特捜9(ドラマ)後任はイノッチ!あらすじネタバレとキャスト!視聴率や主題歌は?

この記事は10分で読めます

特捜9
刑事ドラマの長寿シリーズ警視庁捜査一課9係特捜9という新たなタイトルに生まれ変わる事が決定!

『警視庁捜査一課9係』の主人公・加納倫太郎役を演じていた渡瀬恒彦さんが2017年3月に亡くなり、シリーズの打ち切りが噂されていましたが、井ノ原快彦さん演じる浅輪直樹が主人公となる続編の製作が決まり、9係ファンを熱狂させています。

ここでは、2018年4月からテレビ朝日系水曜夜9時ドラマ枠で放送される『特捜9』のあらすじネタバレ見どころキャストのほか、最終回結末・視聴率・主題歌予想をご紹介しながら、作品の魅力に迫りますので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

特捜9(ドラマ)原作・あらすじ

ドラマ『特捜9』の原作あらすじをご紹介します。

独特な捜査スタイルを貫き、様々な事件を解決してきた警視庁捜査一課9係でしたが、9係をリードしてきた加納倫太郎(渡瀬恒彦)が内閣テロ対策室に派遣される事になったため、9係の解散が決定します。

浅輪直樹(井ノ原快彦)をはじめとする9係のメンバーはそれぞれの道を歩む事になったものの、9係解散から1年後、警視総監・神田川宗次朗(里見浩太朗)の命により、9係のメンバーが中心となる特別捜査班が新設される事になったのです。

加納倫太郎に代わる新たな班長・宗方朔太郎(寺尾聰)の下、凶悪事件の早期解決を目的とする警視庁の新組織・特別捜査班(特捜)に所属する事になった9係の元メンバーたちの奮闘っぷりを描いていく、本格派の人情刑事ドラマです。

 

特捜9(ドラマ)ネタバレ・感想

ドラマ『特捜9』のネタバレ感想をご紹介します。
ここでは、本シリーズからの新キャラクターである特別捜査班の班長・宗方朔太郎に関するネタバレをしていきますので、気になる方はご注意ください。

宗方朔太郎は警視庁の人事課職員として働きながら、監察官のサポート業務をしていたものの、特別捜査班の班長に抜てきされる5年前に発生したとある事件の責任を取る事になり、警視庁を退職した、という過去を持っています。

5年前にどんな事件が起こったのか、というところは明らかになっていないのですが、警察の中で発生した事件である事は判明していて、その事件の関係者である桜庭琴美という名の女の子を引き取り、男手一つで育てています

9係の元メンバーと同様に、警視総監からの命で特別捜査班に所属する事になった宗方朔太郎ですけど、桜庭琴美の世話を最優先にするため、朝9時出勤・夕方5時退勤、という公務員のような勤務形態を貫きながら、事件解決に挑むのでした。

以上が宗方朔太郎のキャラ設定のネタバレになります。

 

警視庁をやめるきっかけになった5年前の事件の真相はもちろん、その事件の関係者だった女の子をなぜ引き取ったのか、など気になる部分がたくさんあるキャラクターですよね。

また、朝9時出勤・夕方5時退勤、という普通の警察官ではあり得ない勤務形態を貫く事を条件にしてまで、警視総監の神田川宗次朗はなぜ宗方朔太郎を警視庁に呼び戻したのか、というところも興味深いポイントです。

かつてのリーダー・加納倫太郎もかなりのクセ者でしたけど、新たなリーダー・宗方朔太郎も謎多き人物である可能性が高いので、宗方朔太郎の振る舞いにもどうぞご注目ください。

 

特捜9(ドラマ)見どころ

ドラマ『特捜9』の見どころをチェックしていきましょう。

1点目の見どころは、本作の主人公となっている浅輪直樹が作中でどんな活躍を見せていくのか、というところです。

浅輪直樹は特別捜査班の主任に抜てきされただけでなく、長年交際してきた加納倫太郎の娘・倫子(中越典子)との結婚も決まり、順風満帆な日々を送っています。

しかし、謎多き人物で新たな上司でもある宗方朔太郎と、個性派ぞろいの9係元メンバーとの間で板ばさみになる、という中間管理職のような立ち位置になっていますので、浅輪直樹の仕事面での奮闘にご期待ください。

 

