私がヒロイン(韓国ドラマ)あらすじと最終回ネタバレ!キャスト相関図や見逃し動画の視聴方法!

この記事は7分で読めます

私がヒロインTOP
2018年10月11日からBS11でBS初放送される事が決まった注目の韓流ドラマ『私がヒロイン』を大特集!

T-ARAのウンジョンさん、AFTERSCHOOL元メンバーのイ・ジュヨンさん、というK-POPの頂点を極めた売れっ子女優が複雑な事情を抱える美女の双子を演じる事でも話題を集めた『私がヒロイン』とはどんな作品なのでしょう?

ここでは、韓国ドラマ『私がヒロイン』のあらすじネタバレ感想キャスト相関図見どころ最終回結末視聴方法ネット上の反応OSTなど、気になる情報を一気にご紹介しながら、作品の面白さに迫っていきますので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

私がヒロイン(韓国ドラマ)原作・あらすじ

韓国ドラマ『私がヒロイン』の原作あらすじをご紹介します。

OLとして出版社に勤務しながら、ゴーストライターとしても活動しているファン・ウンビョル(ウンジョン)と、とあるアパレルメーカーの広報チーム長を務めているファン・クムビョル(イ・ジュヨン)は二卵性双生児の姉妹。

姉のクムビョルがミスコリアに選出されるなど、美女の双子として恵まれた日々を送ってきたように見えるウンビョル・クムビョル姉妹。

しかし、低体重出生児だったがゆえに、小さい頃から可愛がられていた姉のクムビョルに対し、妹のウンビョルはわがままが許されなかった、という対照的な人生を過ごしてきたため、2人の間には決定的な溝が生じています。

大人になってからも対立を繰り返すウンビョル・クムビョル姉妹でしたが、同じタイミングで運命の男性と出会いを果たし、結婚へ向けた話が浮上。

嫁ぎ先で新たな生活を送る事に強い意欲を示すウンビョル・クムビョル姉妹。
でも、互いの嫁ぎ先で予想外のトラブルに巻き込まれてしまい、2人は再び対立する事を余儀なくされ…。

生まれながらにして格差がついてしまった美女姉妹の波乱万丈な日常を描いていく、新感覚のホームドラマです。

 

私がヒロイン(韓国ドラマ)ネタバレ・感想

私がヒロインの4人
韓国ドラマ『私がヒロイン』のネタバレ感想をご紹介します。

自由奔放な性格の姉・クムビョルは、大手企業・ナインファッションの社長を父に持ち、社内では本部長の大役を任されているパク・ミノ(チャ・ドジン)と婚約。

自慢の娘が玉の輿に乗った事で舞い上がっていた母・ミョンジャ(キム・チョン)は、大急ぎで結婚の段取りを決めていったものの、何者かに結納資金を奪われてしまいます。

奪われた結納資金を補てんできず、苦しい状況に追い込まれたミョンジャでしたが、クムビョルと因縁の関係にある妹・ウンビョルに資金援助を頼む、という突拍子もない行動に打って出ます。

それなりの額を貯金しているウンビョルは、お金を貸す事もできたのですが、ワークショップに通うための資金を確保する事を優先したため、ミョンジャの頼みを断ってしまいます。

その後、紆余曲折ありながらも、交際していたテコンドー指導者のチェ・ハンジュ(カン・ギョンジュン)と結婚する事になったウンビョル。

しかし、ウンビョルが結婚したチェ・ハンジュとクムビョルが結婚したパク・ミノの間には予想だにしない因縁が存在していたのです。

その因縁とは、チェ・ハンジュとパク・ミノがテコンドー選手として活躍していた高校時代の国体決勝で、パク・ミノの父親が判定の操作を行い、劣勢だったパク・ミノが優勝する、というものでした。

国体決勝で謎の敗北を喫したチェ・ハンジュは、暴力を働いたテコンドー選手、という濡れ衣を着せられ、テコンドーの現役引退を余儀なくされていました。

さらに、チェ・ハンジュとパク・ミノの実家同士が古い邸宅をめぐって法廷闘争を繰り広げている、という衝撃的な事実も判明し、ウンビョルとクムビョルは困惑してしまい…。

以上が『私がヒロイン』ストーリー序盤の大まかなネタバレになります。

ウンビョルとクムビョルの間には大きな隔たりが存在していますけど、2人の結婚相手であるチェ・ハンジュとパク・ミノの間にはそれ以上の溝が生じている、という急展開を見せていきますので、どうぞご期待ください。

