黒後愛の進路は東レアローズ!全日本代表で木村沙織超え!Twitter画像あり

この記事は5分で読めます

黒後愛
黒後愛選手は2017年4月から女子バレーボールの実業団チーム・東レアローズで活躍している、2020年東京五輪日本代表候補の美女アスリート!

リオ五輪では準々決勝でアメリカにストレート負けしてしまい、メダルを逃してしまった女子バレー日本代表。

先日開催されたグラチャンバレー2017でも6チーム5位という成績に終わるなど、不振が続いている女子バレー日本代表の救世主として期待されているのが今回ご紹介する黒後愛選手です。

下北沢成徳高校時代には春高バレー2連覇を達成しているスーパースター・黒後愛選手が高校卒業後の進路に選択したのがVリーグの東レアローズでした。

東レアローズといえば、サオリンの愛称で親しまれた元全日本代表・木村沙織さんが所属していたチームですけど、黒後愛選手はそんな木村沙織さんを超える逸材として大きな注目を集めています。

ここでは、下北沢成徳高校から東レアローズに進み、全日本代表で木村沙織さん超えを期待されている美女アスリート・黒後愛選手のWIKI風プロフィールやTwitter画像をご紹介していきますので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

黒後愛のWIKIプロフィール

まずは、黒後愛選手のプロフィールをWIKI風にご紹介します。

名前:黒後愛(くろご あい)
愛称:アイ
生年月日:1998年6月14日生まれ(現在19歳)
出身地:栃木県
身長:180cm
体重:68kg
最高到達点:303cm
ポジション:ウイングスパイカー
出身中学:宇都宮市立若松原中学校(栃木県)
出身高校:下北沢成徳高校(東京都)
実業団:東レアローズ(2017年~)
好きな言葉:笑顔
座右の銘:笑う門には福来る

国学院栃木高校のメンバーとして春高バレーに出場した経験がある5歳年上の姉・彩乃さんの影響を受け、小学校3年生の頃からバレーボールに取り組む事になった黒後愛選手。

中学時代から頭角を現すようになり、全日本中学選抜のメンバーに選出され、日本代表として目覚ましい活躍を見せます。

中学卒業後は地元の栃木県を離れ、高校三冠(春高バレー・国体・インターハイ)で数多くの優勝経験を持つ、東京の女子バレー名門校・下北沢成徳高校へと進学

全国各地から女子バレーのトップ選手が集まる下北沢成徳高校ですが、抜きん出た実力を持っていた黒後愛選手は高校1年の頃から超名門校のレギュラー選手として大活躍!

高校2年時(2015年度)と高校3年時(2016年度)には春高バレーの2連覇を達成し、2年連続で大会MVPに選出されました。

 

黒後愛の進路は下北沢成徳から東レアローズへ

高校卒業後の黒後愛選手は下北沢成徳高校から東レアローズへと進んでいますけど、高校卒業直前まで、黒後愛選手がどういう進路を歩むのか、というところが大きな注目点になっていました。

一般的に、高校時代に活躍した女子バレー選手は大学に進学するのか、それとも実業団のチームに入るのか、という2つの選択肢から自身の進路を決める事になります。

春高バレー2大会連続MVPという輝かしい実績を持つ黒後愛選手も、大学進学か実業団入りか、の二者択一に頭を悩ませた事でしょう。

黒後愛選手の父親・洋さんが宇都宮大学・バレーボール部監督を務めている事もあり、「宇都宮大学に進学するのでは?」という噂も出回ったのですが、結果的には実業団の東レアローズに入る事を選択しました。

黒後愛選手が実業団入りを決めた理由は明らかになっていませんけど、大学よりもハイレベルな実業団に入る事で、自身の実力を高めていきたい、という思いがあったのでは?と推測しています。

■東レアローズの同期は?

