母と暮らせば(映画)のあらすじやキャスト・ロケ地は?原作や主題歌

この記事は3分で読めます

母と暮らせば ニノと山田監督
母と暮らせば(映画)の全国公開が、2015年12月12日(土)と決まっていますが、早くも巷では大きな話題となっています。

戦後70年。
山田洋次監督が、満を持しての作品、力作と言えることでしょう。

今回は、『母と暮らせば(映画)』あらすじキャストロケ地は?原作主題歌について、ご紹介したいと思います。

2015.12.9 母と暮らせば 関連記事 追加

 

スポンサーリンク

母と暮らせば(映画)のあらすじは?

母と暮らせば 山田洋次監督モノクロ
まず、『母と暮らせば(映画)』あらすじは?というところが、どうしても気になりますね。

『母と暮らせば』は、作家の故・井上ひさしさんが、「『父と暮らせば』と対となる作品を長崎を舞台にしてつくりたい」という希望を持っていたことを山田洋次監督が知り、形にして残そうとしたものだと言われています。

1948年の8月に、長崎で助産婦をしている伸子(吉永小百合さん)の元へ、3年前に原爆で命を落としたはずの息子、浩二(二宮和也さん)がひょっこり現れるという設定で、この作品ははじまります。

その後、浩二はたびたび伸子の前に姿を見せるようになり、親子の交流が続きます。

親子の話題は、浩二の彼女である町子(黒木華さん)のことに・・・。

伸子と浩二は、親子共々、町子の幸せを祈り続けます。

伸子と浩二にもたらされた幸せな時間は、いつまで続くのか?

山田洋次監督初のファンタジー作品とあって、あたたかい世界が展開すると同時に、親子の絆が途絶えませんようにという、祈りにも似た切なさが同居する感動、涙ものの作品となっています。

母と暮らせば(映画)のキャスト・登場人物は?

母と暮らせば キャスト・登場人物
映画『母と暮らせば』のキャスト、登場人物についてですが、これまた素晴らしい顔ぶれが揃いました。

まず、主演のお二人からご紹介しましょう。
母、福原伸子役には、大女優、吉永小百合さん
息子、福原浩二役には、嵐の二宮和也さん

さらに・・・
浩二の彼女役である佐多町子役に、黒木華さん

この主要人物を取り巻くように、浅野忠信さん、広岡由里子さん、小林稔侍さん、橋爪功さん等、多くの名優が登場してきます。

母、伸子役を演じる吉永小百合さんは、二宮和也さんに会ったとき、「本当の息子みたい!」と、非常に親近感を抱かれたと聞いております。
きっと、そんな組合せですし、素晴らしい親子像が描かれているに違いありません。

 

スポンサーリンク

母と暮らせば(映画)のロケ地はどこ?

母と暮らせば ロケ地
次に、映画『母と暮らせば』のロケ地はどこ?ということに触れてみたいと思います。

この作品は、被爆した長崎を舞台にしており、ロケも長崎で行われました。
特に、黒崎教会が主なロケ地であり、嵐ファンの間では、新たな聖地になると、もっぱらの噂のようです。

黒崎教会は、明治30年(1897年)に、ド・ロ神父の指導により敷地が造成され、明治32年(1899年)には建設計画が進行し、大正9年(1920年)に完成した厳かなカトリック教会です。

この教会は、作家、遠藤周作さんの小説『沈黙』の舞台にもなっている敬虔な信徒をもつ場所なのです。

その聖堂は、信徒が奉仕と犠牲の証として、一つひとつ積み上げたというレンガで造られています。

まさに、感動の名作にふさわしい場所ではないでしょうか。

母と暮らせば(映画)の原作や主題歌は?

母と暮らせば 坂本龍一
映画といえば、その原作や主題歌も気になるところですね。

まず、映画『母と暮らせば』の原作については、正確にいえば存在しません。

ただし、山田洋次監督が、作家、井上ひさしさんの遺志を継いで制作したものであり、井上ひさしさんが、生前、どうしても書きたい!と、仰っていたものを山田洋次監督が、映画という形で、命を吹き込んだと考えてよいと思います。

井上ひさしさんには、『魂の三部作』と呼ばれるものがあり、広島を舞台とした『父と暮らせば』、沖縄を舞台にした『木の上の軍隊』、この二つ作品の先に、長崎を舞台にした作品があったと言います。

まさに、山田洋次監督と故・井上ひさしさんの共作と呼んでもいいのではないでしょうか。

次に、主題歌ですが、二宮和也さんが主演ということで、嵐ファンの間では、主題歌に嵐の曲が付くのではないか?という期待もあるようです。

ただ、『主題歌』という形をこの作品が取るのか?については、いまだ分かりません。

しかし、映画の音楽担当は、坂本龍一さんで決まっており、おそらくは坂本龍一さんが、この映画のために、メインテーマを用意するのではないでしょうか。

坂本龍一さんは、昨年から病気療養をしていましたが、この仕事が、文字通り復帰を果たすことになることから、かなりの力を注いで来ると思われます。

映画音楽といえば、あの『戦場のメリークリスマス』『ラストエンペラー』といった大作の制作にも携わった坂本龍一さんだけに、感動の名曲を創作されている可能性が高いと思います。
母と暮らせば 撮影セット
映画『母と暮らせば』に関しては、制作元である松竹も120周年記念映画として、かなりの力を注いでおり、名匠、山田洋次監督が手がけ、主演として、昭和映画史のヒロイン、吉永小百合さんと平成の人気者である二宮和也さんが共演します。

さらには、世界的な音楽家ともいえる坂本龍一さんが参加するとなれば、日本の映画史上に残る記念碑的作品になる可能性を秘めていると思います。

12月12日の全国公開が、今から楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

母と暮らせば(映画)関連記事

 2015年12月12日(土)公開
 母と暮らせば(映画)の試写会や舞台挨拶はいつ?前売り券の特典や結末
 母と暮らせば(映画)の試写会や舞台挨拶はいつ?前売り券の特典や結末

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. グッドモーニングコール(ドラマ)
  2. セトウツミ(映画)に池松壮亮と菅田将暉!あらすじの感想とキャストを紹介!
  3. スペシャリスト(ドラマ)あらすじとネタバレやキャスト相関図!主演は草なぎ剛
  4. 新牡丹と薔薇(昼ドラマ)第5話あらすじやネタバレと注目の相関図
  5. 新牡丹と薔薇(昼ドラマ)第11話・第12話のあらすじ感想とネタバレ!
  6. ウチの夫は仕事ができない(ドラマ)原作あらすじとキャスト相関図!視聴率や主題歌も気になる!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題の韓国ドラマ一覧

話題の中国ドラマ一覧