わろてんか(朝ドラ2017秋)主演は誰?原作あらすじとキャスト

この記事は5分で読めます

わろてんか(朝ドラ2017秋)主演は誰?原作あらすじとキャスト

わろてんか(朝ドラ2017秋)は人気のお笑い芸人が多数所属する吉本興業の創設者・吉本せいさんがヒロインのモデルとなった注目の朝ドラ!

明治の後半から昭和の始めにかけて、激動の時代をたどった大阪の地でお笑いの文化を根付かせようと奮闘する女性・藤岡てんを中心としたハートフルな朝ドラとなります。

ここでは、ドラマ『わろてんか』の原作あらすじとキャスト、見どころの情報をご紹介するほか、主演が誰になるのかを予想しましたので、どうぞご期待ください。

2017.3.9 ヒロイン決定!情報更新
2017.8.17 主題歌決定!情報更新

 


スポンサーリンク


 

わろてんか(ドラマ)基本情報

わろてんか
2017年10月2日(月)スタート(全151回)
NHK総合(本放送)午前8時~午前8時15分
BSプレミアム(本放送)午前7時30分~午前7時45分
NHK総合(再放送)午前12時45分~午後1時
BSプレミアム (再放送)午後11時~午後11時15分

脚本 :吉田智子(ドラマ『美女か野獣』映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』)
演出 :本木一博(朝ドラ『あぐり』大河ドラマ『軍師官兵衛』)
    東山充裕(朝ドラ『ふたりっ子』ドラマ『農業女子“はらぺ娘”』)
    川野秀昭(ドラマ『ちかえもん』『ちゃんぽん食べたか』)
プロデューサー:長谷知記(朝ドラ『まれ』大河ドラマ『八重の桜』)
制作統括:後藤高久(ドラマ『受験のシンデレラ』『奇跡の人』)
主題歌:「明日はどこから」松たか子

人気の恋愛小説の実写映画として話題沸騰中の『ぼくは明日、昨日のきみとデートする(12月17日より公開)』を手掛けている吉田智子さんが初めてNHK朝ドラの脚本を担当する事になりました。

吉田智子さんといえば『全開ガール』や『嫌な女』など、女性がメインとなる作品を数多く手掛けているほか、少女漫画が原作となっている『ホットロード』や『アオハライド』の実写映画化を実現させたやり手の脚本家ですよね。

これまでに申し分ない実績を残している吉田智子さんですから、初の朝ドラであっても上手く仕上げきってくれる事でしょう。

 

わろてんか(ドラマ)のあらすじ・ネタバレ

ドラマ『わろてんか』のあらすじとネタバレをご紹介します。

あらすじ

京都で薬の問屋を営む両親の元に生まれた藤岡てんが本作のヒロイン

厳格な父から「人前で笑うのは失礼だ!」と教わりながらすくすくと成長していった藤岡てんだったのですが、大阪にある商業地・船場の米屋のお世継ぎだった北村藤吉と出会う事で人生観を変えていきます。

より良く生きていくためには笑いが必要不可欠!」という父親とは真逆の考え方を持つ北村藤吉に心を奪われた藤岡てんは、父親からの猛烈な反対を押し切って、北村藤吉との結婚に踏み切るのです。

しかし、お笑いの事が頭から離れない北村藤吉は夫婦そろって始めた商売に身が入らず、廃業寸前にまで追い込まれてしまいます。

そんな時、藤岡てんが名案を思い浮かべるのです。

「あんたが好きなお笑いを商売にしてみるのはどうやろ?」

日本で最初にお笑いで商売をする事を実行した女性・藤岡てんが中心となって、商業の街・大阪にお笑いの文化を根付かせていくまでの過程を面白おかしく描いていく朝ドラです。

 

感想

大阪とお笑いの結びつきが強い事は当たり前の事のように思われていますが、どうして大阪がお笑いの地になったのかを掘り下げてくれるのは大変興味深いですよね。

主要人物となる藤岡てんと北村藤吉の生き様に注目するのはもちろん、大阪が商業の街からお笑いの街に変化していく様子をしっかりと目に焼き付けておきたいところです。

 


スポンサーリンク


 

わろてんか(ドラマ)キャスト予想!

ドラマ『わろてんか』のキャストを大胆予想します。

藤岡てん 役:吉岡里帆(予想)

藤岡てん京都府出身という設定ですので、同じ京都府出身でヒロイン役にぴったりそうな女優さんを選んでいった結果、『あさが来た』での好演が記憶に新しい吉岡里帆さんにたどり着きました。

藤岡てん役はオーディションで決める事が発表されていますので、全くの無名女優がヒロイン役を射止める可能性がありますが、有名どころでは吉岡里帆さんがベストなのでは?と思っています。

他にも、NMB48の山本彩さんを推す声も多いようですので、どなたが藤岡てん役に起用されるのかが本当に楽しみですね。

 

北村藤吉 役:濱田岳(予想)

