二つの祖国(ドラマ)あらすじネタバレとキャスト相関図!結末や映画化は?

この記事は17分で読めます

二つの祖国
2019年3月23日(土)・24(日)にテレビ東京開局55周年特別企画としてオンエアされる2夜連続のスペシャルドラマ『二つの祖国』をピックアップ!

『白い巨塔』や『不毛地帯』など、地上波で連ドラ化された不朽の名作を数多く生み出している山崎豊子さん原作の『二つの祖国』が小栗旬さん主演でスペシャルドラマ化される事が決まり、SNS上でも話題沸騰中!

ここでは、スペシャルドラマ『二つの祖国』原作あらすじキャスト相関図見どころ最終回結末主題歌予想など、気になる話題を一気にご紹介しながら、作品の面白さにとことん迫っていきます!

 


スポンサーリンク


 

二つの祖国(ドラマ)原作・あらすじ

ドラマ『二つの祖国』の原作あらすじをご紹介します

アメリカ・ロサンゼルスの観光名所 “リトルトーキョー”にある新聞社・加州新報で新聞記者として活躍している超名門・UCLA(カリフォルニア大学・ロサンゼルス校)出身の天羽賢治(小栗旬)が本作の主人公。

友人のチャーリー田宮(ムロツヨシ)が片想いしている仕事仲間の井本梛子(多部未華子)から紹介された女性・エミー(仲里依紗)と結婚し、穏やかな日々を過ごしていたエリート新聞社員・天羽賢治。

でも、平穏な毎日が長続きする事はなく、アメリカと日本が全面的に対立する事になった太平洋戦争(1941年~1945年)開戦がきっかけになり、日系二世の天羽賢治は苦しい立場に追い込まれ…。

 

二つの祖国(ドラマ)見どころ

ドラマ『二つの祖国』の見どころをチェックしていきましょう

日系人であるがゆえに、太平洋戦争後に苦しい立場へと追い込まれ、日本側の人間として生きるのか、それともアメリカ側の人間として生きるのか、という究極の選択を迫られる事になる天羽賢治の波乱に満ちた生き様が本作の最大の見どころです。

ストーリーのネタバレになりますが、天羽賢治はアメリカ軍の語学兵として生きる事を決意する一方、天羽賢治の父・乙七(松重豊)は日本人の誇りを貫いた事で、母・テル(麻生祐未)と一緒に日系人専用の収容所へと送り込まれてしまいます。

同じ家族なのに、アメリカ側についた天羽賢治と日本側についた両親とで境遇が180度変わってしまう、という辛い現実を突きつけられる中、己の信念を貫き通していく主人公・天羽賢治の振る舞いにどうぞご注目ください。

 


スポンサーリンク


 

二つの祖国(ドラマ)最終回結末

ドラマ『二つの祖国』の最終回結末はどのような展開になるのでしょう?

同じ原作小説が元ネタとなり、制作された1984年の大河ドラマ『山河燃ゆ(松本白鴎さん主演)』の内容を調べてみると、主人公・天羽賢治が自殺する場面をストーリーのクライマックスに描く形になっていました。

アメリカ軍に忠誠を誓った天羽賢治は、太平洋戦争終結後に東京裁判の通訳になったものの、日米のパイプ役を担う事は容易ではなく、裁判を通じて戦争に加わった責任を痛感した結果、自らの命を絶つ事を決意してしまいます。

35年前の大河ドラマの内容を忠実に再現するとは思えないのですが、原作小説の大まかな流れを無視するわけにはいかないでしょうから、主人公・天羽賢治がドラマの結末で自殺する、という結末の内容は変わらないのでは?と予想しています。

 

二つの祖国(ドラマ)キャスト紹介と登場人物相関図

ドラマ『二つの祖国』のキャスト・登場人物相関図をご紹介します

天羽賢治:小栗旬

カリフォルニア大学・ロサンゼルス校出身のエリート新聞記者
日系二世だったがゆえに、太平洋戦争勃発後に日系人専用の収容所へと送り込まれ、アメリカ軍に忠誠を誓うという苦渋の決断を下す。

