渡る世間は鬼ばかり3時間スペシャル2018!キャスト(出演者)とネタバレ情報!

この記事は6分で読めます

渡る世間は鬼ばかりSP
泉ピン子さんやえなりかずきさんといった実力派キャストが勢ぞろいしている国民的ホームドラマ『渡る世間は鬼ばかり3時間スペシャル2018』を大特集!

嫁姑問題や夫婦間・親子間の問題など、家族や親族にまつわる様々なトラブルをリアルに描き、幅広い世代から高い支持を得てきた『渡る世間は鬼ばかり』シリーズ最新作の放送が決定し、ネット上でも大きな話題になっています。

ここでは、まもなく放送されるドラマ『渡る世間は鬼ばかり3時間スペシャル2018』のキャスト(出演者)相関図やあらすじネタバレなど、作品に関する情報を徹底深掘りしていきますので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

渡る世間は鬼ばかり3時間スペシャルの放送日と時間はいつ?

ドラマ『渡る世間は鬼ばかり3時間スペシャル2018』の放送日や放送時間など、詳しい放送情報をご紹介します。

放送日:2018年9月17日(月)
開始時間:午後8時
終了時間:午後11時07分
作:橋田壽賀子(NHK朝ドラ『おしん』大河ドラマ『春日局』)
プロデューサー:石井ふく子(ドラマ『肝っ玉かあさん』『ありがとう』)
演出:清弘誠(ドラマ『とんぼ』『男女7人夏物語』)
音楽:羽田健太郎(ドラマ『西部警察』『砂の器』)
ナレーション:石坂浩二
製作著作:TBS

2017年と同じく、敬老の日の夜に3時間スペシャルとして放送される事が決まった『渡る世間は鬼ばかり2018』。

1990年10月11日に第1シリーズの初回放送を迎えてから、通算510回目という大きな節目を迎える『渡る世間は鬼ばかり2018』にどうぞご期待ください。

 

渡る世間は鬼ばかり3時間スペシャルのあらすじ・ネタバレ!

2018年9月17日(月)の午後8時から3時間スペシャルの特別バージョンで放送される『渡る世間は鬼ばかり2018』のあらすじはもちろん、2017年版のあらすじを回顧しながら、『渡る世間は鬼ばかり』シリーズの魅力に迫っていきましょう!

 

前作・渡る世間は鬼ばかり3時間スペシャル 2017のあらすじ回顧

前作にあたる『渡る世間は鬼ばかり3時間スペシャル2017』のあらすじとストーリーの回顧をご紹介します。

ラーメン屋・幸楽の主人で、気心の知れた仲間たちと結成したおやじバンドを生きがいにしてきた小島勇(角野卓造)。

しかし、おやじバンドのドラム担当・川上哲也(井之上隆志)が急死する、というショッキングな出来事が発生した事で小島勇の心境が大きく変化してしまい、おやじバンドの活動休止を宣言するのでした。

プライベートの大半を費やしてきたおやじバンドの活動を休止せざるを得なくなり、気持ちが落ち込んでいく小島勇を気遣っていた小島五月(泉ピン子)は、長男・小島眞(えなりかずき)がトラブルを起こしている事を聞きつけます。

妻・小島貴子(清水由紀)との間に待望の第1子が誕生し、順風満帆な生活を送っていると思われていた小島眞でしたが、子育てに関心を持たない小島眞に嫌悪感を覚えた小島貴子が家出してしまう、というまさかの事態に巻き込まれていました。

小島貴子とそりが合わない小島五月は、子供を放って家出した妻と離婚する事を小島眞に提案するのですが、小島眞に離婚する意思は全くなく、田口愛(吉村涼)が小島眞の子供を預かる事になります。

姉・田口愛に面倒をかける事を嫌っていた小島眞でしたが、幼児の扱いに慣れている田口愛が子供を上手くあやしている姿を目撃した事で子育ての大変さを痛感し、子供の世話を押し付けていた小島貴子に対して反省する意思を示します。

小島眞と小島貴子が仲直りし、トラブルが一件落着した小島五月は、遺産相続の株取引で生じた配当を使い切るため、野田弥生(長山藍子)・高橋文子(中田喜子)・大原葉子(野村真美)・本間長子(藤田朋子)と一緒にグアム旅行に出かけるのでした。

以上が『渡る世間は鬼ばかり3時間スペシャル2017』の大まかなストーリー回顧になります。

小島家以外の家族でも様々なトラブルが発生するのですが、ここでは、子育てに対する認識の食い違いがきっかけになり、夫婦仲に溝が生じた小島眞・貴子夫妻に関するエピソードの流れをご紹介しました。

小島眞・貴子夫妻は最終的に仲直りする事になりますけど、孫に冷たい態度を取っていた小島五月が、ストーリー終盤に近付くにつれて孫の可愛さに気付いていく様が面白おかしく描かれていた点が強く印象に残っています。

また、メンバー1人が亡くなり、存続の危機にさらされたおやじバンドの救世主として、川上哲也の妻・華江(天童よしみ)が登場したところも『渡る世間は鬼ばかり3時間スペシャル2017』の大きな注目点になりました。

演歌界の大御所・天童よしみさんがおやじバンドの一員に加わる、というサプライズが起きた前作ですけど、『渡る世間は鬼ばかり3時間スペシャル2018』でも驚き仰天のサプライズが用意されているかもしれませんね。

 

今作・渡る世間は鬼ばかり3時間スペシャル 2018のあらすじ・ネタバレ!

