麒麟がくる(大河ドラマ)あらすじネタバレとキャスト!視聴率や主題歌は?

この記事は10分で読めます

明智光秀
麒麟がくる(大河ドラマ)は2020年1月からNHK総合で放送される事が決まった注目の新作大河ドラマ!

鈴木亮平さん、渡辺謙さん、北川景子さん、など日本を代表する名優が熱演を続けている『西郷どん』が絶賛放送中ですけど、『西郷どん』の2シーズン先に放送される大河ドラマのタイトルが『麒麟がくる』に決定し、SNS上を騒がせています。

ここでは、長谷川博己さんが主演を務める大河ドラマ『麒麟がくる』をピックアップ!

原作あらすじネタバレ感想、見どころ、キャスト、主題歌といった基本的な情報はもちろん、最終回結末や視聴率予想、ネット上の反応をご紹介しながら、作品の魅力に迫りますので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

麒麟がくる(大河ドラマ)原作・あらすじ

大河ドラマ『麒麟がくる』の原作あらすじをご紹介します。

室町幕府転覆のきっかけとなった応仁の乱終結から約70年後、全国に散らばっている有力者たちが激しい覇権争いを繰り広げていた1540年代半ばの戦国時代から物語がスタート。

主人公の明智光秀(長谷川博己)は、東西の要として重要な役割を担い、内部での対立を繰り返していた土岐氏一族が支配している美濃国で生まれ育ちます。

毎日のように争い事が続いていく中、圧倒的な武力と巧みな軍術を駆使して敵を一蹴するなど、繰り出された戦場で目覚ましい活躍を見せた明智光秀は、とある男に才能を見出されます。

その男こそが明智光秀の運命を大きく左右する斎藤道三
土岐家の筆頭家臣だった斎藤道三は、明智光秀を配下に置き、内紛が相次いでいた土岐家の実権を握る事に成功するのでした…。

 

脚本家・池端俊策の作品一覧

大河ドラマ『麒麟がくる』の脚本家・池端俊策さんの主な作品一覧をご紹介します。

  • 私を深く埋めて
  • 羽田浦地図
  • 危険な年ごろ
  • 忠臣蔵
  • 太平記
  • 並木家の人々
  • 昭和四十六年 大久保清の犯罪
  • イエスの方舟
  • あの戦争は何だったのか 日米開戦と東条英機
  • 夏目漱石の妻

 

1991年に放送された『太平記』以来、19年ぶりにNHK大河ドラマのメイン脚本を担当する事になった池端俊策さん。

昭和を代表する名優・緒形拳さんや、映画監督としても活躍しているビートたけしさんを主演に抜てきする形の連ドラが多く、芸術面で目覚ましい活躍を見せた方々におくられる紫綬褒章を2009年秋に受賞しています。

 

麒麟がくる(大河ドラマ)ネタバレ・感想

大河ドラマ『麒麟がくる』のネタバレ感想をご紹介します。

『麒麟がくる』のストーリーの中身はまだ明らかになっていないのですが、1点気になる情報がNHKのホームページに掲載されていました。

その情報とは、最新の歴史研究で導き出された新事実を元に、「裏切者」や「反逆者」というイメージが強くなっている主人公・明智光秀の知られざる姿を描いていく、というものです。

主君の織田信長に反発するために本能寺の変を起こした、という風に明智光秀の人物像を描いている方が大半だと思いますが、『麒麟がくる』では若い頃の明智光秀の姿を描く事で、明智光秀の本性を明らかにしていきます

最近、本能寺の変に関する見解として、豊臣秀吉の黒幕説、というものが出てきているように、学生時代に習った事がないような新事実が次々に出てきますので、脚本家・池端俊策さんが描く本能寺の変の新たな解釈に期待したいですね。

 