Q)テレビ東京の55周年特別企画で、テレビ東京ドラマ初主演となりますがいかがでしょうか。
プロデューサーの田淵さんからとてつもない数の手紙を頂きそれに心を動かされました。出演が決まった後に頂いたのと合わせると全部で15通くらい。こんなに手紙を同じ人から頂いたのは初めてです。とても熱い思いが伝わってお引き受けしました。

Q)「二つの祖国」が民放初ドラマ化となりますが作品に対する思いや意気込みなどをお聞かせください。
実際、自分も戦争を題材にしたドキュメンタリーでハワイの日系二世の方に会わせていただいたこともあったので多少の事は知っていましたが、第二次世界大戦が行われている時、日系アメリカ人がここまできつい、過酷な状況を生きていたということは知らなかったので、「二つの祖国」の原作を読んで衝撃を受けました。今だからこそ伝えたいこともあると考えチャレンジしたいと思いました。

Q)日系アメリカ人二世という役どころですが役作りで意識されている点などございますか。
賢治というキャラクターは日系二世で正義感が強いキャラクターなので、その辺は本当に大事にしたいと思っています。ある種頑固な部分をもっている人物なのですごく難しい部分もあるなと思っています。日本とアメリカ、両国の環境を知っているというのは日系人のアイデンティティだと思うので、そういうところを意識して演じていきたいと思っています。

Q)撮影に入られたばかりですが現場の雰囲気はいかがですか。
監督はこの題材をやるという事にとても悩みながらやられていると思うのでそこは一緒に悩みながら作っていけたらいいなと思います。現場に寄り添いながら撮ってくれる監督なので不思議な環境で、久しぶりに映画のような雰囲気を楽しんでいます。せっかくテレビ東京でチャレンジするわけですから新しい風を起こしたいですね。決まった方向性でつくるのではなく色々試してみたいと思います。

Q)プライベートでも親交のあるムロツヨシさんと今回はライバルという役どころですが共演についていかがですか。
売れっ子ですから胸を借りるような気持ちでいようと思います。どんなに仲の良い人でも敵対する役をやることはありますし。相手を刺激したい、発破をかけたい、という気持ちがお互いにあります。自分の父親が山崎豊子さんの作品が大好きなんですが、チャーリーをムロくんがやるといったら「全然違う!」と(笑)。「あの役は茶化さないでね」といっていました。チャニング・テイタムくらいを想像していたんじゃないでしょうか(笑)。でもチャーリーをみると生い立ちを含めてムロくんとどこかリンクするところがあるので。初めて「二つの祖国」を読んだ時からチャーリーをムロくんがやったらおもしろいのにと思っていました。昔から語り合ってきた友人という点や上をめざしているという点もムロ君は昔は本当にそういう所が如実にでてる人だったり。それも含めチャーリーと繋がるところがあると感じていました。本人にもチャーリーとシンパシーを感じる部分もあります。

Q)視聴者のみなさんへメッセージをお願いします。
監督もできる限り多くの皆さんに観ていただける作品作りをしたいとの思いをもっていて、自分もそのつもりです。なかなか重たい話なので視聴者の皆さんも観るのにパワーがいる。それをどう視聴者の皆さんがうけとるのかわからないですが僕はこの作品が大好きですし、こういう作品を見たいと思っています。一生懸命作って、皆さんにも観て欲しいし、自分としては自分の父親が喜んでくれる作品になればいいなと思います。

引用:テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル 「二つの祖国」

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』で迫力満点のアクションシーンを披露したり、『西郷どん』でも坂本龍馬役を好演したり、と幅広い分野の作品で演技力の高さを発揮している小栗旬さんが『二つの祖国』でテレビ東京ドラマ初主演を果たします。

【主な出演作品】

  • ごくせん 内山春彦 役(2002年など)
  • 花より男子 花沢類 役(2005年10月~12月)
  • リッチマン、プアウーマン(主演)日向徹 役(2012年7月~9月)
  • 信長協奏曲(主演)織田信長/明智光秀 役(2014年10月~12月)
  • 銀魂(主演)坂田金時 役(2017年公開)

 

チャーリー田宮:ムロツヨシ

天羽賢治と一緒にカリフォルニア大学・ロサンゼルス校へと通っていた男性
日系二世ではあるが、心の奥底に日本人への嫌悪感を抱いていて、太平洋戦争勃発がきっかけとなり、アメリカ側につく事を決意する。

