タグ:最終回

  1. 恋の花が咲きました

    2018年12月12日(水)からBS朝日でBSチャンネル初放送される事が決まった注目の韓流ドラマ『恋の花が咲きました』をピックアップ! イム・スヒャンさん、ト・ジハンさん、イ・チャンウクさん、元KARAのパク・ギュリさんなど、旬の…

  2. ただ愛する仲

    2018年11月16日からCS・ホームドラマチャンネルで放送がスタートするほか、大手映像配信サイト・U-NEXTでも好評配信中の大人気韓流ドラマ『ただ愛する仲』を大特集! 日本に多くのファンを抱えているK-POPアイドルグループ・…

  3. 永遠の桃花アイキャッチ

    2018年10月19日から女性向けのドラマを数多く放送している有料チャンネル・LaLaTVで日本初放送されているほか、大手映像配信サイト・U-NEXTでも配信されている『永遠の桃花』を大特集! ネット配信版の累計視聴回数が歴代1位…

  4. 私がヒロイン

    2018年10月11日からBS11でBS初放送される事が決まった注目の韓流ドラマ『私がヒロイン』を大特集! T-ARAのウンジョンさん、AFTERSCHOOL元メンバーのイ・ジュヨンさん、というK-POPの頂点を極めた売れっ子女優…

  5. 花と将軍アイキャッチ

    2018年10月23日からBS12で放送されるほか、大手映像配信サイト・U-NEXTでも好評配信中の中国ドラマ『花と将軍』をピックアップ! 中国のネットドラマ視聴ランキングで4週連続1位に輝いたほか、中国の人気動画サイト・Youk…

  6. 大手映像配信サイト・U-NEXTで独占先行配信を実施しているほか、2018年9月10日からLaLaTVで再放送される事も決まった中国ドラマ『酔麗花~エターナル・ラブ~』をピックアップ! 中国国内で同時間帯視聴率1位をマークしただけ…

  7. オスマン帝国外伝TOP

    2018年7月からチャンネル銀河とHuluでシーズン最新作を放送・配信しているほか、2018年10月からBS日テレでBS初放送される事が決まったトルコドラマ『オスマン帝国外伝 ~愛と欲望のハレム~』を大特集! 日本ではまだ知名度が…

  8. あなたが眠っている間に

    大手映像配信サービス・U-NEXTが独占配信しているほか、有料のKNTVでも2018年8月21日からリピート放送されている韓国ドラマ『あなたが眠っている間に』をピックアップ! 出演作のほとんどが高視聴率を叩き出し、「不敗王子」とい…

  9. 少林問道アイキャッチ

    2018年9月17日からCS・衛星劇場で日本初放送される事が決まった注目の中国ドラマ『少林問道』をピックアップ! 中国の大手コミュニティサイト・豆瓣(douban)で中国版のエミー賞10冠を達成した『瑯琊榜(ろうやぼう)〜麒麟の才…

  10. 旋風少女2

    2018年8月12日から有料のCS・ホームドラマチャンネルでリピート放送されている中国ドラマ『旋風少女2(邦題:私のツンデレ師匠様!)』をピックアップ! 大人気韓流スターのチ・チャンウクさんを主演に迎えたのはもちろん、2016年夏…

  11. 神雕侠侶・新版

    2018年7月20日から有料のCS・チャンネルNECOで日本初放送されている中国ドラマ『神雕侠侶(しんちょうきょうりょ)・新版』を大特集! 大人気武侠ドラマ『射鵰英雄伝』の続編にあたるほか、カップル役を演じたチェン・シャオさんとミ…

  12. 秀麗伝アイキャッチ

    2018年8月1日深夜からチャンネル銀河で再放送されているほか、大手映像配信サイト・U-NEXTからも視聴する事ができる大ヒット中国ドラマ『秀麗伝~美しき賢后と帝の紡ぐ愛~』をピックアップ! 中国史上最高の皇后として名高い光烈皇后…

  13. ミス・ハンムラビアイキャッチ

    2018年09月15日からCSの韓流専門チャンネル・DATVで日本初放送される事が決まった短編法廷ラブロマンス『ミス・ハンムラビ』を大特集! 2018年5月に韓国で本放送されたばかりの超新作で、日本に多くのファンを抱えているK-P…

  14. 武則天

    2018年7月4日から有料のCSチャンネル・DATVで放送されているほか、大手動画配信サイト・U-NEXTでも好評配信中の中国ドラマ『武則天-The Empress-』をピックアップ! 主演を務めるのは、米国フォーブス誌の中国有名…

  15. メモリーズ・オブ・ラブ

    2018年8月6日からCSの有料チャンネル・DATVで日本初放送される事が決まった中国ドラマ『メモリーズ・オブ・ラブ~花束をあなたに~』をピックアップ! 1%超の視聴率を獲得すれば上々という情勢の中、中国現代連ドラでは異例ともいえ…

RETURN TOP