プリースト~君のために~(韓国ドラマ)あらすじネタバレとキャスト!【動画無料視聴】

この記事は5分で読めます


韓国ドラマ『プリースト~君のために~』は、2019年4月14日から毎週日曜日にKNTVで全16話放送されました。
動画の見逃し配信サイト・U-NEXTでも視聴可能です。

韓国では2018年に放送され、平均視聴率1.91最高視聴率2.48を記録しています。

視聴率は伸び悩みましたが、メディカルドラマと悪魔祓いをテーマにしたホラーサスペンスを融合させたストーリーが注目されました。

ラブコメドラマでおなじみのヨン・ウンジがエクソシスト役を熱演し話題になった作品です。

ここでは、韓国ドラマ『プリースト~君のために~』あらすじネタバレ最終回結末感想キャスト相関図など、詳しくご紹介していきます♪

韓国ドラマ『プリースト~君のために~』を1話から視聴するならU-NEXT

 

プリースト~君のために~(韓国ドラマ)あらすじ

韓国ドラマ『プリースト~君のために~』のあらすじをご紹介します。

秘密結社「634レジア」の若きエクソシストであるオ・スミン(ヨン・ウンジ)

スミンは幼いころに、母を亡くしています。
スミンの母親は悪魔に取りつかれ、自ら命を落としてしまったのです。

そんな辛い経験をしたスミンはベテランエクソシストであるムン・ギソン(パク・ヨンウ)を父の様に慕い、師事します。

南部カトリック病院の救命救急センターで医師として働くハム・ウンホ(チョン・ユミ)

ある日、腹部に傷を負った男の子が重症の状態で病院に搬送されてきます。

その男の子の手術をウンホが担当しますが、力及ばずその男の子は命を落としてしまいます。

しかし、その直後に起きた停電の後その男の子が生き返るのです。
生き返った男の子は奇妙な行動を繰り返すようになります。

その男の子が悪魔に取りつかれていると判断したギソン。
スミンと悪魔祓いを行います。

儀式のおかげで無事正気を戻した男の子でしたが、ウンホは非科学的なことを信じられずにいました。

しかし、そんなウンホを悪魔に取りつかれた研修医が襲いかかり…。

 


スポンサーリンク


 

プリースト~君のために~(韓国ドラマ)ネタバレ・最終回結末

韓国ドラマ『プリースト~君のために~』のネタバレ・最終回結末をご紹介します。

ハム・ウンホに取りついた悪霊を払う方法を捜すオ・スミン。
そうこうしているうちに、ウンホに取りついた悪霊がスミンを挑発します。

「箱がつぶれた時点でお前の負けなのだ。惨めな奴。螺鈿香箱が無くても私を消せる方法があるじゃないか。」と言って殉教者のナイフを指します。

スミンはその言葉を無視して除霊を進めますが、力が強すぎる悪霊には中々とどめを刺すことが出来ません。

悪霊は「お前が未熟だから病院で多くの人が命を落としている。たった一人を犠牲にすればその多くの命が救えるんだ。だから私をあのナイフで刺せ!」と叫びます。

そのすぐ後、少し正気を戻したウンホは悪霊の言葉を聞いてしまいます。

自分の命を差し出せば多くの命が助かると思ったウンホは「私は悪魔です。だから私の命を奪って下さい。私のせいで罪のない多くの人が苦しむ姿を見るのはもう耐えられません。」そうスミンに訴えます。

ウンホの言葉を聞いたスミンは、ウンホを見る事が出来ず項垂れます。
その隙に殉教者のナイフを手に取ったウンホは自分の手でナイフを体に突き立てるのです。

スミンはウンホを救うために自分が悪の司祭になることを選びます。
そこへやってきたムン・ギソン神父。
悪の司祭となったスミンを見たムン神父はすぐに除霊を始めます。

しかし、スミンに取りついた悪霊の力はかなり強く、ムン神父の力は跳ね返されてしまうのです。

悪霊に攻撃されるムン神父。
どんなに痛めつけられても諦めずに除霊の儀式を続けます。

そこへイ・ヘミン修道女(ムン・スク)が他の修道女を引き連れやってくるのです。
悪霊となったスミンの前で賛美歌を歌って除霊するヘミン修道女。

ムン神父も加わり儀式が執り行われます。
ムン神父とヘミン修道女以外はみな悪霊によって倒されてしまいますが、二人は懸命に戦います。

その時、スミンが完全に悪霊に取りつかれてしまう直前に「録音機」と呟いていたことを思い出すムン神父。

すぐに録音機の音声を確認すると、スミンがウンホの除霊を行っている時の音声が録音されていました。

スミンが悪霊に名前を名乗るよう仕向けていたため、その音声の中に悪霊の名前も録音されていたのです。

悪霊にとって名前は意味を持ちます。
ムン神父は悪霊の名前「サマエル」を呼び除霊をするのです。

ムン神父が言葉を発するたび、悪霊はもがき苦しみます。
その時、スミンの意識も戻りムン神父と共に自分に取りついている悪霊を払います。

ムン神父とヘミン修道女の懸命な除霊のおかげで悪霊は消滅します。
病院へ搬送されたウンホの手術は無事成功し、悪霊のせいで伝染病に苦しめられた患者たちの意識も回復するのです。

