ラストチャンス 再生請負人(ドラマ)あらすじネタバレとキャスト!視聴率や主題歌は?

この記事は12分で読めます

ラストチャンス 再生請負人
2018年7月16日からテレビ東京系列の月曜夜10時ドラマ枠(ドラマBiz)とBSジャパンで放送される事が決まった新作ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』をピックアップ!

ヘッドハンティングの実情をリアルに描いた『ヘッドハンター』の後番組となる『ラストチャンス 再生請負人』は銀行から異なる業種への転職を余儀なくされた主人公の生き様を描いていきます

主演を務めるのは幅広いジャンルの作品で活躍している名優・仲村トオルさん!
他にも、椎名桔平さんや和田正人さん、大谷亮平さんといった旬な役者をメインキャストに迎えた『ラストチャンス 再生請負人』とはどんな作品なのでしょう?

ここでは、ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』のあらすじネタバレ感想キャスト相関図主題歌情報はもちろん、最終回結末視聴率予想をご紹介しながら、作品の魅力に迫っていきますので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

ラストチャンス 再生請負人(ドラマ)原作・あらすじ

ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』の原作あらすじをご紹介します。

ちとせ銀行の投資部門に在籍している銀行マン・樫村徹夫(仲村トオル)が本作の主人公。

公私ともに申し分ない日々を送っていた樫村徹夫でしたが、とある日、ちとせ銀行が菱光銀行に吸収合併される事が決まり、順風満帆だった樫村徹夫の人生に大きな危機が訪れるのでした。

同期だった宮内亮(椎名桔平)など、職場の仲間達がちとせ銀行を去っていく中、占い師(ミッキー・カーチス)から「七味唐辛子のような濃い味の人生を味わいなさい」と告げられた事がきっかけになり、樫村徹夫も銀行を辞める事を決意します。

ちとせ銀行退職後、職探しの真っ最中だった樫村徹夫は投資ファンドの社長・山本知也(大谷亮平)と出会い、経営不振に陥っていた飲食フランチャイズチェーンの再建を託されたものの、再建までの道のりは予想以上に険しく…。

原作者・江上剛の作品一覧

ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』の原作者・江上剛さんの主な作品一覧をご紹介します。

  • 非情銀行
  • 隠蔽指令
  • 庶務行員 多加賀主水が許さない
  • リベンジホテル
  • 銀行支店長、走る
  • 慟哭の家
  • 狂信者
  • 翼、ふたたび
  • ザ・ブラックカンパニー
  • 病巣 巨大電機産業が消滅する日

民放報道番組のコメンテーターとしても活躍している江上剛さんは、第一勧業銀行(現在のみずほ銀行)の築地支店長や日本振興銀行の代表執行役社長などを歴任した銀行業のエキスパートです。

2018年2月~3月にフジテレビTWOで放送された『ザ・ブラックカンパニー』以来となる映像化で、『ラストチャンス 再生請負人』には江上剛さん自身がちとせ銀行の頭取役として出演します。

脚本家・前川洋一の作品一覧

ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』の脚本家・前川洋一さんの主な作品一覧をご紹介します。

  • 空飛ぶタイヤ(WOWOW版)
  • 下町ロケット(WOWOW版)
  • 推定有罪
  • 陽だまりの樹
  • レディジョーカー
  • 軍師官兵衛
  • 沈まぬ太陽(WOWOW版)
  • 雲霧仁左衛門3
  • アキラとあきら
  • 監査役野崎修平

2014年に放送された大河ドラマ『軍師官兵衛』以来、約4年ぶりに地上波連ドラのメイン脚本を手掛ける事になった前川洋一さん。

『沈まぬ太陽』や監査役野崎修平』など、社会派ドラマを数多く手掛けてきた前川洋一さんが波乱万丈な人生を歩んでいく主人公・樫村徹夫のキャラ像をどのように描いていくのか、というところにご注目ください。

 

ラストチャンス 再生請負人(ドラマ)ネタバレ・感想

ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』のネタバレ感想をご紹介します。
ここでは、江上剛さんが手掛けた原作小説ストーリー序盤の内容をネタバレしていきますので、気になる方はご注意ください。

山本知也からデリシャス・フードという名の飲食フライチャイズチェーン店の再建を託されたものの、デリシャス・フードのCEOである大友勝次(本田博太郎)から毛嫌いされ、転職した直後から苦しい立場に追い込まれてしまう樫村徹夫。