 


スポンサーリンク


 

私がヒロイン(韓国ドラマ)見どころ

韓国ドラマ『私がヒロイン』の見どころをチェックしていきましょう。

ズバリ、『私がヒロイン』の最大の見どころは、双子でありながら、性格が180度異なっている美女姉妹のウンビョル・クムビョルが互いの家庭を和解させるためにどんな振る舞いを見せていくのか、というところだと思います

互いの夫だけでなく、夫の実家同士も大きなトラブルを抱えている、という非現実的なストーリーになっていますけど、回を重ねるにつれて、ウンビョルとクムビョルの距離感がどんどん縮まっていき、それぞれのトラブル解決に挑んでいきます。

犬猿の仲、という言葉がピッタリな関係性だったウンビョルとクムビョルが、互いの家庭の幸せを叶えるため、性格の違いを乗り越えていく様にどうぞご注目ください。

 

私がヒロイン(韓国ドラマ)最終回結末

韓国ドラマ『私がヒロイン』の最終回結末をご紹介します。

チェ・ハンジュの弟であるチェ・ドンジュ(イ・チャンヨプ)と、パク・ミノの妹であるパク・ジホ(ナム・サンジ)の結婚式に出席した、身重のウンビョルとクムビョル。

幸せいっぱいなチェ・ドンジュとパク・ジホの様子を見守っていたウンビョル・クムビョル姉妹でしたが、2人が同じタイミングで激しい陣痛におそわれてしまいます。

その後、ウンビョルとクムビョルは無事に元気な女の子を出産したものの、難産だったクムビョルは産後うつになってしまい…。

以上が『私がヒロイン』最終回の大まかなあらすじになります。

一緒に出席した結婚式の場でそろって陣痛におそわれる、という双子らしいエピソードが最終回に用意されています。

激しい陣痛の影響で気を失った事もあり、ネガティブな気持ちを抑えきれなくなったクムビョルに対し、先に出産を終えたウンビョルが優しく声をかける、というほっこりとした展開が待っていますので、どうぞご期待ください。

 

私がヒロイン(韓国ドラマ)キャスト・出演者

韓国ドラマ『私がヒロイン』のキャスト・出演者をご紹介します。

ファン・ウンビョル 役:ウンジョン(T-ARA)


ファン・クムビョルの双子の妹。
「弱きを助け、強きをくじく」というスタイルを貫いている正義感たっぷりな性格の持ち主。

美術大学への進学を希望していたが、姉・クムビョルに気を遣いすぎてしまったため、夢を断念し、出版社へと入社した。

K-POP人気アイドルグループ・T-ARAの中心メンバーとして活躍する一方、『インス大妃』をはじめとするヒット作で印象的な演技を披露するなど、女優としても目覚ましい活躍を見せているウンジョンさんがファン・ウンビョル役を演じています。

 

ファン・クムビョル 役:イ・ジュヨン


ファン・ウンビョルの双子の姉。
幼少期から甘やかされていたため、自由奔放な性格のまま大人に成長してしまった残念美人。

AFTERSCHOOLを卒業した後、女優業にシフトし、2018年春の韓国SBSで本放送された『フンナムジョンウム』に出演するなど、幅広いジャンルの作品で存在感を発揮しているイ・ジュヨンさんがファン・クムビョル役を演じています。

 

チェ・ハンジュ 役:カン・ギョンジュン


ファン・ウンビョルの旦那で、テコンドー道場の師範を務めている。
高校時代までテコンドーの現役選手として活躍していたが、パク・ミノと顔を合わせた国体決勝で謎の判定を受け、現役を続けられなくなってしまった。

正義感たっぷりな性格が妻・ウンビョルとそっくりなチェ・ハンジュ役を演じているのは、2018年5月に女優チャン・シニョンさんと結婚した事で大きな話題を集めた実力派俳優カン・ギョンジュンさんです。