2点目の見どころは、9係元メンバー屈指のクセ者でありながら、恋人・垣内妙子(遠藤久美子)に寄り添うため、9係解散後に警察官を辞める、という重大な決断を下した青柳靖(吹越満)の振る舞いです。

9係に欠かせない存在になっていた青柳靖が退職する、という予想外の事態が物語の序盤に起こるのですが、9係時代の相棒・矢沢英明(田口浩正)や小宮山志保(羽田美智子)・村瀬健吾(津田寛治)らの説得を受け、最終的には警察官に復帰します。

青柳靖が警察官を辞めるまでの流れに注目するのはもちろん、どのような経緯で警察官に復帰する事になるのか、というところがストーリー序盤の見せ場になっていますので、どうぞご注目ください。

 

特捜9(ドラマ)最終回結末予想

ドラマ『特捜9』の最終回結末を予想していきます。

ネタバレ感想のコーナーでご紹介した通り、『特捜9』は新キャラクター・宗方朔太郎が5年前にどんな事件に巻き込まれたのか、というところが大きなテーマになっています。

よって、『特捜9』の最終回では、宗方朔太郎が警察を辞めるきっかけになった5年前の事件の真相に浅輪直樹をはじめとする特別捜査班のメンバーたちが迫っていく、というストーリーが描かれるのでは?と予想しています。

宗方朔太郎が縁もゆかりもない女の子・桜庭琴美を引き取った理由も最終回までに明かされる事になるでしょうし、宗方朔太郎に関する謎が徐々に判明していく様子にどうぞご注目ください。

 


スポンサーリンク


 

特捜9(ドラマ)キャスト・出演者

ドラマ『特捜9』のキャスト・出演者をご紹介します。

浅輪直樹 役:井ノ原快彦

警視庁捜査一課特別捜査班の主任
階級は巡査部長で、警視庁捜査一課9係時代の上司だった加納倫太郎の娘・倫子と結婚した。

頭脳明晰かつ抜群の運動神経の持ち主だった事もあり、20代で刑事事件捜査の最前線に立つ捜査一課のメンバーに抜てきされていて、いの一番に特別捜査班のメンバー入りを果たしている。

人並み以上の正義感を持っている青年刑事・浅輪直樹役を演じるのは、アイドルグループ・V6の中心メンバーである井ノ原快彦さんです。

先日、8年間務めてきたNHK平日朝の情報番組『あさイチ』のキャスターを卒業する事が発表されましたけど、『特捜9』でゴールデンタイム時間帯の地上波連ドラ単独初主演を務める事が決まっています。

 

小宮山志保 役:羽田美智子


警視庁捜査一課特別捜査班に所属している女性刑事で、階級は警部補
腕利きの刑事でありながら、チームのムードメーカーとしての役割を果たしている。

9係の紅一点で、特別捜査班に所属するようになってからも唯一の女性刑事として目覚ましい活躍を見せていく小宮山志保役を演じるのは、『花嫁のれん』や『ひよっこ』など数多くの人気作に出演している演技派女優・羽田美智子さんです。

過去シリーズでは、仕事一筋のキャリアウーマンだったのですが、浅輪直樹から特別捜査班への勧誘を受けた時には過去シリーズで見せなかった反応をするようなので、9係解散後の小宮山志保の振る舞いにも注目です。

 

村瀬健吾 役:津田寛治

古藤真彦さん(@kocchan0720)がシェアした投稿


警視庁捜査一課9係の元メンバーで、階級は警部補
ノンキャリアの身で警視庁捜査一課に配属された努力家だが、人一倍の出世欲の持ち主で、自意識過剰な面を見せる事も。

腕利きの刑事というスマートな見た目でありながら、小宮山志保や青柳靖と事あるごとに衝突するなど、エリートらしからぬ面を度々見せている、というちょっと残念な刑事・村瀬健吾役を演じるのは役幅の広い俳優として有名な津田寛治さんです。

 

青柳靖 役:吹越満


警視庁捜査一課9係の元メンバーで、階級は警部補
9係解散後、恋人の垣内妙子と一緒の時間を過ごす事を優先するため、警察官を辞めたのだが、浅輪直樹らの説得により、再び警視庁に復職する事になった。

エリートと富豪を極端に嫌い、村瀬健吾とは水と油のような関係を継続させながら、肝心なところでは事件解決につながるヒントを見出していく、というつかみどころのない刑事・青柳靖役を演じるのは名脇役の吹越満さんです。