小川愛里奈

黒後愛選手と同じ高卒のルーキーになります。
ポジションはミドルブロッカー。

小川愛里奈選手は岡山県・就実高校出身。
2016年度の春高バレー決勝で黒後愛選手が主将としてチームを率いていた下北沢成徳高校と対戦し、惜しくも敗れてしまいました。

春高バレーの決勝で熱い戦いを繰り広げたライバルが高校卒業後に同じチームに入る、というのは胸アツですよね。

 

谷かりな

マネージャーとして東レアローズに入団。
下北沢成徳高校出身ですので、黒後愛選手の高校時代の同級生という事になります。

バレーボールのようなチームスポーツには、アスリートをサポートするマネージャーの存在が欠かせませんから、下北沢成徳高校時代に培ったノウハウを東レアローズでも発揮して、チームを勝利に貢献してもらいたいです。

 

■最大のライバル・宮部藍梨の進路は?

黒後愛選手と同い年で最大のライバルでもある、金蘭会高校(大阪府)の絶対的エース・宮部藍梨選手の進路先は神戸親和女子大学・文学部総合文化学科の英語・国際文化コースです。

実業団入りを決めた黒後愛選手とは違い、宮部藍梨選手は実業団からのスカウトを全て断り、大学進学という道を選びました。

黒後愛選手と同等の実力を持つ宮部藍梨選手ですから、実業団でも通用する逸材だと思うのですが、人間としての幅を広げるため、大学に進学する事を決めたそうです。

 


スポンサーリンク


 

黒後愛は全日本代表で木村沙織を超える!

ネット上で黒後愛選手の比較対象となっているのが、下北沢成徳高校の先輩で、東レアローズの先輩にもあたる元全日本代表・木村沙織さんです。

木村沙織さんも美女アスリートとして大活躍し、2012年ロンドン五輪銅メダル獲得の立役者となりました。

そんな木村沙織さんと黒後愛選手はスパイカーを専門職としていながら、レシーブやトスの精度も高い、というオールラウンダー的なプレースタイルをウリにしている事もあって、2人はよく比較対象になっています。

現時点の黒後愛選手が木村沙織さんの全盛期以上の実力を持っている、とまでは言えませんが、まだまだ成長が見込める状況ですから、黒後愛選手が木村沙織さんを超える日はそう遠くないのでは?と思っています。

グラチャンバレー2017で全日本代表入りする事はできなかった黒後愛選手。

でも、2018年9月30日~10月21日に日本で開催される世界バレーで日本代表のメンバーに選出され、世界の強豪相手に活躍する事ができれば、2020年東京五輪のメンバー入りを果たす可能性は十分あると思います。

 

黒後愛のTwitterと画像

黒後愛のTwitterはこちら

黒後愛選手のTwitterから、黒後愛選手の近況や人柄が分かるようなツイート画像をご紹介します。

 

 

実業団1年目という事もあってか、ツイートの数はそこまで多くないのですが、忙しい状況でもオフの様子を自身のTwitterで公表してくれるのはとてもありがたいですよね。

2017年10月からはVリーグの新シーズンが開幕しますので、リーグ戦の開幕日が近付くにつれて、所属先の東レアローズに関するツイートも増えていくのでは?と思っています。

 

黒後愛 出演「ミライモンスター」Youtube動画

最後に、フジテレビ系日曜朝に放送されている『ミライモンスター』に黒後愛選手が出演した時のYouTube動画をご紹介します。

【ミライモンスター1度目の出演(2015年1月4日)】
※動画なし

 

【ミライモンスター2度目の出演(2016年2月14日)】

 

【ミライモンスター3度目の出演(2016年6月5日)】

 

【ミライモンスター4度目の出演(2017年1月22日)】

 

【ミライモンスター5度目の出演(2017年4月2日)】
※動画なし

 

【ミライモンスター6度目の出演(2017年6月4日)】

 

将来の女子バレー日本代表を背負う美女アスリート・黒後愛選手は宇都宮大学バレー部監督を父に持ちながら、実業団の東レアローズ入りを決断し、2020年東京五輪代表に選出される事を目標としています。

2017年3月に現役を引退した木村沙織さんに続くニューヒロインとして大きな期待が懸けられている黒後愛選手ですが、まずは所属先である東レアローズのレギュラーポジションを掴み取る事が大切!