でも、デリシャス・フードを立て直す、というミッションを達成するため、岸野聡(勝村政信)をはじめとするデリシャス・フードの社員から現場しか知り得ない情報を聞き取り、デリシャス・フードが売上の水増しを行っていた事を突き止めます。

財務状況を偽り、100億円以上の負債を隠していたデリシャス・フードは倒産待ったなし、という厳しい状況に追い詰められます。

デリシャス・フードの株を数多く所有していた樫村徹夫は、売上水増しの件で判断能力を失い、辞意を表明した大友勝次に代わってデリシャス・フードのCEOの座につき、倒産を阻止するための策を打ち出していくのでした。

以上が原作小説ストーリー序盤のネタバレになります。

銀行マン時代のノウハウをフルに活かしながら、新天地で奮闘する樫村徹夫の活躍っぷりに注目するのはもちろん、樫村徹夫の事を毛嫌いしていた大友勝次が弱点を次々にさらけ出し、どんどん立場が悪くなっていく様子にもご注目ください。

 


スポンサーリンク


 

ラストチャンス 再生請負人(ドラマ)見どころ

ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』の見どころをチェックしていきましょう。

ズバリ、『ラストチャンス 再生請負人』の最大の見どころは、腕利きの銀行マンから飲食フライチャイズチェーンのCEOへ、という異色の経歴を歩む事になった樫村徹夫がどのようにして傾きかけている会社を立て直すのか、というところです。

元銀行マンという肩書きのせいで、大友勝次をはじめとするデリシャス・フードの社員から毛嫌いされてしまう樫村徹夫ですけど、ひたむきな姿勢を貫く事で徐々にデリシャス・フードの社員から信頼されるようになっていきます。

特に、直属の部下でありながら、樫村徹夫の事を全く信用していなかった岸野聡に対し、わざと怒らせるような言葉を発して我を失わせたところで岸野聡から重要な内部情報を聞き出す、という機転の利いた策を繰り出していく樫村徹夫。

アメとムチを上手く使い分ける事で「デリシャス・フード再建」という大きな目標を達成させようとする樫村徹夫の振る舞いにどうぞご期待ください!

 

ラストチャンス 再生請負人(ドラマ)最終回結末予想

ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』の最終回結末を予想していきます。
ここでは、江上剛さんが手掛けた原作小説のクライマックスの部分を最終回結末予想としてご紹介します。

デリシャス・フードを再建させるための最善の策として「会社分割案」を提唱した樫村徹夫。

デリシャス・フードのアドバイザー的な立ち回りをしていた岡田十和子(水野美紀)がデリシャス・フードの株を55%取得する、という契約で山本知也と合意し、岡田十和子がデリシャス・フードの経営に関わる事が決定します。

その後、メディア向けの記者会見で自身の再建策を披露した樫村徹夫でしたが、再建策を披露するだけでなく、デリシャス・フードCEOの座から退く事を発表し、日本中を驚かせます。

デリシャス・フードを存続させるためにCEOを退任する、という英断を下した樫村徹夫は、苦楽を共にした仲間たちが待っているお店へと出向き、仲間たちから感謝の気持ちを伝えられるのでした。

以上が原作小説クライマックスのネタバレになります。

多少の内容変更があるかと思いますが、ドラマ版でも樫村徹夫が会社を助けるための策を繰り出し、CEOから退く決意をする、という流れになる可能性が高いと予想しています。

自身の引き際をしっかりとわきまえている有能なビジネスマン・樫村徹夫のカッコいい去り方にご注目ください。

 

ラストチャンス 再生請負人(ドラマ)キャスト・出演者

ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』のキャスト・出演者をご紹介します。

樫村徹夫 役:仲村トオル


ちとせ銀行の投資部門で活躍していた元銀行マン。
菱光銀行に吸収合併された事がきっかけになり、ちとせ銀行を離れる決意をした。

銀行マン時代の同僚だった山本知也から、経営状況が思わしくないデリシャス・フードの再建を託される。

敵対する勢力から激しい抵抗を受けながら、アメとムチを使い分ける事で経営不振に陥ったデリシャス・フードの再建に導いていく腕利きのビジネスマン・樫村徹夫役を演じるのは、本作で会社社長役に初挑戦する名優・仲村トオルさんです。