仕事よりもお笑いが大好き、という設定の北村藤吉役には濱田岳さんを推したいです。

子役時代から大活躍している濱田岳さんならば、朝ドラヒロインの相手役という大役も無難に演じ切ってくれるのではないでしょうか。

また、濱田岳さんはまだ朝ドラへの出演した事がありませんので、そろそろ出演しても良いのでは?という思いもあって、濱田岳さんを推す事にしました。

 

わろてんか(ドラマ)キャスト・出演者

ドラマ『わろてんか』のキャストをご紹介します。

ヒロイン藤岡てん 役:葵わかな
葵わかな
事前の予想では、吉岡里帆さんを推していましたが、葵わかなさんに決定しました。
神奈川県出身の18歳で、朝ドラのオーディションは3度目にして、見事ヒロインの座を射止めましたね。

葵わかなさんは11歳で芸能界デビューを果たし、『暗殺教室』など11本の映画出演、『表参道高校合唱部!』など15本(単発含む)のドラマ出演、『mineo』など延べ17本のCM出演といった実績があります。

そうは言っても、まだ18歳。
初々しさを武器に、朝ドラ『わろてんか』のヒロインに挑戦します!

 

北村藤吉 役:松阪桃李
老舗米問屋「北村屋」の長男。
家業を継ぐのが嫌で旅芸人一座に紛れ込んだものの、芸人としての見込みがなく、てんと結婚するために実家に戻る。

 

武井風太 役:濱田岳
てんの幼なじみ。
てんとは兄妹のように育てられたが、その頼りなさから弟扱いされている。
大人になってもてんを陰ながら支えている。

 

伊能栞 役:高橋一生
伊能薬品の社長の息子。
息子といっても正妻の子どもではないため、跡は継がずに貿易会社を経営している。てんの夢である「日本中に笑いを広める」ことをビジネスとして展開していく際に大きな助けとなる存在。

 

藤岡儀兵衛 役:遠藤憲一

 

藤岡しず 役:鈴木保奈美

 

藤岡ハツ 役:竹下景子

 

藤岡新一 役:千葉雄大

 

藤岡りん 役:堀田真由

 

トキ 役:徳永えり

 

北村啄子 役:鈴木京香

 

杉田楓 役:岡本玲

 

秦野リリコ 役:広瀬アリス

 

キース 役:大野拓朗

 

アサリ 役:前野朋哉

 

万丈目吉蔵 役:藤井隆

 

万丈目歌子 役:枝元萌

 

寺ギン 役:兵動大樹

 

亀井庄助 役:内場勝則

 

てんの幼少期:新井美羽

 


風太の幼少期:鈴木福

 

キースの幼少期:前田旺志郎

 

わろてんか(ドラマ)の見どころ

最後に、ドラマ『わろてんか』の見どころをチェックしていきます。

藤岡てん・北村藤吉夫婦がどんな人生を歩んだのか、というところも大きな見どころとなりますけど、他にどんなキャストが出演するのか、というところにもご注目ください。

吉本興業の創設者がモデルとなる朝ドラですから、現在吉本興業に所属している人気のお笑い芸人が数多く登場するのは間違いないでしょう。

宮迫博之さんや山口智充さん、板尾創路さんといった方々は役者顔負けの演技力の高さを持っていますので、スケジュールさえあえば『わろてんか』に出演するのはほぼ確実だと思います。

また、明石家さんまさんや西川きよしさん、桂文枝さんといった超大物の出演もあるのでは?とも噂されていますから、実際のどんなキャストが出そろうのかが本当に楽しみです。

 

2017年10月からスタートする朝ドラ『わろてんか』の原作あらすじや見どころ、キャスト予想をご紹介しました。

最近の朝ドラは主題歌に大物アーティストを起用するケースが多くなっていますので、『わろてんか』の主題歌を担当するのが誰になるのか、というところにもぜひ注目してくださいね。

 

わろてんか(ドラマ)の主題歌

2017年8月17日追記

主題歌が決定しました!

曲名:明日はどこから
作詞:松たか子
作曲:松たか子
歌:松たか子

松たか子さんが、NHK朝ドラのためだけに書き下ろしたオリジナルソングです。

長丁場の撮影にのぞむ皆さんに寄り添う気持ちで、曲を書きました

『笑い』や愛がテーマのこのドラマを優しく温かく包んでくれる、そんな曲です

松たか子さんの澄み渡る歌声で、優しくスローテンポな曲なのかなと想像しています。

どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 先に生まれただけの僕(ドラマ)主演は櫻井翔!あらすじとキャストや主題歌は?
  2. 秋のカノン
  3. そして誰もいなくなった8話ネタバレ感想と伏線考察!日下が本性をあらわす!
  4. 新牡丹と薔薇(昼ドラマ)第4話あらすじとネタバレ感想!本日の相関図
  5. いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう(ドラマ)ネタバレとキャスト
  6. THIS IS US 36歳、これから(海外ドラマ)ネタバレあらすじと主人公キャスト紹介
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

話題の韓国ドラマ一覧

話題の中国ドラマ一覧