ニングルの記事一覧

  1. おわら風の盆2018

    毎年約25万人のお客さんが来場する北陸地方屈指のビッグイベント・おわら風の盆2018(富山県)をピックアップ! とやまの文化財百選(とやまの祭り百選部門)に選出されるなど、地元・富山県に根差しているのはもちろん、屋台・露店で富山県…

  2. 調布よさこい祭り2018

    毎年4万人超の観客が詰めかける調布市内最大規模のビッグイベント・調布よさこい祭り2018を大特集! 今年で16年目の開催を迎える調布よさこい祭りですけど、よさこい踊りの精鋭チームが数多く参戦し、ド迫力のよさこい踊りを披露する事でお…

  3. 旋風少女2

    2018年8月12日から有料のCS・ホームドラマチャンネルでリピート放送されている中国ドラマ『旋風少女2(邦題:私のツンデレ師匠様!)』をピックアップ! 大人気韓流スターのチ・チャンウクさんを主演に迎えたのはもちろん、2016年夏…

  4. 南紀白浜空港開港50周年記念(空の日フェスタ)

    例年9月に開催されている南紀地方屈指のビッグイベント・南紀白浜空港開港50周年記念(空の日フェスタ)にブルーインパルスが登場します! 本州最南端の空港として有名な南紀白浜空港では開港50周年に関連するイベントをたくさん実施している…

  5. アジア水泳選手権

    2018年8月18日(土)から24日(金)の期間にインドネシアの首都・ジャカルタで開催される事が決まったアジア水泳選手権2018(アジア大会)を大特集! 先日まで開催されていたパンパシフィック水泳2018(東京)では、池江璃花子選…

  6. 高校野球・U18

    2018年9月3日(月)から9日(日)の期間に宮崎県のサンマリンスタジアム宮崎などで開催されるU18(アンダー)野球アジア選手権2018を大特集! 歴史的な酷暑の中で開催されている夏の甲子園で活躍した全国各地の高校球児が日本代表の…

  7. 高校野球・甲子園

    2年ぶり2度目(2016年以来)となる夏の甲子園出場を果たした岡山県代表・創志学園野球部。 2018年夏の甲子園は春夏連覇の偉業が懸かる大阪桐蔭(北大阪)が優勝の大本命といわれていますけど、今回ご紹介する創志学園は、強豪校・明徳義…

  8. 仮面ライダージオウアイキャッチ

    2018年9月2日からテレビ朝日系列の日曜朝9時特撮ドラマ枠で放送される事が決まった新作ドラマ『仮面ライダージオウ』をピックアップ! 2000年にスタートした平成仮面ライダーシリーズの20作目にあたる『仮面ライダージオウ』は、平成…

  9. プール

    夏休み期間中に毎年10万人超のお客さんが来場する関東エリア屈指のプール施設・稲毛海浜公園プールを大特集! 2018年の夏は35℃超の猛暑日を連発していて、過去最高の猛暑ともいわれていますけど、「暑い日ばかりでウンザリ…」と気落ちし…

  10. 神雕侠侶・新版

    2018年7月20日から有料のCS・チャンネルNECOで日本初放送されている中国ドラマ『神雕侠侶(しんちょうきょうりょ)・新版』を大特集! 大人気武侠ドラマ『射鵰英雄伝』の続編にあたるほか、カップル役を演じたチェン・シャオさんとミ…

  11. 秀麗伝アイキャッチ

    2018年8月1日深夜からチャンネル銀河で再放送されているほか、大手映像配信サイト・U-NEXTからも視聴する事ができる大ヒット中国ドラマ『秀麗伝~美しき賢后と帝の紡ぐ愛~』をピックアップ! 中国史上最高の皇后として名高い光烈皇后…

  12. カメラを止めるなアイキャッチ

    低予算かつ無名のキャストしか出演していないインディーズ映画であるにも関わらず、SNS上でベタ褒めされている謎多き映画『カメラを止めるな!』をピックアップ! 映画監督の本広克行さんやお笑い芸人の品川祐さん、HKTの指原莉乃さん、若手…

  13. ミス・ハンムラビアイキャッチ

    2018年09月15日からCSの韓流専門チャンネル・DATVで日本初放送される事が決まった短編法廷ラブロマンス『ミス・ハンムラビ』を大特集! 2018年5月に韓国で本放送されたばかりの超新作で、日本に多くのファンを抱えているK-P…

  14. 武則天

    2018年7月4日から有料のCSチャンネル・DATVで放送されているほか、大手動画配信サイト・U-NEXTでも好評配信中の中国ドラマ『武則天-The Empress-』をピックアップ! 主演を務めるのは、米国フォーブス誌の中国有名…

  15. メモリーズ・オブ・ラブ

    2018年8月6日からCSの有料チャンネル・DATVで日本初放送される事が決まった中国ドラマ『メモリーズ・オブ・ラブ~花束をあなたに~』をピックアップ! 1%超の視聴率を獲得すれば上々という情勢の中、中国現代連ドラでは異例ともいえ…

RETURN TOP