今作の『渡る世間は鬼ばかり3時間スペシャル2018』のあらすじとネタバレをご紹介します。

おやじバンドのメンバーだった川上哲也急死のショックを乗り越え、穏やかな日常を取り戻していた小島勇が、自宅の階段でバランスを崩して転落する、というアクシデントに見舞われ、療養のため入院生活を送る事になってしまいます。

ラーメン屋・幸楽の大黒柱だった小島勇が療養する事になり、「自分が幸楽を盛り立てなきゃ!」といつも以上に気合いが入る小島五月。

でも、小島勇の介抱に専念してほしい、という娘・田口愛の願いを聞き入れ、長期間仕事を休む事にします。

結婚してから忙しい日々を過ごしてきた事もあり、互いの会話がめっきり減っていた小島五月・勇夫婦でしたが、病室で小島勇の世話をしていくにつれて、徐々に夫婦間の会話が増えていきます。

しかし、幸楽に面倒をかけたくない、と考えた小島五月が、夫婦そろって長男・小島眞の家に間借りする事を思いついたところから状況が一変!

一時的ではあるものの、義理の父母との同居を強いられる事に強い違和感を覚えた小島貴子が小島五月の提案を拒絶した事がきっかけになり、小島五月・勇夫婦と小島眞・貴子夫妻との間に大きな亀裂が生じてしまうのでした…。

以上が『渡る世間は鬼ばかり3時間スペシャル2018』の大まかなストーリーの流れになります。

突然、義理の父母と同居する事になった小島貴子が困惑する気持ちも理解できますけど、身勝手な家出をして小島五月たちに迷惑をかけた過去がありますから、小島貴子にはもっと冷静な態度を取ってほしいところですよね。

また、小島五月と小島貴子による嫁姑バトルが激しくなっていく中、過去シリーズで頼りない面を見せていた小島勇・小島眞の男性陣がどんな振る舞いを見せていくのか、というところも大きな見どころになると思いますので、どうぞご期待ください。

 


スポンサーリンク


 

渡る世間は鬼ばかり3時間スペシャルの出演者とキャスト相関図

最後に、ドラマ『渡る世間は鬼ばかり3時間スペシャル2018』の主な出演者とキャスト相関図をご紹介します。

岡倉家&関わりの深い人物
岡倉家

宇津井健:岡倉大吉 役
山岡久乃:岡倉節子(大吉の妻)役
森光子 :森山珠子(大吉の姉)役
野村昭子:青山タキ(おかくらの実質的な女将)役
長谷川純:森山壮太(おかくらの板前)役
西原亜希:森山まひる(壮太の妻)役

レギュラー放送時代は父・大吉(宇津井健)が切り盛りしている料亭・おかくらに5人姉妹が駆け込んでくる、という流れが定着していました。

大吉役の宇津井健さんが亡くなってからは、おかくらのシーンが極端に減っていますけど、青山タキ(野村昭子)と森山壮太(長谷川純)が中心となって、古き良き時代の雰囲気を残すおかくらを懸命に盛り立てています。

 

野田弥生(岡倉家長女)一家&関わりの深い人物
野田弥生(岡倉家長女)一家

長山藍子:野田弥生 役
前田吟 :野田良(弥生の夫)役
京野ことみ:竹下美雨(庭師助手)役
小林星蘭:竹下春菜(美雨の娘)役
山辺有紀:野田あかり(弥生の娘)役
渡邉奏人:野田勇気(あかりの息子)役
岩渕健 :野田武志(弥生の長男)役
馬渕英俚可:横川佐枝(武志の元妻)役
吉田理恩:横川良武(武志の息子)役

穏やかそうな外見をしている一方、心の中では男性顔負けの頑固さを持っていて、事あるごとに夫・良(前田吟)と対立している岡倉家長女・弥生(長山藍子)。

レストランのオーナーや看護師など、様々な職業に挑戦してきた弥生ですが、『渡る世間は鬼ばかり2018』では高齢者向けのボランティア活動をスタートさせ、夫・良たちを困惑させていきます。

 


スポンサーリンク


 

