スベクヒャン・帝王の娘(韓国ドラマ)あらすじネタバレ(最終回結末)とキャスト相関図!

この記事は9分で読めます

スベクヒャン
2019年1月25日からBSテレ東で放送される事が決まった注目の韓流ドラマ『帝王の娘スベクヒャン』をピックアップ!

高句麗・新羅と激しい縄張り争いを繰り広げていた三国時代(6世紀ごろ)の百済が舞台となっている長編時代劇で、ソ・ヒョンジンさんやソウさん、チョ・ヒョンジェさんなど、実力派の役者が勢ぞろい!

ここでは、韓国ドラマ『帝王の娘スベクヒャン』の原作あらすじネタバレ感想キャスト相関図見どころ最終回結末主題歌など、気になる情報を一気にご紹介しながら、作品の魅力に迫っていきますので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

帝王の娘スベクヒャン(韓国ドラマ)原作・あらすじ

韓国ドラマ『帝王の娘スベクヒャン』の原作あらすじをご紹介します

仕事に追われながら、忙しい日々を送る母・チェファ(ミョン・セビン)と何気ない日常を過ごす事に幸せを感じていた純朴な女性・ソルラン(ソ・ヒョンジン)

貧しい思いをしながらも、チェファに寄り添う事を生きがいにするなど、どこにでもいそうな雰囲気を醸し出しているソルランですけど、彼女は大国・百済を率いる武寧王(イ・ジェリョン)の隠し子という驚きの過去を背負っていたのです。

自身の出生の真実を知らないまま大人へと成長していくソルランでしたが、武寧王を襲撃しようとしているチンム(チョン・テス)のせいで、チェファが両目を失明する、というショッキングな場面を目の当たりにしたところから状況が一変。

可愛がっていた妹・ソルヒ(ソウ)から裏切りに遭うなど、平々凡々な暮らしをしていたはずのソルランは予想だにしない出来事に巻き込まれていき…。

 

帝王の娘スベクヒャン(韓国ドラマ)ネタバレ・感想

韓国ドラマ『帝王の娘スベクヒャン』のネタバレ感想をご紹介します

チンムの攻撃で両目を失明し、命が尽きようとしていた母・チェファ。
父親が武寧王である事をソルランに告げようとしますが、意識が朦朧としていたため、ソルランと見間違えたソルヒにソルランの出生の秘密を明かしてしまいます。

武寧王はチェファが子供を出産した事すら知らない状況でしたが、チェファは武寧王から「女の子が生まれたら“スベクヒャン”(百済を守護する花という意味)と名付けてくれ」という頼みがあった事をソルヒに話し、息を引き取ります。

意図しない形で姉・ソルランの出生の秘密を知ったソルヒは、チェファから聞かされた話をソルランに打ち明けず、武寧王の元へと直接出向き、武寧王とチェファしか知らない“スベクヒャン”の名を口に出します。

本来はソルランのものであるはずの“スベクヒャン”の名を出す事で武寧王に取り入っていく、という裏切り行為に打って出たソルヒに対し、ソルランは百済の諜報団・ピムンの一員となります。

武寧王の本当の娘・ソルランが諜報団に入り、本当の娘じゃないソルヒの方が武寧王の近くにいる、という複雑な関係性となったソルランとソルヒそれぞれの振る舞いにどうぞご注目ください。

 


スポンサーリンク


 

帝王の娘スベクヒャン(韓国ドラマ)見どころ

韓国ドラマ『帝王の娘スベクヒャン』の見どころをチェックしていきましょう

最愛の母・チェファを突然亡くしたり、信頼していた妹・ソルヒから裏切られたり、と様々な困難が目の前に立ちはだかりながらも、自我を失わず、百済発展のために尽力していく本作のヒロイン・ソルランの生き様が最大の見どころになります。

王様の娘としてこの世に誕生していますから、本来であれば、百済の王女として君臨する事ができたはずのソルランですけど、自身の出生の秘密を知ってからも、諜報団・ピムンの一員として活躍していきます。

諜報団ならではのクールで非情な面を見せる一方、敵国の官女たちの良き理解者になるなど、純朴な女性ならではの心優しい面を随所に見せていくところもソルランの特徴になっていますので、どうぞご期待ください。

 

帝王の娘スベクヒャン(韓国ドラマ)最終回結末

韓国ドラマ『帝王の娘スベクヒャン』の最終回結末をご紹介します

武寧王の息子としてこの世に誕生していながら、先代王の息子として育てられたミョンノン(チョ・ヒョンジェ)が病死した武寧王の後継ぎとなり、26代目聖王に就任した最中、ソルランとソルヒは百済の平民として暮らしていました。

大量の毒を飲んでいた事もあり、ソルヒは激しい頭痛に悩まされていて、ふとした瞬間に自殺を思い立つなど、心の乱れが目立っていたものの、姉・ソルランやチンムの献身的な支えにより、人間らしさを徐々に取り戻していきます。

