フリンジマン(ドラマ)原作あらすじとネタバレ感想!主演キャスト板尾創路が不倫指南

この記事は9分で読めます

フリンジマン(ドラマ)
フリンジマン(ドラマ)は2017年10月7日からテレビ東京系土曜深夜ドラマ枠・土曜ドラマ24で放送される事が決まった注目の新作ドラマ!

青木U平さんが手掛けたコメディ漫画が原作となっている作品で、主人公がパッとしない既婚者たちに愛人作りの方法を教える、という衝撃的なストーリーが展開される事でネット上を騒がせている『フリンジマン』

主演はマルチな分野で才能を発揮している板尾創路さん。
愛人作りのエキスパート・井伏真澄役を演じ、登場人物たちに不倫指南をしていきます。

ここでは、ドラマ『フリンジマン』の原作あらすじやネタバレ感想、キャスト、見どころ、最終回結末・視聴率予想、ネット上の反応などをご紹介しながら、作品の魅力に迫っていきますので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

フリンジマン(ドラマ)原作・あらすじ

ドラマ『フリンジマン』原作あらすじをご紹介します。

「オレにも愛人が欲しい!!!」

繁華街の隅っこにある雀荘に集まった田斉治(大東駿介)・満島由紀夫(淵上泰史)・坂田安吾(森田甘路)という冴えない男たちは心の底から愛人を欲しています。

でも、3人には愛人を作る術がなく、「愛人」という言葉の響きに胸を躍らせる虚しい日々を送っていました。

そんな時、満島由紀夫が1人の男を雀荘に連れてきます。

その男の名前は井伏真澄(板尾創路)
22歳の時に初めて愛人を作ってから、同時期に11人の愛人がいた事もある、という愛人作りのエキスパートだったのです。

愛人を欲している3人の男たちは井伏真澄に愛人作りの指南をするよう頼み込んだところ、井伏真澄は4つの約束事を提案します。

  • 4人の間に秘密事を作らない
  • 4人がそれぞれの愛人作りを支援する
  • 情報を他人に言うのは絶対に禁止
  • 愛人を愛する事、そして愛人から愛される事も禁止

以上のルールを全て守る事を条件にして、3人の男たちの愛人作りの指南役となった井伏真澄は「愛人同盟」という愛人作りのためのチームを結成し、過酷な訓練を課していくのでした。

愛人作り、という地球上に存在する遊びの中で最も危ない遊びをする事になった愛人同盟が愛人を追い求めた先にあるものとは…。

原作者・青木U平の作品一覧

ドラマ『フリンジマン』の原作者・青木U平さんが手掛けた主な作品一覧をご紹介します。

  • 服なんて、どうでもいいと思ってた。
  • 妹はメシマズ
  • 酩酊!怪獣酒場

青木U平さんは、女性だらけの職場に行く事になってしまった、ファッションセンスゼロの男性たちの様子を面白おかしく描いた『服なんて、どうでもいいと思ってた。』など、独特な作風でファンを獲得している売れっ子漫画家です。

 

フリンジマン(ドラマ)ネタバレ・感想

ドラマ『フリンジマン』ネタバレ感想をご紹介します。

ここでは、大東駿介さん演じる田斉治の愛人候補である山口詠美との関係がどうなったのか、というところをネタバレしていきますので、気になる方はご注意ください。

山口詠美は田斉治が働いている会社にいるルックス抜群の新入女子社員。
井伏真澄から与えられた厳しい課題を乗り越え、山口詠美とのデートを重ねますが、山口詠美はとある悩みを抱えていました。

その悩みとは、元彼でゴツい体格のナガザイル(本名はタツヤ)に付きまとわれている事。

付き合っている彼氏がいればナガザイルも諦めるのでは?と考えた山口詠美は田斉治に恋人同士のフリをするよう頼み込み、田斉治はナガザイルとの直接対決に挑みます。

しかし、そこで予想外の事態が発生!
いかつい見た目とは異なり、ナガザイルは自分の携帯電話の待ち受けに山口詠美の画像を設定する、というピュアな気持ちを持つ男だったのです。

ナガザイルの一途な思いに気付いた田斉治は正気を取り戻し、山口詠美との関係を解消するのでした…

愛人作りに奔走する男たちの様子を面白おかしく描く作品なのですが、愛人候補の女性たちも訳アリな人物が多く、最終的には関係を終わらせてしまう、という物悲しい形でストーリーが進んでいきます

ギャグ要素がたっぷりある作品ですけど、田斉治をはじめとする3人の男たちが最後の最後に人間らしい面を見せるところも注目点となっていますので、どうぞご期待ください。

 


