レゴは子供用知育ゲーム?対象年齢は何歳から?ニンジャゴーアプリも

この記事は3分で読めます

レゴLEGO子供用知育
レゴ(LEGO)といえば今の大人が子供のころから遊んでいたブロックおもちゃで、80年以上の歴史があります。

いまだに大人気のレゴ(LEGO)ですが、子供用として知育によいのか?対象年齢は何歳から何歳までなのか?大人でも遊べるのか?
さらには『レゴニンジャゴー(LEGO Ninjago)』というシリーズやゲームアプリについても調べてみました。

 

スポンサーリンク

レゴ(LEGO)とは?

レゴ(LEGO)を全く知らない人もいると思いますので、簡単に紹介します。
レゴLEGOブロック
レゴ(LEGO)は北欧デンマークのレゴ社が1934年に開発したプラスチック製のブロック玩具です。
複数の種類のブロックを組み立てて、いろいろな形を自由に作ることができます。

当初は子供の想像力にまかせ、自由に組み立てる楽しさを教えるものでしたが、近年ではプラモデルやジグソーパズルのように完成型があり、それを完成されることを目的とした商品が人気となっています。

【主な人気商品】
『バイクショップとカフェ』

『アナと雪の女王』

『スターウォーズ(STAR WARS)』

『モービル・クレーン』

 

 

スポンサーリンク

レゴ(LEGO)は子供用知育ゲーム?

『知育』とは、知的能力を鍛え、知識を習得させることを目的とした教育のことですが、レゴ(LEGO)は子供用知育ゲーム(玩具)なのでしょうか?

先ほど紹介した人気シリーズの場合ですと、完成型をめざして作っていくため、『再現性』が磨かれます。

レゴLEGOブロックのみのパッケージ
ブロックはパーツ単位でも売っていますので、まったく何も無い状態から子供が好きなものを自由につくることもでき、『創造性』も磨かれます。

そういった意味でも、レゴ(LEGO)は子供用知育玩具であるといえます。

レゴ(LEGO)は対象年齢は何歳から遊べるのか?

レゴ(LEGO)で遊ぶのに、対象年齢というものはあるのでしょうか?
また何歳から何歳まで遊べるのでしょうか?

レゴ(LEGO)のパッケージを良く見てみると、対象年齢が記載されています。

レゴLEGOデュプロ1歳半から5歳
上の画像の例では、「1 1/2 ~ 5」とあり、1歳半~5歳までが対象のブロックセットとなります。

レゴLEGO対象年齢16歳以上
このように、「16+」とあるものは、16歳以上が対象となります。

つまりは、1歳半の赤ちゃんから16歳以上、ということは大人でも十分楽しめるということですね。

レゴLEGO大人向けデザイン
このように難易度が高く、大人が好きそうなデザインのレゴ(LEGO)もあります。

レゴニンジャゴーとは?ゲームアプリもあるの?

レゴLEGOニンジャゴーNinjago
レゴ(LEGO)の『ニンジャゴー(Ninjago)』とは一体なんなのか?

『ニンジャゴー』とは、2011年にレゴ社から発売された忍者をテーマにしたブロックおもちゃがアニメ化されたものです。

アメリカやイギリスでは2011年から放送されていたようですが、日本での放送は2012年3月4日から「アニマックス」というアニメ専門チャンネルで放送されました。

2015年4月6日からはついに地上波テレビ東京系列で放送されるようです。

別冊コロコロコミックSpecial 2014年4月号
マンガ『別冊コロコロコミックSpecial』4月号から連載がスタートします。

この『ニンジャゴー(NINJAGO)』ですが、スマートフォン(スマホ)用のアプリが、「Google Play」「App Store」から無料で入手することができます。

実際にダウンロードして遊んでみた画像
レゴNINJAGOアプリゲーム
少し遊んでみた感じでは、フィールドを駆けめぐり、現れた敵を叩いていく要領ですが、ゲームが進行していくと色々とおもしろくなっていくかもしれません。

80年以上の歴史を誇るブロック玩具メーカーのレゴ社も、スマホアプリ業界まで進出してきているのですね。

また、レゴ社が運営するテーマパーク『レゴランド』も世界的に大盛況のようですね。
デンマーク、アメリカ、ドイツ、イギリス、マレーシアの5カ国にあります。

レゴランドinカリフォルニア
カリフォルニア州のレゴランド

レゴランドジェットコースター
ジェットコースターもあります!

レゴランドプール
プールまであるんですね!

『レゴランド』より小規模ですが、屋内施設として展開されている『レゴランド・ディスカバリー・センター』は、2012年6月に東京のお台場にある「デックス東京ビーチ」にオープンしています。

更に、2015年春には大阪の天保山マーケットプレースの3階にオープンします。

そしてついに、2017年春には名古屋に世界で8番目の『レゴランド・ジャパン』がオープンする予定となっています。

歴史あるレゴ(LEGO)が更なる魅力を増して、子供から大人まで愛される商品になっていますね。

これからも夢のある商品やテーマパークの展開を楽しみにしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 地震酔いの治し方!めまいや頭痛の症状を改善する5つの対処法
  2. ダッフィーとコンバースのコラボ靴はどこで買える?値段やサイズは
  3. コンビニ証明写真(ローソン)のやり方を覚えてマイナンバー用に印刷
  4. 京都鉄道博物館の混雑状況やレストランは?アクセスと駐車場や料金
  5. 50代女性に贈る1000円以内のプチプレゼント!おしゃれなお返しにも
  6. 東京ディズニーセレブレーションホテルは格安?料金や予約状況は?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題の韓国ドラマ一覧

話題の中国ドラマ一覧