 

パク・ミノ 役:チャ・ドジン


ファン・クムビョルの旦那。
父親が経営している大手企業・ナインファッションの本部長を務めている。

チェ・ハンジュを現役引退に追い込んだ国体決勝の対戦相手だったが、自身の父親が判定の不正に関与している事を知らされていない。

紳士らしい振る舞いを見せる一方、心の奥底では気弱な面を抱えているパク・ミノ役を演じているのは、『星になって輝く』でヒロインを陰ながら支えている好青年のホン・ソングク役を好演したチャ・ドジンさんです。

 


スポンサーリンク


 

私がヒロイン(韓国ドラマ)登場人物・相関図

韓国ドラマ『私がヒロイン』の登場人物・キャスト相関図をご紹介します。

私がヒロイン(韓国ドラマ)登場人物・相関図

 

私がヒロイン(韓国ドラマ)ネット上の反応

韓国ドラマ『私がヒロイン』に対するネット上の反応をまとめます。

DVDレンタル開始に合わせて、フォロー&リツイートをした方限定で特製QUOカードがもらえる、というキャンペーンを実施していた事もあり、ストーリーを見終えていない方々が作品に対する期待の声を寄せているケースが多くなっていました。

ツイート内に「ちょいドロ」というワードがあったように、韓流ドラマ特有のドロドロした愛憎劇を展開するわけではありませんので、穏やかな形のストーリーが見たい!という方におすすめしたい作品です。

 

私がヒロイン(韓国ドラマ)主題歌・OP/EDは?

韓国ドラマ『私がヒロイン』の主題歌・OP/ED・OST情報をご紹介します。

ここでは、数あるOSTの中から人気の高い楽曲を3曲ピックアップしました!

『Love Holiday』ヘミ(Nine Muses)

『気持ちのいい日』1set

『あなたを失った』Mi-Yu

私がヒロイン(韓国ドラマ)視聴方法

韓国ドラマ『私がヒロイン』を放送するBS11の視聴方法をご紹介します。

【BS11の視聴方法】

見応えたっぷりの国内外のドラマを数多く放送しているBS11の視聴をご希望の方は、BS放送を視聴するためには必要なアイテム(BSパラボラアンテナ・デジタルチューナー内蔵済みのテレビ)を用意してください。

各ネットショップで、BSパラボラアンテナは5,000円~10,000円程度、デジタルチューナー内蔵のテレビは20,000円程度の価格帯で販売されていますので、早めに取り寄せておく事をおすすめします。

BSパラボラアンテナとデジタルチューナー内蔵テレビを購入したら、BS11を含むBSチャンネルの放送の視聴が可能になります。

ちなみに、マンション等の集合住宅に住んでいる皆さんは、集合住宅の共同アンテナからBS放送を視聴できる場合がありますので、アンテナ等を購入する前に管理会社等に問い合わせしてください。

 

私がヒロイン(韓国ドラマ)基本情報


私がヒロイン!~宿敵のビョル姉妹~
2018年10月11日(木)スタート(全60回)
BS11 毎週月曜日~金曜日 午前10時~午前11時

原題 :いろいろな嫁
脚本 :オ・サンヒ(ドラマ『可愛いあなた』『せがれたち』『マイ・ラブリー・ブラザーズ』)
演出 :イ・ジェジン(ドラマ『キャリアを引く女』『いとしのクム・サウォル』)

最高視聴率16.3%をマークしたラブコメドラマ『可愛いあなた』など、幅広いジャンルの作品を世に送り出しているオ・サンヒさんが『私がヒロイン』のメイン脚本を担当しています。

演出担当のイ・ジェジンさんも、チェ・ジウさんが主演した法廷ドラマ『キャリアを引く女』を手掛けていますし、話題作を数多く生み出しているスタッフが顔をそろえたところも『私がヒロイン』の大きな注目点になっているのではないでしょうか。

 


スポンサーリンク


 

 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 花と将軍アイキャッチ
  2. 沢尻エリカのCMに電話番号が!掛け方とメッセージまとめ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。