仲村トオルさんが地上波連ドラにレギュラー出演するのは2016年7月期ドラマ『家売るオンナ』以来2年ぶりで、『空飛ぶタイヤ』や『推定有罪』といったWOWOW連ドラで脚本担当の前川洋一さんとタッグを組んでいます。

 

宮内亮 役:椎名桔平


東京大学を卒業したエリート銀行マン。

ちとせ銀行と菱光銀行の合併話を進める役割を任されたものの、合併の進め方に疑問を感じた事がきっかけになり、自身が携わる経営コンサルタント会社を起業する。

ちとせ銀行時代の樫村徹夫の同期で、良き相棒として樫村徹夫を支えていく宮内亮役を演じるのは、『コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』シリーズの橘啓輔役でおなじみの椎名桔平さんです。

 

佐伯隆一 役:和田正人


デリシャス・フードの財務部に所属しているサラリーマン。
会社愛にあふれている人物で、デリシャス・フード独自のブランドをヒットされる事に尽力している。

ストーリー序盤から樫村徹夫の事を信じ続けた好青年・佐伯隆一役を演じるのは、『おんな城主直虎』や『陸王』といったヒットドラマに出演したほか、2017年11月に吉木りささんと結婚した事でも話題になった若手俳優・和田正人さんです。

 

山本知也 役:大谷亮平


ジャパン・リバイバル・ファンドという名の投資ファンド会社を運営している社長。
経営不振に陥っているデリシャス・フードの再建を託すため、銀行マン時代の同僚だった樫村徹夫をデリシャス・フードにスカウトする。

2018年10月スタートのNHK朝ドラ『まんぷく』への出演が決まったほか、韓国時代に嘘のギャラを提示された事をバラエティ番組で明かし、大きな話題を集めた逆輸入俳優・大谷亮平さんが山本知也役を演じています。

 

岸野聡 役:勝村政信


デリシャス・フードの財務部長。
デリシャス・フードの立ち上げに尽力した事もあり、人一倍会社への思い入れが強い人物。

会社への思いが強すぎるがゆえに、元銀行マンの樫村徹夫に対してぞんざいな態度を取ってしまう岸野聡役を演じるのは、『HERO』や『ドクターX~外科医・大門未知子~』などで印象的な演技を披露している名脇役・勝村政信さんです。

 

岡田十和子 役:水野美紀


外食業・十和子フードの社長。
決して卑怯な手は使わず、綺麗な形の経営手法を貫いている。

樫村徹夫のアドバイザーとして重要な立ち回りを見せる岡田十和子役を演じるのは、『チームバチスタ4 螺鈿迷宮』で樫村徹夫役・仲村トオルさんと共演を果たしている水野美紀さんです。

 

樫村明子 役:長谷川京子


樫村徹夫の妻で、2人の子供の母親。
ちとせ銀行から異業種への転職を考えている夫・樫村徹夫を健気に支え続ける。

2018年4月期ドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』で誘拐事件の真犯人・吉本圭子役を好演するなど、クセの強いキャラクターを演じる機会が多くなっている長谷川京子さんが樫村明子役を演じています。

 

大友勝次 役:本田博太郎


デリシャス・フードのCEO。
元銀行マンで、飲食業自体に興味があるわけではなく、嫌々ながら最高責任者の立場を務めている。

プライドが高いわりには肝心な時に逃げ出してしまう、というギャップの激しい人物・大友勝次役を演じるのは、ダンディーで堂々とした振る舞いをするキャラクターを演じる機会が多いベテラン俳優・本田博太郎さんです。

 

渋川栄一郎 役:石井正則


デリシャス・フードの社員。
樫村徹夫と一緒に会社再建に尽力する。

これといった特徴こそないものの、所々で存在感を発揮していく渋川栄一郎役を演じるのは、お笑い芸人から個性派俳優へ、という華麗な転身を遂げたほか、『古畑任三郎』の西園寺守役でおなじみの石井正則さんです。

 

杉山誠三 役:町田啓太


ちとせ銀行に勤めている銀行マン。
デリシャス・フードで活躍する事になった樫村徹夫を現役銀行マンの立場でサポートする。

劇団EXLIEの中心メンバーで、大河ドラマ『西郷どん』で小松帯刀役に抜てきされた若手俳優・町田啓太さんがかつての上司・樫村徹夫の活躍を陰で支える杉山誠三役を演じています。

