内省的なボス(韓国ドラマ)あらすじネタバレ(最終回結末)とキャスト相関図!

この記事は6分で読めます

内省的なボス
韓国ドラマ『内省的なボス』は、2019年12月9日から毎週月曜~金曜にBS朝日で全16話放送されます。
動画の見逃し配信サイト・FODでも視聴可能です!

韓国では2017年にケーブルテレビチャンネルのtvNで放送され、平均視聴率1.97%、最高視聴率3.16%と数字には伸び悩みましたが、コミカルかつシリアスな展開を楽しみにしている視聴者も多かったようです。

ドラマ『七日の王妃』で魅力的な演技を見せたヨン・ウジンが主演!!

またJYJのジュンスカメオ出演している事も話題になりました。

ここでは、韓国ドラマ『内省的なボス』あらすじネタバレ最終回結末感想キャスト相関図など、詳しくご紹介していきます♪

韓国ドラマ『内省的なボス』を1話から視聴するならFOD

 

内省的なボス(韓国ドラマ)あらすじ

韓国ドラマ『内省的なボス』のあらすじをご紹介します。

広告業界最大手であるブレイン広告の代表ウン・ファンギ(ヨン・ウジン)
内向的過ぎる性格が災いして、代表なのに会議にも会食にも姿を見せないため、社内にはファンギを知っている者がいないほど謎めいた存在。

そんなブレイン広告に、新入社員のチェ・ロウン(パク・ヘス)が入社してきます。
ロウンは、ファンギとは正反対で超ポジティブな性格。
そんなロウンはある目的でブレイン広告に入社したのですが…。

 


スポンサーリンク


 

内省的なボス(韓国ドラマ)ネタバレ・最終回結末

韓国ドラマ『内省的なボス』のネタバレ・最終回結末をご紹介します。

全ての責任をカン・ウイル(ユン・パク)に押し付けようとした父親ウン・ボクドン(キム・ウンス)に呆れ、声を荒げるファンギ。

ボクドンは、反抗的な態度のファンギに腹を立てますが、ファンギは「大声出しても聞こえないだろ?どうしてそんなに自分の事しか考えられないんだ?」と涙を流しながら自分の考えを訴えます。

そんなファンギの事を知ったウイルは「父さんに頼まれてやったのは俺なんだからこの事は俺が責任を取る。」とファンギに話しますが、ファンギは「お前しかこの会社を守れる奴はいないんだ。会社を頼む。」と言いウイルに会社を任せ、代表の座から退く事を決心します。

一方、ロウンは父親チェ・ウォンサン(イ・ハヌィ)から「お父さんみたいに狭い世界で生きるのではなく、お前を認め、広い世界に連れて行ってくれる人の元に行きなさい。」と言われファンギの元へ送り出してもらうのです。

ロウンと共に過ごした今までの事を思い出し感傷に浸るファンギでしたが、ファンギが会社から立ち去ろうとしたその時、サイレントモンスターの社員たちが現れファンギを引き止めます。

皆は涙ながらにファンギと一緒に仕事がしたいと訴えますが、ファンギは「今は赤信号だから何も言わないでください。」といって別れを告げます。

車で帰宅していたファンギでしたが、ふと思い出に浸っていた時に後ろから衝突されてしまいます。
その相手はロウンでした。

「私はボスの側から離れることは出来ない。」と泣きながら話すロウンを抱きしめるファンギ。
そして互いの気持ちを確かめ合いキスをするのです。

ファンギとロウンは別荘を訪れます。
シャワーも浴びず、ベッドでお菓子を食べ散らかすロウンを見て驚愕するファンギ。

どうにかロウンをベッドからどかして掃除をしたいファンギはゲームに誘ってロウンをどかそうとします。
しかし思ったようにいかずストレスをため込むファンギ。

翌日、車でもお菓子を食べ散らかすロウンにファンギはついにキレてしまいます。
溜めすぎた鬱憤を一気に爆発させたファンギに対して、腹を立てたロウンは「ボスの車にはもう乗らない!」と言って歩き出してしまいます。