Q)「二つの祖国」が民放初ドラマ化となりますが作品に対する思いや意気込みなどをお聞かせください。
お話をいただいた時、生半可な気持ちではやってはいけないと思いました。今のムロツヨシという役者がやっていいのか、じっくり考えたうえで決断しました。日系二世を演じるにあたって、責任をしっかり持たなきゃいけないと思ったからです。

Q)日系アメリカ人二世という役どころですが役作りで意識されている点などございますか。
ここで格好良く「英語は意識しない!」と言いたいんですけど、僕は純日本人なので、今からでも英語の台詞が何かがひっくり返って、日本語になってくれないかなって思ってます。でも、今のところひっくり返らないみたいですね(笑)。

Q)プライベートでも親交のある小栗さんと対立する役柄になりますが、共演についていかがですか。
僕と小栗君が知り合って15年ぐらいになります。出会ったころはポジションとか周りの環境が違いましたが、同じお酒を飲みながらよく話していました。そういった今までの僕らの関係性などを、芝居を通してぶつけられたらいいなと思います。

Q)ムロさんと小栗さんとの関係性が、どのように作品に生かされるのでしょうか。
この役を演じるにあたって、主演の小栗君から「ムロさんなりにやってほしい」と言ってもらいました。小栗君演じる天羽賢治は自分の筋を通して生きていく人間ですが、僕が演じるチャーリー田宮は、筋とか思想とか関係なく、この国でいかに勝ち残るかを考えている人間です。実は、僕とチャーリーは似ている所があるんですよ。僕は世間の皆様からしたら何者でもない時に、「小栗旬の友人です」と言っていたんです。これは、傍から見れば人を利用するようなことだったと思うんですけど、僕はそれを厭わなかったんですよ。方法は何であれ、とにかく皆さんに存在を知ってもらって、一つでも多くの役をやって、そこから僕をジャッジしてもらいたいと思っていたので。だから、人を利用するチャーリーのやり方が理解できてしまう所があります。僕自身も勝ち残るために自分を変えてでもやってきた所はなきにしもあらずなので、その辺はすごく役として意識しています。

Q)視聴者のみなさんへメッセージをお願いします。
皆さんが持っている喜劇寄りのムロツヨシのイメージではないムロツヨシをお見せする機会が持てましたので、どうか今回ばかりは笑わない準備をして、役者・ムロツヨシを見ていただきたいと思います。そして、小栗旬君を筆頭に、素敵な役者さんたちのお芝居を山崎豊子さんの世界で楽しんでいただけたらと思います。

引用:テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル 「二つの祖国」

『今日から俺は!!』で能天気な性格の国語教師・椋木先生役を好演するなど、個性的なキャラを演じる機会が多いムロツヨシさんが、主人公・天羽賢治と180度異なる道を歩むライバルキャラ・チャーリー田宮役に挑戦します。

【主な出演作品】

  • 勇者ヨシヒコシリーズ メレブ 役(2011年など)
  • 銀魂 平賀源外 役(2017年など)
  • 斉木楠雄のΨ難 蝶野雨緑 役(2017年公開)
  • おんな城主直虎 瀬戸方久 役(2017年1月~12月)
  • 大恋愛~僕を忘れる君と 間宮真司 役(2018年10月~12月)

 

天羽乙七:松重豊

天羽賢治の父親
19歳の時にアメリカへと渡り、日系人への厳しい風潮に真正面から立ち向かっていく。

Q)「二つの祖国」が民放初ドラマ化となりますが、作品に対する思いや意気込みなどをお聞かせください。
A.偶然にも山崎豊子さんの作品を連続して演じることになり、不思議なご縁を感じております。(※ドラマ「不毛地帯」(’09)、「運命の人」(’12)などに出演)

Q)日系アメリカ人であり主人公・天羽賢治の父という役どころですが、役作りで意識されている点はございますか?
A.当時の日本人の置かれた状況、日系1世としての苦悩を、追体験しながら、取り組んでおります。

