。

そしてサンピルからオジュが証言台に立つと聞いたスンジャは焦り始めます。
サンピルは「どちらについた方が賢いのかよく考えてみてくれ。」とスンジャに話すのです。

スンジャの面会に来たカン・ヨニ(チャ・ジョンウォン)は「チャ判事に許しを乞えば良かったのに…。前科のある母親を持つ検事が上に行けると思う?私がチャ判事に直接許しを乞うわ。母さんを救えるのはチャ判事しかいないのよ。」と言って泣き崩れます。

ジェイは記者に「チャ・ムンスクの悪事を暴きます。この裁判で今までの不正が明らかになる。だから真実をちゃんと伝えてほしい。」と話すのです。

その頃、チャ・ムンスクはスンジャに面会し、「ポン・サンピルを信用したらいけない。オジュが法廷に現れることはないわ。」と言いスンジャの手を握るのでした。

翌日、裁判が始まる前にサンピルとジェイに会ったムンスクは、二人に何を言われようと「これまでの法廷を作り上げたのは私よ。」と自信たっぷりに言い放ち法廷へと向かっていきます。

法廷でスンジャへの尋問が始まります。
スンジャに「この犯行はすべてあなた一人でしたのですか?」と質問をすると、少しの間を置いて「指示されました。」と答えるスンジャ。

ムンスクは余計な事を話される前に裁判を終わらそうとサンピルの質問は誘導尋問だと注意しますが、スンジャがまた証言を始めます。

何故前回の公判で本当の事を証言しなかったのかと問われたスンジャは「怖かったのです。権力が。真実も嘘も権力を持つものにねじ伏せられる。」と答えます。

サンピルがスンジャに「その人物はここに居ますか?」と質問するとスンジャは「はい、ここにいます。綺城で最も大きな力を持つチャ・ムンソク裁判官です。」と証言するのです。

その証言で法廷はざわつき始めます。
ムンスクは冷静に「書記官は被告人の発言を削除するよう。」と指示します。

サンピルはムンスクへの攻撃を始めます。
しかし「裁判長が被害者の命を奪うよう指示したのですか?」と問われたムンスクは「被告人への尋問が無ければこれで終了します。」と言って尋問を終わらせてしまうのです。

他の証人がスンジャに対して不利な証言をする中、法廷に新たな証人として登場したのはオジュでした。

まさかの事態に顔色を変えるムンスク。
しかし、ムンスクはサンピルに「オジュごときの証言を退けられないと思うの?」と強気な態度に出ます。
サンピルは「真実はどうやって隠しても隠し通すことはできない。なぜオジュを呼んだかすぐに分かりますよ。尊敬する裁判長。」と皮肉を言うのです。

オジュは「チャ裁判官の父、チャ・ビョンホ先生の時代からチャ裁判官の家の犬として生きてきた。」と証言を始めます。

それを受けてサンピルは「アン・オジュさんはチャ裁判官の指示で、18年前に失踪した再開発の事業関係者や刑事、弁護士など複数の人の命を奪ったと私に自白しました。」と公表するのです。

「法壇に立っているチャ裁判官の指示で何人もの人の命を奪い、遺体を遺棄しました。」と証言するオジュ。

ムンスクは「オジュが罪を免れるために口裏を合わせているとは考えなかったのですか?」とサンピルに詰め寄りますが、サンピルはムンスクが車で人を轢いて命を奪ってしまい、その処理をオジュに指示している証拠の写真を公開しムンスクの裏の顔を暴露するのです。

写真はねつ造だと主張するムンスクに対して、サンピルとジェイは証人を用意していました。
それはその事故を目撃し、公表された写真を撮った人物、ジェイの母親ノ・ヒョンジュ(ペク・ジュヒ)でした。

「母を誘拐するよう指示したのはチャ・ムンスク裁判官あなたです。」と話すジェイ。
サンピルは「何度も命を狙われていたのを我々が救い出して保護しました。あなたのせいだ。それでもあなたは否認しますか?」とムンスクに強い口調で話します。

ムンスクは一旦休廷すると言いますが、傍聴席からはムンスクに対しての野次が飛び交います。
検事からは訴え変更の申し立てが行われ、スンジャにたいしての公判は打ち切られることが決まります。

ムンスクの罪が暴かれ幕が下りた法廷でしたが、オジュが護送中に逃亡したとサンピルの元に報告が届きます。

オジュの行先に心当たりがあるサンピルは直にオジュを追います。
サンピルがオジュの元に駆けつけると、オジュは多くの警官に包囲されていました。

サンピルは「天下のアン・オジュが負け犬のように逃げるのか?ここで死ぬな。罪を犯したら法の裁きを受けるんだ。」とオジュに告げます。

「法だと?俺は今まで法をもてあそぶ奴らに使われて捨てられたんだ。これからはアン・オジュが法だ!」と叫びサンピルに銃を向けます。

サンピルは怯むことなくオジュと対峙しますが、オジュに母親が空で泣いてると言われカッとして銃をオジュに向けてしまいます。

しかし、自分を撃てというオジュに「18年苦しみに耐えて生きてきた。そんな俺がお前に従うと思うのか?この手をお前の血で汚すのはごめんだ。法でお前を破滅させてやる。」と言って銃を置きます。

オジュは「俺はここで生まれた。この魚市場は俺の父と母なんだ。ここで生まれたからここで死ぬ。最後の頼みだ、チャ・ムンスクを法で裁け。」と言って銃で自ら命を絶ってしまうのです。

その後、ムンスクは自宅で逮捕されます。
ムンスクに指示されて悪事を働いたコ・インドゥ元裁判官(チョン・ジンギ)や綺城日報の記者ハン・テギョン(ミン・ボッキ)なども次々に逮捕されるのです。