麒麟がくる(大河ドラマ)見どころ

大河ドラマ『麒麟がくる』の見どころをチェックしていきましょう。

ズバリ、『麒麟がくる』の最大の見どころは、斎藤道三の元に仕え、生まれ故郷の美濃国で骨を埋めるつもりだった主人公・明智光秀が、どのタイミングで心変わりするのか、というところだと思います。

斎藤道三に才能を見出された事がきっかけになり、美濃国の中心的な役割を担う事になった明智光秀は、事実上の父親代わりだった斎藤道三への忠誠を誓い、自分の命が尽きるまで斎藤道三の配下として生き続ける事を決意します。

でも、ストーリーが進むにつれて、明智光秀は「美濃国に留まっているままで良いのか…」という思いを抱くようになり、美濃国以外の地域への関心がどんどん高まっていき、斎藤道三が亡くなった後、美濃国を離れていきます。

明智光秀の心変わりを後押ししたのは、明智光秀の師にあたる斎藤道三となっていますので、斎藤道三からどんな言葉をかけられるのか、というところにもご注目ください。

 

麒麟がくる(大河ドラマ)最終回結末予想

大河ドラマ『麒麟がくる』の最終回結末を予想していきます。

『麒麟がくる』は、オリジナル脚本の作品になりますので、執筆時点(2018年4月末)ではどのような最終回になるのか、というところは明らかになっていません。

でも、実在した歴史上の人物である明智光秀が主人公となっていますから、明智光秀が命を落とすシーンをクライマックスに用意しているのでは?と予想しています。

明智光秀は、本能寺の変で織田信長を討った後、現代の大阪府・京都府の境にあたる山崎という地域で豊臣秀吉が率いる軍と戦い、命を落とします。(山崎の戦い)

最終回は緊迫感のあるシーンが連発するはずですので、明智光秀と豊臣秀吉軍による激しい攻防にどうぞご期待ください。

 


スポンサーリンク


 

麒麟がくる(大河ドラマ)キャスト・出演者

大河ドラマ『麒麟がくる』のキャスト・出演者をご紹介します。

明智光秀 役:長谷川博己


美濃国出身の戦国武将。

身分の低い家に生まれたものの、天才的な軍略を駆使し、美濃国と敵対する勢力を次々に打ち破った事を斎藤道三に高く評価され、斎藤道三の配下として仕える事になった。

『小さな巨人』で正義感あふれる刑事・香坂真一郎を情感たっぷりに好演した姿が記憶に新しい実力派俳優・長谷川博己さんが、2013年放送の『八重の桜』以来、7年ぶりに大河ドラマに帰ってきます。

長谷川博己さんといえば、2018年秋スタートの朝ドラ『まんぷく』でヒロインの夫・立花萬平役を演じる事が決まったばかりですけど、朝ドラに引き続いて大河ドラマで主演を務める事も決定!

2018年から2020年にかけて、NHKドラマの顔としてメディア露出が増えていきそうな長谷川博己さんの活躍にどうぞご注目ください。

 

麒麟がくる(大河ドラマ)キャスト予想!

大河ドラマ『麒麟がくる』の未発表キャストを予想していきます。

織田信長 役:佐藤浩市(予想)


明智光秀の主君でありながら、本能寺の変で明智光秀の手によって討ち死にする織田信長役には佐藤浩市さんを推します。

戦国時代の武将の中でトップクラスの人気を誇る織田信長ですから、大物俳優をキャスティングするのは間違いありませんし、織田信長が醸し出す独特の威圧感を再現できるのは佐藤浩市さんしかいない!と考え、このような予想になりました。

 

斎藤道三 役:西岡徳馬(予想)


明智光秀の師匠にあたる斎藤道三役には、コミカルな役からシリアスな役まで、幅広いキャラを見事に演じ分ける事に定評のあるベテラン俳優・西岡徳馬さんを推します。

70歳を超えているとは思えないくらいエネルギッシュな姿を見せている西岡徳馬さんであれば、威厳たっぷりな斎藤道三役も難なく演じ切ってくれるのでは?と考えました。

 

