寵妃の秘密(中国ドラマ)あらすじネタバレ(最終回結末)とキャスト相関図!

この記事は6分で読めます

寵妃の秘密~私の中の二人の妃~
中国ドラマ『寵妃の秘密』は、2019年1月8日から毎週土~日曜日にLaLaTVで全18話放送されていて、動画見逃し配信サイト・U-NEXTでも視聴可能です!

本作品は中国で2017年7月の放送開始以降、動画再生回数3.4憶以上にも達し、とても高い人気を博しました。また、2017年の中国ネットドラマ大賞にも選ばれています。

ここでは、中国ドラマ『寵妃の秘密』あらすじネタバレ最終回結末感想キャスト相関図など、詳しくご紹介していきます♪

 

中国ドラマ『寵妃の秘密~私の中の二人の妃~』を見逃したら、U-NEXTがおすすめ!

>>31日間無料キャンペーン実施中!
※本ページの情報は2019年5月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

寵妃の秘密(中国ドラマ)あらすじ

中国ドラマ『寵妃の秘密』のあらすじをご紹介します。

東岳国曲府の二女・ 曲檀児(きょく・たんじ、リャン・ジェイ演)は、一途に想いを寄せていた墨奕懐(ぼく・えきかい、ワン・ルイチャン演)との結婚が叶わず、自殺未遂を起こす。

その事がきっかけで、現代からタイムスリップしてしまった現代人女性・曲小檀(きょく・しょうたん、リャン・ジェイ演)の心が檀児の体に入り込んでしまう。

一つの体に温厚な性格の檀児と自由奔放な性格の小檀が混在し、気を失う度に突如人格が入れ替わる二重人格となってしまったことで、周囲の人々も混乱する。

そんな中、二重人格となってしまった檀児は、父の命により、一族の地位を守るため、第八皇子である墨連城(ぼく・れんじょう、シン・ジャオリン演)と結婚しなくてはならなくなり…

連城の元に嫁いだ後も奕懐を想い続けている檀児は、連城に心意を疑われてしまう。更には東岳国の権力争いにも巻込まれてしまい…。しかし、もう一つの人格である小檀の機転の良さもあって、第八王妃として徐々に信頼を得ていくのだった。

壮絶な争いを繰り返しながら、やがてお互いの想いが恋愛感情へと変わってゆく連城と小檀。一方、一途で奥ゆかしい檀児は、終始奕懐に想いを寄せつづけ…。

中国ドラマ『寵妃の秘密~私の中の二人の妃~』を1話から視聴するならU-NEXT

 


スポンサーリンク


 

寵妃の秘密(中国ドラマ)ネタバレ・最終回結末

中国ドラマ『寵妃の秘密』のネタバレ・最終回結末をご紹介します。

最初は連城から奕懐のスパイだと疑われた檀児(小檀)であったが、「一夜を共にすれば離縁状を書く」と言われ、小檀はこれを承諾し共に夜を明かす。この事をきっかけに、小檀と連城は仲を深めていく。

一方、怪しい刺客が曲家の秘宝である鎮魂珠を狙い始める。連城は黒幕を探るため奕懐にかまをかける。刺客が奕懐によるものだと知り皇帝も怒り心頭の中、檀児は奕懐の無実を信じ続けるのであった。

側室から古画を貰った檀児。その画には「3日後に君と会いたい」という奕懐からのメッセージが込められていた。奕懐に真意を問うため、檀児は奕懐に会いに行くが、それは奕懐の罠であった。

檀児の危険を察した連城は、皇帝に召見されているにも関わらず助けに向かう。その事が原因で連城は後継人争いから脱落し、奕懐が皇太子になる。後日事情を聞いた小檀は、皇太子になりたい奕懐に檀児が利用されたのだと気づく。

皇太后は古画に隠されたメッセージを根拠に、連城を嵌めたのは奕懐と檀児だと連城に伝える。連城は真意を確かめるため、古画を真似して画を描き檀児を呼び出してみる。

古画を受け取った小檀は奕懐に文句を言うため会いに行くが、そこで待っていたのは連城であった。すっかり失望した連城に対して小檀は二重人格であることを打ち明けるが信じてもらえず、離縁を言い渡される。

食べることすら忘れてしまうほど落ち込んだ小檀。失意の中一人で池の周りを歩いていると、何者かに池に落とされてしまう。

酒を飲んでいた連城は、小檀が池に落とされたと聞き急いで駆けつけるが、時既に遅く、息を引き取った小檀を抱きかかえながら当時の事を後悔するのであった。

そこに謎の老人、流千水(りゅうせんすい)が現れ、「血の契約を交わせば小檀を助けよう。但し、血の契約を交わしたらお前と小檀は生死を共にすることになる。」と言われる。連城は迷うことなく血の契約を交わし、小檀は生き返る。

