リーガルサービス(台湾ドラマ)あらすじネタバレとキャスト!【動画無料視聴】

この記事は6分で読めます

リーガルサービス(台湾ドラマ)は、2020年2月19日(水)からBS日テレで毎週月曜日~金曜日(全20話)に放送されている注目作で、大手動画サイト・Huluでも見逃し配信を好評実施中!

「台湾ドラマ=恋愛・ラブコメ」というイメージが先行している中、台湾ドラマ史上初の法曹ドラマとして大きな話題を集めている『リーガルサービス』とはどんな作品なのでしょう?

ここでは、台湾ドラマ『リーガルサービス』原作あらすじネタバレ感想キャスト相関図見どころ最終回結末主題歌など、きになる情報をご紹介しながら、作品の魅力にとことん迫っていきますので、どうぞお楽しみに!

台湾ドラマ『リーガルサービス』を1話から視聴するならhulu

 

リーガルサービス(台湾ドラマ)原作・あらすじ

台湾ドラマ『リーガルサービス』の原作あらすじをご紹介します。

長河(チャンホー)法律事務所に所属している女性弁護士ファン・ジョン(ティエン・シン)は、自身が抱える案件を迅速かつ穏便に対応し、少しでも早く結審させる事に強いこだわりを持っています。

自分の役割を果たす事だけを考えているファン・ジョンでしたが、新米弁護士時代に大きなトラブルに巻き込まれた事がきっかけとなり、理想を追い求める気持ちを投げ捨て、現実的な問題に向き合う“リアリスト”に生まれ変わっていました。

過去のトラウマのせいで現実主義者になったファン・ジョンの元に1人の若者が現れます。

その若者の名はチェン・ボーユン(ハンス・ジョン)。
正義感たっぷりな好青年で、「困っている人々を救いたい!」という熱い思いを胸に秘め、実習弁護士として長河法律事務所へとやってくるのだが…。

現実主義者のファン・ジョンと熱血漢のチェン・ボーユン、という真逆な性質の2人がタッグを組み、5ヶ月間の実習をスタートさせるところから物語が急展開していく台湾ドラマ界史上初のリーガル連ドラです。

 


スポンサーリンク


 

リーガルサービス(台湾ドラマ)ネタバレ・感想

台湾ドラマ『リーガルサービス』のネタバレ感想をご紹介します。

長河法律事務所の面接試験を受けようとしていたチェン・ボーユンが、事務所に向かう道中でひったくり犯を捕まえたものの、試験時間に間に合わず、受験資格剥奪の危機にさらされる…など、1話から忙しい展開を見せていく『リーガルサービス』。

おっちょこちょいなんだけど、正義感の強さは人一倍…というクセの強いチェン・ボーユンを育成する、というミッションに拒絶反応を見せるファン・ジョン。

でも、チェン・ボーユンの後輩で、マラソンランナーとして活躍していながら、刑事事件の容疑をかけられていたフー・ジェンシンのサポートをするようになってから、ファン・ジョンは嫌々ながらもチェン・ボーユンとコンビを組む事に。

3話では、知名度の高い動画配信者が襲撃される、という衝撃的な事件が発生。
ファン・ジョンとチェン・ボーユンは、襲撃を唆した容疑にかけられた同業者ルオ・スートンの弁護を担当します。

ルオ・スートンと被害者との関係性を探るため、ルオ・スートンの元を訪ねていくファン・ジョンたちですけど、SNS上のバッシングに耐えかねたルオ・スートンが亡くなってしまい…。

凶悪な刑事事件やデリケートな離婚問題、といったリーガルドラマの定番ネタはもちろん、SNSが絡んだ事件・トラブルなど、世相を反映する形でストーリーを展開していきますので、どうぞご注目ください。

台湾ドラマ『リーガルサービス』の続きは、huluでご覧いただけます。

 

リーガルサービス(台湾ドラマ)見どころ

台湾ドラマ『リーガルサービス』の見どころをチェックしていきましょう。

一筋縄ではいかない案件と日々向き合う事になったファン・ジョンとチェン・ボーユンですけど、ステータスが全然違う2人は事あるごとに言い合いをしてしまい、仲違いする事もしばしば…。

ファン・ジョンとチェン・ボーユンは“上司と部下”の間柄ですが、芯の強いチェン・ボーユンは事務所のエース弁護士ファン・ジョン相手に一歩も食い下がらず、自分の主張をファン・ジョンにどんどんぶつけていきます。

真逆な考えを持っていながら、衝突を繰り返す事で自分に足りないものを気付いていくファン・ジョンとチェン・ボーユンの心境の変化が『リーガルサービス』の大きな見どころになっていますので、どうぞご期待ください。

 


スポンサーリンク


 