Q)小栗旬さんとは何度か共演されていますが、今回親子役で共演されていかがですか?
A.親子役は初めてですが、こんな息子がいると老後は楽でしょうね。

Q)撮影現場でのエピソードなどございましたらお聞かせください。
A.真剣佑君が僕にくれたタピオカミルクティにはまってしまった。

Q)視聴者のみなさんへメッセージをお願いします。
A.身近な日本人に実際に起こった、違う側面から見た戦時ドラマです。身につまされる状況に胸を痛めてください。

引用:テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル 「二つの祖国」

大河ドラマ『いだてん』で東京都知事・東龍太郎役を演じる事が決まったほか、『孤独のグルメ』や『バイプレイヤーズ』などテレビ東京系列の人気ドラマで主役に抜てきされている名優・松重豊さんが天羽乙七役を演じます。

【主な出演作品】

  • ちりとてちん 和田正典 役(2007年)
  • 孤独のグルメ(主演)井之頭五郎 役(2012年~)
  • 重版出来! 和田靖樹 役(2016年4月~6月)
  • バイプレイヤーズ(主演)松重豊 役(2017年など)
  • アンナチュラル 神倉保夫 役(2018年1月~3月)

 


スポンサーリンク


 

天羽テル:麻生祐未


※画像右が麻生祐未さん

天羽賢治の母親
頑固な面を持つ夫・乙七を健気に支え続ける。

2019年4月からNHK総合でオンエアされる英国ヒットドラマのリメイク版『ミストレス』にキャスティングされるなど、毎クール話題作に登場している実力派女優・麻生祐未さんが心優しい母親・天羽テル役を演じます。

【主な出演作品】

  • 税務調査官・窓際太郎の事件簿 椿薫 役(1998年~)
  • JIN-仁- 橘栄 役(2009年など)
  • カーネーション 小原千代 役(2011年10月~2012年3月)
  • 半分、青い。 藤村麦 役(2018年4月~9月)
  • 義母と娘のブルース 下山和子 役(2018年7月~9月)

 

天羽忠:高良健吾

天羽賢治の弟
日本軍の兵として太平洋戦争に繰り出し、兄・賢治と戦場で顔を合わせる。

Q)「二つの祖国」民放初ドラマ化となりますが、作品に対する思いや、意気込みなどお聞かせください。
A.この時代これからの世の中に必要な物語だと思いました。戦争を経験された方が少なくなっている今、今を生きている人間達が残していかなければならない、伝え続けていかなければならない物語だと思います。

Q)日系アメリカ人二世という役どころですが、役作りで意識されている点などございますか?
A.先人の方々に失礼のないように、分かった気にならないように与えられた役を、想いを丁寧に演じたいです。

Q)小栗旬さんとは何度か共演されていますが、今回兄弟役で共演されていかがですか?
A.先に先に進み続ける小栗さんがどのように現場に居るのかを学ばせてもらっています。勉強になる事だらけです。

Q)視聴者の皆様へメッセージをお願い致します。
A.二度と繰り返してはならない人間の行いを、戦争によって人生を翻弄されながらも必死に生きた人々を、視聴者の方々ともう一度考える事ができたらと思います。

引用:テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル 「二つの祖国」

アカデミー賞・外国語映画賞にノミネートされた映画『万引き家族』で警察官の前園巧役を演じるなど、ヒット作への出演が相次いでいる売れっ子俳優の高良健吾さんが天羽忠役を演じます。

【主な出演作品】

  • 軽蔑(主演)二宮一彦 役(2011年公開)
  • おひさま 丸山和成 役(2011年5月~10月)
  • 花燃ゆ 高杉晋作 役(2015年1月~9月)
  • いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(主演)曽田練 役(2016年1月~3月)
  • べっぴんさん 野上潔 役(2016年10月~2017年4月)

 

天羽勇:新田真剣佑

天羽賢治&忠の弟
日系人専用の収容所に入った後、アメリカ軍に忠誠を誓い、戦場へと足を踏み入れる。

Q)「二つの祖国」が民放初ドラマ化となりますが、作品に対する思いをお聞かせください。
A.とても好きな作品です。この作品に参加できる事を光栄に思います。

Q)日系アメリカ人二世という役どころですが、役作りで意識されている点などございますか?
A.天羽勇という役は、3兄弟で一番アメリカ人らしいというところでは、僕自身と似ている部分がある役だという印象を持ちました。僕自身の生まれ育った環境と近い事もあり、余計な事を考えずにホームにいる感覚で演じることができました。役にもとても入り込みやすかったです。

