鈴木雄介(陸上競歩)の出身高校や大学は?フォームやルールをまとめ

この記事は3分で読めます

鈴木雄介(陸上競歩)の出身高校や大学は?フォームやルールをまとめ
鈴木雄介さんという陸上・競歩の選手をご存知でしょうか?

鈴木雄介さんは競歩の男子20km世界記録保持者であり、5000m10000mでの日本記録も持っており、ロンドンオリンピックの日本代表にもなりました。

ここでは鈴木雄介選手の出身高校や大学、競歩の歩き方・フォームやルールについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

鈴木雄介(陸上競歩)プロフィール

鈴木雄介プロフィール

本名:鈴木雄介(すすき ゆうすけ) ※『雄』の字は祖父の名前から1文字とったそうです
国籍:日本
出身地:石川県能美郡辰口町
生年月日:1988年1月2日
身長:170cm
体重:57kg
血液型:A型

中学2年生の春に競歩を始めると、瞬く間に成長し数々の記録を打ち立てます。
中学日本最高記録の更新、高校ではインターハイと国体も優勝高校1年生の歴代最高記録の更新、世界ユースでは3位にはいるなど、素晴らしい成績を残します。

鈴木雄介(陸上競歩)の出身高校や大学は?

鈴木雄介(陸上競歩)の出身高校や大学は?
鈴木雄介選手の出身校を順を追ってご紹介します。

【幼稚園】
 白楊幼稚園(石川県小松市内)
【小学校】
 能美市立辰口中央小学校(石川県能美市内)
【中学校】
 辰口町立辰口中学校 現・能美市立辰口中学校(石川県能美市内)
【高等学校】
 石川県立小松高等学校(石川県小松市内)
【大学】
 順天堂大学
【社会人】
 富士通

鈴木雄介選手の友人の話では、実家がものすごく大きかったとの事ですので、比較的裕福な家庭で、教育にも熱心なご家庭で育ったのではないでしょうか。

小松高校は県内有数の進学校で、偏差値68と県内4位の学校です。
順天堂大学へは陸上競技が強い大学ということもあっての進学だと思いますが、成績優秀・スポーツ万能だったのですね。

鈴木雄介のフォームや競歩のルールまとめ

まだまだマイナーなスポーツと言える『競歩』という競技ですが、ここでは競歩の基本ルールや、歩き方・フォームについてまとめてみたいと思います。

まずは武井壮さんが鈴木雄介さんの極意を垣間見た『すぽると』の動画をご覧ください。

競歩の基本ルール

■どちらかの足は必ず地面に着いていなければならない
 違反すると、以下のサドルが出されてしまいます。
両足のどちらかは必ず地面に着いていなければならない
 この違反のことを競歩用語では『ロス・オブ・コンタクト』といいます。

■前足は着地してから体が地面と垂直になるまで膝を曲げてはならない
 違反すると、以下のサドルが出されてしまいます。
前足は着地してから体が地面と垂直になるまで膝を曲げてはならない
 この違反のことを競歩用語では『ベント・ニー』といいます。

■『ロス・オブ・コンタクト』か『ベント・ニー』の違反が合計3回になると失格となります
 失格になると、以下のサドルが出されてしまいます。
『ロス・オブ・コンタクト』か『ベント・ニー』の違反が合計3回になると失格となります

競歩のフォーム・歩き方

フォーム・歩き方については『ルールにしたがったフォームで歩く』というのが大原則ですが、鈴木雄介選手などのトップクラスの選手のフォームというのは、『より楽に、より美しく』歩けるフォームであることのようです。

無理に美しいフォームで歩こうとすると、身体への負担が多くなり、長い距離がもたなくなったり、翌日まで疲れが残ったりするそうです。
まずは美しいフォームを習得し、身体に負担の少ない歩き方を学んでみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

鈴木雄介選手の記録と目標

【最近の記録】
2011年 世界選手権 男子20km 8位
2012年 ロンドンオリンピック 男子20km 36位
2013年 世界選手権 男子20km 12位
2014年 アジア競技大会 男子20km 銀メダル(1時間20分44秒)
2015年 全日本競歩能美大会 男子20km 優勝(1時間16分36秒 世界新記録)
鈴木雄介世界記録樹立

【今後の目標】
2015年8月   世界選手権(北京)金メダル
2016年8月   リオオリンピック 金メダル 2連覇!!
2017年8月予定 世界選手権(ロンドン)金メダル 3連覇!!!

鈴木雄介選手の今後の大きな目標は、今年から3年連続で行われる世界大会すべてで金メダルを取ることだそうです。

『より楽に、より美しく』を極めつつあり、現時点での世界最速の称号をもつ鈴木雄介選手ですから、おおいに期待できますね。

鈴木雄介選手の競歩の速度は時速何km?

競歩という競技をみていても、実際にどのくらいの速度で歩いているのか想像もつきませんよね?

ここでは世界最速の鈴木雄介選手の競歩での速度は時速何kmなのか、調べてみました。

  • 鈴木雄介選手の男子20km世界記録:1時間16分36秒
  • 76分36秒で20km歩く=4596秒で20km歩く
  • 20,000mを4596秒で割ると、1秒で4.35m歩くことに。
  • 1時間は3,600秒なので、3,600×4.35m=15,660m
  • つまり、鈴木雄介選手は時速15.66kmで歩いていることになります。

一例をあげると、フルマラソン(42.195km)を2時間40分ちょっとで走りきるほどの速度が出ているんですね!

もはや歩いているとは言えない速度でした!

 

2015年8月22日から世界陸上北京大会がいよいよ始まります。
男子20km競歩は8月23日 9時30分の予定ですので、ぜひ皆さんで鈴木雄介選手を応援しましょう!

日本の金メダル第一号になる可能性大です!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

世界陸上2015北京大会 関連記事

サニブラウン・アブデル・ハキーム(陸上)は日本人?父母の国籍は?
サニブラウン・アブデル・ハキーム(陸上)は日本人?父母の国籍は?

フレーザープライス(陸上女子)100m世界新か!国籍や身長と年齢は?
フレーザープライス(陸上女子)100m世界新か!国籍や身長と年齢は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. フィギュアスケート2015フランス大会!滑走順と結果速報!GP女子SP
  2. フィギュアスケートフランス大会2017
  3. リオオリンピック新体操の全試合日程と金メダル予想!注目の選手は?
  4. リオオリンピック女子バドミントンの放送局と日程!日本代表選手と金メダル予想
  5. 亀田興毅が現役引退!戦績や父親と弟妹の反応は?即復帰もある?
  6. 上林誠知(ソフトバンク)は韓国国籍?年俸や成績は?弟の画像や彼女の存在
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題の韓国ドラマ一覧

話題の中国ドラマ一覧