 

塩田和男 役:嶋田久作


樫村徹夫が通い詰めているジャズバーのオーナー。
様々な業界の人物と関わりを持っている。

樫村徹夫のマラソン仲間で、ミステリアスな面を合わせ持つ塩田和男役を演じるのは、NHK朝ドラ『半分、青い』で100円ショップの店長・田辺一郎役を好演している個性派俳優・嶋田久作さんです。

 

占い師 役:ミッキー・カーチス


樫村徹夫に転職をすすめる予言をした謎多き占い師。

樫村徹夫が銀行マンから飲食フライチャイズチェーン店長に転職するきっかけを作った占い師役を演じるのは、ミュージシャンとして活躍する一方、『カルテット』や『やすらぎの郷』に出演し、強烈な存在感を放っているミッキー・カーチスさんです。

 

小沢幸太郎 役:竜雷太


伊坂商事の常務取締役。
デリシャス・フードで活躍する樫村徹夫に強い関心を持っている

シリアスなキャラクターからコミカルなキャラクターまで、役幅の広さに定評があるベテラン俳優・竜雷太さんが小沢幸太郎役で特別出演を果たします。

 


スポンサーリンク


 

ラストチャンス 再生請負人(ドラマ)相関図

ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』の相関図は公開されましたら、記載いたします。

 

ラストチャンス 再生請負人(ドラマ)キャスト・スタッフコメント

ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』のキャスト・スタッフコメントをご紹介します。

樫村徹夫 役:仲村トオル

今回は大手飲食チェーンの社長の役ですが、これだけの大企業の社長の役は初めてです。多くの社員と家族の生活や人生を背負っている立場の重みや、扱っている金額の規模の重みが肩や背中に載ってきたように感じられ、自分の人生や生活のすぐそばに経済・ビジネスの動きがあったことに気づくようになりました。大企業の買収や大きな金額の向こう側には「人」がいる。社長や社員やその家族がいる。「ラストチャンス」というドラマはその人たちの心の動きや感情の動きを描いています。樫村がリストラせずに会社を立て直していく様を演じながら、撮影現場で、目の前で日々懸命にドラマ作りをしている人達の姿を見ながら、昨今、少々厳しくなっている地上波のドラマを“守りたい”という意識も、少なからず心底では感じていたように思います。一生懸命働いた先には明るい未来、今日より良い明日がある。デリシャス・フードの様々な所で働いている人たちを見てそんな風に感じてもらえたらいいなと思いました。今の時代、有名企業に入ったから安定だとか、終身雇用が当たり前という時代ではないかもしれませんが、一生懸命働くことがよりよい人生につながると、ドラマを見て感じてもらいたいです。

出典:樫村 徹夫(仲村 トオル)キャスト|ラストチャンス 再生請負人|ドラマBiz:テレビ東京

 

宮内亮 役:椎名桔平

社会派のドラマは骨太すぎて見る人を選ぶ傾向にありますが、このドラマは視聴者がわかり易く見やすいエンターテインメントの要素があるので、見る人を選ばず、たくさんの方に楽しんで頂けるドラマになっていると思います。宮内亮という役は、主人公樫村のサポート的な役回りなのですが、視聴者の方にも樫村にどっぷり感情移入していただいて、応援するような気持ちで見て頂けたらと思います。宮内のネクタイの色の変化にも注目してください。

出典:宮内  亮(椎名 桔平)キャスト|ラストチャンス 再生請負人|ドラマBiz:テレビ東京

 

佐伯隆一 役:和田正人

人生は挑戦と苦難、そしてほんの僅かな喜びの連続。人はその僅かな喜びを求めて、再び挑戦と苦難に立ち向かっていくのだと私は思います。その度重なる苦難を乗り越え、家族や社員やお客さまの喜びの為に挑戦を続けるのが、仲村トオルさん演じる樫村社長。私はそのカッコいい生き様を一番そばで見続けている佐伯という青年を演じています。爽やかでありながらも、樫村社長に負けじと、心に熱さを秘めています。本作が、視聴者の皆さまにとって日々の喜びとなれますよう、私たちの挑戦と苦難の物語をご覧頂けると幸いです。

