ブラック~恋する死神~(韓国ドラマ)あらすじネタバレ(最終回結末)とキャスト相関図!

この記事は7分で読めます

ブラック~恋する死神~
韓国ドラマ『ブラック~恋する死神~』は、2019年9月23日から毎週月曜~金曜にBS11で全28話放送されます。
動画の見逃し配信サイト・U-NEXTでも視聴可能です!

韓国では2017年にOCNで放送され、平均視聴率3.32を記録しています。
視聴率は伸び悩みましたが、多くの伏線が潜む内容に、リアルタイムではなく放送終了後にいつでも見られる機能で視聴しているというファンも多かったようです。
その証拠に、予定よりも話数が延長されています。

そして、ソン・スンホンが一人二役を演じるというキャスティングが注目を浴びました!

また、人気作品を手掛ける監督、脚本家が担当するという事が放送前から話題になっていた作品です。

ここでは、韓国ドラマ『ブラック~恋する死神~』あらすじネタバレ最終回結末感想キャスト相関図など、詳しくご紹介していきます♪

 

韓国ドラマ『ブラック~恋する死神~』を見逃したら、U-NEXTがおすすめ!

>>31日間無料キャンペーン実施中!
※本ページの情報は2019年8月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

ブラック~恋する死神~(韓国ドラマ)あらすじ

韓国ドラマ『ブラック~恋する死神~』のあらすじをご紹介します。

この世を去る日が近づいた人に忍び寄る“最後の影”を見る事が出来る能力を持ったカン・ハラム(Ara)
ある日、ひょんなことで刑事のハン・ムガン(ソン・スンホン)と出会います。

ムガンはハラムの能力を知り、死から人々を守るため協力しあうことを提案し、ハラムもその提案を受け入れますが、人質事件に巻き込まれたムガンは銃で撃たれてしまい…。

命を落としたと思われたムガンに、死神のブラック(ソン・スンホン/2役)が体に乗り移ってしまうのです。

ムガンの体にブラックが入った事によって、ハラムとムガンの運命の歯車が動き出します!!

 


スポンサーリンク


 

ブラック~恋する死神~(韓国ドラマ)ネタバレ・最終回結末

韓国ドラマ『ブラック~恋する死神~』のネタバレ・最終回結末をご紹介します。

ブラックは死神になる前の記憶を思い出します。
その記憶はブラックにとって耐えがたいものでした。

ジュンという名前で生きていたブラック。
実は、ハラムがブラックを死神にした原因でもあったのです。

ハラムの父親がいた奥に隠れていたジュンが父親に忍び寄る最後の影に見えたハラムは銃を放ってしまいました。
頭を撃たれたジュンの心臓をムガンの母親が盗みムガンに移植したのです。

この事実を知ったブラックは酷くショックを受け、ハラムに暴言を吐いてしまいます。
ハラムもブラックの態度に困惑しショックを受けるのです。

その後、ハラムは自分の能力を悲観し、死の影を見えなくするため自分の目を潰そうとしていました。
そこへブラックが駆けつけ事なきを得ます。

ブラックは死神007(チョ・ジェユン)から、早くジュニの死体を海から引き上げないと、ムガンの体から出されてしまうと忠告を受けます。
しかし自分が死んだ原因が捜査されれば、ハラムが本当の事を知ってしまう…。

ムガンの体に乗り移れたのも何か理由があると考えたブラックは、人間の姿でハラムと暮らすと決心するのです。

ブラックは、病院にハラムを連れて行き、暴言を吐いたのは頭に銃弾が残っていて神経を圧迫しているからだと話します。

担当の医師にも、後遺症で攻撃的な言葉を話してしまうのだと説明を受けたハラムはブラックの暴言が本心ではないと知って安心するのです。

ブラックや仲間の刑事たちの努力も空しく、キム・ヨンソク議員(イ・ドゥイル)が釈放されてしまい…。
ユン・スワン(イエル)はアメリカに行く予定でしたが、それを取りやめ20年前自分を暴行した事を暴露しようと決心するのです。