Q)小栗旬さんとは初共演となりますが、小栗さん、高良さんと今回兄弟役で共演されていかがですか?
A.小栗さんとは以前から仲良くさせて頂いていて、いつかご一緒できたらと思っていたので、今回共演できて光栄に思います。小栗さん、高良さんの弟役なので、お二人の背中を見て引っ張って行ってもらおうと思っています。

Q)視聴者のみなさんへメッセージをお願いします。
A.今の若い世代があまり知らない時代、戦争により何が起きていたのか、今がどれだけ恵まれているかという事を考えるきっかけになる作品だと思います。そして、この作品を見て頂き改めて家族の大切さを感じて頂けたらと思います。

引用:テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル 「二つの祖国」

山崎賢人さんが主演した『トドメの接吻』で超ド級の御曹司・並樹尊氏役に抜てきされるなど、地上波連ドラで主役級のキャラを数多く演じている新田真剣佑さんが天羽勇役を演じます。

【主な出演作品】

  • ちはやふる 綿谷新 役(2016年など)
  • 仰げば尊し 木藤良蓮 役(2016年7月~9月)
  • 僕たちがやりました 市橋哲人 役(2017年7月~9月)
  • トドメの接吻 並樹尊氏 役(2018年1月~3月)
  • 十二人の死にたい子どもたち シンジロウ 役(2019年公開)

 

井本梛子:多部未華子

ロサンゼルスにある日本語新聞社・加州新報の社員
天羽賢治の大学時代の同級生・チャーリー田宮から求愛されている。

Q.「二つの祖国」民放初ドラマ化となりますが、どんな思いで臨まれましたか?
A.私の演じる梛子は極めて純粋な役柄で、梛子は日本寄りの考え方をしているので、日本人のような気持ちでいるのは確かなのだけれど、(日本とアメリカ)どちらのことも否定していないですし、でもすごく肯定しているわけでもない。きちんとみんなの気持ちを汲んでいるような気がします。

Q.日系二世という役どころですが、役作りで意識されたことはありますか。
A.わりとエミーがアメリカっぽい感じなので、私はそんなに(日系人ということを)意識していなかったです。梛子はもともと日本人寄りで、お母さんの育て方もきっとそうだったのであろう感じなので、してないと言えば嘘になりますが、そんなに意識はしませんでした。

Q.撮影でのエピソードや監督の印象があればお聞かせ下さい。
A.テストを何回も重ねて、安定してから本番に入るタイプではない、(タカハタ秀太)監督の洗礼を初日から受けて緊張しましたが、(カット割りをあまりしない撮影方法は)私はとても楽しいと思うタイプなので、その都度新鮮に、そして毎回自由に演じられました。

Q.今回小栗さんと初共演ですが、共演されてみていかがでしたか?
A.とてもフラットな方だと思います。先程の撮影も、テントの中でも外でもずっとあまり変わらないテンションでした。本番前に全然違うことを話したりします、シリアスな厳しいシーンもたくさん撮って来られているのだろうけど、そんな事を感じさせないくらい、いつも通り(笑)。

Q.最後に視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。
A.監督は「これは青春の物語だ」ということをよくおっしゃっています。正直、哀しい物語だと思う部分もありましたが、その中でそれぞれの人生を生きる主人公たちの「若者の青春」の部分を大事に見て欲しいです。

引用:テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル 「二つの祖国」

『二つの祖国』の原作者・山崎豊子さんの代表作『不毛地帯』の連ドラ版で主人公・壹岐正役の娘・直子役に抜てきされた経験を持つ多部未華子さんが井本梛子役を演じます。

【主な出演作品】

  • 山田太郎ものがたり 池上隆子 役(2007年7月~9月)
  • つばさ(主演)玉木つばさ 役(2009年3月~9月)
  • デカワンコ(主演)花森一子 役(2011年1月~3月)
  • 大奥〜誕生 徳川家光 役(2012年10月~12月)
  • ツバキ文具店(主演)雨宮鳩子 役(2017年4月~6月)

 

