インサイド・ヘッド(映画)のあらすじやキャスト・登場人物は?

この記事は3分で読めます

インサイドヘッドTOP
インサイド・ヘッド(映画)が2015年7月18日に公開されました。

直訳で「頭の中」・・・って、いったいどんな映画なのでしょう。

気になるあの人の、考えていることが知りたい、そう・・・
頭の中を見てみたい!なんて考えたことありませんか?

ディズニー/ピクサーが今回着目したのは、誰もが知りたいけど誰もよくわからない・・・頭の中の感情たちの物語です。

さて気になる、あらすじキャスト登場人物をご紹介しましょう。

 

スポンサーリンク

インサイド・ヘッド(映画)のあらすじは?

映画館画像

まずは、インサイドヘッド(映画)のあらすじをご紹介しましょう。

ヨロコビの感情と共に、この世に生まれ、天真爛漫に育った11歳の少女ライリー、ところが父親の仕事の都合で、大好きだった田舎町を離れ、なんと突然大都会のサンフランシスコに引っ越すことになります。
サンフランシスコ画像

新しい暮らしに、なかなか慣れることの出来ないライリー。
そんなライリーの頭の中に住んでいる、ヨロコビ・イカリ・ムカムカ・ビビリ・カナシミの5つの感情たちも、それぞれが協力し合って、ライリーを助けようとがんばっていたのです。

ヨロコビ
カナシミ
ある日、カナシミが思い出ボールに触ってしまったアクシデントで、ヨロコビと一緒に思い出の貯蔵庫に吸い上げられてしまいます。

膨大な思い出貯蔵庫の迷路に迷い込んだ、ヨロコビカナシミは、司令室に帰ろうと必死に道を探します。

イカリ
ムカムカ
ビビリ
一方司令室では、残された感情たちの、イカリ・ムカムカ・ビビリがなんとかピンチを脱出しようとがんばります。
大きな感情のヨロコビとカナシミを失ったライリーの心は、このまま壊れてしまうのでしょうか。
はたして、このピンチを乗り超えることができるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

インサイド・ヘッド(映画)のキャスト・登場人物は?

つぎに、キャスト・登場人物をご紹介しましょう。

【実社会の人間たち】

ライリー・アンダーソン(Riley Anderson)
元気いっぱいの11歳の少女ライリー。
田舎でのびのびと育ち、アイスホッケーやアウトドアが大好き。
愛情たっぷりな両親のもとで、大切に育てられ、ヨロコビがライリーのほとんどを占めている。

ライリーのパパ(Mr.Anderson)
妻とライリーを心から愛しているパパ。
しかし妻のちょっとした不満には、なかなか気づけない鈍感なところもある。
口ひげをたくわえ、男らしい顔つき。
頭の中も、イカリのおじさんが主導権をにぎっている。

ライリーのママ(Mrs.Anderson)
新しい環境におかれたライリーを心配するママ。
母親として堅実に家庭を築こうとしている。
ライリーと目鼻立ちがそっくりだが、赤いメガネが印象的。
悪い方へ考えがちな、カナシミの存在が強い性格。

両親は、ライリーのことを心から愛している。
一緒にアイスホッケーをしたり、猿のものまねごっこに乗ってくれたりと愛情あふれる家族。

しかし最近は新しい仕事が忙しく、娘の心の奥の変化にまで気づかない所がある。

 

【ライリーの頭の中の5つの感情たち】
ヨロコビ
ヨロコビ(JOY)
ライリーの頭の中では、もっとも主導権をにぎっている感情のヨロコビ。
希望にあふれて怖いものなし。道を切り開いてゆくのはこの私と、いつも張り切っている。
でも、そのまま突き進む無鉄砲さもある。
光り輝くオーラに全身が包まれていて、好奇心旺盛なブルーの瞳が美しい。

カナシミ
カナシミ(SADNESS)
辛くて悲しくて、身体がだるくて重いカナシミ。
どんな事も、後ろ向きに考える。
全身がブルーで、感情の重さと同じように、体重も重そう。
下がった眉毛と、今にも泣きそう瞳を、大きなメガネでカモフラージュしている。

イカリ
イカリ(ANGER)
怒りだしたら、頭のてっぺんから炎が立ち上るイカリ。
俺が一番偉いと思っている。
真っ赤な身体に触れたら、本当に火傷をしそう。
目を剥いて大きな口を開けて怒鳴る姿は、頑固おやじそのもの。

ムカムカ
ムカムカ(DISGUST)
嫌なものは絶対にイヤッ!思った通りにならないなんて耐えられない性格のムカムカ。
緑の身体からは、わがままな言葉しか出ない。
ウエストの絞った素敵な緑のワンピースを着こなす、まるでセレブのお嬢様。

ビビリ
ビビリ(FEAR)
心配事がありすぎて、いつも身体中が血色悪く、紫色のビビリ。
ライリーの安全は彼一人が守っている。
ブレーキを掛けるのは、いつもビビリの役。
危険をいち早く察知して、回避する。
赤い蝶ネクタイは、ちょっと育ちの良いお坊ちゃま風。

 

【その他】

ビンボン画像
ビンボン(Bing Bong)
幼いころライリーが作った、空想上の友達ビンボン。
ヨロコビとカナシミのサポートをする。
ピンクの像、ガネーシャに似ている。

インサイド・ヘッド(映画)を観た人の感想・評判は?

インサイドヘッド(映画)をご覧になった方の、感想評判を聞いてみました。

普段は決して目にすることのない、「感情」というものを題材にした、視点の変わった内容だったので、どんなメッセージをくれるのかワクワクしながら観ました。

5つの感情たちは個性的で、キャラクターが立っていたので、分かりやすかったと思います。

面白いけど哲学的!そして、後からじんわり来る作品でした。

私の頭の中にもビンボンを住まわせることにしたと、友人に言ったら笑われました。

さすがピクサーの映像で、大画面の映像美には大満足でした。

本作の監督であるピート・ドクターは、自分の娘が成長し、感情表現が変化した事への戸惑いが、この作品を作るきっかけとなったと話していたそうです。
娘は父親にとっては、けっして分からない神秘的な存在かもしれませんね。

そして、できればあまり仲良くなりたくない、カナシミという感情は、なぜ必要なのか・・・
涙を流すと、なぜスッキリとするのか・・・。
その謎も解ける作品かもしれません。

ヨロコビは竹内結子さん、カナシミは大竹しのぶさんの吹替えも、話題を呼んでいます。
この夏、頭の中の、ファンタジーあふれる大冒険へ、出かけてみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 伊藤くんAtoE(ドラマ)原作あらすじとネタバレ感想!佐々木希のシーン動画
  2. 死んでこそ生きる男(韓国ドラマ)あらすじネタバレとキャスト相関図!日本放送日とOST動画
  3. サムライせんせい(ドラマ)主演は錦戸亮!原作あらすじとキャストは
  4. ファイナルカット
  5. 僕たちがやりました(ドラマ)原作あらすじと感想!キャストや最終回結末予想!
  6. HOPE(ドラマ)主演は中島裕翔!あらすじとネタバレ!原作は韓国ドラマ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題の韓国ドラマ一覧

話題の中国ドラマ一覧