こうして生き返った小檀であったが、皇太后の命により皇太后の孫娘である趙軽雲(ちょう・けいうん)が連城の側室となり、嫉妬に狂う小檀。

小檀は気を紛らわすため、ある日、流千水に現代に戻る方法は無いのかと尋ねる。流千水によると、鎮魂珠があれば現代に戻れるという。

一方、連城に全く相手をされない軽雲は、壇児の異母姉である曲盼児(きょく・ふんじ)から、「檀児のせいで連城は皇太子になれなかった」と吹き込まれ、檀児殺害の計画を企てる。

計画は失敗したが、檀児を庇った連城は致命傷を負ってしまう。小檀は流千水を呼び助けを求めるが、流千水にとって大切なのは小檀だけであるため、連城を助けようとしない。

しかし小檀から、「連城を助けてくれなかったら自殺する」と言われ、仕方なく連城を助ける。

その後、連城と檀児(小檀)は檀児殺害計画の犯人が軽雲であること、そして黒幕は盼児と盼児の母だと見抜く。

盼児の母は盼児をかばうように自殺する。そのことで檀児を逆恨みするようになった盼児は、酒宴の場で檀児殺害を計画する。

盼児は檀児に毒を盛った酒を勧めるが、檀児はそれを拒否。軽雲は連城に気に入られるため、檀児の代わりにお酒を飲んでしまい、息を引き取る。その後、軽雲を殺害した盼児を助けることを条件に、小檀と連城は鎮魂珠を手に入れるのであった。

奕懐は皇帝と皇太后の所に赴き、連城を皇太子にするように頼むが、断られる。先帝の遺詔に「連城は25歳までしか生きることが出来ない」と記載されていたからである。

失意の皇太后に対し奕懐は「連城を救うためには鎮魂珠の持ち主である檀児を殺さないといけない」と吹き込む。

後日、皇太后は小檀に対し、連城は25歳までしか生きられないこと、そして奕懐に吹き込まれた連城を救うための方法を告げ、3日後毒入りのお酒を飲むように勧める。

小檀は檀児に文を書き相談する。檀児は奕懐に会いに行くも、自分は利用されているに過ぎなかったと知り、連城を救うための小檀の決断に委ねる。

そして3日後、小檀は毒入り酒を飲もうとするが、直前で事情を知った連城が止めに入り、一命を取り留める。

邪悪な力に支配されてしまった奕懐。皇宮を占拠し、檀児を連れ去る。檀児は奕懐に幼いころの2人の記憶を語ると、正気に戻り檀児を抱きしめる。しかし奕懐の中の邪悪な力は更に力を増していき、奕懐の攻撃で檀児の魂は息を引き取ってしまう。

奕懐は再度正気を取り戻すが、連城と小檀をかばうような形で悪の主の攻撃を受け、檀児を追うように息を引き取る。

一連の戦いが終わった後、連城と小檀は平穏な日々を過ごし、子供も生まれる。しかし連城は25歳になってしまい、小檀と共に姿を消す。

2人は目覚めると玄霊大陸という所に来てしまう。そこで小檀は、自分は曲族の族長であることと、連城の意識は連城の祖父の友人である「連城若君」のものであることを知る。

連城の祖父は連城若君が亡くなったとき、自分の孫に意識を宿らせたという。25歳までしか生きられないと遺詔に記載したのは、25歳になると連城若君としての記憶の封印が解け、それまでの25年間の記憶を失うからであった。

連城は若君としての記憶を取り戻したのと引き換えに、小檀との思い出や愛し合っていた事も忘れてしまう。そんな連城を目にして傷つく小檀であったが、連城の傍を離れず献身的に世話をする。

やがて連城若君は小檀の愛は本物だと思うようになり、記憶を取り戻す薬を飲み、小檀の事を思い出すのであった。しかし、薬を飲んだことで連城若君の体調は悪くなってしまう。

