スイッチ(韓国ドラマ)あらすじネタバレ(最終回結末)とキャスト相関図!

この記事は3分で読めます

スイッチ
韓国ドラマ『スイッチ』2019年6月7日から毎週金・土曜日23:30~24:45
KNTVで全16話放送
されることが決定しました!(再放送日曜17:30~)

韓国では2018年3月28日から放送されていて、チャン・グンソクが兵役入隊前最後の主演作として話題になりました。
チャン・グンソク2年ぶりの主演となる『スイッチ』とはどんなドラマなのでしょうか?

ここでは、韓国ドラマ『スイッチ』あらすじネタバレ最終回結末感想キャスト相関図など、詳しく紹介していきます♪

 


スポンサーリンク


 

スイッチ(韓国ドラマ)あらすじ

韓国ドラマ『スイッチ』のあらすじをご紹介します。

ある無人島で違法な賭場が開かれていました。そんな中銃撃事件が発生します。そこへ、検事のペク・ジュンス(チャン・グンソク)が現れます。

時は遡り6年ほど前、サ・ドチャン(チャン・グンソク/2役)は、司法試験の受験生でした。試験時間目前、詐欺師のポン監督(チョ・ヒボン)から助けを求める1本の電話がかかります。

ドチャンは、ポン監督を助けに行きます。ドチャンは夢だった検事を諦め、詐欺師になることを選んだのです。

そんなドチャンは、今や詐欺チームを束ねるリーダーになっていました。賭場現場で検事になりすまし、巨額の掛け金を奪います。

ドチャンがジュンスになりすましている同じころ、本物の検事ペク・ジュンスは捜査に向かう途中で交通事故に遭い、意識不明の重体となってしまいます。

ジュンスの後輩の検事、オ・ハラ(ハン・イェリ)は、ジュンスの事故に不可解なものを感じます。

そんな中ハラは、ジュンスに瓜二つのドチャンと出会います。ハラはドチャンに、ジュンスのふりをして自分と組んで事件を解決するよう依頼します。

そこからドチャンはジュンスになりすまし、ハラと共に法の抜け道をくぐり抜ける悪人たちを捕まえていくのですが、命を狙われる事件に巻き込まれ...。

 

スイッチ(韓国ドラマ)ネタバレ・最終回結末

韓国ドラマ『スイッチ』のネタバレ・最終回結末をご紹介します。

ビルギャラリーのオーナーで麻薬流通業者のクム・テウン(チョン・ウンイン)に命を狙われるドチャンとハラでしたが、テウンの数々の悪事を暴こうとテウンに詐欺を仕掛けます。

偽のダイヤを売りつけ、テウンの全財産を奪うことに成功し、テウンが怒りますが、すぐにハラが押しかけテウンを殺人容疑で逮捕します。

事故により入院していた本物のジュンスは、自分が重病で手術が必要と知り、密かにドチャンに自分になりすますように依頼していました。

そしてテウンの調査が開始された後、ドチャンに窮地が訪れます。捜査の証拠をすべて無効にする為、ドチャンが偽物のジュンスであることを暴こうと血液検査を求められたのです。

しかし、血液検査の結果、ジュンス本人と判明します。先立って正体がばれる事に気づいたジュンスが手術が終わり、ドチャンと入れ替わっていたのです。

これによりテウンの悪事が暴かれ、テウンに死刑が求刑されるのです。
事件が終わり、テウンの裁判を見届け、去ろうとするドチャンを引き留めるハラですが
「仕事が終わったので、私の道を行く」と去っていきます。ドチャンの詐欺メンバーも解散してバラバラになります。

それからしばらくして、詐欺メンバーが集結しある作戦を実施します。そこに捜査をしていたハラとジュンスが押しかけ犯人を検挙します。

不思議に思うハラとジュンスですが、後になりドチャンの作戦で犯人を検挙できたことを知り、笑顔を見せるのでした。

 


スポンサーリンク


 

スイッチ(韓国ドラマ)感想

韓国ドラマ『スイッチ』の感想をご紹介します。

なんといってもチャン・グンソクの一人二役が素晴らしかったです。
検事と詐欺師という対照的な2人を見事に演じ切り、見事の一言でした。

詐欺集団や、コンビのハラとの掛け合いも非常にテンポがよかったり、しっかり見ていても騙されてしまう巧妙な頭脳戦も隠されていたりと、
スピーディーなストーリー展開で飽きずに最後まで楽しめました。

ハラ役のハン・イェリさんは舞踊家としても活動しているので、見事なアクションシーンも見ものです。

兵役を終えたチャン・グンソクの姿が気にならずにいられないほどの演技で魅了してくれたこのドラマは、是非皆さんに見ていただきたい作品です。

 

スイッチ(韓国ドラマ)キャスト・出演者

韓国ドラマ『スイッチ』のキャスト・出演者をご紹介します。

サン・ドチャン役:チャン・グンソク

詐欺グループのリーダーを務める天才詐欺師。
女検事ハラに依頼され、検事になりすます。

 

ペク・ジュンス役:チャン・グンソク(二役)

ソウル中央地検検事。
捜査中に交通事故に遭い、意識不明の重体になる。

チャン・グンソク

1993年に子供服モデルとしてデビュー後、ドラマ「美男ですね」や「ラブレイン」など数々のヒット作に主演し、日本でも人気を博している。
今作では、対照的な役柄で一人二役を見事に演じている。

 

オ・ハラ役:ハン・イェリ

ソウル中央地検検事。
ジュンスに瓜二つのドチャンに、ジュンスになりすますよう依頼し、事件を解決していく。

ハン・イェリ

「劇的な一晩」や「狩り」など映画を中心に幅広い演技を見せる若手実力派女優。舞踊家という顔も持つ。
今作では、男勝りな女検事を演じている。

 


スポンサーリンク


 

スイッチ(韓国ドラマ)登場人物相関図

韓国ドラマ『スイッチ』の登場人物・相関図をご紹介します。
スイッチ相関図

 

スイッチ(韓国ドラマ)基本情報

スイッチ
2019年6月7日スタート(全16話)
KNTV 毎週金、土曜日23:30~

脚本:ペク・ウンチョル(ドラマ「怪しい家政婦」「必殺最強チル」)
演出:ナム・テジン

日本で大ヒットしたドラマ「家政婦のミタ」のリメイクで、韓国でも話題になったチェ・ジゥ主演「怪しい家政婦」の脚本家ペク・ウンチョルが脚本の
ドラマ『スイッチ』を乞うご期待!

 

韓国ドラマ一覧

他の韓国ドラマを見る

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ファイナルライフ
  2. 楚喬伝アイキャッチ
  3. 華麗なるスパイス
  4. 波よ波よ
  5. カネの花
  6. べっぴんさん(朝ドラ)のキャストと相関図!主演の芳根京子って誰?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。