ロウンはファンギが引き止めてくれると思っていたのに、そのまま自分を置き去りにして行ってしまった事にショックを受けます。

車を移動させて戻ってきたファンギは「車を路上に置きっぱなしには出来ないだろ」とロウンに話しますが、中々泣きやまないロウンを抱きしめ慰めるのでした。

仲直りしたファンギとロウンは海辺で語り合います。
そこへロウンに呼ばれてウイルとウン・イス(コン・スンヨン)がやってきます。

4人で食事をしますが、ぎこちなさが消えないまま時間が過ぎていきます。
食事の後、イスはロウンに謝り「親しくなるのは難しいですよね?でも私を見るのが嫌なら遠くに離れているから、兄の側に居てあげてくれませんか?」と話すのです。

ウイルはファンギに「イスと一からやり直すことにしたよ。」と報告をするのでした。

その夜、中々眠りにつけないファンギを見かねたロウンはサイレントモンスターの社員からのメッセージビデオをファンギに見せます。
そこには社員たちからのファンギへの思いがたっぷり込められていました。

その動画を見たファンギは会社に戻ることに。

後日、ファンギは父親を連れロウンの父親が経営する理髪店を訪れます。

ボクドンはファンギに外に出ていろと言い、ウォンサンと二人になると「我が子をあんなふうに育てた自分が恥ずかしくて…すみません。」と言いウォンサンに謝罪をした後、髭剃りをしてもらいます。
そんな父親の姿を見たファンギは嬉しそうに微笑むのです。

会社ではサイレントモンスターの仲間たちがファンギの帰りを待ちわびていました。

サプライズをしようと隠れて待っていた社員たちは、ファンギとロウンがいちゃいちゃしているところを目撃してしまい、いつから付き合ってたの?と騒ぎになるのです。

新たな恋が生まれたりと、和気あいあいとしたムードで楽しそうに仕事をするサイレントモンスターの社員たち。

そんな中ファンギから社員それぞれに手紙が渡されます。
しかし、一人だけ渡されなかったロウン。

個人的に渡されるのかと期待したロウンでしたが、ファンギは「書けなかった。」と話します。
がっかりしたロウンは「私は相変わらず後回しなんですね。」と拗ねて「ボスは私を愛していないんですね。」と怒りだしてしまうのです。

誤解が無いよう、本当の気持ちを伝えたかったファンギは、手紙を何度も書き直して、結局ロウンにだけは言葉で綴ることができなかったのですが、ロウンには言い訳に聞こえてしまいました。

そんなロウンを見たファンギは、昔の内向的な性格が嘘のように、社員の前でダンスをしながら「チェ・ロウン愛してるよ!」と愛を告白します。

ロウンはファンギに駆け寄り抱きつきます。
ファンギはロウンにキスをして愛を確かめ合うのでした。

>>韓国ドラマ『内省的なボス』のネタバレの続きはFODで!

 


スポンサーリンク


 

内省的なボス(韓国ドラマ)感想

韓国ドラマ『内省的なボス』の感想をご紹介します。

天真爛漫なロウンとビビリで超人見知りなファンギのやり取りがとても可愛らしく、こちらもついつい笑顔になってしまうドラマでした。

亡くなったお姉さんの復讐を果たすためにファンギに近づいたロウンでしたが、ファンギの本当の姿を見ていく過程でロウンがファンギに惹かれていく様子がきちんと表現されていてステキでした。

二人の思いが通じてイチャイチャしている姿は胸キュンしてしまいます!

人と接するのが極度に苦手なだけで、本当は周りを良く見ていて機転がきくファンギがとてもカッコいいのですが、ファンギを演じるヨン・ウジンさんのおどおどした演技がとてもチャーミングでした!
ファンギの、小心者の姿と、誰かの為に頑張る姿のギャップにやられてしまいます!

ロウンのお姉さんが亡くなった事にウイルとイスの恋が深く関わっているので、この二人の恋愛模様も見逃せません!

