エリウド・キプチョゲ(マラソン)が2時間切り!?国籍や年齢は?主な成績とリオ金動画

この記事は5分で読めます

エリウド・キプチョゲ(マラソン)が2時間切り!?国籍や年齢は?主な成績とリオ金動画

エリウド・キプチョゲ(マラソン)はリオ五輪男子マラソンで金メダルを獲得した世界トップクラスのマラソンランナー

優勝タイムの高速化が著しい今の男子マラソンの中で、レースを経験するたびに進化を遂げているエリウド・キプチョゲ選手の走りに世界中の陸上ファンが酔いしれています。

そんなエリウド・キプチョゲ選手がタイムトライアル企画・ブレーキング2(BREAKING2)で前人未到の優勝タイム2時間切りまであと一歩、というところまで来た事が大きな話題になっています。

ここでは、2時間切りの快挙に挑んでいるエリウド・キプチョゲ選手の国籍や年齢などのプロフィールはもちろん、フルマラソンでの主な成績やリオ五輪で金メダルを獲得した時の動画もあわせてご紹介します!

 


スポンサーリンク


 

エリウド・キプチョゲの国籍や年齢は?

エリウド・キプチョゲ選手のプロフィールをWIKI風にまとめました。

国籍:ケニア
生年月日:1984年11月5日(現在の年齢は32歳)
身長:170cm
体重:57kg

 

【自己記録】

  • 1500m 3分33秒20
  • 3000m 7分27秒66
  • 5000m 12分46秒53
  • 10000m 26分49秒02
  • ハーフマラソン 59分25秒
  • フルマラソン 2時間3分5秒

現在は42.195kmのフルマラソンで大活躍しているエリウド・キプチョゲ選手ですが、フルマラソンに参戦するまではトラック種目の中距離専門のランナーとして活躍していました。

18歳という若さで出場した2003年の世界陸上(パリ)の陸上男子5000mで金メダルを獲得した事がきっかけになり、世界的の陸上ファンから注目されるようになったエリウド・キプチョゲ選手。

2004年のアテネ五輪、2008年の北京五輪でも陸上男子5000mに出場し、アテネ五輪では銅メダルを、北京五輪では銀メダルを獲得しました。

陸上男子5000mで世界トップクラスの成績を残し続けたエリウド・キプチョゲ選手は2013年からフルマラソンに転向。

フルマラソンデビュー戦となった2013年5月のハンブルクマラソンで見事優勝
初のフルマラソンでいきなり優勝するだけではなく、優勝タイムも2時間5分30秒という破格のタイムを叩き出し、世界の陸上界に衝撃を与えました。

2016年のリオ五輪では世界屈指の層の厚さを誇るケニア男子フルマラソンの代表の座を勝ち取り、本番のリオ五輪でも堂々たる走りを見せ、5000mでは獲得できなかった金メダルをつかみ取っています。

 

エリウド・キプチョゲの主な成績

エリウド・キプチョゲ選手のフルマラソンでの主な成績を振り返りましょう。

2013年5月
ハンブルクマラソン 1位(2時間5分30秒)

2013年9月
ベルリンマラソン 2位(2時間4分5秒)

2014年4月
ロッテルダムマラソン 1位(2時間5分0秒)

2014年10月
シカゴマラソン 1位(2時間4分11秒)

2015年4月
ロンドンマラソン 1位(2時間4分42秒)

2015年9月
ベルリンマラソン 1位(2時間4分0秒)

2016年4月
ロンドンマラソン 1位(2時間3分5秒)

2016年8月
リオ五輪 1位(2時間8分44秒)

リオ五輪で金メダルを獲得した事だけでも十分だと思いますけど、公式レースのフルマラソンで8戦7勝、というとんでもない実績を残しています。

負けた2013年のベルリンマラソンでも2位を確保!
成績にムラがなく、どんなレースでもしっかりと自分の実力を出し切る安定感もエリウド・キプチョゲ選手の特徴でもあります。

 


スポンサーリンク


 

リオデジャネイロオリンピック金メダル動画

上の動画はリオデジャネイロオリンピック男子マラソンのハイライト動画で、金メダルを獲得したエリウド・キプチョゲ選手も登場しています。

レースはエリウド・キプチョゲ選手にフェイサ・エレサ選手(エチオピア)、ゲーレン・ラップ選手(アメリカ)を含んだ3名による金メダル争いが繰り広げられました。

35km付近でエリウド・キプチョゲ選手がスパートをかけ、食い下がるフェイサ・エレサ選手を一気に突き放し、最終的には2位のフェイサ・エレサ選手に1分10秒もの大差をつけ優勝しました。