 

矢沢英明 役:田口浩正


警視庁捜査一課9係の元メンバーで、階級は巡査部長
9係時代は強烈な個性を持つ青柳靖とコンビを組み、独特な捜査を展開しながら、事件解決に大きく貢献してきた縁の下の力持ち。

9係解散後に警察を辞めてしまった相棒・青柳靖を特別捜査班に呼び戻すため、浅輪直樹と一緒に何度も青柳靖と接触する事になる矢沢英明役を演じるのは、コミカルな役からシリアスな役まで、どんな役柄でもしっかり演じ切る田口浩正さんです。

 

早瀬川真澄 役:原沙知絵

原 沙知絵さん(@harasachie)がシェアした投稿


東京都監察医務院の監察医
元々は大学で法医学の研究をしていたが、様々な臨床例を追い求めるため、大学の法医学者から監察医へと転身した、という経歴を持つ。

良い意味でも悪い意味でも学者らしい面を持っている孤高の女性監察医で、小宮山志保と良好な関係を築いている早瀬川真澄役を演じるのは、クールな役柄がピッタリな女優・原沙知絵さんです。

 

浅輪倫子(旧姓:加納)役:中越典子


警視庁捜査一課9係を率いていた加納倫太郎の娘で、職業はパティシエ
警察官の父親に対し、強い嫌悪感を抱いていたのだが、父親と正反対の刑事だった浅輪直樹と出会った事で、警察官の役割や使命感を理解するようになった。

長年交際していた浅輪直樹と結婚する事が決まり、浅輪直樹との新婚生活を思いっきり満喫している浅輪倫子役を演じるのは、朝ドラ『こころ』でヒロイン・末永こころ役を好演してから一気にブレイクした実力派女優・中越典子さんです。

 

宗方朔太郎 役:寺尾聰


新設された警視庁捜査一課特別捜査班の班長を務める事になった元警視庁人事課職員で、妻を既に亡くしているものの、現在は5年前に起きたとある事件の関係者だった女の子・桜庭琴美と二人暮らしをしている。

『特捜9』のもう1人の主人公的な立ち位置になっていて、多くの謎を抱えている新キャラクター・宗方朔太郎役を演じるのは、『陸王』でこばせ屋の再興に大きく貢献した飯山晴之役を好演しているベテラン俳優・寺尾聰さんです。

 

特捜9(ドラマ)相関図

ドラマ『特捜9』の相関図は公開されましたら、記載いたします。

 

特捜9(ドラマ)キャスト・スタッフコメント

ドラマ『特捜9』のキャスト・スタッフコメントをご紹介します。

浅輪直樹 役:井ノ原快彦

「9係season12」の最終回が終わった時に、次はどうなるんだろうというのが皆の関心事でしたし、もし万が一続くのであればどういう形にするのがいいのか、皆がそれぞれに考えていたと思うんです。12年築き上げたものがあるわけですから、一番いい形で再集結したいと思っていました。その“一番いい形”については、まだ考える余地があると思うので、これから詰めていこうと皆で話しているところです。ただ、こうして集まることが出来たことは単純にうれしいですね。

今回から直樹は主任になりますが、今まで主任は田口さんと僕以外の方はみんなやっていらっしゃる。結構移り変わっているので、特別な役職というよりは持ち回りで回ってきた、という感じです(笑)。あだ名みたいですね(笑)。ただ何かを決断する場面で、あ、主任とはこういうことか、と実感するのではないかと思っています。時には先輩ですけど、「村瀬!」なんて呼び捨てにすることがあってもいいとは思っています。

脚本を読んでキャラクターなどを決めつけて現場に行くと大変なことになる、それが「9係」の現場ですから、今回も撮影当日までどうなるかわからないという面白さがあります。新しい班長がいるということで、今までの関係性がこれまでとはガラッと変わるぐらいになっても面白いと思います。また新たなものが作り上げられると思いますね。

出典:特捜9|テレビ朝日

 