出典:佐伯 隆一(和田 正人)キャスト|ラストチャンス 再生請負人|ドラマBiz:テレビ東京

 

ラストチャンス 再生請負人(ドラマ)ネット上の反応

ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』に対するネット上の反応をまとめます。

『ラストチャンス 再生請負人』は主演の仲村トオルさんをはじめとする豪華キャストがそろっている作品ですから、ストーリーの内容よりもキャストの顔ぶれに注目しているTwitter民が多くなっています。

また、ドラマBiz枠の前作にあたる『ヘッドハンター』の視聴者がツイートしているケースも多いので、今後は『ヘッドハンター』との内容の違いを比較するツイートが増えていくのかな?と予想しています。

 

ラストチャンス 再生請負人(ドラマ)視聴率予想!

ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』の平均視聴率を予想していきます。

ドラマBiz枠の前作で、江口洋介さんや杉本哲太さん、小池栄子さんといったテレビ東京と縁の深い役者陣が勢ぞろいした『ヘッドハンター』は平均視聴率3.47%という数字を残しました。

TwitterをはじめとするSNS上での評価が高かった『ヘッドハンター』ですら平均視聴率5%を下回る結果に終わっていますので、『ラストチャンス 再生請負人』も視聴率争いで苦しい立場に追い込まれそうです。

以上の事情を踏まえた結果、『ラストチャンス 再生請負人』の平均視聴率は3.3になるのでは?と予想!

厳しい視聴率予想になってしまいましたけど、私の予想を良い意味で裏切るような結果を残してくれれば、と考えています。

 

ラストチャンス 再生請負人(ドラマ)の主題歌・OP/EDは?

ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』の主題歌・OP/ED情報をご紹介します。

『ラストチャンス 再生請負人』の主題歌を担当するのは、2016年から2年連続で日本アカデミー賞・優秀音楽賞を受賞している著名な音楽プロデューサー・村松崇継さん。

主題歌のタイトルは『Starting over』。

2018年6月に『いのちの歌』をリリースし、シンガーソングライターとしても活躍している村松崇継さんがどのような楽曲をお茶の間に届けてくれるのでしょうか。とても楽しみです!

 

ラストチャンス 再生請負人(ドラマ)基本情報


ラストチャンス 再生請負人-崖っぷち会社と社員を救え!-
2018年7月16日(月)スタート(BSジャパンは7月20日から)
テレビ東京系 毎週月曜日 午後10時~午後10時54分
BSジャパン 毎週金曜日 午後9時~
※第1話は15分拡大スペシャル

原作 :江上剛『ラストチャンス 再生請負人(講談社文庫)』
脚本 :前川洋一(大河ドラマ『軍師官兵衛』ドラマ『監査役野崎修平』)
監督 :本橋圭太(ドラマ『死神くん』『黒革の手帖』)
チーフプロデューサー:稲田秀樹(ドラマ『ヘッドハンター』映画『アンフェア the end』)
プロデューサー:川村庄子(ドラマ『孤独のグルメ』シリーズ 『徳山大五郎を誰が殺したか?』)
        松野千鶴子(ドラマ『おっさんずラブ』『オトナ高校』)
制作協力:アズバーズ
製作著作:テレビ東京

沢村一樹さんが主演を務めている『DOCTORS』シリーズや2018年7月期ドラマ『健康で文化的な最低限の生活』で演出を担当している本橋圭太さんが『ラストチャンス 再生請負人』の監督に抜てきされました。

2015年に放送された『民王』でザテレビジョンドラマアカデミー賞・監督賞を獲得するなど、手腕を高く評価されている本橋圭太さんがどのような形のドラマの仕上げてくれるのか、というところにも注目が集まりますね。

 


スポンサーリンク


 

 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 砂の塔~知りすぎた隣人(ドラマ)あらすじとネタバレ!気になる視聴率と主題歌は?
  2. シグナル
  3. スニッファー嗅覚捜査官 第7話(最終話)あらすじ(ネタバレ)と感想
  4. そして誰もいなくなった8話ネタバレ感想と伏線考察!日下が本性をあらわす!
  5. 警視庁捜査一課9係season11(ドラマ)あらすじとネタバレと主題歌は
  6. 逃げるは恥だが役に立つ(ドラマ)あらすじとネタバレ!気になる視聴率と主題歌は?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。