2017-2018シーズンのVリーグでどのような活躍を見せるのか、というところがポイントになっていますので、実業団入り1年目の黒後愛選手のパフォーマンスにどうぞご注目ください!

 


スポンサーリンク


 

 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. モーグルアイキャッチ
  2. 宮原知子(スケート)の英語力と大学受験!コーチや身長と父親の職業
  3. リオオリンピック女子バドミントンの放送局と日程!日本代表選手と金メダル予想
  4. ハーフパイプ
  5. 日高裕次郎が木村沙織と結婚!バレー引退で現在はビーチ?年齢や身長
  6. Bリーグ(バスケットボール)開幕!チーム数や名前の由来と意味は? 2016年秋、バスケットボールのBリーグがついに開幕! 日本のスポーツ界に新たな風を送り込むべく、国内外から集結したプロのバスケットボールプレーヤーたちが全国各地で熱い戦いを繰り広げます! Bリーグの開幕戦となった9月22日のアルバルク東京vs琉球ゴールデンキングスは白熱したゲームとなりました。 LEDコートを使ってのCG演出が鳥肌ものだったのはもちろんですが、何より光ったのがコート上で見せる選手たちのパフォーマンスの凄さ! バスケ通も納得するくらい、スピーディーかつパワフルなプレーが数多く見られ、バスケの本場であるアメリカ・NBAのゲームを見ているかのような感覚を覚えたのは私だけではないはず! 話題性だけではなく、コート上のプレーも超一流なBリーグにどうぞご期待ください! ここでは、Bリーグのチーム数やそれぞれのチームの名前の由来と意味など、気になる話題を一気にご紹介します! Bリーグとは Bリーグの正式名称は、ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(JPBL)です。 Bリーグには、プロのバスケットボールチームで構成されているB1・B2と、プロとノンプロが入り混じるバスケットボールチームで構成されているB3、という3つのカテゴリが存在しています。 B1とB2は、東地区、中地区、西地区という3つのカンファレンスに分かれています。 B1の優勝チームはシーズン終盤に開催されるプレーオフで決定します。 それぞれのカンファレンスの上位2チーム(計6チーム)と、上位2チームに入れなかったチームの中で勝率が高い2チーム(ワイルドカード)が参加するトーナメント戦・Bリーグチャンピオンシップで優勝チームが決まります。 Bリーグ発足の経緯 Bリーグが発足するまでの経緯を振り返っておきましょう。 日本には、NBLとbjリーグ、という2つのバスケットボールリーグが存在していました。 しかし、同じようなバスケットボールリーグが2つある事態は好ましくなく、1つのリーグに統合しなければ、日本チームの五輪などの国際試合に出場する事を認めない、という勧告が国際バスケットボール連盟(FIBA)から出されてしまいました。 このままではリオ五輪どころか2020年の東京五輪への出場もできないところまで追い込まれた事がきっかけになって、バスケットボールリーグの統合が現実のものとなりました。 リーグ統合という難題解決をJリーグの初代チェアマン・川淵三郎さんに託し、2016年秋にようやくBリーグの開幕を迎える事になったのです。 Bリーグの全チーム数や名前の由来と意味 Bリーグ全チーム数の合計と、それぞれのチームの名前の由来や意味をまとめました! 【B1】 ■東地区 チーム名:レバンガ北海道 由来・意味:「レバンガ」は「がんばれ」の逆さ言葉で、応援し続けてもらえるチームにしていきたい、という願いを込めている。 チーム名:秋田ノーザンハピネッツ 由来・意味:地元のラグビーチーム・秋田ノーザンブレッツの「ノーザン」と、一般公募で多く寄せられた明るさを意味する言葉「ハピネッツ」を組み合わせ、チームはもちろん、秋田県全体に幸せと元気を与えたい、という気持ちを込めている。 