フィギュアグランプリシリーズ2016中国大会!女子滑走順と結果速報

この記事は4分で読めます

フィギュアグランプリシリーズ2016中国大会!女子滑走順と結果速報

フィギュアグランプリシリーズ2016中国大会・女子は、2016-2017シーズンのグランプリシリーズ第5戦!

昨シーズンまでの中国大会はグランプリシリーズの第3戦として開催されていましたが、今シーズンはグランプリファイナル出場の行方を左右する大事な一戦として位置付けられています。

日本からは本郷理華選手三原舞依選手の2名がエントリー!
世界の強豪相手にどんな演技を見せてくれるのでしょうか。期待が高まりますね!

ここでは、フィギュアグランプリシリーズ2016中国大会・女子の滑走順や出場選手、結果速報などの情報を一気にご紹介しましょう!

 


スポンサーリンク


 

フィギュアグランプリシリーズ2016中国大会 女子 試合日程と放送日

フィギュアグランプリシリーズ2016 中国大会 女子 の試合日程と放送日をご紹介します。
(日本時間で表記しております)

【ショートプログラム(SP)】
試合日程:2016年11月18日(金)18:10~
放送日時:未定
放送局 :テレビ朝日

【フリースケーティング(FS)】
試合日程:2016年11月19日(土)17:30~
放送日時:未定
放送局 :テレビ朝日

 

フィギュアグランプリシリーズ2016中国大会 女子 滑走順

【フィギュアスケートグランプリシリーズ2016中国大会 出場選手】
※滑走順は確定次第、記載いたします。

【ショートプログラム(SP)】
(年齢は大会時のものになります)

 

本郷理華(日本・20歳)
パーソナルベスト:199.15

2016年 コーセー・チームチャレンジカップ 9位(SP)7位(FS)
2016年 世界フィギュア選手権       8位
2016年 四大陸フィギュア選手権      3位

 

三原舞依(日本・17歳)
パーソナルベスト:182.05

2015年 ジュニアグランプリファイナル    6位
2015年 全日本フィギュア選手権       8位
2015年 ジュニアグランプリ・オーストリア杯 2位

 

ケイトリン・オズモンド(カナダ・20歳)
パーソナルベスト:179.41

2016年 四大陸フィギュア選手権    6位
2016年 カナダフィギュア選手権    3位
2015年 グランプリシリーズ NHK杯 6位

 

ジジュン・リー(中国・19歳)
パーソナルベスト:184.52

2016年 世界フィギュア選手権  11位
2016年 四大陸フィギュア選手権 10位
2016年 中国フィギュア選手権  1位

 

ツーチュワン・チャオ(中国・18歳)
パーソナルベスト:147.79

2016年 世界フィギュア選手権  23位
2016年 四大陸フィギュア選手権 16位
2016年 中国フィギュア選手権  2位

 

エレーナ・ラジオノワ(ロシア・17歳)
パーソナルベスト:211.32

2016年 コーセー・チームチャレンジカップ 8位(SP)5位(FS)
2016年 世界フィギュア選手権       6位
2016年 欧州フィギュア選手権       2位

 

エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア・19歳)
パーソナルベスト:210.40

2016年 サラエボオープン             1位
2015年 ロシアフィギュア選手権          8位
2015年 チャレンジャーシリーズ ゴールデンスピン 1位

 

ヨシ・ヘルゲソン(スウェーデン・23歳)
パーソナルベスト:169.07

2016年 世界フィギュア選手権 30位
2016年 プランタン杯     1位
2016年 ノルディクス     1位

 

カレン・チェン(アメリカ・17歳)
パーソナルベスト:179.08

2016年 四大陸フィギュア選手権         12位
2016年 全米フィギュア選手権          8位
2015年 チャレンジャーシリーズ クロアチア大会 3位

 

コートニー・ヒックス(アメリカ・20歳)
パーソナルベスト:183.12

2016年 トリグラフトロフィー     途中棄権
2016年 全米フィギュア選手権     9位
2015年 グランプリシリーズ NHK杯 2位

 

アシュリー・ワグナー(アメリカ・25歳)
パーソナルベスト:215.39

2016年 コーセー・チームチャレンジカップ 2位(SP)3位(FS)
2016年 世界フィギュア選手権       2位
2016年 全米フィギュア選手権       3位

 

以上、11の選手がエントリーしています。

 

【フリースケーティング(FS)】
※ショートプログラムの結果が出次第、追記していきます。

 


スポンサーリンク


 

フィギュアグランプリシリーズ2016中国大会 女子 結果速報

フィギュアグランプリシリーズ2016中国大会 女子 の結果速報は、発表され次第、記載します。

【ショートプログラム(SP)】

  • アシュリー・ワグナー
  • エレーナ・ラジオノワ
  • エリザベータ・トゥクタミシェワ
  • 本郷理華
  • ジジュン・リー
  • 三原舞依

以上の6が最終グループに残る、と予想します。

200点台のパーソナルベストを持つ、アシュリー・ワグナー選手エレーナ・ラジオノワ選手エリザベータ・トゥクタミシェワ選手の3名が優勝候補の中心になりそうです。

でも、本郷理華選手も上記した3名と決定的な実力差があるわけではありませんので、優勝するチャンスは十分にあります。

 

【フリースケーティング(FS)】
※ショートプログラムの結果が出次第、追記していきます。

 

フィギュアグランプリシリーズ2016中国大会 女子 感想

最後に、フィギュアグランプリシリーズ2016中国大会・女子のメンバーを見ての筆者の感想を書かせてもらいます。

見どころは、日本フィギュア女子のトップスケーター・本郷理華選手が2014年のロシア大会以来となるグランプリシリーズ2勝目を決められるのかどうか、というところに尽きると思います。

昨シーズンの本郷理華選手は、中国大会こそ浅田真央選手に次ぐ2位に入りましたが、その後に参戦したロシア大会で5位という成績に終わり、2年連続のグランプリファイナル出場を逃してしまいました。

2年ぶりのグランプリファイナル出場を決めるためには、この中国大会で良い結果を残す事が絶対条件ですからね。

アシュリー・ワグナー選手など、手強いライバルがそろっていますが、本郷理華選手が本調子であれば互角の戦いができるはずですので、大いに期待したいです。

また、日本からは若手のホープ・三原舞依選手もエントリー。

表彰台争いに加わるのは難しいかもしれませんが、今後の飛躍につながるような演技を見せてくれるのではないでしょうか。

本郷理華選手、三原舞依選手の活躍にどうぞご期待ください!

 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 石川真佑(バレー)の兄は石川祐希!
  2. 丸岡満
  3. リオオリンピック男子体操の全試合日程と金メダル予想!団体と種目別
  4. 寺村美穂(水泳)手術乗り越えリオ五輪代表に!出身高校や大学はどこ?
  5. 石川祐希と柳田将洋の春の高校バレー時代(星城・東洋)の画像まとめ
  6. 入江陵介オリンピックで銀メダル
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016秋の注目ドラマ