波よ波よ(韓国ドラマ)あらすじネタバレ(最終回結末)とキャスト相関図!

この記事は6分で読めます

波よ波よ
2019年4月1日(月)から毎週月曜~金曜の午後4時~午後5時までBS日テレでオンエアされている韓流ドラマ『波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~』を大特集!

K-POPダンスグループ・Dal★Shabet(ダルシャーベット)の元メンバーで、女優転身後も目覚ましい活躍を見せているチョ・アヨンさんが主演を務めた『波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~』とはどんな作品なのでしょう?

ここでは、韓国ドラマ『波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~』原作あらすじネタバレ感想見どころキャスト相関図最終回結末主題歌・OSTなど、気になる情報を徹底的に掘り下げていきます!

 


スポンサーリンク


 

波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~(韓国ドラマ)原作・あらすじ

韓国ドラマ『波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~』の原作あらすじをご紹介します

貧しい家庭環境で育っていながら、「国民的な歌手になる!」という大きな夢を追い求めようとする芯の強い女性オ・ボクシル(チョ・アヨン)が本作のヒロイン。

オ・ボクシルは、母親のイ・オクブン(イ・ギョンジン)や兄のオ・ジョンフン(チャン・ジェホ)、幼なじみのハン・ギョンホ(パク・ジョンウク)など、バラエティーに富んだ面々に見守られながら、すくすくと成長していきます。

戦争の影響で大切な人たちと離れ離れの生活を余儀なくされたものの、持ち前の芯の強さで目の前にやってくる困難を次々にクリアしていくオ・ボクシル。

自分自身に降りかかるアクシデントを乗り越えるのはもちろん、家族間ならではのトラブルに直面しながら、“家族愛”の尊さを体感するヒロインの活躍を描いていく、見せ場たっぷりのヒューマンストーリーです。

 

波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~(韓国ドラマ)ネタバレ・感想

韓国ドラマ『波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~』のネタバレ感想をご紹介します

オ・ボクシルの母親にあたるイ・オクブンが、戦時中のソウルで金塊入りのカバンを何者かに奪われ、貧乏生活に転落してしまったところからストーリーが展開していく『波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~』。

北朝鮮に渡った、という噂が広まっている行方不明の父親に自分の存在を知ってもらうため、超売れっ子の歌手になる事を決意したヒロインのオ・ボクシル。

幼なじみで両想いの関係だったハン・ギョンホとの仲を断ち切る覚悟で歌手の道を突き進んでいく最中、オ・ボクシルは芸能プロダクション・ラッキー企画社の社長を務めるチャ・サンピル(キム・ギョヌ)と知り合います。

温厚な性格のハン・ギョンホとは異なり、経営者ならではの欲深さと強かさを合わせ持つチャ・サンピルとの仲を深めていくオ・ボクシル。

しかし、オ・ボクシルに興味を示すチャ・サンピルの親戚の中に、オ・ボクシルの母イ・オクブンの金塊を奪い取った人物が含まれていて…

ストーリーが進んでいくにつれて、オ・ボクシル一家を苦しめるきっかけになった金塊持ち逃げ事件の犯人像が徐々に明らかになっていきますので、どうぞご注目ください。

 

波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~(韓国ドラマ)見どころ

韓国ドラマ『波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~』の見どころをチェックしていきましょう

浮き沈みの激しい人生を送るヒロインのオ・ボクシルの生き様に注目するのはもちろん、作中でオ・ボクシルの心を揺さぶっていくハン・ギョンホとチャ・サンピルという2人のイケメンキャラの振る舞いも大きな見どころになっています。

ネタバレ感想のコーナーでご紹介した通り、オ・ボクシルの人生に大きな影響を与えるハン・ギョンホとチャ・サンピルは対照的な性格の持ち主になります。

営利的な面と欲深い面を合わせ持つ冷静なイケメンのチャ・サンピルと、夢を追うオ・ボクシルを健気に応援し続ける温和なイケメンのハン・ギョンホとがオ・ボクシルにどんな形でアプローチしていくのか、というところにどうぞご期待ください。

 

波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~(韓国ドラマ)最終回結末

韓国ドラマ『波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~』の最終回結末の大まかなあらすじをご紹介します

会社存続の危機に陥っていたラッキー企画社でしたが、オ・ボクシルの兄にあたるオ・ジョンフンがテグク建設を売却し、その売却資金のおかげで経営難のピンチから脱します

一方、よりを戻したオ・ボクシルとハン・ギョンホは、オ・ボクシルの事を受け入れていなかったヤン・マルスン(イ・ギョンシル)に結婚の許しを得るため、ハン・ギョンホの実家を訪れ…。

オ家の次男オ・ジョンテ(ジョンホン)の結婚式に招待されたオ・ボクシルとハン・ギョンホが無事に結婚の許しを得る、というハッピーエンドが用意されていますので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~(韓国ドラマ)キャスト・出演者

