グランプリシリーズカナダ大会2019男子の結果速報!滑走順と放送日程も

この記事は3分で読めます

グランプリシリーズカナダ大会2019男子(2019年10月26日・27日)に、五輪2連覇の大偉業を成し遂げた絶対的エース・羽生結弦選手がエントリー!

昨シーズンのグランプリシリーズロシア大会の練習中に右足首を負傷した影響もあり、大一番の世界フィギュアで3位に敗れてしまった羽生結弦選手のリベンジに期待が集まるグランプリシリーズカナダ大会をピックアップ!

羽生結弦選手だけでなく、田中刑事選手の出場も予定されているグランプリシリーズカナダ大会2019男子の放送日程滑走順結果速報など、気になる情報を一気にご紹介しますので、どうぞご期待ください!

 


スポンサーリンク


 

試合日程や放送日|フィギュアグランプリシリーズ カナダ大会 男子ショート&フリー

【フィギュアグランプリシリーズカナダ大会2019 男子SP&FSの試合日程と放送日】

地上波での放送予定は以下の通りです。

放送日時:<SP>2019年10月26日(土)午後6時56分~
<FS>2019年10月27日(日)午後9時~
放送局 :テレビ朝日系列

SP・FSともに地上波のゴールデンタイム時間帯にオンエアされますが、生中継ではなく、録画放送で大会の模様を流す事になっていますので、結果が気になる方はネット上でのネタバレに十分注意してください。

 


スポンサーリンク


 

滑走順|フィギュアグランプリシリーズ カナダ大会 男子ショート&フリー

【フィギュアGPカナダ大会2019男子SP&FSの出場予定選手(アサイン)】
※滑走順は確定次第、記載いたします。

羽生結弦(日本)
羽生結弦

田中刑事(日本)
田中刑事

ミハイル・コリヤダ(ロシア)
ミハイル・コリヤダ

アンドレイ・ラズキン(ロシア)
アンドレイ・ラズキン

ニコラ・ナドー(カナダ)
ニコラ・ナドー

ナム・ニューエン(カナダ)
ナム・ニューエン

ローマン・サドフスキー(カナダ)
ローマン・サドフスキー

カムデン・プルキネン(アメリカ)
カムデン・プルキネン

ブレンダン・ケリー(オーストラリア)
ブレンダン・ケリー

パウル・フェンツ(ドイツ)
パウル・フェンツ

マッテオ・リッツォ(イタリア)
マッテオ・リッツォ

デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
デニス・ヴァシリエフス

以上、12の出場となります。
※ケガなどの理由で出場を見合わせるケースがあります

 


スポンサーリンク


 

速報結果|フィギュアグランプリシリーズ カナダ大会 男子ショート&フリー

【フィギュアGPカナダ大会2019男子SP&FSの速報結果】
フィギュアスケートカナダ大会男子ショートSP&FSの速報は、結果が出次第、記載予定です。

 

予想|フィギュアグランプリシリーズ カナダ大会 男子ショート&フリー

【フィギュアGPカナダ大会2019男子SP&FSの感想】
最後に、フィギュアグランプリシリーズカナダ大会2019男子の優勝予想と、日本人選手の展望をお届けします。
(選手成績は2019年9月18日時点のものになります)

3年ぶりのグランプリファイナル出場を目指す羽生結弦選手(日本)の実績が抜き出ている状況ですから、大きなアクシデントが起きない限り、羽生結弦選手が順当に勝ち上がるのでは?と予想しています。

昨年11月に右足首を負傷した影響が気になるところですけど、見事優勝した今シーズン初戦・オータムクラシック(279.05点)のジャンプの出来も上々だったので、大崩れする心配はなさそう。

世界で誰も成功した事がない超大技・クワッドアクセル(4回転半)をマスターする、という大目標を掲げている国民的スーパースター・羽生結弦選手のグランプリシリーズ初戦の演技にどうぞご注目ください!

優勝候補大本命・羽生結弦選手に続きそうなのは、2018年世界フィギュアで銅メダルを獲得したミハイル・コリヤダ選手(ロシア)と、2019年世界フィギュアで7位入賞のマッテオ・リッツォ選手(イタリア)の2人!

平昌五輪の団体戦で銀メダルを獲得するなど、羽生結弦選手に次ぐ実績を持つミハイル・コリヤダ選手ですが、昨シーズンはジャンプの精度がイマイチで、グランプリファイナル出場を逃す形に…。

ただ、パーソナルベスト(282.00点)に近い得点を叩き出せば、羽生結弦選手に迫る事も可能なので、不振に陥った昨シーズンからの巻き返しがあるのかどうか…というところにも注目したいです。

もう1人の実力者マッテオ・リッツォ選手は、昨シーズンのグランプリシリーズNHK杯で3位(224.71点)を確保するなど、着実に実績を積み上げている21歳の若手スケーター

非公認の記録ではありますが、昨シーズンの冬季ユニバーシアード優勝時に273.54点という高得点をマークしていますから、冬季ユニバーシアードと同程度の演技を見せる事ができれば、表彰台に上がる可能性も十分あります。

一方、平昌五輪代表・田中刑事選手(日本)は、昨シーズンのグランプリシリーズ2戦でいずれも8位に終わるなど、直近の国際大会で厳しい戦いを強いられています。

173cmの高身長を活かした迫力満点のジャンプを持ち味にしていますけど、ジャンプの着地で乱れるケースが目立っていますので、1本でも多く綺麗なジャンプを決めて、低評価を覆す演技を見せてもらいたいものです。

羽生結弦選手・田中刑事選手が出場するグランプリシリーズカナダ大会2019男子は、2019年10月26日・27日のゴールデンタイム時間帯にテレビ朝日系列で録画放送される事が決定!

平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨選手(翌週のフランス大会に出場予定)が2年連続で優勝を決めている縁起の良い大会ですから、日本勢3連覇の偉業達成に期待したいですね。

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 渡嘉敷来夢(女子バスケ)の男勝りなダンク!出身は沖縄?身長や高校
  2. 杉原愛子(体操ひねり姫)がかわいい!出身中学や高校は?身長と体重
  3. 菊地絵理香アイキャッチ
  4. スノーボード(スロープスタイル&ビッグエア)
  5. モーグルアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。