小宮山志保 役:羽田美智子

私としては、去年大変な山を一生懸命ともに登った仲間、という思いがあります。だから最終回が終わった後にみんなで話し合って。やめるならやめる、続けられるものならどういう形がいいだろう、と模索しました。1年に一度「9係」で皆と会うことが習慣化されると、会っていない1年の間にみんながそれぞれにバージョンアップして集まる。だから自分がその間に何をやってきたか皆にバレてしまうから一生懸命やらなきゃと、常に思わせてくれる現場なんです。そんな場所にみんなで集まりたいという思いはあったのですが、それが実現できたので、さらにバージョンアップしたところをお見せしないといけないと思っています。

寺尾さんがこれまでとは違う形で私たちを包み込んでくださるような期待感があります。それだけでも十分安心感を頂いているのですが、また違うタイプのトップとして私たちと新たな関係を作っていけるのではないか、とすごく楽しみにしています。

出典:特捜9|テレビ朝日

 

村瀬健吾 役:津田寛治

ネットニュースで読んだのですが、優秀な人ほど忖度(そんたく)を考えてしまうから可能性が広がらないらしいんです。こういうことをやりたいけど、他の部署に迷惑がかかるからやらない方がいいとか、怒られる前にやめてしまうから。ところが、今日みんなの話を聞いていたら、そんなことをやったらドラマが成立しないよ、みたいな意見がたくさん出てくるんですね。しかも誰もそれを止めないんです(笑)。本当にこのメンバーに忖度という言葉なないなと思いました(笑)。これからが本当に楽しみですね。絶対前回のシリーズとは同じものにはならない予感がするので楽しんでいきたいと思っています。

寺尾さんとご一緒したキャストの方、スタッフの方からお話を聞くと、寺尾さんはものすごく熱い方だと言われます。自分でビシッと決めて、芝居だけでなくスタッフワークのことも考えられてお仕事される方だと。要は人への思いがとても深い方だと思うんです。そういう方が自分の思いをプラスアルファした僕らと関わってくれたときにどんな化学反応が起きるのか、すごく楽しみです。

出典:特捜9|テレビ朝日

 

青柳靖 役:吹越満

またこのメンバーで集まることが出来て、単純にうれしいです。同じキャラクターを13年間ずっと続けるわけですが、僕はみんなと同じでこのキャラクターが好きなんです。だから続けられることがすごくうれしいです。いろいろ準備もしていまして、去年スーツ作ってもらって、わざとAOYAGEと間違った名前も入れてもらった。このネタを「season12」では使えなかったので、使うことなく終わっちゃっていた可能性があったんです(笑)。やっと今回使えると思うと、これまたすごくうれしいですね(笑)。

新しく出会うということで言うと、寺尾さんとは実際にお会いしたことがないんです。お仕事をご一緒するのも初めて。だから、その関係自体を芝居する必要なく始まる、と思っています。寺尾さんの第一声、関係を含めてまさにワクワクドキドキしていますね。もちろん我々は台本を読んで現場に入りますが、これから作っていく関係がやりにくい、ということがあってもそのままでいいのではないかと。時間が経てばその関係も変わっていくし、そういう意味ではいろいろな可能性があるということです。とにかく一緒にやらせていただくのが楽しみです。

出典:特捜9|テレビ朝日

 

矢沢英明 役:田口浩正

みんなでちょっと話していたのですが、それだけですでに5個ぐらいアイデアが出てくるんです。出来る出来ないは別として。そのネタはちょっと面白かったですね。それが本当にやっていけるような状況になって、転がっていくとまた新たに違う感じで面白くなるんじゃないか、という感触があります。さっき1時間ぐらい皆でベラベラしゃべっていただけで楽しみな現場になりました。

長年一緒のメンバーがいる、こういう現場に入ってくるわけですから、寺尾さんとしても複雑な気持ちで「よし、わかりました、やります」と来てくださるのだと思います。そこで僕らがどう一緒に作っていけるかだろうし、それが面白い方向に行ってくれるとまた面白いドラマになると思うので楽しみにしています。

出典:特捜9|テレビ朝日

 


スポンサーリンク


 

特捜9(ドラマ)ネット上の反応

ドラマ『特捜9』に対するネット上の反応をまとめます。

『警視庁捜査一課9係』シリーズのファンを中心に、新シリーズの放送が決定した事を祝福する声がTwitter上にあふれています。

再び9係の面々がテレビに登場する事を喜んでいるのはもちろん、新メンバーの寺尾聰さんに対しても好意的な意見が大半を占めていて、ファンからの期待値もかなり高まっているようです。

 

特捜9(ドラマ)視聴率予想!