天羽エミー:仲里依紗

天羽賢治の妻
井本梛子の親友だが、日本人への愛着を持つ天羽賢治の気持ちをくみ取る事ができず、苦悩する。

Q.「二つの祖国」民放初ドラマ化となりますが、どんな思いで臨まれましたか?
A.やはり大作ということで、お話をもらった時、最初に「そう簡単に挑めないな。私、大丈夫かな?出来るかな?」と感じました。難しいシビアなお話だし、ちょっと私にはまだ早いんじゃないかなと。まだ役者としての実績をそこまで積んでいないのに、そんなに簡単に出演していい作品なのかなと思いました。しかもそうそうたるメンバーの中で、結構エミーは出てくるので「大丈夫かな?」って。ストーリーの中で目立つ役なので、緊張とプレッシャーがありました。

Q.海外ロケでのエピソードや思い出があればお聞かせ下さい。
A.みなさんで海外へ行って、お食事も出来て、本当に地平線が見えそうなロケ地へも連れてっていただいて、日本では出来ない経験ができたので、すごくいい思い出になりました。あとみんなで英語のレッスンを一生懸命やりました!

Q.最初に台本を読んでのエミーという役の第一印象は?
A.わがままな人かなとは思ったんですけど、全面的にわがままを見せるとどうしても嫌われてしまうので、私も演じる上で視聴者にエミーという人をどうにか好きでいてもらえるようにやらないといけないなって。本当はすごく明るくてピュアでいい子。色々あってあのようなキャラクターになっているので、少し寂しさなどを見せて女性に共感してもらえるように、エミーをただ単に悪くしないようにしなきゃだめだなと思って演じました。

Q.エミーのファッションや髪型もみどころですが、そういう衣装をまとってエミーになってみていかがでしたか?
A.今まで派手な役はいっぱいやってきたんですけど、こういうエミーみたいな役は初めてだったので、すごくやりがいがあって楽しかったです。年ごとで衣装もヘアメイクも色々変えて頂いているので、そういうところでも(気持ちを)入れていけましたね。最初の頃のエミーは本当にプリプリして、シルバニアファミリーみたいな可愛い衣装だったんですけど、色使いがどんどんダークに…。寂しさを衣装とヘアメイクで出して頂いたので、すごくありがたかったです。お芝居をしながらこんなファッションも楽しめてすごく楽しかったです!

Q.今回小栗さんとテレビドラマでは初めて共演となります。夫婦役を演じられてみていかがでしたか?
A.まさか夫婦を演じるなんて思っていなかったです。(小栗さん演じる)賢治のたまに出てくるエミーへの優しさに救われて…。だからエミーはしつこく諦めずしがみついているんだと思います。だって普通エミーみたいな子は他で遊んでしまう気がするんです。だけどそこだけはずっとちゃんとしてたじゃないですか。それだけ賢治にすごく魅力があるんだろうなと思いました。

Q.最後に視聴者のみなさんにメッセージをお願いします。
A.とても有名な大作で、若い子には「難しいのかな」と思われてしまうかもしれませんが、平成も終わりますし、日本の歴史でこういうことがあったということを、このドラマを通して若い人たちにも知っていただきたいです。日系二世のことは教科書にはあまり載っていないことなので、そういうことを知るきっかけになればいいなと感じています。

引用:テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル 「二つの祖国」

『あなたのことはそれほど』や『ホリデイラブ』など、見応えたっぷりな大人の恋愛ドラマに出演するケースが多くなっている仲里依紗さんが戦争のせいで運命が狂ってしまう天羽エミー役を演じます。

【主な出演作品】

  • 純喫茶磯辺(主演)磯辺咲子 役(2008年公開)
  • ゼブラーマン 相原ユイ 役(2010年公開)
  • ハラがコレなんで(主演)原光子 役(2011年公開)
  • ホリデイラブ(主演)高森杏寿 役(2018年1月~3月)
  • フルーツ宅配便 本橋えみ 役(2019年1月~3月)

 

天羽春子:原菜乃華

天羽賢治・エミー夫妻の娘

平日朝の子供向けバラエティー番組『おはスタ』のおはガールを務めていたほか、女子小学生向けのファッション誌・キラピチの専属モデルとしても活躍していた若手女優・原菜乃華さんの出演も決まっています。

【主な出演作品】

  • 浅見光彦シリーズ28 高千穂伝説殺人事件〜歌わない笛〜 克子(子役)役(2009年10月)
  • タクシードライバーの推理日誌26 町川恵美子 役(2010年1月)
  • 警視庁南平班2 小宮山梨香 役(2010年8月)
  • 3月のライオン 幸田香子(少女時代)役(2017年公開)
  • はらはらなのか。(主演)原ナノカ 役(2017年公開)