また、ベテラン俳優さんたちがカメオ出演しているのも見どころのひとつ!
JYJのジュンスを始め豪華なメンバーが出演していますので、誰が出演しているのか探すのも楽しいですよ!

 

内省的なボス(韓国ドラマ)キャスト・出演者

韓国ドラマ『内省的なボス』のキャスト相関図をご紹介します。

ウン・ファンギ役:ヨン・ウジン

広告業界最大手のブレイン広告の代表。
代表のくせに内向的過ぎる性格のため、自分のオフィスに籠り、唯一友達のウイルとだけ接している。

ヨン・ウジン

『恋愛じゃなくて結婚』や『離婚弁護士は恋愛中』などのラブコメドラマに多数出演しているヨン・ウジンさん。
2007年にモデルとしてデビューしています。

安定した演技力が人気の俳優さんで、『内省的なボス』では、今までにないキャラクターをコミカルに演じています。
人見知りだけど、実は誰よりも人の事を見て陰ながら支えているという役柄はヨン・ウジンさんの柔位階雰囲気にピッタリでした。

 

チェ・ロウン役:パク・ヘス

ブレイン広告の新入社員で、超ポジティブで明るい性格。
周りの雰囲気を明るくする才能がある。

パク・ヘス

オーディション番組KpopStarへの出演がきっかけで芸能界デビューしたパク・ヘスさん。
2015年に女優としてデビューしています。

2016年に放送されたドラマ『青春時代』での演技が高く評価され、女優として広く認知されました。

『内省的なボス』では、ロウンを可愛らしく演じています。

 

カン・ウイル役:ユン・パク

ファンギの親友でブレイン広告の社員。
頼れるリーダー的存在で部下からも慕われている。
ファンギの父に気に入られていて、ファンギの妹、イスの婚約者。

ユン・パク

2012年に俳優としてデビューしたユン・パクさん。
様々な役柄をこなす演技派の俳優さんです。

デビュー以降、立て続けにドラマや映画に出演している人気俳優さんです。

ユン・パクさんが注目されたドラマ『家族なのにどうして』ではクールな役柄を演じていましたが、『内省的なボス』では頼りがいのある優しい男性を好演しています。

 

ウン・イス役:コン・スンヨン

ファンギの妹で、ファンギとは正反対の性格。
見た目の印象とは違い、誰にでも優しく接する。
ファンギの性格も理解して支えになる。

コン・スンヨン

スカウトをきっかけに芸能界デビューしたコン・スンヨンさん。
デビュー前はSMエンターテイメントの練習生としてレッスンに励んでいたそうです。

人気ガールズグループTWICEのジョンヨンさんの実のお姉さんでもあります。
バラエティー番組『私たち結婚しました』への出演がきっかけで一躍有名になりました。

『内省的なボス』ではウイルに一途に恋する姿を切なく演じていました。

 


スポンサーリンク


 

内省的なボス(韓国ドラマ)登場人物相関図

韓国ドラマ『内省的なボス』の登場人物・相関図をご紹介します。
※相関図は公開され次第、こちらでご紹介します。

 

内省的なボス(韓国ドラマ)基本情報

内省的なボス
2019年12月9日スタート (全16回)
BS朝日 月曜~金曜 午前8時30分~

監督:ソン・ヒョヌク (ドラマ『また!?オ・ヘヨン~僕が愛した未来(ジカン)』)
脚本:チョ・ファミ (ドラマ『恋愛じゃなくて結婚』)

超がつくほど人見知りで内向的なボスと、超がつくほどポジティブな新入社員が織り成すドタバタなオフィスラブ!

 

韓国ドラマ一覧

他の韓国ドラマを見る

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 新牡丹と薔薇(昼ドラマ)第1話ネタバレ感想!演技が酷い?相関図も
  2. 太陽を抱く月
  3. 偽りのフィアンセ~運命と怒り~
  4. トットちゃん(昼ドラマ)原作あらすじとネタバレやキャスト!黒柳徹子の半生をドラマ化
  5. 応答せよ1997
  6. ボディーガード(ミュージカル日本版)
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。