スポンサーリンク


 

フリンジマン(ドラマ)見どころ

ドラマ『フリンジマン』見どころをチェックしていきましょう。

1点目の見どころは、板尾創路さん演じる主人公・井伏真澄が本気で愛人を作ろうとしている愛人同盟のメンバーに対し、どんなノウハウを提供するのか、という点です。

いずれのノウハウも、実際の恋愛ではNG行為になりますけど、作り話だからこそできるぶっ飛んだノウハウばかりが登場しますので、冗談半分で視聴していく事をおすすめします。

2点目の見どころは、愛人候補となる女性たちです。

原作に出てくる愛人候補はいずれも魅力的な女性ばかりですので、誰がキャスティングされるのかはもちろん、キャスティングされた女優が作中でどんな演技を見せてくれるのか、というところにもぜひご注目ください。

 

フリンジマン(ドラマ)最終回結末予想

ドラマ『フリンジマン』最終回結末を予想していきます。

原作漫画は2014年に第1部の完結という事で区切りを迎えていますので、原作漫画第1部のラストストーリーがドラマ版に最終回になるのでは?と予想しています。

原作漫画のラストでは、井伏真澄のライバルである江戸川雷人(東幹久)が登場。
愛人同盟vs江戸川雷人のバトルが繰り広げられました。

井伏真澄は江戸川雷人と直接対決する事になるのですが、そこで江戸川雷人が井伏真澄の秘密がすべてメモリーされている、というUSBを手に取り、井伏真澄を脅そうとします。

しかし、井伏真澄が江戸川雷人の脅しに屈する事はありませんでした。
なぜなら、そのUSBには井伏真澄の秘密ではなく、愛人同盟のメンバーのデータがメモリーされている事を知っていたのです。

返り討ちにあった江戸川雷人は完敗を認め、井伏真澄からとんでもなく重い罰を与えられるのでした。

以上が原作漫画ラストストーリーのネタバレですので、ドラマ版も同じような形で結末を迎える事になるのではないでしょうか。

 

フリンジマン(ドラマ)キャスト・出演者

井伏真澄 役:板尾創路

AsianWikiさん(@asianwiki)がシェアした投稿

22歳の時から愛人作りを始め、最高で同時期に11人の女性を愛人関係になっていた事がある愛人作りのエキスパート。

愛人作りのノウハウを多数持ち合わせている事から、愛人教授(ラマン・プロフェッサー)と呼ばれ、冴えない男たちに愛人作りのHow toを伝授していく。

お笑い芸人や俳優として活躍する一方、映画『火花』の監督を務めるなど、様々なジャンルで目覚ましい活躍を見せている板尾創路さんがテレビ東京系連ドラ初主演を務めます。

原作の井伏真澄はとてもクールでミステリアスな人物ですけど、板尾創路さん自身もミステリアスな雰囲気を全面に出している方なので、井伏真澄役はピッタリだと思います。

 

田斉治 役:大東駿介

kayorinさん(@kayorin077)がシェアした投稿

職業はサラリーマン。
既婚者だが、妻との関係が悪化している事から、愛人作りに取り組んでいく。

他人から嫌われる事を恐れている小心者なのだが、井伏真澄と出会う事で愛人作りに前向きになっていく。

ファッションモデル出身で、大河ドラマ『平清盛』や『花燃ゆ』に出演した経験を持つ大東駿介さんが田斉治役を演じます。

大東駿介さんは誠実な好青年というイメージが強いですけど、小心者なのに愛人を作ろうとしている田斉治役をどのように演じてくれるのでしょうか。とても楽しみです。

 

満島由紀夫 役:淵上泰史

職業は出版社のデスク。
大の野球好きで、事あるごとに野球の話を差し込んでくるKY男。

井伏真澄を田斉治たちに紹介し、愛人同盟を作るきっかけになった人物。

『昼顔』や『ファーストクラス』など、女性が中心となるドラマで強烈な存在感を放ってきた名脇役で、ワイルドな見た目でおなじみの淵上泰史さんが満島由紀夫役を演じます。

淵上泰史さんはガンバ大阪のユースチームに所属した事がある元サッカー選手なのですが、『フリンジマン』ではサッカーよりも野球に心を奪われたキャラクターを演じる事になります。

 

坂田安吾 役:森田甘路

職業はレンタルDVD店のアルバイトで、生粋の映画好き。
田斉治と満島由紀夫とは高校時代のクラスメイトという間柄で、愛人同盟のメンバー唯一の独身男性。

2017年9月までに『母になる』や『僕たちがやりました』など、計7本の地上波連ドラにキャスティングされた注目度急上昇中の個性派俳優・森田甘路さんが坂田安吾役を演じます。

