吉永一貴がイケメン!成績や出身小学校・中学・高校を調査!彼女や父母の職業は?

この記事は5分で読めます

ショートトラック
長期間低迷が続いている日本ショートトラック界にすい星のごとく現れた現役高校生・吉永一貴選手をピックアップ!

2018年2月開幕の平昌オリンピックにショートトラック男子史上最年少で日本代表に選出され、ネット上でも大きな話題になった吉永一貴選手とはどんなアスリートなのでしょう?

ここでは、ネット上でイケメン!と話題になっている吉永一貴選手の成績や出身小学校・中学・高校などのプロフィールを調査するほか、彼女の存在や父母の職業に関する情報もあわせてご紹介しますので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

吉永一貴 WIKIプロフィール

ショートトラック男子・吉永一貴選手のプロフィールをWIKI風にまとめました。

名前:吉永一貴(よしなが かずき)
生年月日:1999年(平成11年)7月31日(現在18歳)
出身地:愛知県尾張旭市
身長:175cm
体重:64kg
血液型:A
種目:ショートトラック
趣味:ラップ(フリースタイル)/映画鑑賞/漫画/歌を聴く

吉永一貴選手がショートトラック競技に打ち込むようになったのは小学校3年生の時で、小学校5年生の頃から実業団チーム(トヨタ自動車)のコーチの指導を受けるようになり、メキメキと実力をつけていきます。

2014年ソチオリンピックを直前に控えた合宿にもヘルプとして参加していた吉永一貴選手。

合宿の練習中にスケートの刃が吉永一貴選手の頬に刺さる、というアクシデントに巻き込まれ、顔に大きな傷を負ってしまったものの、持ち前のタフな精神力でアクシデントを乗り越え、無事に復帰を果たしています。

そんな吉永一貴選手の強みは、減速する事なく小回りのコーナーを上手く回り切るスケート技術と豊富なスタミナです。

特に吉永一貴選手のスタミナは日本人選手の中では群を抜いていて、レース序盤から先手を奪い、ハイペースの逃げに持ち込み、最後の最後まで粘り切る、というレーススタイルを得意にしています。

 

吉永一貴 イケメン画像集

ショートトラック男子・吉永一貴選手のイケメン画像集をご覧いただきましょう。

現役男子高校生らしからぬ、凛々しくてクールな姿を見せる事が多い吉永一貴選手ですけど、笑顔を見せている時の姿はとてもフレッシュですよね。

競技中に見せるキリッとしたところと晴れやかな笑顔を合わせ持っているところがネット上でイケメン!と噂される要因なのかな?と思っています。

 


スポンサーリンク


 

吉永一貴の学歴(出身小学校・中学・高校)

ショートトラック男子・吉永一貴選手の学歴をご紹介します。

出身小学校:尾張旭市立白鳳小学校
出身中学校:名古屋経済大学市邨中学校
出身高校 :名古屋経済大学市邨高校

地元尾張旭市にある公立の尾張旭市立白鳳小学校を卒業した後、私立の中高一貫校・名古屋経済大学市邨(いちむら)中学・高校へと進学した吉永一貴選手。

元々、名古屋経済大学市邨中学・高校は歴史の深い女子校として親しまれていましたが、2002年から男女共学となり、2006年には創立100という大きな節目を迎えています。

2016年リオオリンピック・体操女子総合で8位入賞を果たしている寺本明日香選手も名古屋経済大学市邨中学・高校の出身です。

また、現在高校3年生で卒業を間近に控えている吉永一貴選手の今後の進路が気になるところですけど、執筆時点(2018年2月上旬)ではまだ卒業後の進路は公表されていません

でも、吉永一貴選手は小学校時代に実業団チーム・トヨタ自動車のコーチから指導を受けていた、という過去がありますので、大学には進学せず、実業団のトヨタ自動車に入社する可能性が高いのでは?と予想しています。

 

吉永一貴に彼女はいるの?

ショートトラック男子・吉永一貴選手に熱愛中の彼女はいるのでしょうか?

カッコイイ面とかわいらしい面を合わせ持つ高校生アスリートとしてネット上で注目を集めている吉永一貴選手ですから、彼女の存在があってもおかしくありませんよね。

そこで、吉永一貴選手に関する熱愛情報を徹底的にリサーチしてみたところ、これといった情報が出てこなかったので、現在の吉永一貴選手はフリーである可能性が高そうです。

現役高校生ですから、意中の女性がいても驚けませんけど、今の吉永一貴選手は平昌オリンピックで活躍する事を大きな目標に掲げていますので、恋愛している暇はない、というところが正直な心境ではないでしょうか。

 

吉永一貴の母親と父親は?