リーガルサービス(台湾ドラマ)最終回結末

台湾ドラマ『リーガルサービス』の最終回結末(20話)の大まかなあらすじをご紹介します。

ネット上に出回っている情報を集約してみた結果、検察官のチャオ・リーティン(ジェームズ・ウェン)と結婚していたファン・ジョンの離婚問題が浮上し、ファン・ジョンとチャオ・リーティンが法廷で争う場面が最終回に描かれているとの事。

チャオ・リーティンが妻を凶悪犯に仕立て上げる、というまさかの裏切りに遭ったファン・ジョンでしたが、ファン・ジョンと実習を積み重ねる事でたくましくなったチェン・ボーユンがファン・ジョンの弁護を担当。

大ピンチに陥ったファン・ジョンをチェン・ボーユンが見事に救い出した後、チェン・ボーユンが思い切ってファン・ジョンに愛の告白をする、というハラハラドキドキなクライマックスが待っていますので、どうぞお楽しみに!

 

リーガルサービス(台湾ドラマ)キャスト・出演者

台湾ドラマ『リーガルサービス』のキャスト・出演者をご紹介します。

ファン・ジョン 役:ティエン・シン


長河法律事務所に所属する女性弁護士。
過去のトラウマの影響で現実主義者となり、余計な感情を全て捨て、依頼人に利益をもたらす事に執着している。

台湾版のエミー賞という位置づけになっている“金鐘奨”で最優秀主演女優賞(2011年)に選出されるなど、ドラマ・映画を中心に目覚ましい活躍を見せているティエン・シンさんがファン・ジョン役にキャスティングされています。

チェン・ボーユン 役:ハンス・ジョン(ジョン・チェンハン)


長河法律事務所の実習弁護士。
人一倍正義感の強い青年で、困っている人を目の当たりにすると、放っておけない性格の持ち主。

台湾映画界きっての美人女優ビアンカ・バイさん主演の『隠し味は愛』で、妻との関係に苦悩する中、料理教室でヒロインと運命の出会いを果たすリー・ファン役を好演していたハンス・ジョンさんがチェン・ボーユン役にキャスティングされています。

チャオ・リーティン 役:ジェームズ・ウェン(ウェン・シェンハオ)


ファン・ジョンの夫。
腕利きの検事として活躍している。

BS日テレでもオンエアされた台湾ドラマ『敗犬女王』でカメラマンのレスリー役を見事に演じ切り、一気に知名度を上げたジェームズ・ウェンさんがチャオ・リーティン役にキャスティングされています。

 


スポンサーリンク


 

リーガルサービス(台湾ドラマ)登場人物・相関図

台湾ドラマ『リーガルサービス』の登場人物・キャスト相関図をご紹介します。
リーガルサービス(台湾ドラマ)登場人物・相関図

 

リーガルサービス(台湾ドラマ)ネット上の反応

台湾ドラマ『リーガルサービス』に対するネット上の反応をまとめます。

台湾の弁護士・検察が登場する異色の連ドラという事もあってか、他の台湾ドラマ以上にTwitter上での注目度も高くなっているようで、BS日テレでのオンエアを心待ちにしている台湾ドラマファンの方も多くなっています。

 

リーガルサービス(台湾ドラマ)主題歌・OP/EDは?

台湾ドラマ『リーガルサービス』の主題歌・OP/ED情報をご紹介します。

OP

ED

 

リーガルサービス(台湾ドラマ)再放送と無料動画見逃し配信サービス

台湾ドラマ『リーガルサービス』の再放送・無料動画見逃し配信サービスをご紹介します。

【最新の再放送予定】
2020年2月19日(水)~ BS日テレ

【過去の再放送】
2019年9月5日~ ホームドラマチャンネル※日本初放送

【リーガルサービスの無料動画見逃し配信サービス】
Hulu※配信開始は2020年2月26日(水)から!

 

リーガルサービス(台湾ドラマ)基本情報


リーガルサービス-最大の利益-
2020年2月19日(水)スタート(全20回)
BS日テレ 毎週月曜日~金曜日 午前11時30分~午後0時30分

原題 :『最佳利益』
監督 :リン・リシュー(映画『九月に降る風』『台北に降る雪』)
プロデュース:チェン・ホイリン(映画『闘茶 tea fight』『アリフ、ザ・プリン(セ)ス』)

台湾文化部・テレビドラマ脚本創作優秀賞(2016年)を獲得しただけでなく、連続ドラマ及び大型テレビドラマ補助制度の補助金獲得作品(2017年)にも選ばれ、2,210万台湾ドルの補助金をゲット!

台湾の法曹界をテーマに取り上げ、他作品との差別化を図った成果で数多くのタイトルに輝いている『リーガルサービス』に乞うご期待!

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ただ愛する仲
  2. 探偵少女アリサの事件簿(ドラマ)原作あらすじやキャスト!本田望結主演
  3. モンスター~その愛と復讐~
  4. 河伯の花嫁2017(韓国ドラマ)原作あらすじやネタバレ!キャスト登場人物は?
  5. 契約主夫殿オ・ジャクトゥ
  6. ヘチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。