ガラホの意味とは?携帯やスマホと機能の違いは?口コミとレビュー

この記事は3分で読めます

ガラホ アクオスK赤
ガラホとはなんだ???
というのが率直な感想でした。

auの田中孝司社長によると、ガラケー(携帯)はガラパゴスケータイの略ですが、ガラホとは外見はガラケーで中身はスマホ的なガジェットとのことです。

そのガラホが2015年1月19日にau(KDDI)より発表され、2月下旬には発売が予定されています。

「アクオスK(AQUOS K)」というシャープ製の携帯、いや、ガラホです。

ここでは、ガラホの意味や、携帯電話やスマートフォン(スマホ)との機能の違い、今後出てくるであろう口コミやレビュー、期待や反応についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

ガラホとは何?どんな意味なの?

ガラホ
ガラホとは、ガラパゴスケータイ(フィーチャーフォン)の外見で、中身をスマホにした携帯電話ということになります。

AppleがiPhone 4を日本で発売したのが2010年6月24日でしたが、その頃まではまだガラケーを持っている人もまだまだいましたが、iPhone5が発売された2012年9月21日頃には、電車内で見かけるのもスマートフォンの方が圧倒的に多くなっていました。

ガラケーからスマホに変わり、便利になった部分も多いのですが、以下のような理由で多少の不便や不満を感じている人もいます。


  • バッテリーのもちが悪い
  • おサイフ携帯機能がない
  • ワンセグが見れない(iPhoneの場合、付属品を買わないと見れない)
  • 防水機能がない
  • 赤外線が使えない
  • 文字が小さくて見えない
  • 操作範囲が広く、操作がしにくい
  • 月額利用料金が高い

これらの不便、不満をもつユーザーに対して遡及する商品としては良いのではないでしょうか?

しかし、だったらガラケーのラインナップを充実させればと思うのですが、そこには通信機メーカーの苦悩があるようです。

一説によると、ガラケーを必要としている一定の層のためにもガラケーを作り続けているのですが、ガラケーを作るための部品の入手が困難となってきており、一部スマホの部品を流用することで、部品の調達に関する問題をクリアできるため、『ガラホ』というある意味新ジャンルな商品を開発、発売することになったようです。

 

スポンサーリンク

ガラホと携帯やスマホとの機能の違いは?

ガラホ3機種
ガラホと携帯やスマホとの機能の違いはどんなところにあるのでしょうか。

ガラホ

  • Android OS Ver4.4
  • 4G LTE対応
  • auスマートパス
  • 非タッチパネル
  • Google Play非対応
  • テザリング機能対応

ガラホアクオスKスペック表

 

スマホ

  • Android 5 / iOS 8
  • VoLTE対応(iPhoneは非対応)
  • auスマートパス
  • タッチパネル採用
  • Google Play対応
  • テザリング機能対応

 

ガラケー

  • 非タッチパネル
  • Google Play非対応
  • テザリング機能非対応

 

KDDI(au)の田中孝司社長によると、ガラホはガラケー(携帯電話)とスマホの中間に位置するものとして捕らえているとのことで、機能の面からみても両者をミックスさせたような機能を持っています。

それぞれ違いがあり、うまい具合に住み分けが可能かもしれません。

ガラホ『 アクオスK 』 着せ替えセット
ガラホ

ガラホの口コミとレビューは?

ガラホ
ガラホ(au アクオスK)の発売は2015年2月下旬を予定していますので、今の段階では口コミやレビューといった情報は出ていませんので、ここではガラホ(au アクオスK)記事をみた一般ユーザーの声を拾ってみました。

・ガラケーユーザー必見!
 ガラケー+スマホ
 ガラホ(^-^)出るんだってさー

・ガラホにWebブラウズはもとめられてない。通話とメールのみでいいのに。

・テンキーを搭載してて見た目もガラケーっぽいけど中身はAndroidというガラケーっぽいスマホ、すなわちガラホが2015年に登場するらしい。
今でも物理キーにこだわる人は多いし、むしろ何故今まで出てこなかったのか不思議(・ω・ )

・ガラホか。意外といけるかも。ガラホが出たら、ガラケーをガラホに変えて、iPhoneはiPadあたにり変えよう。

・アクオスK、タブレットと一緒に持つととても便利そうだな

・デザリング機能をガラケーに載せてくれたのは有難い。
 あとは月々幾らになるかだ。

・見た目がスマホで中身がガラケーのを作ればいいのに。

期待感と期待はずれ感が織り交ざってますね。

今後、この評価がどう動いていくか注目していきたいと思います。

 

割引一切なしの月額利用料金が6,934円。
55歳以上限定の特別料金で、auスマートバリューを適用した場合が3,346円。

従来のガラケーでメールが中心で通話もほとんどしない場合、約2,000円で済むので、このあたりの月額料金設定がネックになりそうですね。

au(KDDI)の田中孝司社長は、ガラホのテザリング機能を使ったタブレットとの2台持ちのケースが増えると予想されていますが、どうなるでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ミニスーパーファミコン(ミニスーファミ)に謎のスターフォックス2!それ以外のソフトは?
  2. ポケモンサンムーン
  3. iPhone6/iPhone6PLUS
  4. セルカ棒(自撮り棒)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題の韓国ドラマ一覧

話題の中国ドラマ一覧