今川義元 役:高嶋政伸(予想)


明智光秀とともに、戦国時代を駆け抜けた武将として根強い人気を誇る今川義元役には、奇妙なキャラクターを数多く演じてきた高嶋政伸さんを推します。

今川義元といえば、白塗りメイクでつかみどころのない性格の持ち主、というキャラクターが定着していますので、連ドラで奇人変人の役を演じて経験を持つ高嶋政伸さんがピッタリなのでは?と考えました。

 

豊臣秀吉 役:ムロツヨシ(予想)


山崎の戦いで明智光秀を討つ役目を果たす豊臣秀吉役には、『おんな城主 直虎』で独特な存在感を放っていた瀬戸方久役を好演しているムロツヨシさんを推します。

豊臣秀吉といえば、陽気な面を見せる一方、心の奥底では天下取りの野心に燃えている、という二面性を持つ人物ですので、確かな演技力をムロツヨシさんがピッタリだと考えています。

 

徳川家康 役:新井浩文(予想)


織田信長、豊臣秀吉とともに「戦国三英傑」として激動の戦国時代で目覚ましい活躍を見せた江戸幕府初代将軍・徳川家康役には新井浩文さんを推します。

『真田丸』の加藤清正役や、2017年11月のスペシャルドラマ『龍馬 最後の30日』の坂本龍馬役を好演するなど、歴史系のドラマで印象的な演技を見せている新井浩文さんが徳川家康役にピッタリだと考えました。

 

麒麟がくる(大河ドラマ)相関図

大河ドラマ『麒麟がくる』の相関図は公開されましたら、記載いたします。

 

麒麟がくる(大河ドラマ)キャスト・スタッフコメント

大河ドラマ『麒麟がくる』のキャスト・スタッフコメントをご紹介します。

明智光秀 役:長谷川博己

Q.大河主演が決まった今の心境
A.感動しています。ちょっとまだ実感がわかなかったんですけど、こうやっていろんな方に写真を撮られて…。ちょっと今、すごいことを引き受けたんだなって実感しています。

このお話をいただいたのは朝ドラ(「まんぷく」)の発表の後でした。来年に朝ドラの撮影が終わった後、すぐに大河の撮影に入るということだったので、これは難しいかなと、一瞬ちょっと立ち止まったんですけど「夏目漱石の妻」の時に池端先生とご一緒させていただきまして、すごく楽しかったですし、すごく役者として良い経験が出来ました。

また池端先生の作品に出たいとずっと思っておりましたので、こんなに早くやらせていただけるということと、題材が明智光秀という謎めいたミステリアスな人物ですよね。この仕事を決める前に池端先生とお話しさせていただいた時に、池端先生から明智光秀像というのがすごく鮮烈に伝わってきて、これはやらなければならないなと、思いました。

本当に長旅になりますけど、これを乗り越えた後に、なんだか人が見られないような景色を見られるんじゃないかなと思いまして、しっかりとやりたいと思っています。

明智光秀は三日天下ですけども、僕はこれをやり遂げた後に、1年くらい天下が欲しいなと思っています。

Q.光秀という人物、戦国時代をどう伝えたいか
A.まだ朝ドラの撮影にも入ってないので、わからないのですが、光秀という存在は今の日本にも必要な人材なんじゃないかと思っていただけるように演じていければいいなと思っています。

Q.長谷川にとって大河とは?今回主演になったことの意気込み
A.大河の主演をやるというのは俳優にとっては一つの目標であると確実に思いますね。それをオファーされたときは、最初は実感がわかなかったんですが、皆さんに今フラッシュを焚かれてすごいことだなと初めて実感しています。とにかくきちんと大河の主演らしく、やり遂げたいなと思っています。

Q.「麒麟がくる」というタイトルについて
A.麒麟のイメージというのはいわゆる僕らが知っている麒麟とは違うわけじゃないですか。やはり何かが起きる前触れというか、すごくミステリアスなことが起こる前兆という感じでしょうかね。

