被告人(韓国ドラマ)あらすじネタバレと最終回の結末は?キャスト相関図あり

この記事は4分で読めます

被告人(韓国ドラマ)あらすじネタバレと最終回の結末は?キャスト相関図あり

韓国で1月から放送開始した新ドラマ『被告人』
放送初回から14.5%という高視聴率を叩き出しましたが、徐々に視聴率がアップし、現在同時間帯でトップを走り続けています。

20%超えもまもなくという勢いのあるドラマ、『被告人』のあらすじやキャストを紹介していきます。

 


スポンサーリンク


 

被告人(韓国ドラマ)基本情報

被告人
SBS 2017年1月23日(火)スタート 月火22:00〜
主演:チソン(キルミー・ヒールミー)
演出:ジョヨウングァン、ジョンドンユン
脚本:チェ・スジン、チェチャンファン

『キルミー・ヒールミー』で一人七役を見事に演じ分け、MBC演技大賞受賞したチソンが主役です。
今作ではシリアスなドラマで重いシーンが続きますが、演技派として更に磨きをかけるチソンに期待しましょう。

 

被告人(韓国ドラマ)のあらすじ・ネタバレ

自分が関わった事件は全て立証してきた優秀な検事パク・ジョンウ
仕事では厳しいが、家に帰れば最愛の妻と娘との幸せな生活を送る子煩悩な一人の父親だった。

しかし、ある日目を覚ますと、ジョンウは自分の愛する妻と娘を殺害した罪に問われ、服役していたのだった。
しかも、事件から4ヶ月間の記憶を失っていた。
周囲の者は誰もジョンウを言い分を信じず、ついに死刑を言い渡されてしまう。

実は4ヶ月前、ある女性の殺人事件が発生し、ジョンウはミンホという財閥の次男が犯人である証拠を捉えていた。
その頃、ミンホの双子の兄、ソンホもまた、この事件の犯人がミンホであると気づいていた。

ソンホはミンホに自首するよう説得を試みるが、逆に殺されてしまう。
ミンホは兄ソンホと自身が双子で瓜二つなのをいいことに、兄ソンホになりすまし、ミンホが自殺したかのように工作する。

一方ジョンウはミンホが犯人である証拠を掴むのだが、そこで記憶が途絶えてしまい、気づいたら囚人として囚われていたのだった。
孤独な囚人となったかつてのエース検事を、ただ一人彼を無実と信じる熱血新米弁護士のウンヘと共に事件の真相を追っていく。

ジョンウは記憶を取り戻し、自分の罪を晴らすことはできるのか。

 

あらすじを読んだだけでも続きが気になる衝撃的な展開ですね。
記憶を失っている間に何が起きてしまったのか、今後も見逃せませんね。

 


スポンサーリンク


 

被告人(韓国ドラマ)キャスト・出演者

パク・ジョンウ役:チソン
ソウル中央地方検察庁のエースとして活躍する有能な検事だが、家庭では非常に家族思いで子煩悩の顔を持つジョンウ。
幸せな生活から一転、4ヶ月の記憶を失い、妻と娘を殺害したという濡れ衣を着せられ、死刑を言い渡されてしまう。

 

チャ・ミンホ役:オム・ギジュン
財閥の3世という権力をふりかざし、極悪非道な悪行を繰り返すサイコパス
自分の保身のためなら双子の兄を殺害することもいとわない。
先端恐怖症という弱点を持つ。

 

チャ・ソンホ役:オム・ギジュン(二役)
ミンホの双子の兄
ミンホとはうりふたつだが、性格は正反対。
ミンホが別の殺人事件に関わっていると気づき、自首を促すよう説得し、逆に殺されてしまう。

 

ソ・ウンヘ役:クォン・ユリ(少女時代)
不正を見過ごすことのできない真っ直ぐな性格だが、実際は勝率0の新米熱血弁護士
ジョンウの事件だけは絶対に勝たなければならないと強い志を持って事件を追う。
記憶を失ったジョンウにとって、彼女の存在は唯一の希望の光となる。

 