 

井本広子:池田エライザ

井本梛子の妹
日系人専用の収容所に送り込まれた後、苦しい立場に追い込まれる姉・梛子を献身的に支える。

Q.「二つの祖国」民放初ドラマ化となりますが、どんな思いで臨まれましたか?
A.当時のことを学ぶのはもちろんですが、多部未華子さんが演じる姉をよく観察して、日系二世の次女から見える世界や、妹として姉に抱く感情を大切にしたいと思いました。

Q.系アメリカ人二世という役どころですが、役作りで意識された点などございますか?演じてみていかがでしたか?
A.日常の中にあるささやかな喜びや、静かで穏やかな会話の中に見え隠れする本音などに敏感であろう…と思いました。心が痛い時もありましたが、豊かなものに触れることができた瞬間もありました。

Q.撮影現場でのエピソードなどございましたらお聞かせください。
A.初日にラストのシーンを撮ったので、とても緊張したのを覚えています。大丈夫かな。

Q.多部未華子さんと姉妹役として共演されていかがでしたか?
A.現場の空気を作ってくださる凛とした方です。本当の妹のように甘えてしまいました。たまに見せてくださる柔らかさに心を射抜かれていました。

Q.視聴者のみなさんへメッセージをお願い致します。
A.撮影裏でのキャスト、スタッフの表情を皆様にすべてお伝えしたいと思うほど、魂が紡がれた作品だと思っています。たくさん感じていただければ。私も楽しみにしております。

引用:テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル 「二つの祖国」

2019年4月からオンエアされる大人気アニメの実写版『賭ケグルイ2』で三つ編みのツインテール姿が特徴的な最強のギャンブラー・桃喰綺羅莉役を演じる事になった池田エライザさんが井本広子役にキャスティングされています。

【主な出演作品】

  • 高校デビュー 竹本 役(2011年公開)
  • みんな!エスパーだよ! 平野美由紀 役(2015年公開)
  • ぼくは麻理のなか(主演)吉崎麻理 役(2017年10月~12月)
  • 一礼して、キス(主演)岸本杏 役(2017年公開)
  • 伊藤くんAtoE 相田聡子 役(2018年公開)

 

小田万里子:橋本マナミ

チャーリー田宮の妹
太平洋戦争勃発後に兄・チャーリー田宮と再会し、運命が一変する。

Q.「二つの祖国」民放初ドラマ化となりますが、どんな思いで臨まれましたか?
A.台本を読んで、日米二つの祖国の狭間で身を引き裂かれながら生きる人々の葛藤に心揺さぶられました。戦争というものがどれほど人々を傷つけどんな思いをしたか、この台本を読んだだけでも伝わってきて、みなさんにもその時代に生きた人々の生き様を忘れてはいけない、伝えていかなきゃいけないものと思い臨みました。

Q.日系アメリカ人二世という役どころですが、役作りで意識された点などございますか?演じてみていかがでしたか?
A.日系アメリカ人二世なのに、アメリカが落とす原爆の被害者になります。帰ってきたチャーリーにも複雑な思いがあったり、自分の人生でも婚約破棄など失ったものはたくさんあったけど、絶望だけではなく生き残った方には未来、希望なども含まれていると思い、様々な感情を巡らせながら演じれたらと思いました。チャーリーが帰ってきてからの万里子との再会はワンシーン、一瞬の出来事なのでとても難しい場面でしたが、お相手がムロさんということで安心して取り組めました。

Q.撮影現場でのエピソードなどございましたらお聞かせください。
A.チャーリーが実家に帰ってくるシーンはとても風が強い日に撮影をしていて、スタッフの皆様はかなりの量の砂を被りながら撮影していました。私は砂からは守られていましたが、嵐を予感させるくらい風が強かったです。なかなか重いシーンだったので、おかげで気持ちが入りやすかったです。

Q.ムロツヨシさんと兄妹役として共演されていかがでしたか?
A.元々私がムロさんのファンでプライベートでは交流があったのですが、お仕事でがっつりご一緒するのは初めてだったので、好きな役者さんとお芝居させていただけることはとても光栄でした。