ショートトラック男子・吉永一貴選手の母親と父親に関する情報をまとめます。

吉永一貴選手の父親に関する情報は全く出回っていなかったのですが、吉永一貴選手の母親ショートトラック界の超大物である事が判明しました。

吉永一貴選手の母親の名前は美佳さん(旧姓:加藤)
息子と同じショートトラック選手で、全日本選手権優勝3回、500mの世界選手権2連覇、というとんでもない実績を残しています。

母・美佳さんが現役だった事はまだショートトラックがオリンピックの正式種目になっていなかったので、美佳さんはオリンピックに出場した事がありません。

でも、世界選手権で2回優勝している実力者でしたから、母・美佳さんの現役時代にショートトラックがオリンピック種目になっていたら、間違いなくメダルを獲得していた事でしょう。

オリンピックに出場できなかった母・美佳さんの思いを背負い、平昌オリンピックに出場する事になる吉永一貴選手の活躍に期待したいですね。

 


スポンサーリンク


 

吉永一貴の兄弟姉妹は?

ショートトラック男子・吉永一貴選手の兄弟姉妹に関する情報をリサーチしてみたのですが、これといった情報が出てこなかったので、吉永一貴選手は一人っ子である可能性が高い、と考えています。

兄弟姉妹の情報が出てこなかったかわりに、吉永一貴選手の親族の情報を調べてみたところ、吉永一貴選手の叔母も一流アスリートだった事が分かりました

叔母の名前は美善さんで、1980年レークプラシッドオリンピックにスピードスケート日本代表(当時の史上最年少)として出場した経験を持っています。

一流アスリートとして現役時代に目覚ましい活躍を見せた母と叔母がいる吉永一貴選手は、スポーツ界での活躍が約束されているサラブレッドだった、という事になりますね。

 

吉永一貴の成績(戦績)

ショートトラック男子・吉永一貴選手の主な成績(戦績)をご紹介します。

2012年 全日本選手権(総合) 11位
2013年 全日本選手権(500m) 8位
2014年 全日本選抜(総合) 3位
2014年 全日本距離別選手権(1500m) 1位
2014年 全日本選手権(総合) 3位
2014年 全日本選手権(500m) 2位
2015年 世界ジュニア選手権(総合) 9位
2015年 世界ジュニア選手権(1500m) 3位
2016年 全日本選手権(総合) 1位
2016年 世界ジュニア選手権(総合) 9位
2016年 世界ジュニア選手権(1500m) 5位
2016年 ユースオリンピック(500m) 2位
2016年 ユースオリンピック(NOC混合リレー) 3位
2016年 全日本距離別選手権(1000m) 3位
2016年 全日本距離別選手権(1500m) 3位
2017年 全日本選手権(総合) 2位
2017年 アジア大会(1500m) 7位
2017年 アジア大会(リレー) 3位
2017年 世界ジュニア選手権(総合) 3位
2017年 世界ジュニア選手権(リレー) 4位
2017年 全日本選手権(総合) 1位

中学3年生の時に出場した全日本距離別選手権(1500m)で年長の選手相手に優勝する、という快挙を成し遂げたところから一気に注目されるようになった吉永一貴選手。

平昌オリンピックの選考会を兼ねた2017年12月の全日本選手権で見事優勝し、平昌オリンピック日本代表の座をつかみ取りました。

 

吉永一貴 平昌オリンピックへの期待感

最後に、2018年2月に開幕する平昌オリンピックへの出場が決まったショートトラック男子・吉永一貴選手への期待感をまとめます。

直近の全日本選手権を2度優勝するなど、日本国内では圧倒的な強さを見せている吉永一貴選手ですけど、国際大会では目立った成績を残す事ができていません

よって、世界トップクラスのショートトラック選手が集結する平昌オリンピックでは苦戦を強いられるのでは?と予想しています。

でも、中学時代から記録をグングン伸ばしていますので、吉永一貴選手が得意にしている1500m種目では決勝まで進出する可能性がある、と考えています。

ショートトラックはアクシデントが発生しやすいスポーツで、過去のオリンピックのでも予期せぬ波乱が起きていますから、有力選手のアクシデントが相次ぐ事態になれば、メダル獲得のチャンスが転がり込んできそうです。

国際大会で大活躍した一流アスリートを母と叔母に持つスポーツ界のサラブレッド・吉永一貴選手の奮闘にどうぞご注目ください!

 


スポンサーリンク


 

 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 高山勝成の国籍や出身高校は?彼女や結婚の噂とベルト4団体の名称
  2. 7人制ラグビー(男子)リオオリンピック決定!日本代表メンバー紹介
  3. ダニエル太郎はハーフ?父母の国籍や本名と年齢や年収が気になる
  4. フィギュアスケート世界選手権2016の日程や観戦ツアーとチケット
  5. 東アジアカップアイキャッチ画像
  6. パラレル大回転
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題の韓国ドラマ一覧

話題の中国ドラマ一覧