グランプリシリーズカナダ大会2019女子のアサインと滑走順!日本のエース紀平梨花が出場!

この記事は3分で読めます

グランプリシリーズカナダ大会2019女子(2019年10月26日・27日)に、昨シーズンのグランプリファイナルを優勝した紀平梨花選手と、四大陸選手権銅メダリストの三原舞依選手が参戦!

元世界女王のエフゲニア・メドベージェワ選手、昨季の世界ジュニア覇者アレクサンドラ・トゥルソワ選手という強力なロシア勢もエントリーしているグランプリシリーズカナダ大会2019女子を徹底深掘り!

ここでは、グランプリファイナル出場を目指す有力選手が一挙集結したグランプリシリーズカナダ大会2019女子放送日程滑走順結果速報など、気になる情報を一気にご紹介しますので、どうぞご期待ください!

 


スポンサーリンク


 

試合日程や放送日|フィギュアグランプリシリーズ カナダ大会 女子ショート&フリー

【フィギュアグランプリシリーズカナダ大会2019 女子SP&FSの試合日程と放送日】

地上波での放送予定は以下の通りです。

放送日時:<SP>2019年10月26日(土)午後6時56分~
     <FS>2019年10月27日(日)午後9時~
放送局 :テレビ朝日系列

昨シーズン大活躍した紀平梨花選手が出場するのはもちろん、同じスケジュールで開催されるカナダ大会男子には羽生結弦選手がエントリーしていますので、SP・FSともにゴールデンタイム時間帯で放送される事になっています。

 


スポンサーリンク


 

滑走順|フィギュアグランプリシリーズ カナダ大会 女子ショート&フリー

【フィギュアGPカナダ大会2019女子SP&FSの出場予定選手(アサイン)】
※滑走順は確定次第、記載いたします。

紀平梨花(日本)
紀平梨花

三原舞依(日本)
三原舞依

オーロラ・コトプ(カナダ)
オーロラ・コトプ

ガブリエル・デールマン(カナダ)
ガブリエル・デールマン

アリシア・ピノー(カナダ)
アリシア・ピノー

エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)
エフゲニア・メドベージェワ

アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)
アレクサンドラ・トゥルソワ

セラフィマ・サハノヴィッチ(ロシア)
セラフィマ・サハノヴィッチ

ブレイディ・テネル(アメリカ)
ブレイディ・テネル

アレクシア・パガニーニ(スイス)
アレクシア・パガニーニ

キム・イェリム(韓国)
キム・イェリム

ユ・ヨン(韓国)
ユ・ヨン

以上、12の出場となります。
※ケガなどの理由で出場を見合わせるケースがあります

 


スポンサーリンク


 

速報結果|フィギュアグランプリシリーズ カナダ大会 女子ショート&フリー

【フィギュアGPカナダ大会2019女子SP&FSの速報結果】
フィギュアスケートカナダ大会女子ショートSP&FSの速報は、結果が出次第、記載予定です。

 

予想|フィギュアグランプリシリーズ カナダ大会 女子ショート&フリー

【フィギュアGPカナダ大会2019女子SP&FSの感想】
最後に、グランプリシリーズ2019-2020女子の第2戦・カナダ大会の優勝予想と日本人選手の展望をお届けします。
(選手成績は2019年9月19日時点のものになります)

シニアデビューの年となった昨シーズン、すい星のごとく現れた女子フィギュア界のニューヒロインとして大きな注目を集め、グランプリファイナル優勝を果たした紀平梨花選手(日本)がシニア本格参戦2年目を迎えます。

今シーズン初戦となったオータムクラシックでいきなり元世界女王のエフゲニア・メドベージェワ選手(ロシア)と対決する事になった紀平梨花選手ですけど、224.16点のハイスコアを叩き出し、見事優勝!

紀平梨花選手の代名詞でもあるトリプルアクセルの精度も高く、昨シーズンの勢いをそのまま維持しているのが間違いない状況ですから、グランプリファイナル2連覇へ向けて順調なスタートを切ってくれる事でしょう。

ただ、好調の紀平梨花選手の目の前に立ちはだかるアレクサンドラ・トゥルソワ選手(ロシア)の存在がとても不気味です

今シーズンからシニアデビューを果たすアレクサンドラ・トゥルソワ選手は、世界ジュニア2連覇の実績があるほか、参考記録だったとはいえ、昨シーズンのロシアジュニア選手権でFSの世界最高得点(164.44点)をマーク!

基礎点が高いルッツだけでなく、トウループ、サルコウの4回転ジャンプを公式戦で決めていて、2018年の世界ジュニアでは同じプログラムの中に2つの4回転ジャンプを組み込み、見事成功させています。

平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手を超える逸材として大きな期待を集めているアレクサンドラ・トゥルソワ選手が紀平梨花選手の最大のライバルになりますので、2人のハイレベルな戦いにどうぞご注目ください。

日本にも多くのファンを抱えているエフゲニア・メドベージェワ選手も優勝候補の1人ではありますが、紀平梨花選手&アレクサンドラ・トゥルソワ選手相手では分が悪いので、3位争いの筆頭として取り上げる事にします。

一方、表現力の高さとジャンプ着氷時の姿勢の美しさで観客を魅了する三原舞依選手(日本)は、パーソナルベスト(218.27点)以上の得点を叩き出す事が表彰台に上がるための絶対条件になります。

ライバルが強力な分、注目度がやや下がっていますけど、4回転ジャンプのような大技こそないものの、大きなミスをほとんどしない点が三原舞依選手の強みなので、ミスを極力少なくして、1つでも上の順位を目指してほしいです。

紀平梨花選手と三原舞依選手が出場するグランプリシリーズカナダ大会2019女子は、地上波のテレビ朝日系列で2019年10月26日・27日のゴールデンタイム時間帯にオンエアされます!

グランプリファイナル連覇を目指す紀平梨花選手と、3種類の4回転ジャンプをマスターしているロシアの新星アレクサンドラ・トゥルソワ選手の一騎打ちムード漂うグランプリシリーズカナダ大会2019女子に乞うご期待!

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 体操男子アイキャッチ
  2. ベイカー茉秋(柔道)はハーフ?本名や国籍は?出身中学や高校はどこ
  3. 宮部藍梨
  4. 張本美和(卓球)は兄張本智和より上?国籍と年齢や使用ラケットと主な戦績
  5. フィギュアスケートNHK杯2018女子
  6. 万波中正(横浜高校)WIKIプロフィール!父母の国籍や出身中学は
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。