グランプリシリーズアメリカ大会2019男子の結果速報!滑走順と放送日程も

この記事は3分で読めます

グランプリシリーズアメリカ大会2019男子(2019年10月19日・20日)に、フィギュアスケート男子世界ランキング1位のネイサン・チェン選手(アメリカ)がエントリー!

2019年3月の世界フィギュアで圧倒的な強さを見せたネイサン・チェン選手はもちろん、絶対王者に挑戦する友野一希選手&島田高志郎選手の活躍にも期待したいグランプリシリーズアメリカ大会2019男子を徹底解剖!

詳しい放送日程滑走順出場選手をご紹介するとともに、グランプリシリーズアメリカ大会2019の結果速報も掲載していきますので、どうぞご期待ください!

 


スポンサーリンク


 

試合日程や放送日|フィギュアグランプリシリーズ アメリカ大会 男子ショート&フリー

【フィギュアグランプリシリーズアメリカ大会2019 男子SP&FSの試合日程と放送日】

地上波での放送予定は以下の通りです。

放送日時:<SP>2019年10月20日(日)午前4時~※関東地方のみ
     <FS>2019年10月20日(日)午後1時55分~
放送局 :テレビ朝日系列

※BS朝日やAbemaTVなど、地上波テレビ以外のメディアでも生放送・録画放送する可能性がありますので、詳しい情報が分かり次第、追記いたします。

 


スポンサーリンク


 

滑走順|フィギュアグランプリシリーズ アメリカ大会 男子ショート&フリー

【フィギュアGPアメリカ大会2019男子SP&FSの出場予定選手(アサイン)】
※滑走順は確定次第、記載いたします。

友野一希(日本)
友野一希

島田高志郎(日本)
島田高志郎

ネイサン・チェン(アメリカ)
ネイサン・チェン

ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
ジェイソン・ブラウン

アレクセイ・クラスノジョン(アメリカ)
アレクセイ・クラスノジョン

ボーヤン・ジン(中国)
ボーヤン・ジン

チャ・ジュンファン(韓国)
チャ・ジュンファン

キーガン・メッシング(カナダ)
キーガン・メッシング

ドミトリー・アリエフ(ロシア)
ドミトリー・アリエフ

ロマン・サヴォシン(ロシア)
ロマン・サヴォシン

ミハル・ブレジナ(チェコ)
ミハル・ブレジナ

ロマン・ポンサール(フランス)
ロマン・ポンサール

以上、12の出場となります。
※ケガなどの理由で出場を見合わせるケースがあります

 


スポンサーリンク


 

速報結果|フィギュアグランプリシリーズ アメリカ大会 男子ショート&フリー

【フィギュアGPアメリカ大会2019男子SP&FSの速報結果】
フィギュアスケートアメリカ大会男子ショートSP&FSの速報は、結果が出次第、記載予定です。

 

予想|フィギュアグランプリシリーズ アメリカ大会 男子ショート&フリー

【フィギュアGPアメリカ大会2019男子SP&FSの感想】
最後に、グランプリシリーズアメリカ大会2019男子の優勝予想と日本人選手の展望をお届けします。
(選手情報は2019年9月17日時点のものになります)

2019-2020シーズンの序盤に開催される大会で、ほとんどの選手が手探り状態で今シーズン用に作り上げた新プログラムを披露する形になりますから、300点台の高得点を連発する可能性は少ないかと思います。

そんな中、グランプリシリーズアメリカ大会2019男子の優勝候補大本命に挙げられているのが、グランプリシリーズアメリカ大会3連覇の偉業に挑むネイサン・チェン選手(アメリカ)!

ネイサン・チェン選手は2018年2月平昌五輪のSPでミスを連発し、総合5位に敗れていますけど、平昌五輪以降の大会では個人戦すべてで1位、という驚異的な成績を残しています。

得点源になっているジャンプの精度・質が年々向上していますし、羽生結弦選手や宇野昌磨選手という実力上位のライバルがエントリーしていない状況であれば、他の選手に1位の座を譲らないはず!と予想しています。

優勝候補のネイサン・チェン選手を追いかけるのが、3年ぶりにアメリカ大会に出場するジェイソン・ブラウン選手(アメリカ)と、世界フィギュアで2度銅メダルを獲得しているボーヤン・ジン選手(中国)の2人でしょう。

羽生結弦選手と同じブライアン・オーサーコーチの元で指導を受けているジェイソン・ブラウン選手は、パーソナルベスト(263.42点)に近い得点を叩き出す事ができれば、表彰台に上がる可能性も十分!

ボーヤン・ジン選手は、今季初戦のチャレンジャーシリーズ・ロンバルディア杯で268.31点の高得点をマークし、見事優勝!

昨シーズンの世界フィギュアでも5位に入るなど、トップクラスの実力を持ち合わせているのは明らかですから、ロンバルディア杯と同程度の演技を見せる事ができれば、ネイサン・チェン選手を脅かす存在になるかもしれません。

日本からエントリーした友野一希選手は、昨シーズンのグランプリシリーズロシア大会で3位に入っていますし、自身のパーソナルベスト(256.11点)に近い得点を出せば、再度表彰台に上がるチャンスも!

一方、シニアのグランプリシリーズ初参戦となる若手・島田高志郎選手は厳しい戦いを強いられそうですが、手強いライバル相手にどこまで通用するのか…という腕試しの大会になるかと思います。

グランプリシリーズ表彰台経験者の友野一希選手とシニアデビューを果たす島田高志郎選手が、絶対王者ネイサン・チェン選手に立ち向かっていくグランプリシリーズアメリカ大会2019男子。

日本人選手の健闘に期待するのはもちろん、羽生結弦選手の最大のライバルであるネイサン・チェン選手がグランプリシリーズ初戦でどんな演技を見せるのか、というところも大きな見どころになりますので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ベイカー茉秋(柔道)はハーフ?本名や国籍は?出身中学や高校はどこ
  2. ちばアクアラインマラソン2016の申込や抽選と倍率!車いすハーフも
  3. リオオリンピック男子テニスの出場選手と全試合日程や金メダル予想!
  4. 都築仁(男子バレー)の身長や出身中学をwikiで紹介!彼女の噂や画像
  5. 亀田興毅が現役引退!戦績や父親と弟妹の反応は?即復帰もある?
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。