チーム名:仙台89ERS(エイティナイナーズ) 由来・意味:仙台市が誕生した「1889年」と、市政100周年だった「1989年」に含まれている「89」という仙台市のシンボル的な数字をチーム名とする事で、チームと仙台市民が一緒になって戦う事を意味している。 チーム名:リンク栃木ブレックス 由来・意味:オーナー企業名でもある「リンク」は栃木県全体につながりを持たせたい、という意味を持っており、「ブレックス」は現状打破を意味する「ブレイクスルー」という言葉から発展した造語。 チーム名:千葉ジェッツ 由来・意味:「ジェッツ」は日本の空の玄関口である成田空港のシンボル・ジェット機から生み出された造語。千葉県民の夢と希望を乗せ、世界に羽ばたけるチーム作りを目標としている事から、「ジェッツ」というチーム名になった。 チーム名:アルバルク東京 由来・意味:「アルバルク」はアラビア語で電撃の意味。電光石火のごとくコート上を駆け回るプレーを目指すために名付けられた。 ■中地区 チーム名:新潟アルビレックスBB 由来・意味:「アルビレックス」は青とオレンジに輝いている白鳥座の二重の星を意味する「アルビレオ」とラテン語で王者を意味する「レックス」を組み合わせた造語で、BBはバスケットボールの略称。 チーム名:富山グラウジーズ 由来・意味:「グラウジーズ」は富山県の県鳥であるライチョウを意味する英語「Grouse(グラウス)」が由来となっている。 チーム名:日立サンロッカーズ東京・渋谷 由来・意味:日立製作所がオーナーとなっているチーム。リングを太陽に見立て、太陽を揺らすほどのダンクシュートを次々に決めるチームを目指す事から「サンロッカーズ」と名付けられた。 チーム名:東芝川崎ブレイブサンダース 由来・意味:オーナー企業は東芝。「ブレイブサンダース」は試合が決まる最後の最後まで果敢に戦う戦士を意味する。 チーム名:横浜ビー・コルセアーズ 由来・意味:「ビー」は「Basketball」や「Bay」などの英語の頭文字。「コルセアーズ」は海賊を意味する言葉で、港町・横浜市をホームタウンとしている事から名付けられた。 チーム名:三遠ネオフェニックス 由来・意味:「ネオ」は新しいという意味を持つギリシャ語で、「フェニックス」は不死鳥を意味する。バスケットボールに訪れた新時代を不死鳥のように羽ばたいてほしい、という気持ちが込められている。 ■西地区 チーム名:名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 由来・意味:強い光を放っている「ダイヤモンド」に、水中を優雅に泳ぎ回るイルカのようにコートを駆け回って欲しい、という願いからイルカを意味する「ドルフィン」をミックスさせたチーム名。 チーム名:シーホース三河 由来・意味:親会社であるアイシン精機の相談役で長年バスケットボールを愛していた豊田稔さんが辰年生まれだった事から、タツノオトシゴを意味する「シーホース」というチーム名になった。 チーム名:大阪エヴェッサ 由来・意味:チーム名の「エヴェッサ」は商売が上手くいく神様として大阪府民から絶大な支持を得ている戎様の愛称「えべっさん」を発展させた言葉。 チーム名:京都ハンナリーズ 由来・意味:明るく、華やかで上品な様子を表す京言葉「はんなり」が「ハンナリーズ」というチーム名の由来になっていて、バスケットボールを通じて古き良き京都の文化を継承する事を目指している。 チーム名:滋賀レイクスターズ 由来・意味:滋賀県には日本一大きな湖・琵琶湖がある事から、湖を意味する英語「レイク」をチーム名に取り入れ、選手たちが星のごとく駆け回り、滋賀県民と一緒に光り輝いてほしい、という願いが込められている。 チーム名:琉球ゴールデンキングス 由来・意味:一般公募から採用された「琉球キングス」という言葉に、「キング」を連想させる色でチームカラーでもあるゴールドを組み合わせたチーム名。 