リオ五輪は気温が高く、タフな条件でのレースでしたから、2時間8分44秒という平凡な優勝タイムになってしまいましたけど、そんな厳しい状況の中で2位の選手に1分以上の差をつけるのはさすがだと思います。

優勝タイムが速くなりやすい高速のマラソン大会で活躍するだけではなく、夏場のタフな時期でも圧倒的な強さを見せたエリウド・キプチョゲ選手。

世界最強のマラソンランナー、という看板にふさわしい走りをリオ五輪の大舞台でも見せてくれました。

 

フルマラソンの2時間切りに期待

先日、イタリアで行われたブレーキング2(BREAKING2)というタイムトライアルプロジェクトに参加したエリウド・キプチョゲ選手。

ブレーキング2(BREAKING2)は過去に誰も達成した事がないフルマラソン優勝タイム2時間切りを実現させるための企画で、有名スポーツ用品メーカー・ナイキが主催しています。

給水を例外的に手渡しにしたり、ペースメーカーが何度も入れ替わる事でハイペースを維持するなど、タイムロスを極力少なくする形でレースが行われました。

ブレーキング2(BREAKING2)にはエリウド・キプチョゲ選手を含む3名のランナーが出場したのですが、エリウド・キプチョゲ選手は2時間0分25秒というとんでもないタイムをマーク!

同じケニアのデニス・キメット選手が保持している男子フルマラソンの世界記録(2時間2分57秒)から2分32秒も速いタイムを記録しました。

ブレーキング2(BREAKING2)でマークしたタイムは公式記録にはならず、参考記録扱いになってしまうのですが、参考記録にしても2時間切りまであと26秒、というところまで迫ったのは本当に凄い事ですよね。

そこで、ブレーキング2(BREAKING2)でエリウド・キプチョゲ選手が怪物級の走りを見せた事に対するTwitter民たちの反応を見ていきましょう。

 

マラソン8戦7勝のエリウド・キプチョゲ選手とはいえ、さすがに2時間切りを達成するのは難しいのでは?という声がレース前に多く出ていた中、ネガティブな声を一蹴する素晴らしい走りを見せました。

2時間を切るまであと少し、というところまで来ていますから、来年のブレーキング2(BREAKING2)にもエリウド・キプチョゲ選手が出場すれば、2時間切りを達成する可能性は十分あると思いますので、どうぞご期待ください!

 

リオ五輪男子マラソンの金メダリストであるケニアのエリウド・キプチョゲ選手。

2時間切りのマラソンランナーを生み出す事を目的としたブレーキング2(BREAKING2)で2時間0分25秒という参考記録ながらとんでもないタイムをマーク!

人類の悲願となっているフルマラソンの2時間切りが現実味を帯びてきた中、気になるのは今後のエリウド・キプチョゲ選手の動向ですよね。

2017年8月にはリオ五輪後最初の大舞台となる世界陸上ロンドン大会が開催されます。

エリウド・キプチョゲ選手が世界陸上ロンドン大会に出場するのかどうかはまだ分かりませんが、もし出場する事になれば、「2時間切りに迫った男」として世界的に注目を集めるのは間違いありません!どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

関連記事

ウサインボルト世界新か敗北か!?記録や年収は?病気と引退の噂

ウォルシュジュリアン(陸上400m)はハーフで日本人?父母の国籍は

鈴木雄介(陸上競歩)の出身高校や大学は?フォームやルールをまとめ

ケンブリッジ飛鳥(陸上)はハーフで父母の国籍はどこ?妹や彼女は?

ジャスティンガトリンが100mと200mで世界新を狙う!年齢や身長は?

サニブラウン・アブデル・ハキーム(陸上)は日本人?父母の国籍は?

エドバーイヨバ(陸上)は日本人でハーフ?父母の国籍は?中学や高校は

フレーザープライス(陸上女子)100m世界新か!国籍や身長と年齢は?

高松望ムセンビや父母の国籍は?出身中学や高校は?妹も凄い

増田明美のプロフィール!年齢や身長と夫や弟は?解説が面白い!

 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ベネットマヤ(新体操ハーフ)がかわいい!父母の国籍とモデル並みの身長
  2. フィギュアグランプリシリーズ2016ロシア大会!男子滑走順と結果速報
  3. 都築仁(男子バレー)の身長や出身中学をwikiで紹介!彼女の噂や画像
  4. リオオリンピック女子レスリングの日程や注目選手と金メダル予想!結果速報も
  5. 日高裕次郎が木村沙織と結婚!バレー引退で現在はビーチ?年齢や身長
  6. 2018ロシア大会ロゴ画像
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。