フィギュアグランプリシリーズ2016カナダ大会!男子滑走順と結果速報

この記事は3分で読めます

フィギュアグランプリシリーズ2016カナダ大会!男子滑走順と結果速報

フィギュアグランプリシリーズ2016の2戦目・カナダ大会男子羽生結弦選手がエントリー!

羽生結弦選手の永遠のライバルであるパトリック・チャン選手も出場するほか、日本からは無良崇人選手もエントリーしています。

ここでは、フィギュアグランプリシリーズ2016カナダ大会・男子の試合日程や放送日、出場選手、滑走順、結果速報といった気になる情報を一気にご紹介します!

 


スポンサーリンク


 

フィギュアグランプリシリーズ2016カナダ大会 男子 試合日程と放送日

フィギュアグランプリシリーズ2016 カナダ大会 男子 の試合日程と放送日をご紹介します。
(日本時間で表記しております)

【ショートプログラム(SP)】
試合日程:2016年10月29日(土)10:08~
放送日時:未定
放送局 :テレビ朝日

【フリースケーティング(FS)】
試合日程:2016年10月30日(日)7:57~
放送日時:未定
放送局 :テレビ朝日

 

フィギュアグランプリシリーズ2016カナダ大会 男子 滑走順

【フィギュアスケートグランプリシリーズ2016カナダ大会 出場選手】
※滑走順は確定次第、記載いたします。

【ショートプログラム(SP)】
(年齢は大会時のものになります)

羽生結弦(日本・21歳)
パーソナルベスト:330.43

2016年 世界フィギュア選手権  2位
2015年 全日本フィギュア選手権 1位
2015年 グランプリファイナル  1位

 

無良崇人(日本・25歳)
パーソナルベスト:268.43

2016年 プランタン杯      3位
2016年 四大陸フィギュア選手権 5位
2015年 全日本フィギュア選手権 3位

 

パトリック・チャン(カナダ・25歳)
パーソナルベスト:295.27

2016年 世界フィギュア選手権  5位
2016年 四大陸フィギュア選手権 1位
2016年 カナダフィギュア選手権 1位

 

ハン・ヤン(中国・20歳)
パーソナルベスト:271.55

2016年 世界フィギュア選手権  26位
2016年 四大陸フィギュア選手権 3位
2016年 中国フィギュア選手権  2位

 

ミーシャ・ジー(ウズベキスタン・25歳)
パーソナルベスト:238.05

2016年 世界フィギュア選手権               15位
2015年 グランプリシリーズ 中国杯            8位
2015年 チャレンジャーシリーズ デンコヴァ・タビスキー杯 1位

 

グラント・ホッホスタイン(アメリカ・26歳)
パーソナルベスト:237.25

2016年 世界フィギュア選手権  10位
2016年 四大陸フィギュア選手権 8位
2016年 全米フィギュア選手権  4位

 

ロス・マイナー(アメリカ・25歳)
パーソナルベスト:248.92

2016年 四大陸フィギュア選手権     14位
2015年 全米フィギュア選手権      5位
2015年 グランプリシリーズ ロシア大会 3位

 

リアム・フィルス(カナダ・24歳)
パーソナルベスト:200.27

2016年 トリグラフトロフィー  1位
2016年 四大陸フィギュア選手権 13位
2016年 カナダフィギュア選手権 2位

 

ミハル・ブジェジナ(チェコ・26歳)
パーソナルベスト:243.52

2016年 コーセー・チームチャレンジカップ 8位(ショート)5位(フリー)
2016年 世界フィギュア選手権       9位
2016年 ヘルムート・ザイブトメモリアル  2位

 

ダニエル・サモーヒン(イスラエル・18歳)
パーソナルベスト:236.65

2016年 世界ジュニアフィギュア選手権 1位
2016年 欧州フィギュア選手権     7位
2015年 ジュニアグランプリファイナル 5位

 

アレクサンドル・ペトロフ(ロシア・17歳)
パーソナルベスト:231.53

2016年 スポートランド杯   2位
2016年 サラエボオープン   2位
2016年 欧州フィギュア選手権 8位

 

以上、11の選手がエントリーしています。

 

【フリースケーティング(FS)】
※ショートプログラムの結果が出次第、追記していきます。

 


スポンサーリンク


 

フィギュアグランプリシリーズ2016カナダ大会 男子 結果速報

フィギュアグランプリシリーズ2016カナダ大会 男子 の結果速報は、発表され次第、記載します。

【ショートプログラム(SP)】

  • 羽生結弦
  • パトリック・チャン
  • ハン・ヤン
  • 無良崇人
  • ロス・マイナー
  • ダニエル・サモーヒン

以上の6が最終グループに残ると予想します。

優勝するのは、日本の羽生結弦選手、カナダのパトリック・チャン選手のどちらかでしょう。

3位争いは、中国のハン・ヤン選手が一歩リードしていますが、もう1人の日本人選手・無良崇人選手も表彰台に上がるチャンスは十分あります。

 

【フリースケーティング(FS)】
※ショートプログラムの結果が出次第、追記していきます。

 

フィギュアグランプリシリーズ2016カナダ大会 男子 感想

フィギュアグランプリシリーズ2016カナダ大会・男子のメンバーを見渡しての筆者の感想をご紹介します。

羽生結弦選手パトリック・チャン選手による超ハイレベルな優勝争いがフィギュアグランプリシリーズ2016カナダ大会・男子の最大の見どころです!

2015年大会でも2人は対戦していて、パトリック・チャン選手(271.14点)が羽生結弦選手(259.54点)を下し、通算5回目の優勝を果たしています。

オリンピックで金メダルを獲得し、世界フィギュア選手権とグランプリファイナルも優勝している羽生結弦選手ですが、フィギュアグランプリシリーズ・カナダ大会はまだ優勝していません。

フィギュアグランプリシリーズ・カナダ大会初優勝を目指す羽生結弦選手と、地元のカナダでは絶対に負けられないパトリック・チャン選手による超豪華な対決が実現!

どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 下関海響マラソン2016のエントリーはいつから?抽選結果と倍率は?
  2. フレーザープライス
  3. 紀平梨花のWIKI!出身小学校と中学や身長と読み方は?3A動画と画像
  4. ジュニアグランプリファイナル2015女子ショートの速報結果と滑走順
  5. リオオリンピック男子テニスの出場選手と全試合日程や金メダル予想!
  6. フィギュアグランプリシリーズ2016アメリカ大会!男子滑走順と結果速報
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016秋の注目ドラマ