これまで抱いていた光秀のイメージと池端から聞いた光秀のイメージの違いについて
あまりちょっとここでお話しできないこともあるんですけど、僕のイメージでは最初は反逆者という感じでしたね。知的な存在であるというのはわかっていましたし、本能寺の変の後に死んだとされていますけど、実は生きていて天海になっていたという話もあるじゃないですか。そういった夢もある人物だと思いますね。

Q.池端俊策の描く光秀と自分との共通点
A.難しいですね、今はまだ…。ただ池端先生とお会いした時にお話しされたことで…あ、これ言っちゃダメですね(笑)。言わないほうがいいですね。ネタバレになっちゃう。ちょっと控えたいんですけど、今のところ僕が思う共通点というのはないかもしれないですね。

これからリサーチをしていきたいと思っていますし、いろいろ調べたいなと思ってますけど、先ほど言いました通り、まず朝ドラをやらないといけないので(笑)、そちらの方で頭がいっぱいになっていて、申し訳ありません。

出典:【コメント全文】2020年大河ドラマは長谷川博己主演「麒麟がくる」 明智光秀の半生を描く | テレビ・芸能ニュースならザテレビジョン

 

脚本 :池端俊策

歴史上の英雄たちは、時代によってその人物評が変わってゆきます。
新しい資料の発見も有りますが、時代の変化が人物の見方を変えてゆくのだと思います。

戦国時代、京都本能寺で明智光秀が織田信長を討ったという劇的な事件は、江戸時代の思考によって逆臣による反乱劇というレッテルを貼られ、その印象が後世にまで残り光秀像が作られてしまいました。

しかし、光の当て方により、光秀には別の顔が有ったのではないか、本能寺の一件は光秀と信長の関係を見直すことにより意味合いが一変し、歴史の転換点として深い意義を持つのではないか、そういう説に興味を持ちました。

「麒麟がくる」は、室町幕府という古い体制が崩れ、日本が近世近代へと駆け上がる前夜の混沌とした、しかし決然と前方を見据えた英雄たちが生き生きと走り抜けた時代だと思います。

そのど真ん中を走った光秀の新鮮な視点で、当時の英雄たちを、そしてその時代を活写できればと考えています。

出典:2020年 大河ドラマ 制作・主演決定!脚本 池端俊策 & 主演 “明智光秀” 長谷川博己 大河ドラマ 麒麟(きりん)がくる |NHK_PR|NHKオンライン

 

制作統括 :落合将

このドラマは最近の大河ドラマとしては珍しく、1540年代から始まります。まだ信長も子どもで、父の信秀が活躍していた時代。今川義元もまだ20代の青年、各英傑たちの「父親世代の活躍」から描く、いわば「ビギニング物語」です。

そして、その中心として描かれる青年・明智光秀もまだ何者でもありません。何者でもない各地の若い武士たちが、未来の見えない乱世で何者かになっていく…というより、変化し続ける時代から逃げることを許されず、何者かにならざるを得なくなっていく…そしてそんな状況は、どこか現代の日本とも重なる気がします。壮大な時代そのものを描くのは、歴史ドラマで数々の名作を手がけてきた名匠・池端俊策さん。主演の光秀は、今最も脂がのっている俳優・長谷川博己さん。迷いながらも自らの魂に従って生きていく繊細かつ強靭きょうじんな光秀像は、長谷川さんなくして実現はできません。

麒麟は一体誰のもとに来るのか…まだ鉄砲もろくにないころの戦国の夜明けを舞台に、記念すべき年の大河ドラマは原点に帰って、「毎週わくわく見てしまう」英傑たちの青春群像劇を届けるべく、邁進まいしんしたいと思っています。

出典:2020年 大河ドラマ 制作・主演決定!脚本 池端俊策 & 主演 “明智光秀” 長谷川博己 大河ドラマ 麒麟(きりん)がくる |NHK_PR|NHKオンライン