生涯初の金髪姿で登場しますので、これまでのドラマとは雰囲気の違う森田甘路さんの振る舞いにも注目です。

 

江戸川雷人 役:東幹久

料理教室に通っている男性。愛称はバズ・コック(毒針料理人)。
爽やかな見た目とは異なり、裏では女性に手を出しまくる、というゲスな面を見せる。

井伏真澄のライバル的な立ち位置となる江戸川雷人役には、歯磨き粉・アパガードのCMで披露した「芸能人は歯が命!」というフレーズで大ブレイクした東幹久さんがキャスティングされました。

東幹久さんが悪役を演じる機会はそこまで多くないと思いますので、悪役に徹した東幹久さんの演技にどうぞご注目ください。

 

北原謙三 役:村松利史

井伏真澄たちが拠点にしている雀荘のオーナー。
雀荘に来ていながら、麻雀をする気配が無い井伏真澄たちの事を不審に思っている。

サスペンスドラマの脇役として出演する機会が多い村松利史さんも『フリンジマン』にキャスティングされています。

テレビ番組内で結婚相手を募集するなど、恋愛に積極的な面を見せていますが、今作では井伏真澄たちが展開する愛人作りを第三者の立場で見ている北原謙三役を演じます。

 

フリンジマン(ドラマ)キャスト・スタッフコメント

ドラマ『フリンジマン』キャスト・スタッフコメントをご紹介します。

井伏真澄 役:板尾創路

このご時世、よくこういう企画をするなぁと思います(笑)。

不倫は、男のロマンという感じですよね。危険な遊びというか。本能的に人間にはあることなので、否定も肯定もしないですけどね。この時期に不倫しても「宣伝になるかなと思って」みたいに言えば、1回は許されるのかな(笑)。不倫を始めるにはもってこいのタイミングかもしれませんね(笑)。

井伏は、愛人をつくるために経験も知識もあるラマン・プロフェッサー(愛人教授)という立場で活躍するわけですが、ばかばかしい話ですけど、真剣に熱くやればやるほど、面白いと思っています。

撮影はこれからですが、コミカルなお芝居はせず、ただただ、愛人をつくるためにはどうしたらいいのかという事を真剣に演じていく事で、見ている人は、「なんて馬鹿げているんだろう」という面白さに変わっていく。そうする事が、このドラマの質が上がる事につながっていくと思います。真面目にやろうと思います。

テレ東深夜ドラマは大好きで、色々な作品を見ていて、過去に出演させて頂いた事もありますが、今回は主演という事で嬉しく思っております。主演は体力勝負だと思うので、体調管理に気を付けて、頑張りたいと思います。

 

田斉治 役:大東駿介

板尾さんと仕事するのは久しぶりなので楽しみです。

本読みの時に板尾さんが「とにかく真剣に思いを持ってやるんだ」と言っていたのが印象的でした。それが結果的に見てる人にはばかばかしく見えるからと。

テレ東の深夜しかできないことがあるとよく言われますが、それが“愛人づくり”かと思いました(笑)。いよいよテレ東やったなと(笑)。躊躇はなくふたつ返事でした。これぞテレ東と思いました。

少年のように無垢に好奇心を持って、不純な気持ち無く、まじめに愛人を探したいと思います。

 

満島由紀夫 役:淵上泰史

このご時世、さすがテレ東さん面白いことやるなと思いました。参加させてもらえて光栄です。台本を読んだときは「なかなか突っ込んでるなー(笑)、面白いな(笑)」という印象です。

僕の演じる満島は自分の事にしか興味がなく、自分のことだと結構盛り上がるタイプ。勝手に突っ走るタイプなので、このドラマでそこを突き進めればと思います。

愛人を作りたいという気持ちを3人がどう現実にしていくのか楽しみです。誰が先に愛人をつくるのかその競争も楽しみにしていてください。

 

坂田安吾 役:森田甘路

さすがテレ東さんだな!と思いました。この時期にこれをぶつけてくるのは、テレ東さんにしかできないことかなと。大丈夫かな・・・?と思っているんですけど、OAされてからの世間の反応がすごく楽しみでもあります。

安吾はコブラっぽい金髪です。生まれて初めてここまでの金髪にして、どういう感じになるかなと思っていたんですけど、意外と似合っているなと。実は、不安になるほどブリーチされたんですよ!今後の毛根が心配です。撮影中にもう一回染め直すので、クランクアップの時に毛があるのか心配です。

 

江戸川雷人 役:東幹久

不倫という不純なテーマでありながら、そこにめちゃくちゃピュアに向かう男たちのすがすがしい姿を楽しんでいただきたいです。江戸川雷人の生き方・想いを小細工なしでまっすぐに演じていきたいと思います。

 

北原謙三 役:村松利史

愛人GET、不倫OK、いい女いっぱい………テレ東深夜、万歳!!

