グレイテストショーマン(映画)をレンタル開始日前に見逃し配信(FOD)で無料視聴する方法!

この記事は9分で読めます

映画
グレイテスト・ショーマン(映画・FOD)は2018年2月16日に日本で公開され、2018年5月22日まで動画配信サービス・FODでも視聴する事ができるアメリカ発のミュージカル映画!

『レ・ミゼラブル』や『X-MEN』『ニューヨークの恋人』といった日本でも一大ブームを巻き起こした作品に出演している国際派俳優のヒュー・ジャックマンさんが主演を務めている『グレイテスト・ショーマン』。

アカデミー賞こそ無冠に終わりましたが、ゴールデングローブ賞の映画部門で作品賞にノミネートするなど、世界的にも高い評価を受けている『グレイテスト・ショーマン』とはどんな作品なのでしょう?

ここでは、映画『グレイテスト・ショーマン』のあらすじやネタバレ感想、キャスト、見どころ、結末のほか、FODが展開しているお得なキャンペーンについても詳しくご紹介しますので、どうぞお楽しみに!

▼FOD 申込はこちらから!

 

グレイテスト・ショーマン(映画・FOD)原作・あらすじ

映画『グレイテスト・ショーマン』の原作あらすじをご紹介します。

米英戦争や南北戦争を経て、大国への道を歩み始めていた19世紀半ばのアメリカがストーリーの舞台。

経済の中心地であるニューヨークで穏やかな日々を送っていたフィニアス・テイラー・バーナム(ヒュー・ジャックマン)は、幼い頃から夢見ていたショービジネスを具現化させるため、様々なビジネスに打って出るのでした。

誰も思いつかない奇想天外なショーを次々に開催する事で、ショーのプロデューサーとして確固たる地位を手に入れたバーナム。

しかし、バーナムの名が世に知れ渡るにつれて、常識外れのショーを展開するバーナムに対する風当たりは日に日に強くなり、ついにはバーナムが開催するショーに抗議する一般市民まで現れるのでした…。

 

グレイテスト・ショーマン(映画・FOD)ネタバレ・感想

映画『グレイテスト・ショーマン』のネタバレ感想をご紹介します。

ここでは、良い意味でも悪い意味でも常識外れのショーを次々に開催していく主人公バーナムの運命を左右する事になる2人の重要人物に関するネタバレをしていきますので、気になる方はご注意ください。

1人目の重要人物の名はフィリップ・カーライル(ザック・エフロン)

腕利きの劇作家として知られていたフィリップを勧誘するため、バーナムはショーの取り分の1割を報酬にする、という条件をフィリップに提示し、フィリップはバーナムが主催するショーの演出家として働く事を決意します。

初めてバーナムが主催するショーを観劇した際、バーナムの劇団に在籍していた有色人種のアン・ウィーラー(ゼンデイヤ)に一目惚れするなど、フィリップは随所で人間味あふれる面を見せていきます。

また、フィリップは様々な業界で顔が知られている人物で、豊富な人脈を活かし、バーナムにヴィクトリア女王と面会するチャンスを与え、バーナムが主催するショーの地位向上に大きく貢献するのでした。

 

2人目の重要人物の名はジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)

バーナムがヴィクトリア女王と面会した際に出会った女性オペラ歌手で、ヨーロッパで高い知名度を誇る人物です。

圧倒的な歌唱力を持つジェニーを自分がプロデュースできないものか…と考えたバーナムは、ジェニーを渡米させ、アメリカで大規模な公演を開催する事を決意し、劇場の運営をフィリップに託す事で、ジェニーのアメリカ公演実現に尽力します。

ジェニーのアメリカ公演は無事に成功し、アメリカ国内でのジェニーの評価を上げるのではなく、バーナムの興行主としての評価も急上昇していきます。

しかし、膨大な借金を抱えた状態で開催したジェニーの全米ツアーの最中、ジェニーからの過剰なアプローチに苦悩していたバーナムは、全米ツアーを打ち切りにしただけでなく、ジェニーとの仕事上の契約も終わらせてしまうのでした。

小さい劇団を全米規模の劇団へと成長させていくバーナムの姿はもちろん、バーナムのビジネスパートナーとなるフィリップ&ジェニーの振る舞いに注目です。

 

グレイテスト・ショーマン(映画・FOD)見どころ

映画『グレイテスト・ショーマン』の見どころをチェックしていきましょう。

『グレイテスト・ショーマン』はミュージカル映画というジャンルになりますので、作中のミュージカルシーンに注目が集まりますが、それ以上に注目していただきたいのがバーナムのショーに登場する個性豊かなキャラクターの振る舞いです。

バーナムが主催するショーの最大の特徴は、誰にも知られたくないようなコンプレックスを抱えているメンバーが、それぞれのコンプレックスを活かしたパフォーマンスを劇中で見せているところです。

低身長のまま年齢を重ねてしまう小人症患者の男性や、男性じゃないのにヒゲが濃くなっている女性など、他人に隠しておきたい面を持つ人たちをあえて舞台に上げる事で、バーナムはコンプレックスを個性として表現する事に成功します。

コンプレックスを抱えながら、舞台で圧巻のパフォーマンスを見せていくキャラクターたちの姿にどうぞご注目ください!