ガン・ジュンヒョク役:オ・チャンソク
ジョンウとは10年来の友人で、裁判所の同僚検事でもある。
ジョンウにとって信頼できる人物であるが、ジョンヒョクは内心仕事でのライバルでもあるジョンウに劣等感を抱えている。
事件の鍵を握る人物。

 

ナ・ヨンヒ役:オム・ヒョンギョン
ソンホの妻。倒産した財閥の娘。
その内面にある欲望を隠し持つ。
実はミンホが正体を偽り、夫が死んでいることに気づきながら、ミンホに協力している恐ろしい女性。

 

ユンジス役:ソン・ヨウン
夫と娘と幸せに暮らすジョンウの妻

 

バクハヨン役:シン・リナ
ジョンウの最愛の娘

 

ソン・ギュ役:キム・ミンソク
刑務所でジョンウと同部屋になる。
明るい性格で、刑務所でジョンウが最初に心を開く人物。

 

チソンは、今作の重厚なミステリー作品に入るにあたって、自分を追い詰めるために短期間で6kgの減量をするほど気合いが入っているようですよ。

また、少女時代のユリも、チソンの自宅に赴き、チソンの妻で女優のイ・ボヨンに演技の指導をしてもらうほどこの役に懸けているようです。
それぞれ熱の入った演技で、このドラマをより質の高いものに仕上げています。

 

被告人(韓国ドラマ)相関図

被告人(韓国ドラマ)相関図

 

被告人(韓国ドラマ)の見どころ

無実の罪を着せられたジョンウと、ミンホの激しい直接対決が最大の見所になるでしょう。

それまで検事として絶対に悪を許さないという姿勢で活躍してきた正義の味方だったジョンウ。
実の兄を殺し、兄になりすまして行きていく悪魔のような絶対悪のミンホの善悪対決どのような決着を迎えるのか気になるところです。

また、いまだにK-POPガールズグループ、少女時代のメンバーのという印象の強いユリが、このドラマで本格的な演技を披露しています。

これまでも女優として活動はしていましたが、なかなか視聴率に恵まれないなど、結果がふるいませんでしたが、この作品ではチソンにも負けない存在感を見せつけています。

今後、女優として羽ばたいていくだろうクォン・ユリの代表作になること間違いなしです。

 

被告人(韓国ドラマ)の最終回結末予想

ジョンウが完全に記憶を思い出し、ミンホが犯人である証拠を掴み、負けっぱなしの弁護士であるウンヘに法廷でジョンウの無実を晴らしてほしいですけど、一筋縄ではいかなそうですね。

ジョンウの友人であるジュンヒョクが何を考えているのか分からないので、怪しいなと思っています。

また、ソンホの妻が隠し持つ秘密も気になります。
二人の今後の動向がドラマの鍵かもしれません。
まだまだ大きな大どんでん返しがありそうです。

チソン本人としては、「暗い気持ちで終わりたくないのでハッピーエンドで終わってほしい」と語っていますが、どんな結末になるんでしょうか。

確かにあまりにもジョンウが気の毒な展開が続くので、早く無実の罪が晴れてほしいなと思います。

 

いかがだったででしょうか。
初回からハラハラする展開で注目され、2話以降視聴率が上がっているのも頷けますね。
展開が早く、どの登場人物も怪しいので、今後の展開が読めず、見逃せません。

ドラマ上の対決はもちろん、演技力に磨きがかかるチソンと、悪役として一層花を咲かせるオム・ギジュンの演技対決も楽しみにしていきましょう。

 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. お迎えデス。(ドラマ)の原作あらすじとネタバレ感想やキャスト相関図
  2. 黒い十人の女(ドラマ)あらすじとネタバレ!脚本バカリズムで視聴率UP?主題歌は誰?
  3. 小さな巨人(ドラマ)あらすじとキャスト!主演香坂役の長谷川博己と半沢直樹スタッフで高視聴率を狙う!
  4. 2015年(秋ドラマ)おすすめの新番組!キャスト・あらすじ・視聴率は
  5. アナと雪の女王イメージ画像
  6. 新牡丹と薔薇(昼ドラマ)第18話のあらすじとネタバレ感想
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。