ヘチ(韓国ドラマ)キャスト登場人物とあらすじ感想!日本初放送はいつ?

この記事は6分で読めます

ヘチ
韓国ドラマ『ヘチ』は、2019年6月19日(水)からCSの有料チャンネル・衛星劇場日本初放送(毎週水曜日:全24話構成)される事が決定した注目作!

『イ・サン』や『トンイ』といった大ヒット時代劇ドラマを手掛けた脚本家キム・イヨンさんの最新作で、イケメン韓流スターのチョン・イルさんが除隊後初の連ドラ出演を果たした事でも話題を集めている『ヘチ』とはどんな作品なのでしょう?

ここでは、韓国ドラマ『ヘチ』原作あらすじネタバレ感想キャスト相関図最終回結末など、気になる情報をご紹介しながら、作品の魅力を徹底深掘りしていきます!

 


スポンサーリンク


 

ヘチ(韓国ドラマ)原作・あらすじ

韓国ドラマ『ヘチ』の原作あらすじをご紹介します

常に冷静沈着な振る舞いを見せていて、父親である朝鮮王朝19代目の王・粛宗(キム・ガプス)以上の状況判断能力を持ち合わせている青年イ・グム(チョン・イル)が本作の主人公。

絶大な権力を持つ王の息子、という立場でありながら、実の母親が下女(雑務を担当する女性)だった事もあり、イ・グムは幼い頃から“卑しい王子”と蔑まれ、不遇な日々を過ごしていました。

朝鮮王朝をコントロールする力を保持しているにも関わらず、母親の立場が低い、という理由だけで王朝とは縁遠い生活を余儀なくされたイ・グムでしたが、熱血漢パク・ムンス(クォン・ユル)との出会いがイ・グムの人生を一変させる事になり…。

後の朝鮮王朝21代目の王・英祖に即位するイ・グムが、パク・ムンスや監察のヨジ(コ・アラ)、武芸に秀でた豪傑タルムン(パク・フン)など、志を共にする仲間に支えられながら、王の立場に成り上がっていく様を描いた時代劇ドラマです。

 

ヘチ(韓国ドラマ)ネタバレ・感想

韓国ドラマ『ヘチ』のネタバレ感想をご紹介します

粛宗の後継ぎ候補・景宗(ハン・スンヒョン)が病弱だった事で、粛宗の後継者争いが激化し、景宗の退場を目論む老論勢力が勢いを増していく中、“卑しい王子”というレッテルを貼られたイ・グムが王朝に戻ってきます。

流浪生活にピリオドを打ったばかりのイ・グムですけど、ケドリ(ト・ギソク)に懇願される形で科挙試験の替え玉として試験会場に足を運びます。

その後、後継者争いの真っ只中にあるイ・タン(チョン・ムンソン)の策略に自分が利用されている事を知ったイ・グムは、イ・タンが異母弟イ・ファン(ソ・ヨンハク)の命を狙っている事を察知し、イ・タンの思惑を阻止しようとします。

イ・タンが主催した狩猟大会に自ら出場し、イ・タンの動きを探っていたちょうどその頃、イ・グムの替え玉受験の相手が主席合格を果たした後、王朝から姿を消す、という謎めいた出来事が発生します。

不穏な動きを見せるイ・タンの事を警戒していた司憲府の監察ハン・ジョンソク(イ・ピルモ)の命を受け、ハン・ジョンソクの部下にあたるヨジがイ・タンへの捜査を本格化させています。

一方、イ・グムが替え玉受験をしている事に気付いていたパク・ムンスは、自身の正義感を貫くため、荒くれ者のタルムンと行動を共にしながら、替え玉受験の相手の行方を追い求めていき…。

イ・グムが流されるがままに替え玉受験を引き受けた後、その替え玉受験の相手が失踪する、という予期せぬ出来事に巻き込まれた事がきっかけとなり、ストーリーが大きく動き出していきますので、どうぞご注目ください。

 

ヘチ(韓国ドラマ)見どころ

韓国ドラマ『ヘチ』の見どころをチェックしていきましょう

ズバリ、時代劇ドラマ『ヘチ』の最大の見どころは、生まれながらにして出世コースから外されてしまった主人公イ・グムがどのような流れで21代目の王・英祖に即位していくのか、というところに尽きるのではないでしょうか。

パク・ムンスをはじめとする個性豊かな仲間たちに支えられるのはもちろん、的確な判断力と冷静さに磨きをかける事で、目の前に降りかかる様々な困難を乗り越えていき、王の座に一歩ずつ近付いていくイ・グム。

善悪を見極める伝説の動物“獬豸(カイチ)”のごとく、歪んだ社会の改革に挑み、周囲からの信頼を勝ち取っていくイ・グムの華麗なサクセスストーリーが大きな見せ場となっていますので、どうぞご期待ください。

 