Q.視聴者のみなさんへメッセージをお願い致します。
A.私はドラマ「二つの祖国」に関わって改めて戦争について考えさせられました。視聴者の皆様にもこの作品を通じて戦争の悲惨さ、人々の生き様、そのほか色々な思いを感じ取っていただけたらと思います。

引用:テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル 「二つの祖国」

NHK朝ドラ『まんぷく』で主人公・立花福子が最初に働いていた高級ホテルの同僚・牧恵役にキャスティングされるなど、女優としても大活躍中の橋本マナミさんが小田万里子役を演じます。

【主な出演作品】

  • 不機嫌な果実 遠山玲子 役(2016年4月~6月)
  • 女囚セブン 矢島千鶴香 役(2017年4月~6月)
  • 真田丸 細川ガラシャ(玉)役(2016年7月~9月)
  • 隣の家族は青く見える 長谷部留美 役(2018年1月~3月)
  • まんぷく 牧恵 役(2018年10月~2019年3月)

 

二つの祖国(ドラマ)原作・脚本

ドラマ『二つの祖国』の原作者脚本家をご紹介します

原作者:山崎豊子

大学病院が抱える闇を表現した『白い巨塔』や、大きな力を持つ航空会社の腐敗体質を描いた『沈まぬ太陽』など、衝撃的な作品を数多く生み出した山崎豊子さん(2013年9月没)。

『二つの祖国』の元ネタになっている原作小説は、週刊新潮で1980年から3年近く連載されていて、原作単行本の累計発行部数は250万部を突破しています。

【主な作品】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

二つの祖国(第1巻) (新潮文庫) [ 山崎豊子 ]
価格:766円(税込、送料無料) (2019/3/23時点)

 

脚本:長谷川康夫

役所広司さんが主演し、モントリオール映画祭に特別招待された映画『聯合艦隊司令長官 山本五十六』で太平洋戦争時代の日本軍の様子を描いていた長谷川康夫さんが『二つの祖国』のメイン脚本を担当しています。

【主な脚本作品】

  • ホワイトアウト(2000年公開)
  • 亡国のイージス(2005年公開)
  • 地下鉄(メトロ)に乗って(2006年公開)
  • ミッドナイトイーグル(2007年公開)
  • あの頃、君を追いかけた(2018年公開)

 

二つの祖国(ドラマ)主題歌

ドラマ『二つの祖国』の主題歌情報は明らかになっていません

ただ、今回ご紹介している『二つの祖国』は2夜連続のスペシャルドラマですから、特定の主題歌を用意するのではなく、重厚感たっぷりなBGMで作品を盛り上げる形になるのでは?と予想しています。

詳しい情報が分かり次第、追記いたしますので、今しばらくお待ちください。

 

二つの祖国(ドラマ)基本情報

二つの祖国
2019年3月23日(土)・24日(日)
テレビ東京系列 午後9時~午後11時24分

原作 :山崎豊子『二つの祖国(新潮文庫・刊)』
脚本 :長谷川康夫(映画『ホワイトアウト』『亡国のイージス』)
音楽 :稲本響(映画『長い散歩』『グラスホッパー』)
監督 :タカハタ秀太(映画『ホテルビーナス』『びんた』)
プロデューサー:田淵俊彦(ドラマ『ハラスメントゲーム』『ユニバーサル広告社』)
北川俊樹(ドラマ『銀と金』『あまんじゃく』)
藤尾隆(ドラマ『昭和元禄落語心中』『グッドモーニングコール』)
河原瑶(ドラマ『ラブリラン』『命売ります』)
制作協力:テレパック
製作著作:テレビ東京

モントリオール映画祭でグランプリを獲得した映画『長い散歩』など、数多くの映画・ドラマの劇中音楽を担当しているピアニスト・稲本響さんをはじめとする豪華スタッフが集結した『二つの祖国』に乞うご期待!

ドラマ『二つの祖国』の映画化については、2019年2月27日時点では具体的な話はありませんが、『白い巨塔』『不毛地帯』『沈まぬ太陽』などの山﨑豊子作品は映画化されていますので、ドラマの反響次第では、映画化も十分にあると思います!

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 沢尻エリカのCMに電話番号が!掛け方とメッセージまとめ
  2. 私がヒロイン
  3. 花と将軍アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。