 

プロデューサー:松本拓

昨今の不倫報道にも、そろそろ飽きてきているだろうこの世の中に、起爆剤を投げ込みます。

単刀直入に言うと、「愛人を作るためのHow toドラマ」です。
こんなことを言うと、「このご時世に、なんでこんな企画を?テレ東はふざけてるのか?」と多数のクレームが予想されますが、最後まで見て頂ければ、その理由が分かると思います。

主演は板尾創路さん。このパッケージだけで、既に面白みは伝わっている気がしていますが、テレビ東京の深夜でしか出来ない、笑えて、ためになって、最後には何故か泣ける、徹底的に攻めたドラマを目指していきます。家で、隠れずに、堂々と見て頂ければ幸いです。ご期待ください。

 

フリンジマン(ドラマ)ネット上の反応

ドラマ『フリンジマン』に対するネット上の反応をまとめます。

 

 

 

 

『フリンジマン』のドラマ化を受けて、歓喜の意見をツイートしている原作ファンがとても多かったです。

漫画の実写化は原作ファンから高い支持を得ていないと成立しませんし、原作ファンも納得する形でのドラマ化となれば、テレビ東京の連ドラを代表する作品に成長するかもしれませんね。

 

フリンジマン(ドラマ)視聴率予想!

ドラマ『フリンジマン』平均視聴率を予想していきます。

『フリンジマン』の放送時間帯は深夜となっていますので、10%台が合格ラインとされているゴールデンタイムの連ドラよりもかなり低い視聴率になる可能性が高いと思います。

土曜ドラマ24の過去作品の平均視聴率は公表されていないのですが、1%~3%程度に留まっている、という情報もありますので、『フリンジマン』の平均視聴率は2.5%前後になるのでは?と予想しています。

でも、深夜ドラマの視聴者は事前に録画予約をしているケースが多いので、視聴率だけでなく、番組の満足度が高いのかどうか、というところにもご注目ください。

 

フリンジマン(ドラマ)基本情報

フリンジマン~愛人の作り方教えます~
2017年10月7日(土)スタート
テレビ東京 毎週土曜日 24時20分~24時50分

原作 :青木U平『フリンジマン(講談社・ヤンマガKC刊)』
脚本 :根本ノンジ(ドラマ『侠飯』『孤食ロボット』)
    守口悠介(ドラマ『土俵ガール!』『新・おみやさん』)
監督 :久万真路(ドラマ『ワカコ酒』『白鳥麗子でございます!』)
    二宮崇(ドラマ『警視庁ナシゴレン課』『嘆きの美女』)
チーフプロデューサー:浅野太(ドラマ『下北沢ダイハード』『居酒屋ふじ』)
プロデューサー:松本拓(ドラマ『警視庁ゼロ係』『銀と金』)
        倉地雄大(ドラマ『銀と金』『居酒屋ふじ』)
        伊藤太一(映画『エコエコアザラク』)
制作協力:AOI Pro.
製作著作:テレビ東京

『銀と金』や『居酒屋ふじ』といった土曜ドラマ24の作品を何度も手掛けている根本ノンジさんと、『相棒』や『警視庁・捜査一課長』など、人気刑事ドラマを手掛けた経験を持つ守口悠介さんが『フリンジマン』のメイン脚本を担当します。

根本ノンジさんは、朝の情報番組『スッキリ!!』や『24時間テレビ』など、ドラマ以外の番組構成も担当しています。

 


スポンサーリンク


 

 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 母になる(ドラマ)沢尻エリカ主演!あらすじとキャスト相関図!視聴率や主題歌も気になる!
  2. 運命に似た恋(ドラマ)あらすじやキャスト!原田知世と斉藤工の純愛劇
  3. スニッファー嗅覚捜査官(ドラマ)あらすじネタバレとキャスト!阿部寛がまたもや怪演!!
  4. 2016年の冬ドラマ一覧!視聴率や主題歌とあらすじ・キャストまとめ
  5. 将棋めし(ドラマ)原作あらすじやネタバレ感想!キャストは主演に内田理央
  6. 東京センチメンタルで吉田鋼太郎がドラマ初主演!キャスト・あらすじ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題の韓国ドラマ一覧

話題の中国ドラマ一覧