ヘチ(韓国ドラマ)最終回結末

韓国ドラマ『ヘチ』の最終回結末の大まかなあらすじをご紹介します

朝鮮王朝21代目の王・英祖に即位したイ・グムは、民に寄り添う気持ちを政策に反映させるため、王朝内の改革を次々に断行していきます。

しかし、権力に強い執着心を持つイ・タンが黙っているはずもなく、気が狂ってしまったイ・タンは宮殿内で暴走してしまいます。

目を血走らせながら、宮殿内で暴れ回るイ・タンの姿を目の当たりにし、もどかしい思いを抱えるイ・グム。

様々な悪事を働いたイ・タンを諭そうとするイ・グムでしたが、イ・グムに処刑される事を嫌ったイ・タンは、持っていた剣を自分の胸に突き刺し、自害するのでした…。

イ・タンが自殺した後、民に寄り添う“理想の王”になるべく、決意を新たにするイ・グムのたくましい姿を映し出したところでクライマックスを迎えますので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

ヘチ(韓国ドラマ)キャスト・出演者

韓国ドラマ『ヘチ』のキャスト・出演者をご紹介します

イ・グム/ヨニン君 役:チョン・イル


朝鮮王朝19代目の王・粛宗の次男
母親が下女だった事もあり、幼い頃から“卑しい王子”と呼ばれていたものの、自身の頭脳に磨きをかける事で、少しずつ周囲からの信頼を勝ち取っていく。

2019年5月24日の東京・豊洲PITでファンミーティングを開催するなど、兵役を終えた後も精力的に活動していて、日本にも多くのファンを抱えているチョン・イルさんがイ・グム役にキャスティングされています。

 

パク・ムンス 役:クォン・ユル


司憲府に補欠合格を果たした正義感たっぷりな青年
感情豊かな人物で、誰からも愛されるナイスガイだが、勉強の方は丸っきりダメ。

『耳打ち~愛の言葉~』で主人公たちと対立するカン・ジョンイル役に抜てきされるなど、メインキャラを邪魔する役どころが多かったクォン・ユルさんですが、本作ではイ・グムの右腕として主人公を健気に支えるパク・ムンス役を演じています。

 

ヨジ 役:コ・アラ(Ara)


司憲府の茶母で、後継者争いの真っ只中にいるイ・タンの事を警戒している
男性顔負けの武芸を披露するのはもちろん、様々な言語をマスターしていたり、と変装が得意だったり、と所々でハイスペックな面をのぞかせていく。

INFINITEのエルさんと共演を果たしたドラマ『ハンムラビ法廷~初恋はツンデレ判事!?~』で人情味あふれる新人判事パク・チャオルム役を見事に演じ切ったコ・アラさんがヨジ役にキャスティングされています。

 

タルムン 役:パク・フン


ケドリ派の一味で、漢陽屈指の豪傑
暴走しがちな荒くれ者だが、義理人情に厚い人物でもある。

『六龍が飛ぶ』や『太陽の末裔』『モンスター』など、ヒット作に数多く出演している名脇役のパク・フンさんが武闘派のタルムン役にキャスティングされています。

 

ヘチ(韓国ドラマ)登場人物・相関図

韓国ドラマ『ヘチ』の登場人物・キャスト相関図(ハングル版)をご紹介します
ヘチ(韓国ドラマ)登場人物・相関図

 


スポンサーリンク


 

ヘチ(韓国ドラマ)ネット上の反応

韓国ドラマ『ヘチ』に対するネット上の反応をまとめます

チョン・イルさんの復帰作という事もあってか、作品に関するツイートも多くなっていますし、本放送のオンエアを見終わった方々からも好意的な意見が数多く出ていますので、期待が高まりますね!

 

ヘチ(韓国ドラマ)主題歌・OP/EDは?

韓国ドラマ『ヘチ』の主題歌・OP/ED・OST情報をご紹介します

『純潔』鄭仁

『風的故事』全雨成

 

ヘチ(韓国ドラマ)再放送と無料動画見逃し配信サービス

韓国ドラマ『ヘチ』の再放送・無料動画見逃し配信サービスをご紹介します

【最新の再放送予定】

  • 2019年6月19日(水)~ 衛星劇場(日本初放送)

【韓国本放送の日程】

  • 2019年2月11日~ SBS

【ヘチの無料動画見逃し配信サービス】

  • 無料動画見逃し配信サービスを実施しているサイトはありません。
    ※2019年6月時点

 

ヘチ(韓国ドラマ)基本情報


ヘチ
2019年6月19日(水)スタート(全24回)
衛星劇場 毎週水曜日 午後11時~深夜1時30分※2話連続
(再放送)毎週火曜日 午後1時30分~午後4時※2話連続

原題 :『獬豸(ヘチ/カイチ)/해치』
脚本 :キム・イヨン(ドラマ『イ・サン』『トンイ』『馬医』)
演出 :イ・ヨンソク(ドラマ『アチアラの秘密』『大風水』)

最終回で31.4%という高い視聴率をマークした『一枝梅〜イルジメ〜』など、時代劇から現代の愛憎劇まで幅広いジャンルの作品を作り出しているイ・ヨンソクさんがメイン演出を担当する『ヘチ』に乞うご期待!

 

韓国ドラマ一覧

他の韓国ドラマを見る

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ビューティフルマインド
  2. イノセント・デイズ
  3. 夜警日誌
  4. 棘と蜜
  5. ヨンワン様のご加護
  6. 5時から9時まで(ドラマ)の原作あらすじとネタバレ!キャストや感想
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。