小島五月(岡倉家次女)一家&関わりの深い人物
小島五月(岡倉家次女)一家

泉ピン子:小島五月 役
角野卓造:小島勇(五月の夫)役
赤木春恵:小島キミ(勇の母)役
えなりかずき:小島眞(五月の息子)役
清水由紀:小島貴子(眞の妻)役
吉村涼 :田口愛(五月の娘)役
村田雄浩:田口誠(愛の夫、おやじバンドのメンバー)役
丹羽貞仁:長谷部力矢(眞の先輩)役
沢田雅美:山下久子(勇の妹)役
岸田敏志:山下健治(雅美の夫)役
岡本信人:田島周平(幸楽の従業員)役
中島唱子:田島聖子(周平の妻)役
山本コウタロー:中本源太(おやじバンドのギター担当)役
天童よしみ:川上華江(亡き夫にかわり、おやじバンドに参加)役

幸楽という名のラーメン屋を夫・勇(角野卓造)と一緒に長年切り盛りしている岡倉家次女・五月(泉ピン子)。

息子の眞(えなりかずき)をはじめとする家族が厄介なトラブルを家に持ち込んできて、五月の気持ちが混乱する、というドタバタ劇が小島家関連のエピソードの定番になっています。

『渡る世間は鬼ばかり2018』でも、五月が物語の主人公的な立ち回りをする事になりますので、小島家が中心となったストーリーが展開される事でしょう。

 

高橋文子(岡倉家三女)一家&関わりの深い人物
高橋文子(岡倉家三女)一家

中田喜子:高橋文子 役
三田村邦彦:高橋亨(文子の元夫)役
冨田真之介:高橋望(文子の息子)役
山下容莉枝:金田利子(文子の友達)役
佐藤B作:金田典介(利子の夫、おやじバンドのメンバー)役

岡倉家5人姉妹きっての頭脳派で、国立大学に進学した過去がある岡倉家三女・文子(中田喜子)ですけど、元夫・亨(三田村邦彦)との関係をハッキリさせる事ができず、プライベートでは結婚離婚を繰り返しています。

自信が運営している旅行代理店の経営状況は至って順調なのですが、『渡る世間は鬼ばかり2018』でも亨との関係に苦悩する文子の姿を見かける事になりそうです。

 

大原葉子(岡倉家四女)一家&関わりの深い人物
大原葉子(岡倉家四女)一家

野村真美:大原葉子 役
徳重聡 :大原透(葉子の夫)役
井上順 :宗方直之(葉子の元夫)役
船越英一郎:山口太郎(葉子と婚約破棄した過去あり)役
草笛光子:山口政子(太郎の母)役

離婚と婚約破棄を2回ずつ経験しながら、現在は腕利きの一級建築士として目覚ましい活躍を見せている岡倉家四女・葉子(野村真美)。

『渡る世間は鬼ばかり2018』では、仕事が軌道に乗っている葉子に対し、同じ一級建築士であるはずの夫・透(徳重聡)が仕事の面で厳しい立場に追い込まれる、という夫婦関係にヒビが入りそうなエピソードを描いていきます。

 

本間長子(岡倉家五女)一家&関わりの深い人物
本間長子(岡倉家五女)一家

藤田朋子:本間長子 役
植草克秀:本間英作(長子の夫)役
大谷玲凪:本間日向子(長子の娘)役
小林綾子:本間由紀(英作の妹)役
京唄子 :本間常子(英作の母)役
関口まなと:八木晴彦(英作に弟子入りを申し込むドクター)役

長子(藤田朋子)と常子(京唄子)による嫁姑問題がクローズアップされていた本間家ですけど、日向子(大谷玲凪)が料亭・おかくらで働くようになってからは長子と日向子の間に生じる親子同士のトラブルに焦点があたっています。

夫・英作(植草克秀)と一緒に切り盛りしている診療所の行く末はもちろん、娘の日向子が料理人としてどこまで成長していくのか、というところにも注目してください。

 

まとめ

2018年9月17日(月)の午後8時から3時間のスペシャルバージョンとして放送される事が決まった国民的ホームドラマ『渡る世間は鬼ばかり2018』。

平成2年(1990年)にレギュラー放送がスタートした『渡る世間は鬼ばかり』ですけど、毎年敬老の日限定で放送される事が定番になっていますので、今作が平成最後の放送になる可能性が高くなっています。

平成のドラマ史に残る大ヒットシリーズ『渡る世間は鬼ばかり』が平成最後の放送でどんなストーリーを見せてくれるのでしょう?

放送日が迫るにつれて期待値がどんどん高まっていく『渡る世間は鬼ばかり3時間スペシャル2018』にどうぞご注目ください!

 


スポンサーリンク


 

 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. フランケンシュタインの恋(ドラマ)あらすじとキャスト!綾野剛の相手役は二階堂ふみ!
  2. 黒崎くんの言いなりになんてならない(映画)あらすじやキャストは?
  3. 僕らのごはんは明日で待ってるに中島裕翔!あらすじ感想とキャスト
  4. ディアスポリス(ドラマ)原作あらすじとネタバレ感想!キャスト相関図
  5. ブラックペアン
  6. 家族
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。