王になった男(韓国ドラマ)あらすじネタバレ(最終回結末)とキャスト相関図!

この記事は5分で読めます

王になった男
韓国ドラマ『王になった男』は、2019年6月29日から毎週土曜にKNTVで午後8時50分から2話連続の全16話が日本初放送されることに決まりました!さらに毎週金曜正午から再放送もされます。

時代劇「太陽を抱く月」で王の少年時代を見事に演じたヨ・ジングと時代劇「宮廷女官チャングムの誓い」でチャングムの少女時代を演じたイ・セヨンによる演技派共演による本格時代劇です。

このドラマは2012年に公開されたイ・ビョンホン主演映画のリメイクのため、放送前から内容やキャストなどが話題になりました。

さらに韓国のtvNで月・火曜枠のドラマ歴代最高視聴率を更新しました。

ここでは、韓国ドラマ『王になった男』あらすじネタバレ、最終回結末感想キャスト相関図など、詳しくご紹介していきます♪

 


スポンサーリンク


 

王になった男(韓国ドラマ)あらすじ

韓国ドラマ『王になった男』のあらすじをご紹介します。

床に伏し、死が迫ったことを感じた王は、息子である世子イ・ホン(ヨ・ジング)にイ・ホンの異母兄弟である永昌大君のことを頼みます。

しかし父親から疎まれ、愛情を知らずに育ったイ・ホンはその言葉を聞き、父に対して憎しみを増すことになりました。

イ・ホンは王座に就きます。王座を確固たるものにするため弟の永昌大君を毒殺します。

さらにイ・ホンと義父である府院君ユ・ホジュン(イ・ユンゴン)、都承旨のイ・ギュ(キム・サンギョン)シン・チス(クォン・ヘヒョ)と手を組み、反対勢力を制圧します。その時の働きによりシン・チスは強大な権力を手に入れます。

イ・ホンは弟を毒殺した罪悪感と常に刺客から命を狙われているため、心が休まることがありませんでした。

そんな時、不安に苛まれていたイ・ホンを刺客が襲います。捕らえた刺客から黒幕がシン・チスだと聞き出しますが、刺客は王の前で証言を変え、府院君が首謀者だと証言します。激怒したイ・ホンは府院君を牢に入れます。

心が限界に達したイ・ホンは、自分が生き残るための対策を練るようにイ・ギュに命じます。

府院君のことを心配し、哀しみから酒を煽るように飲むイ・ギュは王を愚弄する風刺劇を見かけ、激怒します。

怒りが収まらないイ・ギュは道化師の仮面を剥ぎ取ります。仮面の下の顔を見たイ・ギョは驚き、イ・ホンにそっくりの顔を持つ道化師ハソン(ヨ・ジング)を影武者にすることを思いつきます。

王の服を着たハソンを見て、イ・ホンは高らかに笑いました。そしてイ・ホンはハソンを身代わりし、自分は寺に身を隠します。

宮廷ではハソンの正体を知るイ・ギュとチョ内官(チャン・グァン)が王に見えるように立ち振る舞いや言葉使いなど厳しく指導します。

そんな中、ハソンは庭を散歩している王妃ユ・ソウン(イ・セヨン)を見かけ、一目ぼれします。こうしてハソンの切ない恋が始まります。

暴君になったイ・ホンを拒んでいたユ・ソウンでしたが、近頃の王の言動を知るうちに王に対する気持ちが変化します。しかしそれはハソンが演じる王でした。

宮廷に戻ってきたイ・ホンはユ・ソウンの自分に対しての態度の変化を見て、ハソンに激しく嫉妬します。ハソンが邪魔になったイ・ホンはハソンを山に連れていき、始末するようにイ・ギュに命じます。