激しい縄張り争いを展開していたソルランとソルヒが本物の姉妹のような関係性に戻っていく中、26代目の王となったミョンノンは、“スベクヒャン”の花が誇らしげに咲く場所でソルランへの熱い想いを告げるのでした。

以上が『帝王の娘スベクヒャン』最終話(72回)の大まかなあらすじになります。

 

韓流の時代劇ドラマはバッドエンドになるケースも少なくありませんけど、『帝王の娘スベクヒャン』はソルランをはじめとするメインキャラそれぞれが穏やかな日常を手にする、というハッピーエンドが用意されています

時代劇ドラマならではのハラハラドキドキな展開が続いていく作品ではありますが、最終回付近は心温まるエピソードが随所に散りばめられていますので、バッドエンドの展開が苦手…という方でも安心して視聴していただけるかと思います。

 

帝王の娘スベクヒャン(韓国ドラマ)キャスト・出演者

韓国ドラマ『帝王の娘スベクヒャン』のキャスト・出演者をご紹介します

ソルラン/スベクヒャン 役:ソ・ヒョンジン

武寧王とチェファとの間に誕生した純朴な性格の美女。

母や妹と何気ない日常を過ごす事に幸せを感じていた最中、ソルランの出生の秘密を知った妹・ソルヒの裏切りに遭い、王女の地位を奪われた後、諜報団・ピムンの一員として諜報活動を進めていく事になる。

『帝王の娘スベクヒャン』のヒロイン・ソルラン役で連ドラ初主演を果たしたソ・ヒョンジンさん。

激動の時代をたくましく生き抜くヒロインを情感たっぷりに演じ切ったのはもちろん、6世紀ごろの皇室舞踊を忠実に再現したほか、迫力満点のアクションシーンを数多く披露していますので、どうぞご期待ください。

 

ソルヒ 役:ソウ

ソルランの異父妹。
伽耶(かや)村の出身で、村一番の美女として知られていた。

母・チェファが亡くなる寸前にソルランの出生の秘密を知った事がきっかけになり、武寧王の元に取り行っていく。

2008年に公開された映画『ミスにんじん』では、大韓民国映画大賞など4つの映画賞で新人女優賞のタイトルを獲得したソウさん。

『帝王の娘スベクヒャン』でヒロインの敵役で悪女でもあったソルヒ役を好演した事で、実力派女優の仲間入りを果たしています。

 

ミョンノン 役:チョ・ヒョンジェ

東城王の息子。
顔立ちがよく似ているチンムと入れ替えられ、武寧王の息子として幼少期を過ごしていた。

戦場では冷徹な面を見せる一方、下々の者に対して寛容な姿勢を貫いていた事もあり、民や臣下からは厚い信頼を寄せられている。

『私の期限は49日』で脳死状態となった想い人が憑依している女性の事を徐々に気にし始めるハン・ガン役を好演するなど、幅広い分野の作品で印象的な演技を見せているチョ・ヒョンジェさんがミョンノン役を演じています。

 

チンム 役:チョン・テス

武寧王の息子。
顔立ちが似ていたミョンノンと入れ替わる形になり、東城王の息子として育てられた。

東城王が亡き後、太子の立場を追われた事に違和感を覚えていて、東城王の後継ぎとなった武寧王への恨む気持ちを抱いている。

時代劇ドラマ『奇皇后』の主演を務めたハ・ジウォンさんの弟で、『トキメキ成均館スキャンダル』などの人気作に出演していたものの、2018年1月に34歳の若さでこの世を去ったチョン・テスさんがチンム役を演じています。

 

東城(トンソン)王 役:チョン・チャン

百済の第24代王。
後継ぎの武寧王に対し、「息子(ミョンノン)を守ってほしい」という遺言を残した事がきっかけになり、ミョンノンとチンムが入れ替わる事になった。

ドラマ『美男ですね』のアン社長役で大ブレイクを果たした実力派俳優で、2016年5月には2泊3日のソウルツアーを開催するなど、ファンとの交流を盛んに行っているチョン・チャンさんが東城王役を演じています。

 

ペク・カ 役:アン・ソクファン

チェファの父親。
自身に強いプレッシャーをかけていた東城王の暗殺を計画するも、ユン(後の武寧王)に暗殺の動きを悟られてしまう。

『太白山脈』や『ナンバー3』など、1990年代を代表する韓流映画でメインキャストを務めているほか、2005年にはKBS演技大賞・助演男優賞を獲得しているアン・ソクファンさんがペク・カ役を演じています。

 

武寧(ムリョン)王/ユン 役:イ・ジェリョン

百済の第25代王で、ソルランの本当の父親。
王に即位する前までは、16官位のトップに君臨する佐平(チャピョン)として目覚ましい活躍を見せていた。

時代劇ドラマ『商道』で主人公のイム・サンオク役を好演するなど、韓国の時代劇ドラマには欠かせない存在となっている実力派俳優のイ・ジェリョンさんが百済を繁栄に導いた武寧王役を演じています。

