東アジアカップ2015ハリルJメンバーや得点王を予想!放送日程と会場

この記事は3分で読めます

東アジアカップTOP画像
東アジアカップ2015ハリルジャパンの戦いが、いよいよはじまりますね!
今回の大会は、中国の武漢を会場に、ハリルJは、北朝鮮、韓国、中国と対戦することになります。

ここでは、ハリルJのメンバーや得点王を予想すると共に、放送日程と会場について、お知らせしたいと思います。

 

スポンサーリンク

東アジアカップ2015のハリルジャパン先発メンバーは?

東アジアカップ画像1

この大会、東アジアカップ2015で、ハリル監督が選んでくる先発メンバーは誰か?
実際、それを予想するのは、非常に困難な作業だと思います。

まず、ヨーロッパの主要リーグは、開幕を迎える時期であり、海外組は不参加
さらには、猛暑の中での連戦になることから、プレイヤーのチョイスも試合ごとに変化させてくると予想されるからです。
それでも、ファーストチョイスのメンバーはあるはず。
若手や初招集のメンバーもいる中、ハリル監督が考えるフォーメーションを想像の内に置きながら、無謀な予想をしてみたいと思います。

この大会に招集されているメンバーは、総勢23名ですが、前述したように猛暑という条件があり、しかもアウェイでの戦いとなることから、ある程度ディフェンシブな試合にも耐えられる人選あるいはフォーメーションを採用して来るのではないかと、私は考えています。

試合展開により、システムは流動的になる可能性もありますが、基本的には、4-3-3の陣形を取ってくる可能性が高いのではないでしょうか。

そのシステムを前提に考えると、まずGKは、西川周作選手でしょうか。

次にディフェンスラインですが、左サイドバックには藤春広輝選手、右サイドバックは米倉恒貴選手。
センターバックは、森重真人選手と槙野智章選手のコンビだと予想しますが、どうでしょうか?

今回特に注目したいのはミッドフィールダー陣、特にトップ下の人選です。

3枚で構成すると考えた場合、底の役割を努めるのは、山口蛍選手がまずいて、その相棒として柴崎岳選手あるいは谷口彰悟選手というところを予想してみたいと思います。

さて、注目のトップ下ですが、初招集ではありますが、現在ブレイク中の武藤雄樹選手が起用されると考えています。
武藤雄樹選手の場合は、シャドーとしての役割も果たせるので、ストライカーを助ける動きも出来る。
今大会のハリルJにおいて、最も注目したいプレイヤーと言ってもいいでしょう。

いよいよ3トップですが、センターフォワードに関しては、川又堅碁選手がファーストチョイスだと考えます。
さらに、川又堅碁選手の左右には、宇佐美貴史選手と永井謙佑選手あるいは浅野拓磨選手を起用してくるのではないでしょうか。

東アジアカップ2015の得点王は誰か予想!

東アジアカップ宇佐美画像

さて、サッカーの花といえば、やはりゴールシーンですね。
東アジアカップ2015の得点王は誰かをずばり予想!といきたいところですが、私としては、残念ではありますが、日本からは得点王は出ないと考えています。

ここまで書いてきたように、猛暑の中での厳しいアウェイ戦であること、ハリル監督が、これまでしてきたコメントから、タフなディフェンスが出来るチームづくりを念頭においていそうなことから、大量得点を奪う試合は、そう多くないと予想するところです。

しかしながら、願望としては、日本代表からぜひ得点王が出てほしいですよね。
そこで、思い切って予想してみましょう。

夢を見たい!という期待も込めて、浦和レッズからの選出である武藤雄樹選手で!
実績のある宇佐美貴史選手と上手く連携が取れれば、面白いシーンが観られるかもしれません。

 

スポンサーリンク

東アジアカップ2015の放送日程は?

気になる東アジアカップ2015の放送日程ですが、フジテレビが全試合を生放送することを発表しています。

試合日程(放送日程)は、次のとおりです。

  • 対北朝鮮 8月2日(日) 19:00から
  • 対韓国 8月5日(水) 19:00から
  • 対中国 8月9日(日) 21:00から

東アジアカップ2015の会場はどこ?

東アジアカップハリル監督画像
今回の東アジアカップ2015。
その会場はどこか?については、冒頭でも触れましたが、中国の武漢市となります。

武漢市は、酷暑の地として知られ、中国では、重慶、南京と並び、「3大ボイラー」などとも呼ばれています。

日中の気温は、40度近くまで達する日もあるそうで、サッカーをするには、文字通り過酷な条件となりそうです。

さらに武漢市は、極めて湿度が高く、風があまり吹かないという地理的な要素があるため、特にアウェイチームにとっては、フィジカル面に負担がかかることは間違いのないところでありましょう。

東アジアカップ前回大会優勝時画像

2013年の同大会では、見事な優勝を果たしている日本ですが、ここまで述べてきたように、開催されるその場所のアウェイ感、気候の問題など、簡単な試合はないと言ってもいいでしょう。

それでも、入念な準備で、ハリル監督は、戦術を用意しているはずです。
一つひとつの試合で勝ち点をいかに落とさず、粘り強く戦い続けていけるか!
今こそ、日本の底力を見せてほしいし、チームの総合力が試される大会になると思います。

東アジアカップ2015!
キックオフの時が近づいてきました。
ハリルジャパンの奮闘に期待したいですね。

【サッカー日本代表 関連記事】
ワールドカップ2018日本代表新メンバー予想!アジア予選と出場枠減

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. エドバーイヨバ(陸上)は日本人でハーフ?父母の国籍は?中学や高校は
  2. フィギュアスケートロシア大会2015男子ショートSP!滑走順と結果速報
  3. リオオリンピック男子サッカーの出場国と試合日程!決勝戦予想も!
  4. ドラフト会議
  5. ちばアクアラインマラソン2016の申込や抽選と倍率!車いすハーフも
  6. フィギュアグランプリシリーズ2016アメリカ大会!男子滑走順と結果速報
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題の韓国ドラマ一覧

話題の中国ドラマ一覧