何とか生き延びたハソンは自分の大切な人達を守るために宮廷に戻り、文字を習い、力をつけるために様々な努力をします。そしてイ・ギュも覚悟を決めます。

王妃はハソンの正体を知り、自分が恋い慕っているのはイ・ホンでなくハソンだと気が付きます。

ハソンとイ・ギョは力を合わせて大胆な税制改革しようとします。しかしその改革は多くの敵を作り出し、2人は追い詰められていきます。ハソンとユ・ソウン、そしてイ・ギョを大きな陰謀が飲み込んでいきます。

 

王になった男(韓国ドラマ)ネタバレ・最終回結末

韓国ドラマ『王になった男』のネタバレ最終回結末をご紹介します。

イ・ホンの甥であるジン・ピョングン(イ・ムセン)がシン・チスと王妃と手を組み、謀反を起こします。さらにイ・ギュがシン・チスに捕まり、ハソンは追い詰められます。

イ・ギュは最後に王に拝謁することをシン・チスに頼みます。そして拝謁の場でイ・ギュはジン・ピョングンに致命的な傷を負わすことに成功しますが、イ・ギョはすぐに切られてしまいます。

ハソンはイ・ギュに駆け寄り、抱きかかえます。イ・ギュは後のことをハソンに託し、息を引き取ります。ハソンの悲痛な号泣が宮廷に響きます。

ハソンはイ・ギュの無念を晴らすためにシン・チスを自らの手で切り殺します。

さらに大妃を罠に嵌め、罪を自白させます。そして大妃に賜薬を与えました。

謀反が終わり、ハソンはイ・ギュとやり遂げようとしていた税制改革を見事に成功させます。

そして王座を譲り、先に王宮を出たユ・ソウンの元へ向かいます。王宮を出たハソンを謀反の残党が襲います。ハソンをこれからも守ろうと決めたチャン・ムヨン(ユン・ジョンソク)はハソンを命がけで守り、絶命します。ハソンも弓に撃たれてしまいます。

遺体が見つからなかったため、ユ・ソウンはハソンが生きていると信じます。それから2年が経ちましたがユ・ソウンはハソンを探し、待ち続けていました。

ハソンから教わった通り、榛(はしばみ)の実を口に含み、願いをかけます。するとハソンが目の前に現れました。幻を見ていると思ったユ・ソウンにハソンが話しかけます。

ハソンとユ・ソウンはお互いの気持ちを確かめ、2人は手を取り合い、どこかに消えていきました。

 


スポンサーリンク


 

王になった男(韓国ドラマ)感想

韓国ドラマ『王になった男』の感想をご紹介します。

朝鮮時代中期の15代国王で暴君と言われる光海君……時代劇の申し子と呼ばれるヨ・ジングが冷淡なイ・ホンと道化師のハソン役を見事に演じ分けています。子役だったヨ・ジングが凛々しくなり、大人の魅力が溢れています。

ハソンが寝ていると思ったユ・ソウンが自分の気持ちを告げ、キスをする場面も胸キュンですが、雪が舞う美しい景色の中のキスシーンはウットリします。そして初めてお互いに自己紹介するシーンは2人の気持ちが見ている側にも伝わってきて温かい気持ちになります。

さらに大妃によって子どもの産めない体になり、悲しみに打ちひしがれるユ・ソウンとハソンが浜辺を訪れ、永遠の愛を誓うシーンは見逃せません。

映画版に負けない奥行きのある映像やスケール感、優雅な衣装は圧巻です。

実在した人物の時代劇ですがラブロマンスもしっかり描かれていて、ハラハラ、ドキドキできる傑作ドラマでした。

 

王になった男(韓国ドラマ)キャスト・出演者

韓国ドラマ『王になった男』のキャスト相関図をご紹介します。

イ・ホン 役/ハソン 役: ヨ・ジング

王にそっくりな道化師ハソンを影武者とした後、寺に身を隠します。しかし心が癒されることなく、自傷行為を続け、ボロボロになっていきます。

ハソンは幼い時に両親を亡くし、道化師をしながら妹と仲間たちと力を合わせて生きてきました。イ・ギョと出会ったことで人生は一変します。どんな困難にも立ち向かうことができる強さと優しさを持っています。