そんな中、小檀は自分の前世である曲香檀と連城若君が愛し合っていたことを知る。何としても連城の命を救うべく、流千水に会いに行く。

流千水によると、天水池の泉に浸れば連城の状態は良くなるらしい。しかし、天水池の近くには香檀が封じ込めた魔帝がいる…。

連城は天水池の泉に浸り、体調は回復する。しかしそこに魔帝が現れるのであった。連城と小檀は力を合わせ魔帝を倒すものの、時空の裂け目に引き込まれ、小檀は現代に戻る。

現代に戻った小檀は連城を探そうと外に出ると、一人の男性が立っていた。連城が現代にタイムスリップしていたのだ。2人は時代を超え、互いに愛し合うのであった。

中国ドラマ『寵妃の秘密~私の中の二人の妃~』を1話から視聴するならU-NEXT

 


スポンサーリンク


 

寵妃の秘密(中国ドラマ)感想

中国ドラマ『寵妃の秘密』の感想をご紹介します。

まず、主人公カップルの恋愛模様にドキドキが止まりません!特に仲良くなってからの2人のイチャイチャしている姿は、かなりキュンキュンきます。

小檀の無邪気な可愛さ連城のツンデレっぷりも愛おしいです。

一方で、一途に想いを寄せていた檀児と奕懐の愛の結末は切ないと感じました…

また、作中のカギとなるファンタジー要素や原作小説由来のコメディ要素も含んでいて、とても見ごたえがありました。

後半のとんでもないファンタジー展開にクスリときながら、小檀と連城のラブラブっぷりにドキドキし、一石二鳥のような気分になりました(笑)

時代劇もの特有の重苦しさも感じず、気楽に見ることができますよ♪
中国では続編も放送されており、これからますます目が離せない!

中国ドラマ『寵妃の秘密~私の中の二人の妃~』を1話から視聴するならU-NEXT

 

寵妃の秘密(中国ドラマ)キャスト・出演者

中国ドラマ『寵妃の秘密』のキャスト相関図をご紹介します。

曲檀児(きょく・たんじ)/曲小檀(きょく・しょうたん) 役:リャン・ジェイ

東岳国曲府の二女。自殺未遂したことがきっかけで、現代人女性である小檀の人格が入り込んでしまい、二重人格となる。

リャン・ジェイ
1994年生まれの若手女優である彼女は、2014年にデビューして以降徐々に知名度を上げていき、本作品で一躍ブレイク!

性格の全く異なる二重人格という難しい役を見事に演じこなし、彼女の可愛らしさが本作品でもふんだんに詰まっています。

 

墨連城(ぼく・れんじょう) 役:シン・ジャオリン

東岳国第八皇子。最初は小檀の事を怪しむが、壮絶な争いを繰り返しながらだんだん彼女に惹かれていき…

シン・ジャオリン
演じていた当時(2017年)なんとまだ21歳であった彼。リャン・ジェイと同様、この作品で知名度を更に上げ、今では数多くのドラマに出演しています。

本作品では、彼のツンデレぶりが見どころの一つですよね。

 

墨奕懐(ぼく・えきかい) 役:ワン・ルイチャン
東岳国大皇子であり、檀児の想い人。かつては檀児と心を通わせていたが、やがて政略的に檀児を利用するようになってしまい…

ワン・ルイチャン
シン・ジャオリンと同い年である期待の若手俳優。本作品ではスマートでありながら怪しさや妖艶さのある役どころを演じております。
中国ドラマ『寵妃の秘密~私の中の二人の妃~』を1話から視聴するならU-NEXT

 


スポンサーリンク


 

寵妃の秘密(中国ドラマ)登場人物相関図

中国ドラマ『寵妃の秘密』の登場人物・相関図をご紹介します。
※相関図は公開され次第、こちらでご紹介します。

中国ドラマ『寵妃の秘密~私の中の二人の妃~』を1話から視聴するならU-NEXT

 

寵妃の秘密(中国ドラマ)基本情報

寵妃の秘密
2019年1月8日(火)スタート(全18回)
LaLaTV 毎週土、日曜日 午前4:15~

監督:リチャード・ユン
脚本:楊十夜(ドラマ『夜の上海』)

中国で3億回以上の視聴回数を記録し、一大ブームを巻き起こした本作品。至高のラブファンタジーを是非ご覧あれ!
中国ドラマ『寵妃の秘密~私の中の二人の妃~』を1話から視聴するならU-NEXT

 

中国ドラマ一覧

他の中国ドラマを見る

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 皇后の記
  2. 運命に似た恋(ドラマ)あらすじやキャスト!原田知世と斉藤工の純愛劇
  3. 新牡丹と薔薇(昼ドラ)第13話・第14話・第15話あらすじやネタバレ
  4. 好きな人がいること(月9ドラマ)主演に桐谷美玲!キャストと相関図
  5. ミス・ハンムラビアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。