ドラマ『特捜9』の平均視聴率を予想していきます。

まずは『特捜9』の前作にあたる『警視庁捜査一課9係』全シリーズの平均視聴率を振り返っていきましょう。

  • シーズン1(13.7%)
  • シーズン2(12.7%)
  • シーズン3(11.5%)
  • シーズン4(13.0%)
  • シーズン5(14.7%)
  • シーズン6(15.8%)
  • シーズン7(11.9%)
  • シーズン8(13.2%)
  • シーズン9(11.4%)
  • シーズン10(11.9%)
  • シーズン11(12.2%)
  • シーズン12(11.5%)

 

過去シリーズすべてで平均視聴率10%以上、というなかなかお目にかかれない好結果を残していますが、『特捜9』はどの程度の平均視聴率を獲得するのでしょうか?

ズバリ、『特捜9』の平均視聴率は12.4%と予想します。

爆発的な平均視聴率を獲得する可能性は低いと思いますが、一定の視聴者層を獲得しているシリーズ作ですから、今作でも平均視聴率10%超えを達成するのはほぼ間違いないでしょう。

 

特捜9(ドラマ)の主題歌・OP/EDは?

ドラマ『特捜9』の主題歌・OP/ED情報はまだ公開されていません。

ただし、『特捜9』の前作にあたる『警視庁捜査一課9係』では、浅輪直樹役の井ノ原快彦さんが所属しているV6が全シリーズで主題歌を担当していましたので、『特捜9』の主題歌もV6が担当する可能性が極めて高いのでは?と予想しています。

詳しい情報が分かり次第、追記いたしますので、今しばらくお待ちください。

 

特捜9(ドラマ)基本情報

特捜9
2018年4月スタート
テレビ朝日 毎週水曜日 午後9時~午後9時54分

原作 :オリジナル
脚本 :深沢正樹(ドラマ『サラリーマン金太郎』『GTO』)
    岡崎由紀子(ドラマ『TEAM-警視庁特別犯罪捜査本部-』『出入禁止の女』)
    真部千晶(ドラマ『科捜研の女』『遺留捜査』)
    瀧川晃代(ドラマ『科捜研の女』『エースをねらえ!』)
    徳永富彦(ドラマ『相棒』『刑事7人』)
    ほか
監督 :杉村六郎(ドラマ『花嫁のれん』『嵐の涙~私たちに明日はある~』)
    新村良二(ドラマ『刑事7人』『花嫁のれん』)
    長谷川康(ドラマ『刑事7人』『遺留捜査』)
    吉田啓一郎(ドラマ『剣客商売』『鬼平犯科帳スペシャル』)
    ほか
ゼネラルプロデューサー:大川武宏(映画『相棒-劇場版3-』ドラマ『ホリデイラブ』)
プロデューサー:神田エミイ亜希子(ドラマ『重要参考人探偵』『恋するJKゾンビ』)
        金丸哲也(ドラマ『TEAM-警視庁特別犯罪捜査本部-』『おかしな刑事』)
        小高史織(特撮『仮面ライダーゴースト』)
音楽 :吉川清之(ドラマ『刑事7人』『遺留捜査』)
主題歌:未定
制作 :テレビ朝日/東映

2006年4月~6月に放送された『警視庁捜査一課9係』の第1シリーズから脚本を手掛けている深沢正樹さんなど、『特捜9』の前作にあたる『警視庁捜査一課9係』の制作に関わっていたスタッフが勢ぞろい!

『警視庁捜査一課9係』は他の刑事ドラマよりも人情味あふれるエピソードが多いところが特徴的ですから、『特捜9』のスタッフの皆さんには、『警視庁捜査一課9係』の良かった部分を上手く引き出してもらいたいですね。

 


スポンサーリンク


 

 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. プリズンホテル(ドラマ)原作あらすじとネタバレ感想!ココリコ田中が浅田次郎作品で支配人を務めるコメディストーリー
  2. スペシャリスト(ドラマ)あらすじとネタバレやキャスト相関図!主演は草なぎ剛
  3. デスノート2016L後継者は池松壮亮!あらすじ感想とキャストは
  4. 崖っぷちホテル(ドラマ)
  5. 監獄のお姫さま
  6. 勇者ヨシヒコと導かれし七人(ドラマ)シリーズ第3弾!キャストと相関図
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。