三宅健(V6)が男とキス?夜会で櫻井翔とも!生い立ちや双子の姉の現在

この記事は2分で読めます

三宅健アイドルイラスト
三宅健(みやけけん)さんといえば、ジャニーズのV6のメンバーの一人として人気ですが、最近は同じV6メンバーでも岡田准一(おかだじゅんいち)さんや、井ノ原快彦(いのはらよしひこ)さんの方が、映画やドラマ、MCなどで目立っています。

三宅健さんが久しぶりにトーク番組『櫻井有吉のアブナイ夜会』に出演し、そこで嵐の櫻井翔さんとまさかのキス?という一面もあり、とりあげたいと思います。

ここではさらに、三宅健さんの壮絶な生い立ちや双子の兄弟であるお姉さんの現在などについて調べてみました。

 

スポンサーリンク

三宅健(V6)が同姓・男とキス?

三宅健舞台ラブリーベイベー
ジャニーズのV6というアイドル中のアイドルである三宅健さんが同姓である男とキス?
そんなこと言われても、「まさか!」って思いますよね。

実はコレ、舞台での話しだったのです。
2011年10月28日から公演されていた舞台『ラブリーベイベー』で恋司役を演じましたが、この『ラブリーベイベー』という作品、主人公の恋司と恋人の愛斗の恋愛話なのですが・・・ん?愛斗?・・・えっ・・・男?

そうなんです、愛斗は菅原永二さん演じる男性なのです。
いわゆる同性同士の恋愛話なんですね。

当然恋人同士ですから、キスシーンも何度か出てくるわけです。

この舞台で三宅健さんとキスをした男性である「菅原永二」さんは、この方です!
菅原永二ラブリーベイベー
1974年生まれで、三宅健さんより5歳年上の男性で、ちょっと女性的な雰囲気も感じられます。

舞台とはいえ、ファンとしては複雑な心境だったのではないでしょうか。

三宅健(V6)が『櫻井有吉アブナイ夜会』で櫻井翔とキス?

櫻井有吉アブナイ夜会
舞台『ラブリーベイベー』でのキスだけでなく、この日はまた凄いことになっちゃってます!

2015年8月6日放送の『櫻井有吉アブナイ夜会』にゲストとして出演した三宅健さんでしたが、企画からして怪しく、『新宿二丁目で調査!三宅健 VS 櫻井翔 オネエ人気が高いのはどっち!?』というものでした。

そこで、ダチョウ倶楽部の例のノリから・・・まさかの嵐・櫻井翔さんとのキス!

ジャニーズの中でもトップアイドルである嵐・櫻井翔さんでも番組とはいえ、ここまでやっちゃうんですね。

ある意味、ショッキングでした。

 

スポンサーリンク

三宅健(V6)の壮絶な生い立ち

三宅健家族イラスト
三宅健さんは、明るく多少おちゃらけたイメージがありますが、壮絶な生い立ちだったようです。

ここでは三宅健さんの幼少期からの壮絶な生い立ちについてまとめてみました。

三宅健さんのご両親についてですが、まず父親は三宅健さんが子供の頃に鉄道事故で亡くされています。
その後、母親の実家がある香川県に移り住み、母子家庭で育ちました。

叔母さんの勧めで、ジャニーズ事務所に履歴書を送り、見事合格しジャニーズ事務所に入ることになったわけですが、幼少の頃から父親を亡くし、女手ひとつで育ててくれた母親に親孝行したいという思いもあったと思います。

そういった意味では、1995年にV6としてデビューし、一躍トップアイドルと駆け登った姿を見て、母親も安心したのではないでしょうか。

しかし、そんな母親も2010年に膵臓がんで亡くなってしまいます。

母親っていうのはやはり特別な存在ですから、三宅健さんも辛い思いをしたと思います。

三宅健(V6)に双子の姉が?今現在は?

三宅健さんには双子の姉がいるという噂については、ラヂオ番組で「俺なんて双子の姉がいる事になってるからね!」と言っていたように、双子の姉がいるという情報はデマだったようです。

三宅健さんの兄弟でハッキリしているのは、学年で1つ下の弟がいるということです。
名前は三宅秀明(みやけひであき)さんで、昔ジャニーズジュニアとして活動されていた時期がありました。

今現在は活躍の噂も聞きませんので、一般人として生活されているようです。

 

一見華やかに見える芸能人ですが、人それぞれいろんな過去を持ちながら頑張っているんですよね。
三宅健さんのこれからの益々の活躍に期待したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 福士蒼汰
  2. 山本美月
  3. 矢野浩二は結婚して妻や子供はいるのか?反日と噂だが国籍は中国と日本のハーフ?
  4. 村上佳佑WIKIプロフィール。大学や身長は?国籍が韓国ぽい?
  5. 又吉直樹芥川賞受賞
  6. 片岡愛之助アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題の韓国ドラマ一覧

話題の中国ドラマ一覧