サンピルとジェイはチョン・スンボム検事(バク・ホサン)の元を訪れ、18年前の事件を追った資料を託します。

刑務所にいるムンスクに面会をしたサンピルとジェイ。
全く反省の色を見せないムンスクは「あなたたちは間違ってる。最後には私を許すはず。許さなければ苦しみが続くから。」と告げるのでした。

チョン検事に呼び出されたサンピルとジェイは、ソウルに戻ってこいと言われ特捜部へ入らないかと誘われるのです。
二人はその誘いを快く快諾し、エリートたちの不正を法で裁くため無法都市ソウルへとその舞台を変えるのでした。

 


スポンサーリンク


 

無法弁護士~最高のパートナー~(韓国ドラマ)感想

韓国ドラマ『無法弁護士~最高のパートナー~』の感想をご紹介します。

復讐がきっかけで弁護士になったサンピルが、少しずつ巨大な権力を持つ真犯人に辿りつく過程はハラハラとさせられてますが、犯人を暴いていく痛快なストーリーにハマってしまいます!

イ・ヘヨンさん演じるチャ・ムンスクや、チェ・ミンスさん演じるアン・ホジュの悪人たちが裁かれるラストは本当にスッキリします!
そして、このお二人の演技、凄いです!
イ・ヘヨンさんとアン・ホジュさんが主役かな?というくらいの存在感でした!

そして、サンピルとジェイのラブストーリーも見どころです!
やりたい放題のサンピルと、意志が強く勝ち気なジェイは中々お似合いでした。

イ・ジュンギさんの演じるサンピルのアウトローっぷりがとても味があって、ステキでした!
また、アクションシーンも迫力があって、イ・ジュンギさんの身体能力の高さに感動してしまいます!

 

無法弁護士~最高のパートナー~(韓国ドラマ)キャスト・出演者

韓国ドラマ『無法弁護士~最高のパートナー~』のキャスト相関図をご紹介します。

ポン・サンピル役:イ・ジュンギ

頭脳明晰で拳も強いアウトローな弁護士。
やりたい放題な弁護士だけど、チンピラを更生させるなど、義理堅い所もある。
亡くなった母親の復讐の為、法で悪人を裁いていく。

イ・ジュンギ

日本でも絶大な人気を誇るイ・ジュンギさん。
映画『王の男』へ出演した時に中性的な美しい顔が話題になり、最も美しい男として韓国でもブレイクした俳優さんです。

ドラマ『イルジメ~一枝梅』や『夜を歩く士』などの時代劇に多く出演し、見事なアクションシーンを披露してきました。

『無法弁護士~最高のパートナー~』でも、キレのあるアクションシーンを披露しストーリーを盛り上げています。

 

ハ・ジェイ役:ソ・イェジ

サンピルに誘われ「無法ローファーム」で事務長を務める勝ち気な女性弁護士。
幼い頃に失踪した母を探すために弁護士になった。

ソ・イェジ

2013年にCMモデルとしてデビューしたソ・イェジさん。
透明感のある素敵な女優さんです。

2014年に出演したドラマ『夜警日誌』での演技が注目を浴びました。
その後人気ドラマに多く出演しています。

『無法弁護士~最高のパートナー~』では、やりたい放題なサンピルと対等に渡り歩いていける堂々とした女性弁護士を好演しています。

 

チャ・ムンスク役:イ・ヘヨン

キソンのマザーテレサと呼ばれる裁判官。
表の顔は公平で愛のある判決をする裁判官だが、裏の顔は私欲の為に権力を振りかざす悪人。

イ・ヘヨン

主に映画や舞台女優として活躍するイ・ヘヨンさん。
1981年にミュージカル女優としてデビューし、多くの舞台に出演しています。

高い演技力が魅力の女優さんで、数々の演技賞を受賞しています。

『無法弁護士~最高のパートナー~』では表の顔と裏の顔を持つ裁判官を持ち前の高い演技力で演じ、圧倒的な存在感を放っています。

 

アン・オジュ役:チェ・ミンス

裏社会で生きてきた事業家。
野望を叶えるためにムンスクと手を組み悪事を働く。

チェ・ミンス

実力派俳優として人気の高いチェ・ミンスさん。
1985年に舞台俳優としてデビューしています。

1995年に主演を務めたドラマ『砂時計』は視聴率45%という驚異の数字を記録しています。
2002年に公開された日韓合作映画『ソウル』にも出演しています。

『無法弁護士~最高のパートナー~』ではサンピルと対立するアン・オジュを演じ、迫力のある演技を見せています。

 


スポンサーリンク


 

無法弁護士~最高のパートナー~(韓国ドラマ)登場人物相関図

韓国ドラマ『無法弁護士~最高のパートナー~』の登場人物・相関図をご紹介します。
無法弁護士相関図

 

無法弁護士~最高のパートナー~(韓国ドラマ)基本情報

無法弁護士~最高のパートナー~
2020年1月3日一挙放送 (全16話)
ホームドラマチャンネル 午前7時~

監督:キム・ジンミン (映画『犬とオオカミの時間』)
脚本:ユン・ヒョンホ (ドラマ『弁護人』)

アウトローな弁護士が法で悪を裁く!
母親の仇を取るため、キレる頭脳と強い拳で未来を切り開く!

 

韓国ドラマ一覧

他の韓国ドラマを見る

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 花のち晴れ~花男 Next Season~
  2. ホテルデルーナ
  3. 六龍が飛ぶ
  4. コンフィデンスマンJPアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。