いつもの日常が戻った634レジアのメンバーや病院のスタッフ。
634レジアのメンバーは皆で記念の集合写真を撮ることに。

そこへウンホがやってきます。
ムン神父は「この方は付魔者の治療を担当してくれるハム・ウンホ先生だ。」と皆に紹介します。
「初めまして。」とウンホに挨拶するスミン。

何故ならスミンはウンホとの記憶を失っていたのです。
ウンホも一時記憶を失っていましたが、スミンとの記憶を取り戻していました。

ムン神父からは考え直してはどうかと言われますが、そんな状態のスミンでも側で見守りたいと強く思ったウンホは634レジアのメンバーになることに。

634レジアは、互いを信頼し、これからも信念を持って見えないところで見えない敵と戦っていくのです。

韓国ドラマ『プリースト~君のために~』の続きはU-NEXTでご覧いただけます。

 

プリースト~君のために~(韓国ドラマ)感想

韓国ドラマ『プリースト~君のために~』の感想をご紹介します。

エクソシストとメディカルドラマを融合させた作品なので、結構怖いです!

ホラー系が苦手な方はちょっと注意が必要かもしれませんが、厚みのあるストーリーはかなり見応えがあります!

ヨン・ウジンさんのエクソシスト役がとてもカッコいい!
今までのイメージともまた違った役柄でしたが、見事に演じていました。

そしてパク・ヨンウさんの演じるムン神父もかなり素敵です!
厳しさもありながら慈愛に満ちたムン神父を、控えめなのに存在感のある演技で魅力的に演じています!

スミンがウンホの記憶を失ってしまったというラストは少し切なさも感じますが、また続編をして欲しいと感じるドラマでした。

 


スポンサーリンク


 

プリースト~君のために~(韓国ドラマ)キャスト・出演者

韓国ドラマ『プリースト~君のために~』のキャスト相関図をご紹介します。

オ・スミン役:ヨン・ウジン

秘密結社634レジアのエクソシスト。
正義感が強く、気持ちよりも先に行動してしまうことも。

ヨン・ウジン

日本でもかなり人気のヨン・ウジンさん。
ラブコメドラマに多く出演し、ときめく演技で視聴者を虜にしています。

特に、ドラマ『七日の王妃』での気品ある演技はかなりの人気でした!

『プリースト~君のために~』では正義感の強いエクソシストを熱演し、今までとは違った魅力を見せています。

 

ハム・ウンホ役:チョン・ユミ

救命救急センターの優秀な医師。
8年前の記憶の一部を失っている。

チョン・ユミ

2003年にCFモデルとしてデビューしたチョン・ユミさん。
ドラマ『屋根部屋のプリンス』や『トンイ』などの出演で日本でも有名な女優さんです。

ヒール役のイメージが強かった女優さんですが、幅広い演技力で多くの役柄を演じています。

『プリースト~君のために~』では、大切な人の命を守るために奮闘する医師を凛とした姿で演じていたのが印象的でした。

 

ムン・ギソン役:パク・ヨンウ

秘密結社634レジアを創立したメンバーの一人。
スミンから父の様に慕われている。

パク・ヨンウ

1994年に芸能界デビューしたパク・ヨンウさん。
デビュー当初からその演技力は高く評価され、映画を中心に活躍しています。

存在感のある演技が魅力的な俳優さんですが、『プリースト~君のために~』では、スミンやウンホと共に悪魔祓いに挑むベテランエクソシストを深みのある演技で魅力的に演じていました。

 


スポンサーリンク


 

プリースト~君のために~(韓国ドラマ)登場人物相関図

韓国ドラマ『プリースト~君のために~』の登場人物・相関図をご紹介します。

 

プリースト~君のために~(韓国ドラマ)基本情報

プリースト~君のために~
2019年4月14日スタート (全16回)
KNTV 毎週日曜日 午後8時50分~ (2話連続放送)

監督:キム・ジョンヒョン (映画『プロミス~氷上の女神たち~』) リュ・スンジン
脚本:ムン・マンセ イ・ジェハ キム・スギョン

若きエクソシストと神の存在を信じない医師。
相反する二人がタッグを組んで悪霊を倒すために立ち向かう!
新感覚の医療ホラードラマ!

 

韓国ドラマ一覧

他の韓国ドラマを見る

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 福寿草
  2. SKYキャッスル
  3. ユニバーサル広告社
  4. スモーキング
  5. 東京センチメンタルで吉田鋼太郎がドラマ初主演!キャスト・あらすじ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。