 

チェファ 役:ミョン・セビン

ソルラン・ソルヒの実母。
恋仲にあった武寧王に父親(ペク・カ)を殺害されたものの、武寧王への想いを捨てきれず、田舎町に移住した後、武寧王との子(ソルラン)を出産する。

女優デビュー作の『純粋』のユン・ヘジン役でKBS演技大賞と百想芸術大賞の新人女優賞をW受賞しているミョン・セビンさんがチェファ役を演じています。

 

クチョン 役:ユン・テヨン

チェファの夫で、ソルヒの実の父親。
人並み外れた怪力の持ち主だが、言葉を満足に話す事ができない。

ペ・ヨンジュンさんが主演した『太王四神記』で主人公のライバル役を好演したほか、『名もなき英雄』では権力を振りかざす悪役を見事に演じ切った実力派俳優ユン・テヨンさんがクチョン役を演じています。

 


スポンサーリンク


 

帝王の娘スベクヒャン(韓国ドラマ)登場人物・相関図

韓国ドラマ『帝王の娘スベクヒャン』の登場人物・キャスト相関図をご紹介します
帝国の娘スベクヒャン(韓国ドラマ)登場人物・相関図

 

帝王の娘スベクヒャン(韓国ドラマ)ネット上の反応

韓国ドラマ『帝王の娘スベクヒャン』に対するネット上の反応をまとめます

多くの韓流ドラマを放送しているCS・チャンネル銀河だけでなく、BS朝日やBS11といったBSチャンネルでも既に放送が終了していますので、作品全体に関する感想ツイートが数多く出回っていました。

韓流ドラマの大半は賛否が分かれる形になるのですが、『帝王の娘スベクヒャン』に関しては好意的な反応が多くなっていますから、韓流ドラマ初心者の方でも気軽にお楽しみいただける作品になります。

 

帝王の娘スベクヒャン(韓国ドラマ)主題歌・OP/EDは?

韓国ドラマ『帝王の娘スベクヒャン』の主題歌・OP/ED・OST情報をご紹介します

ここでは、数あるOSTの中から人気の高い楽曲を3曲ピックアップしました!

『井邑詞(せいゆうし)』ソ・ヒョンジンwithキム・ナニ

『井邑詞(Pop Version)』イ・サンウン

『永遠』チョ・ヒョンジェ

 

帝王の娘スベクヒャン(韓国ドラマ)視聴方法

韓国ドラマ『帝王の娘スベクヒャン』を放送するBSテレ東の視聴方法をご紹介します

BSテレ東をはじめとするBSチャンネルをご自宅で視聴したい!とお考えの皆さんは、まず、BS放送を視聴するために必要なBSパラボラアンテナを購入してくだい。

BSパラボラアンテナは、ネット上で5,000円~10,000円程度の価格帯で販売されていますので、価格比較サイトで皆さんの希望に合うBSパラボラアンテナを探してみるのいかがでしょうか。

また、デジタルチューナーが内蔵されていないテレビで番組を視聴している皆さんは、BSパラボラアンテナ以外にもデジタルチューナー内蔵テレビ(相場は20,000円程度)を別途用意する必要がありますから、十分ご注意ください。

BSパラボラアンテナとデジタルチューナー内蔵テレビが準備できたら、BSテレ東をはじめとするBSチャンネルの視聴態勢が整います。

ちなみに、マンション等の集合住宅にお住いの皆さんは、集合住宅の共同アンテナからBS放送を視聴できる場合がありますので、事前に管理会社等にお問い合わせください。

 

帝王の娘スベクヒャン(韓国ドラマ)基本情報


帝王の娘スベクヒャン
2019年1月25日(金)スタート(全72回)※オリジナルは全108回
BSテレ東 毎週月曜日~金曜日 午前10時55分~午後0時

原題 :『帝王の娘、守百香(제왕의딸수백향)』
脚本 :ファン・ジニョン(ドラマ『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン』)
演出 :イ・サンヨプ(ドラマ『ショッピング王ルイ』『知ってるワイフ』)

貧しい幼少期を経て、国民的人気を誇る義賊へと成り上がっていく主人公の生き様を描いた『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン』など、人気作を数多く手掛けているファン・ジニョンさんが『帝王の娘スベクヒャン』のメイン脚本を担当。

最高視聴率13.1%を叩き出したラブコメドラマ『ショッピング王ルイ』のイ・サンヨプさんが演出としてスタッフに名を連ねているところも心強いですよね。

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 正義のセ
  2. スモーキング
  3. 女の中にいる他人(ドラマ)あらすじと最終回の結末ネタバレ!
  4. 雲が描いた月明り
  5. わにとかげぎす(ドラマ)原作あらすじとキャスト相関図!くりぃむ有田と本田翼共演
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。