しかし、ブラックは「そのことは俺に任せてくれ」と言い、「頼みがある」と言ってジュニの実の母親とアメリカへと行くよう話します。

ブラックはレオ/キム・ウシク(キム・ジェヨン)の中にいるチェ・スドン(パク・ドゥシク)を見つけます。
そしてその体に乗り移ったまま協力をするように命じるのです。

ロイヤル電子の経営権を得たオ・マンス(キム・ドンジュン)は会見を開き、マスコミの前で商業施設の建設は中止し、タイムマート跡地一帯には慰霊公園を作ると発表します。

手術の為出国するブラックを見送ったハラムは、ジュンと埋めたタイムカプセルの事を思い出し、掘り出しに向かうのです。

ハラムと入れ違いで空港にやって来たスワン。
ブラックと最後の別れの挨拶をして出国手続きに向かいます。

手荷物検査の前にスーツケースを確認したスワンは、何かを見つけ急いで空港を後にします。
それをチェン(イ・グァンフン)見られ尾行されてしまうのです。

スワンはイ・ビョンテ(ヨン・ジェウク)に電話し、キム議員が釈放されてしまったからテープのありかを教えて欲しいと頼みます。

ビョンテが隠れている部屋まで来たスワンはテープを持ってマスコミにすべて話すからテープがどこにあるか教えてと迫りますが、ビョンテはハラムが持っていると答えますがチェンにそのことを聞かれ、ハラムにも危険が…。

タイムカプセルを掘り出したハラムは、そこに入っていたテープを見て、ジュンが誰かに当てたビデオレターのテープを持ち帰りタイムカプセルに埋めたことを思い出します。

そのテープの映像を見たハラムは言葉を失ってしまいます。
女性が暴行を受けている映像が写っていたからです。

通報をしようと焦るハラムでしたが、もう1本テープが入っていることに疑問を抱きそのテープも確認します。

レオは、キム議員からの電話で呼び出され、レオの中に潜んでいるスドンは、幼いレオがジュンにテープを見せたことを知るのでした。

キム議員が死んでいるのを発見したブラックは、スドンからテープの報告を受け、テープが隠されている場所へと急ぎますが、もうハラムに掘り返された後でした。

ブラックはマンスを訪ね、チェ・グンホ(クォン・ヒョスク)を探して欲しいと頼みます。
テープに映っているのはグンホだったのです。

警察に通報したハラムは、刑事と一緒にチェンに拉致されてしまいます。
グンホはチェンからハラムを捕まえた事と、キム議員を始末したことの報告を受けます。
キム議員はグンホの悪事を知って強請っていたのです。

ハラムはプールに水を入れられながらグンホにテープのありかを問われますが、それに答えようとせず、チェンによって感電させられそうになったところへブラックが現れます。

水に沈んでしまったハラムを助けた後、チェン達と闘うブラック。
ハラムがされたように、プールにチェンを落とし感電させるのです。
そしてグンホにも手を掛けるのでした。

病院に搬送されたハラムと刑事たち。
ハラムの母親が、ブラックからの手紙を持ってきます。

そこには、無事に手術が終わった事と、手紙と一緒に術後の写真が入っていて安堵するハラム。

ムガンの母親は、移植手術した直後に適合する心臓が見つかった事を知りずっと悔いていました。
罪を書いた遺書を残し自ら命を絶ってしまいます。

警察署では、刑事たちが話している内容から、幼い頃自分が撃ったのはジュンだったのだと知ってしまうハラム。

ハラムの様子を見に来たレオは、ブラックからハラムを見守ってくれと頼まれていました。
そしてジュンの死因とムガンの失踪を知ることがないように隠してくれと。

海辺の防犯カメラに、ムガンが飛び降りる映像が映されているのを発見する刑事。
それを見たハラムと刑事たちは泣き崩れます。

ブラックは、天界のルールを破った罪として消滅を言い渡されます。しかし、ハラムが何もかも知ってしまったと聞き存在自体を無くす最高刑に処して欲しいと頼むのです。

自分の存在が忘れられればハラムは辛い思いをしなくて済むからと…。

ムガンが飛び降りた崖から身を投げようとしていたハラムでしたが、ブラックの存在が無くなってしまったことで、運命が変わるのです。

人の最後の影などは見えず、普通の女性として幸せに生きます。
そして、年をとったハラムは幼なじみのレオから悲しい運命の死神の物語を聞き、なぜかひどく胸を締め付けられるのです。

レオはハラムの向こう側を見て「迎えに来た」と呟き、ハラムにプレゼントを渡します。
そのプレゼントは赤いミサンガでした。

そのミサンガを見たハラムは涙を流します。
そのまま朝を迎え、ハラムの最後を迎えに来たのはブラックでした。

「ごめんね。やっと思い出した…。」と言うハラムに「いい人生だったか?」とブラックが問います。
「とっても幸せな人生だった」とハラムが答えブラックにミサンガを付けてあげるのです。

二人は手を握り天へと旅立ちます。

 


スポンサーリンク


 

ブラック~恋する死神~(韓国ドラマ)感想

韓国ドラマ『ブラック~恋する死神~』の感想をご紹介します。

かなり複雑なストーリーですが、とても見応えのあるドラマです!
死神が主人公なのでシリアスな内容かと思えば、コミカルな部分も沢山あって、重くならずに視聴できます。

そして、なによりもソン・スンホンさんがカッコいい!
熱血刑事のムガンにブラックが乗り移った事で、冷血な刑事になるのですが、ハードボイルドでめちゃくちゃ魅力的なのです!