【B2】 ■東地区 チーム名:青森ワッツ 由来・意味:とても熱い事を意味する「わぁあっつ」や、「速く」「力強く」という意味を持つ「わっつ」「わっつど」「わっつり」といった青森県の方言がスピード感を満喫できるバスケットボールにピッタリだ、という事から名付けられた。 チーム名:岩手ビッグブルズ 由来・意味:岩手県は本州最大の広さを持つだけではなく、前沢牛など畜産が有名である事から、広い事を意味する「ビッグ」と牛を意味する「ブルズ」をチーム名に組み込んだ。 チーム名:福島ファイヤーボンズ 由来・意味:闘志を燃やして戦う事を誓い、選手と地域のつながりや絆を大切にする事から、チーム名に炎を意味する「ファイヤー」と結束を意味する「ボンス(bonds)」を組み込んだ。 チーム名:パスラボ山形ワイヴァンズ 由来・意味:「パスラボ」はオーナー企業の名前。伝説上の竜・ワイバーンのようにパワフルでワイルドなプレーを目指すため「ワイヴァンズ」というチーム名となった。 チーム名:サイバーダイン茨城ロボッツ 由来・意味:「サイバーダイン」はオーナー企業名。地元の茨城県つくば市がロボットの街として知られている事から「ロボッツ」と名付けられた。 チーム名:群馬クレインサンダーズ 由来・意味:群馬県の形が鶴(クレイン)に似ていて、鶴のような器用な動きで相手を惑わすだけではなく、群馬県で多く発生する雷(サンダー)のように素早いプレーを目指す、という意味を持っている。 ■中地区 チーム名:東京エクセレンス 由来・意味:自分磨きの努力をいつも欠かさない、との意味を持つ「Strive for Excellence」という英文から「Excellence(エクセレンス)」を抜き取り、チーム名に採用している。 チーム名:アースフレンズ東京Z 由来・意味:「アースフレンズ」には、バスケットボールで世界各国がつながれば、という願いがあり、「Z」はプロチームとして究極の形に進化したい、という意味が込められている。 チーム名:豊通ファイティングイーグルス名古屋 由来・意味:名古屋名物の代表格・名古屋コーチンと同じ鳥類で、力強い事を示す鷲(イーグル)をチーム名に採用するだけではなく、常勝軍団を目指す事から常に勝ち続ける事を意味する「ファイティング」という言葉もチーム名に取り入れた。 チーム名:西宮ストークス 由来・意味:ホームタウンは兵庫県。兵庫県のシンボルがコウノトリである事から、コウノトリを意味する英語「storks(ストークス)」をチーム名に取り入れている。 チーム名:信州ブレイブウォリアーズ 由来・意味:ホームタウンの長野県には古くから勇猛な武士が多く存在していて、バスケットボールでも勇敢な戦いを見せてほしい、という願いから「勇士」を意味する言葉「ブレイブウォリアーズ」をチーム名に取り入れた。 チーム名:バンビシャス奈良 由来・意味:奈良にプロのバスケットボールチームを新設する、という強い志を古くから持っていた事から、「Be ambitious(大志を抱け)」の「Be」と「ambitious」を組み合わせた「バンビシャス」という造語を作り出した。 ■西地区 チーム名:広島ドラゴンフライズ 由来・意味:「ドラゴンフライ」は英語でトンボの意味。日本三景の1つ・宮島にしか生息していない「ミヤジマトンボ」のようにコート上を華麗に飛び回って欲しい、という願いが込められている。 チーム名:島根スサノオマジック 由来・意味:出雲神話に出てくるヤマタノオロチを撃退した英雄「スサノオ」と、魔法の意味を持つ英語「マジック」を掛け合わせ、神によるミステリアスな力で勝利を引き寄せる、という思いで名付けられた。 チーム名:香川ファイブアローズ 由来・意味:「アロー」は屋島の戦いで活躍した弓の名人・那須与一から連想した言葉。