 

麒麟がくる(大河ドラマ)ネット上の反応

大河ドラマ『麒麟がくる』に対するネット上の反応をまとめます。

誰もが知っている戦国武将・明智光秀が大河ドラマの題材になっている事もあってか、2018年4月19日の制作発表時から大きな注目を集めています。

長谷川博己さんが明智光秀役を演じる事に対する反応はもちろん、池端俊策さんがメイン脚本を担当する事への反応も多く、Twitter民の期待値の高さをうかがわせるツイートをたくさん見つける事ができました。

 

麒麟がくる(大河ドラマ)視聴率予想!

大河ドラマ『麒麟がくる』の平均視聴率を予想していきます。

まずは、大河ドラマ直近5作品の平均視聴率を振り返っていきます。

  • 軍師官兵衛(15.8%)
  • 花燃ゆ(12.0%)
  • 真田丸(16.7%)
  • おんな城主 直虎(12.8%)
  • 西郷どん(14.4%)※12話終了時点

 

大河ドラマの地上波で本放送される日曜夜8時には日本テレビ系『世界の果てまでイッテQ!』というお化け番組が存在していますので、直近の大河ドラマは爆発的な平均視聴率をマークする事ができていません。

以上のような事情を踏まえた結果、『麒麟がくる』の平均視聴率は14.5になる、と予想!

地上波連ドラの合格ラインとなっている10%の大台を超えるのは間違いないと思いますけど、ヒットドラマの指標となっている15%に手が届くのかどうか、というところで『麒麟がくる』の平均視聴率は推移するのでは?と予想しています。

 

麒麟がくる(大河ドラマ)の主題歌・OP/EDは?

大河ドラマ『麒麟がくる』の主題歌・OP/ED情報はまだ明らかになっていません。

でも、NHK大河ドラマは特定の主題歌を用意するのではなく、ストーリーの重厚感を視聴者が感じ取れるようなBGMを用意するケースが多いので、『麒麟がくる』もドラマ専用のBGMをOP・EDで流す形になるのでは?と予想しています。

詳しい情報が分かり次第、情報を追記いたしますので、今しばらくお待ちください。

 

麒麟がくる(大河ドラマ)基本情報

麒麟がくる
2020年1月スタート
NHK総合 毎週日曜日 午後8時~午後8時45分
NHK BSプレミアム 毎週日曜日 午後6時~午後6時45分
NHK総合 毎週土曜日 午後1時05分~午後1時50分※再放送

原作 :オリジナル
脚本 :池端俊策(大河ドラマ『太平記』ドラマ『夏目漱石の妻』)
制作統括:落合将(大河ドラマ『平清盛』朝ドラ『とと姉ちゃん』)
演出 :大原拓(大河ドラマ『軍師官兵衛』朝ドラ『とと姉ちゃん』)
    ほか
主題歌:未定

詳しいスタッフの顔ぶれはまだ公表されていませんけど、『平清盛』を手掛けた落合将さんと『軍師官兵衛』を手掛けた大原拓さんが『麒麟がくる』のスタッフに名を連ねる事が分かりました。

実績豊富なスタッフの皆さんが明智光秀の新たな人間像を描いていく『麒麟がくる』をどのような作品に仕上げてくれるのでしょうか。期待が高まりますね。

 


スポンサーリンク


 

 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 家族ノカタチ(ドラマ)主演は香取慎吾!あらすじとネタバレやキャスト
  2. はぴまり(ドラマ)主演ディーンフジオカ!原作あらすじとネタバレや視聴方法
  3. フリンジマン
  4. 精霊の守り人シーズン3(ドラマ)原作あらすじとネタバレ感想!キャスト相関図
  5. 私結婚できないんじゃなくてしないんです(ドラマ)原作あらすじとネタバレ
  6. 雲が描いた月明り
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。