韓国ドラマ『波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~』のキャスト・出演者をご紹介します

オ・ボクシル 役:チョ・アヨン


貧しい家庭で育ちながら、行方不明の父親を捜すため、売れっ子の歌手になる事を決意した本作のヒロイン。

アイドル出身の女優とは思えないくらい、情感たっぷりな演技を本作で披露し、女優としての評価を急上昇させたチョ・アヨンさん。

K-POPダンスグループ・Dal★Shabetに在籍していた頃は“アヨン”名義で活躍していましたが、事務所移籍後に“チョ・アヨン”へと改名しています。

 

ハン・ギョンホ 役:パク・ジョンウク


オ・ボクシルの幼なじみ
いつも誠実な振る舞いを見せている好青年で、歌手志望のオ・ボクシルを健気に見守り続ける。

ドラマ『いつも春の日』で腕利き青年実業家のク・ヒョンジュン役を好演したパク・ジョンウクさんがハン・ギョンホ役を演じています。

 

チャ・サンピル 役:キム・ギョヌ


芸能事務所・ラッキー企画社の運営者
冷静沈着で頭のキレる人物である一方、欲深い面をのぞかせる事も。

韓国のロックバンド・TRAXのボーカルを務めている(音楽活動時の名義は“ジェイ”)ほか、『客主』や『アンダンテ~恋する速度~』といった人気作で印象的な演技を見せているキム・ギョヌさんがチャ・サンピル役を演じています。

 

オ・ジョンフン 役:チャン・ジェホ


オ・ボクシルの兄
いつもクールな振る舞いを見せている秀才。

『偽りの雫』や『20世紀少年少女』といった話題作への出演が相次いでいる赤丸急上昇中のチャン・ジェホさんがオ・ジョンフン役を演じています。

 

オ・ジョンテ 役:ジョンホン


オ・ジョンフンの弟
義理堅い人物だが、喧嘩っ早いところを見せる場面も。

愛憎ドラマ『女の秘密』でヒロインに好意を抱くミン・ソノ役を好演するなど、幅広いジャンルの作品に出演しているジョンホンさんがオ・ジョンテ役を演じています。

 

波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~(韓国ドラマ)登場人物・相関図

韓国ドラマ『波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~』の登場人物・キャスト相関図をご紹介します
波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~(韓国ドラマ)登場人物・相関図

 


スポンサーリンク


 

波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~(韓国ドラマ)ネット上の反応

韓国ドラマ『波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~』に対するネット上の反応をまとめます

既に本編の視聴を終えた方々はもちろん、BS日テレでのオンエアを心待ちにしている方々など、数多くの韓流ドラマファンが『波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~』に関する意見をツイートしています。

BS日テレでの放送前から高い注目度を誇っている作品でもありますので、近いうちに地上波でのオンエアが実現する可能性も十分あると思います。

 

波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~(韓国ドラマ)主題歌・OP/EDは?

韓国ドラマ『波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~』の主題歌・OP/ED・OST情報をご紹介します

『あなたに行く道』チャ・スギョン

『風車』チョ・アヨン

『おしゃれなお嬢さん ドキ』チョ・アヨン

 

波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~(韓国ドラマ)視聴方法

韓国ドラマ『波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~』を放送するBS日テレの視聴方法をご紹介します

【BS日テレの視聴方法】

韓流ドラマのBS初放送を数多く実施しているBS日テレの視聴をご希望の皆さんは、まず視聴環境を整備するために必要なBSパラボラアンテナとデジタルチューナー内蔵テレビを買いそろえてください。

BSチャンネルを視聴するための各アイテムの相場は以下の通りです。

BSパラボラアンテナ      ⇒ 5,000円~10,000円程度
デジタルチューナー内蔵テレビ ⇒ 20,000円程度
(2019年3月時点)

BSパラボラアンテナとデジタルチューナー内蔵テレビを購入し、視聴環境が整った段階でBS日テレ(チャンネル番号「4」)の視聴が可能になります。

ただ、マンション等の集合住宅にお住いの皆さんは、BSチャンネルが視聴できる共同アンテナを整備している可能性もありますから、加入手続きをする前に管理会社に問い合わせする事をおすすめします。

 

波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~(韓国ドラマ)基本情報


波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~
2019年4月1日(月)スタート(全72回)
BS日テレ 毎週月曜日~金曜日 午後4時~午後5時

原題 :『파도야 파도야』
脚本 :イ・ヒョンジェ(ドラマ『山向こうの南村には2』)
演出 :イ・ドッコン(ドラマ『風吹くよき日』『愛の香り~憎しみの果てに~』)

最高視聴率44.2%を獲得した大ヒットドラマ『憎くても可愛くても』など、数多くの人気作を手掛けていたイ・ドッコンさんがメイン演出を担当する『波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~』に乞うご期待!

 

韓国ドラマ一覧

他の韓国ドラマを見る

 


スポンサーリンク


 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 死んでこそ生きる男(韓国ドラマ)あらすじネタバレとキャスト相関図!日本放送日とOST動画
  2. レンタルの恋(ドラマ)あらすじとキャスト!剛力彩芽と太賀のレン恋がはじまる
  3. 世界で一番可愛い私の娘
  4. 家族の旅路
  5. ファン・ジニ
  6. 魔女の城アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。