 

王妃ユ・ソウン 役:イ・セヨン

王座に就く前のイ・ホンを慕っていましたが、暴君と化した王の姿に苦しみます。優しいハソンに惹かれて、笑顔になっていく恋する姿はキュートです。

 

イ・ギュ 役:キム・サンギョン

イ・ホンを必死に支えていましたが壊れていくイ・ホンを見て、悲しい決断をします。イ・ギュとハソンは同じ時間を過ごすうちに身分に関係なく、お互い尊敬し、強い絆で結ばれていきます。

 

チョ内官 役:チャン・グァン

ハソンが宮廷で王を演じるために様々なことを教えます。ハソンを優しく見守ります。

 

チャン・ムヨン 役:ユン・ジョンソク

王の護衛武官で武術の達人です。イ・ホンの命令でハソンを亡き者にしようとしたこともありましたが、いつしか命をかけてハソンを守るようになっていきます。

 

ウンシム 役:チョン・ヘヨン

妓楼の妓生で、ハソンやハソンの妹の窮地を何度も助けてくれます。イ・ギュを慕っています。

 

ユ・ホジュン 役:イ・ユンゴン

ソウンの父親で府院君であるユ・ホジュンはシン・チスの罠に嵌り、島流しにされてしまいます。シン・チスによって命を奪われます。

 

シン・チス 役:クォン・ヘヒョ

姪を側室にしただけでは飽き足らず、姪を王妃にするため暗躍し、更なる権力を手に入れようとします。

 

シン・イギョム 役:チェ・ギュジン

シン・チスの息子でハソンの妹に乱暴をし、ハソンから復讐されます。

 

大妃 役:チャン・ヨンナム

夫である王を失くした後、幼い息子を毒殺された大妃は手段を選ばない復讐の鬼となります。イ・ホンとハソンの命を虎視眈々と狙い、ジン・ピョングンやシン・チスと手を組みます。

 

ソンファダン 役:ソ・ユナ 

シン・チスが権力を得るために王の側室にされます。最大の佳境となるシーンの鍵となる役どころです。

 

チュ・ホゴル 役:イ・ギュハン

朝鮮の数学第一人者であり、税制改革をする上で重要な人物です。イ・ギュの古くからの友人でもあります。

 

ジン・ピョングン 役:イ・ムセン

イホンの甥で王になるという野心を持っていたため、シン・チスと王妃に利用されます。

 

ダルレ 役:シン・スヨン

ハソンの妹でシン・イギョムから乱暴をされた後、声を失います。

 


スポンサーリンク


 

王になった男(韓国ドラマ)登場人物相関図

韓国ドラマ『王になった男』の登場人物・相関図をご紹介します。
王になった男相関図

 

王になった男(韓国ドラマ)基本情報


王になった男
2019年6月29日スタート(全16話)
KNTV 毎週土曜 午後8時50分から午後10時20分まで 日本初放送
KNTV 毎週金曜  正午~午後1時30分まで 再放送

監督:キム・ヒウォン(「運命のように君を愛してる」「カネの花~愛を閉ざした男~」)
脚本:キム・ソンドク

チャン・ヒョクがイ・ホンの父親役でカメオ出演しています。

KNTVでは6月1日土曜日にドラマの制作日誌、6月15日にヨ・ジングのインタビューなどが放送されますのでお見逃しなく!

 

韓国ドラマ一覧

他の韓国ドラマを見る

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ファイナルカット
  2. 限界団地
  3. 琅琊榜~風雲来る長林軍~
  4. ふれなばおちん(ドラマ)原作あらすじとネタバレも!長谷川京子が熱演
  5. 大明王朝~嘉靖帝と海瑞~
  6. スニッファー嗅覚捜査官 第6話あらすじ(ネタバレ)と感想
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。