▼FOD 申込はこちらから!

 

グレイテスト・ショーマン(映画・FOD)結末

映画『グレイテスト・ショーマン』の結末をご紹介します。

妻のチャリティ・バーナム(ミシェル・ウィリアムズ)と愛する娘と離れ離れになっただけでなく、ショービジネスも上手くいかなくなった事で、失意のどん底に突き落とされたバーナム。

しかし、雇っていたショーの劇団員たちが劇団を心の拠り所にしている事に気付いたバーナムは、劇団の再生を決意し、チャリティとの関係も元通りにします。

ショービジネスが破綻した事で、満足な資金を持ち合わせていなかったバーナムでしたが、苦楽を共にしてきたフィリップが自身の貯金を切り崩す事をバーナムに提案し、その資金でバーナムは新たな劇団を立ち上げます。

大規模な劇場を用意する事はできなかったものの、野外に設置したテントの中でパフォーマンスを見せる、という手作り感満載のショーを展開し、再開を待ちわびていたファンを歓喜させるのでした。

仕事だけじゃなく、家族も失ってしまったバーナムが、ショービジネスの先駆者としてのプライドを最後の最後に取り戻して、華麗な復活劇を遂げる、という感動間違いなしの結末になっていますので、どうぞご期待ください!

 

グレイテスト・ショーマン(映画・FOD)キャスト・登場人物

映画『グレイテスト・ショーマン』のキャスト・登場人物をご紹介します。

フィニアス・テイラー・バーナム(P・T・バーナム)役:ヒュー・ジャックマン


19世紀半ばに数多くのショービジネスを成功させた劇団プロデューサー。

当初はレアなアイテムを展示している「バーナム博物館」という施設を運営していたが、鳴かず飛ばずの日々が続き、様々なコンプレックスを抱えている人たちが中心となった劇団を立ち上げる。

映画『レ・ミゼラブル』で主人公のジャン・バルジャン役を好演し、アカデミー賞・主演男優賞にノミネートされるなど、ハリウッドスターの中でもトップクラスの演技力を持つヒュー・ジャックマンさんがP・T・バーナム役を演じています。

親日家としても知られているヒュー・ジャックマンさん。

『グレイテスト・ショーマン』のPRで来日した際、イベントの終了時間が押し迫っている中、イベントに来場した約400名に絶え間ないファンサービスをする、という神対応をした事でも大きな話題になりました。

フィリップ・カーライル 役:ザック・エフロン


腕利きの劇作家。
取り分の1割を報酬にする、という条件でバーナムが率いる劇団の演出を手掛けるようになった。

最後の最後までバーナムの良きビジネスパートナーとして活躍し続けたフィリップ・カーライル役を演じているのは、『ハイスクール・ミュージカル』シリーズのトロイ・ボルトン役でおなじみのザック・エフロンさんです。

 

チャリティ・バーナム 役:ミシェル・ウィリアムズ


バーナムの妻。
実家がお金持ち、というお嬢様だが、貧しい生活を送っていたバーナムと結婚し、自由奔放なバーナムを健気に支え続ける。

『マリリン 7日間の恋』で主人公のマリリン・モンロー役を見事に演じ切り、ゴールデングローブ賞・主演女優賞を受賞したほか、アカデミー賞・主演女優賞にもノミネートされた経験を持つミシェル・ウィリアムズさんがチャリティ役を演じています。

 

ジェニー・リンド 役:レベッカ・ファーガソン


ヨーロッパ屈指の実力を誇るオペラ歌手。
バーナムが手掛けたアメリカ公演をきっかけにして、活躍の場を広げていく。

大人気アクション映画『ミッションインポッシブル』シリーズのイルサ・ファウスト役や、ドラマ『The White Queen』のエリザベス・ウッドヴィル役でおなじみのレベッカ・ファーガソンさんがジェニー・リンド役を演じています。

 

アン・ウィーラー 役:ゼンデイヤ


バーナムが立ち上げた劇団に在籍している劇団員。
フィリップ・カーライルと恋仲になる。

作中で空中ブランコに乗るシーンがとても印象的なアン・ウィーラー役を演じているのは、日本のNHKEテレでも放送されたドラマ『ティーン・スパイ K.C.』で主人公のケイシー・クーパー役を演じていたゼンデイヤさんです。

 

グレイテスト・ショーマン(映画・FOD)相関図

映画『グレイテスト・ショーマン』の相関図は公開されましたら、記載いたします。

 

グレイテスト・ショーマン(映画・FOD)ネット上の反応

映画『グレイテスト・ショーマン』に対するネット上の反応をまとめます。

アメリカで公開された当初からSNS上で賛否が飛び交っている作品なのですが、日本のTwitter上では好意的な意見が多く出ているようです。

ミュージカル好きな方はもちろん、『グレイテスト・ショーマン』は作中の楽曲も高い評価が与えられていますので、洋楽好きな方にもおすすめしたいです。

 