「ファイブ」はチーム、ブースター(チームを後押しするファンを指す)、自治体、地元企業、地域のコミュニティ、という5つの要素がミックスされたチームである事を意味している。 チーム名:愛媛オレンジバイキングス 由来・意味:愛媛県の名物・みかんに、瀬戸内海の水軍を意味する「バイキング」をミックスさせた、愛媛県ならではのチーム名を採用した。 チーム名:熊本ヴォルターズ 由来・意味:熊本県のシンボル・阿蘇山と阿蘇エリアで流れる水から、火山の意味を持つ英語「ヴォルケーノ」と水の意味を持つ英語「ウォーター」を組み合わせた。 チーム名:鹿児島レブナイズ 由来・意味:「レブナイズ(Rebnise)」はチームの前身・レノヴァ鹿児島が持っていた意志を継ぐ、という意味を持つ「Re」と、薩摩の不二才(ぶにせ)をローマ字に変換(bunise)し、それぞれの言葉をミックスさせている。 【B3】 チーム名:東京サンレーヴス 由来・意味:「サンレーヴス」は5つの夢という意味を持つフランス語。青少年の育成、地域産業の発展、地域の活性化、スポーツで地域振興、エンターテイメントで感動を与える、の5つの夢を叶えたい、というオーナー企業の願いがこもっている。 チーム名:東京海上日動ビッグブルー 由来・意味:オーナー企業の東京海上火災保険のイメージカラーが青である事と、バスケットボール界で大きな存在になってほしい、願いから「ビッグブルー」というチーム名となった。 チーム名:東京八王子トレインズ 由来・意味:ホームタウンの東京都八王子市は多くの電車が乗り入れる「電車の聖地」である事から、電車を意味する英語「トレイン(train)」をチーム名に採用して、八王子市民とのつながりを強くしたい、という思いが込もっている。 チーム名:大塚商会アルファーズ 由来・意味:バスケットボールを通じてプラスアルファの力を地域にプレゼントしたい、という思いから、オーナー企業の大塚商会の商品でよく使用されている「アルファ」をチーム名にも取り入れた。 チーム名:埼玉ブロンコス 由来・意味:チームの前身・マツダオート東京バスケットボール部につけられたあだ名「ブロンコス(Broncos)」を受け継いでいる。「ブロンコス」の意味は暴れ馬。 チーム名:アイシンAWアレイオンズ安城 由来・意味:「アレイオン」はギリシア神話に出てくるポセイドン、デメテルという2人の神が交わって誕生した馬の名で、アレイオンの特性である、パワフルさ、ぶれない心、チャレンジャー精神を受け継いでほしい、という思いがこもっている。 チーム名:豊田合成スコーピオンズ 由来・意味:サソリの意味を持つ英語「スコーピオン(scorpion)」がチーム名の由来。熱く激しい試合をするのはもちろん、敵を倒すためなら泥臭いプレーもいとわない、というチーム全体の姿勢を示す名前でもある。 チーム名:金沢武士団 由来・意味:一般公募で多く寄せられた、侍、武士、金沢というシンプルな3つの言葉をミックスさせて、金沢市民から愛されるチームにしたい、との願いがこもっている。 チーム名:ライジングゼヴァーフクオカ 由来・意味:「ライジング」は上昇の意味を持つ英語(rising)と太宰府天満宮にまつられている雷神・菅原道真を掛け合わせた言葉。「ゼファー」はギリシア神話に出てくる西風の神・ゼファーから取り入れている。 ◆チーム数 B1:18チーム B2:18チーム B3:9チーム 合計45チーム Bリーグのチーム数やそれぞれのチームの名前の由来と意味など、Bリーグに関する話題をご紹介しました! Bリーグは、北は北海道から南は沖縄まで、全45チームありますから、皆さんがお住まいの地域をホームタウンとしてチームを応援するのも良いですし、シーズンが終わるまでにお気に入りのチームを探してみるのも良いと思います。 皆さんに合う観戦方法をマスターして、Bリーグを思いっ切り楽しみましょう!
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。