伏線が沢山散りばめられているので、どのシーンも見逃せません!
時間軸が行ったり来たりするのも特徴なのですが、ちょっと気を抜いていると重要なシーンを見逃してしまうので、じっくり見られる時間を作って視聴する事をオススメします。

ジュンが何故死神になってしまったのか、ハラムとブラックの悲しく切ない運命など後半は辛いシーンが続きますが、最後は心温まるストーリーになっています。

 

ブラック~恋する死神~(韓国ドラマ)キャスト・出演者

韓国ドラマ『ブラック~恋する死神~』のキャスト相関図をご紹介します。

ハン・ムガン/ブラック役:ソン・スンホン

ソウン庁強力犯罪係の刑事であるムガン。
人質事件で撃たれたムガンの体に死神のブラックが乗り移り、ムガンの体で生活をする。

ソン・スンホン

スカウトがきっかけでモデルとしてデビューしたソン・スンホンさん。
1996年に俳優としてデビューし、ドラマ『秋の童話』で主演を務め、俳優として注目されました。

トップ俳優として多くの作品で主演を務めています。
『ブラック~恋する死神~』では一人二役に挑戦し、ハードボイルドな死神、そして刑事をとても魅力的に演じています。

 

カン・ハラム役:(Ara)

いつもサングラスを付けている通称「サングラス女」。
そのサングラスには、ある影が忍び寄る瞬間を目撃しないためにつけている。

Ara

SMエンターテイメント主催のオーディションでグランプリを受賞し芸能界デビューを果たしているAraさん。

ドラマ『応答せよ1994』や『花郎』などの人気作品でヒロインを演じています。

『ブラック~恋する死神~』では、悲しい運命に翻弄されるヒロインを演じ、高い演技力を披露しています。

 

ユン・スワン役:イエル

ムガンの恋人。
ドクターとして活躍しているが、ムガンがある過去の事件を捜査していると知り、本当の自分の姿がバレてしまわないか怯える。

イエル

ミュージカル女優としてデビューしたイエルさん。
舞台やCMを中心に活躍していましたが、ドラマ『トッケビ』への出演がきっかけで一気に注目を浴びた女優さんです。

『ブラック~恋する死神~』でイエルさんが演じる、聡明で凛としているスワンはイエルさんにピッタリでとてもステキでした。

 

オ・マンス役:キム・ドンジュン

世渡り上手なイケメン財閥二世。
ハラムのことを巫女だと勘違いし、自分の地位を守るためハラムに近づく。

キム・ドンジュン

2010年に人気アイドルグループ「ZE:A」のメンバーとしてデビューしたキム・ドンジュンさん。

ドラマ『輝けウンス』や『止めたい時間:アバウトタイム』などでの演技も好評で、俳優としの活躍も注目されています。

 


スポンサーリンク


 

ブラック~恋する死神~(韓国ドラマ)登場人物相関図

韓国ドラマ『ブラック~恋する死神~』の登場人物・相関図をご紹介します。

 

ブラック~恋する死神~(韓国ドラマ)基本情報

ブラック~恋する死神~
2019年9月23日スタート (全28話)
BS11 月曜~金曜 午後3時29分~

監督:キム・ホンソン (ドラマ『ボイス~112の奇跡~』)
脚本:チェ・ラン (ドラマ『イルジメ〔一枝梅〕』)

死神なのに人を助けるブラックと、人の最後の影が見えるハラムの切ない恋を描くミステリーラブロマンス。
複雑な伏線が散りばめられた厚みのあるストーリーは見応えたっぷりです!

 

韓国ドラマ『ブラック~恋する死神~』を見逃したら、U-NEXTがおすすめ!

>>31日間無料キャンペーン実施中!
※本ページの情報は2019年8月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。

 

 

韓国ドラマ一覧

他の韓国ドラマを見る

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 偉大な誘惑者
  2. 沈黙Silence(映画)で窪塚洋介がハリウッドデビュー!キャストや感想
  3. チュノ推奴
  4. 馬医
  5. トッケビ
  6. スニッファー嗅覚捜査官 第7話(最終話)あらすじ(ネタバレ)と感想
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。