グレイテスト・ショーマン(映画・FOD)視聴方法

映画『グレイテスト・ショーマン』を放送するFODの視聴方法と、FODが展開しているお得なキャンペーンを詳しくご紹介します。

【FODの視聴方法】

FODで配信されている作品を視聴するためには、FODの公式サイトから会員登録を行う必要があります。

フジテレビID(フジテレビの会員制サービス)はもちろん、Yahoo!JAPAN・楽天・OCN・docomo・au・My Softbankといった馴染みの深いIDから会員登録する事ができますので、普段から利用しているIDでのFOD会員登録が可能です。

ただ、Yahoo!JAPANのIDから会員登録を行った場合、初回登録の方は31日間料金無料サービスを利用する事ができますので、Yahoo!JAPANのIDから会員登録される事をおすすめします。

会員登録が完了したら、以下の料金プランの中からご希望の月額コースを選んでください。(料金はいずれも税抜)

(月額見放題コース)

  • FODプレミアム(月額888円)
  • 競馬予想TV!(月額1,000円)

(月額ライブコース)

  • フジテレビONE+フジテレビTWO(月額1,000円)
  • フジテレビNEXT(月額1,200円)
  • フジテレビONE+フジテレビTWO+フジテレビNEXT(月額1,500円)

 

【有料なのにお釣りが来る!?お得なキャンペーンの中身を紹介!】

上記の料金プランの中で、月額見放題コースのFODプレミアム(月額888円)を選んだ方限定で、とてもお得なキャンペーンが実施されています!

2018年5月9日からFODプレミアム(月額888円)の基本料金と700ポイント(700円に相当)だけで配信中の作品を視聴できるようになったFOD。

以上のような料金システムに替わっただけでも画期的なのですが、FODでは毎月100ポイントずつもらえるだけでなく、8の付く日(8日、18日、28日)にも400ポイントずつもらえる、という利用者にとってありがたいサービスを展開しています。

よって、FODプレミアム(月額888円)の料金プランを利用している方々は毎月1300ポイント(1300円相当)がもらえますから、月額888円が実質無料になった状態でFODの作品が視聴可能になります。

世界的に話題を集めているヒット映画『グレイテスト・ショーマン』を視聴するなら、有料サイトなのにお釣りが来る、というお得すぎるキャンペーンを実施しているFODがおすすめです!

▼FOD 申込はこちらから!

 

グレイテスト・ショーマン(映画・FOD)の主題歌・OP/EDは?

映画『グレイテスト・ショーマン』の主題歌・OP/ED情報をご紹介します。

ここでは、ネット上での評価が高い楽曲を3曲ご紹介します!

『The Greatest Show』

『This Is Me』

『Rewrite The Stars』

『This Is Me』は2018年のゴールデングローブ賞で主題歌賞を受賞したほか、アカデミー賞の歌曲賞、放送映画批評家協会賞の歌曲賞にもノミネートされ、世界各国で高い評価を受けています。

 

グレイテスト・ショーマン(映画・FOD)基本情報


グレイテスト・ショーマン
2018年5月22日(火)の23時59分までFODにて配信
収録時間は104分(購入から2日後まで視聴可能)

監督 :マイケル・グレイシー(映画『Naruto』『エイミー』)
脚本/原案:ジェニー・ビックス(映画『25年目のキス』
                  『ロイヤル・セブンティーン』)
脚本 :ビル・コンドン(映画『ゴッド・アンド・モンスター』『シカゴ』)
製作 :ローレンス・マーク(映画『フラットライナーズ』『ラスト・ベガス』)
    ピーター・チャーニン(ドラマ『Terra Nova〜未来創世記』
                  『TOUCH/タッチ』)
    ジェンノ・トッピング(映画『チャーリーズエンジェル』
                 『猿の惑星:新世紀』)
製作総指揮:ジェームズ・マンゴールド(映画『ニューヨークの恋人』
                     『ウルヴァリン:SAMURAI』)
      ドナルド・J・リー・Jr(映画『ワールド・トレード・センター』
                    『ジュリー&ジュリア』
      トーニャ・デイヴィス
音楽 :ベンジ・パセック(映画『ラ・ラ・ランド』)
    ジャスティン・ボール(映画『ラ・ラ・ランド』)
配給 :20世紀フォックス映画

日本の人気漫画『NARUTO』のハリウッド実写版『Naruto』を手掛ける事が決まっているマイケル・グレイシーさんが『グレイテスト・ショーマン』の監督を務めています。

また、パセク&ポールという名の作曲家チームを結成していて、映画『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞・歌曲賞を受賞しているベンジ・パセックさんとジャスティン・ボールさんが再びタッグを組んでいるところも本作の大きな特徴になっています。

▼FOD 申込はこちらから!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 正義のセ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。