小平奈緒が可愛い!成績や出身高校・大学を調査!彼氏や父母の職業は?

この記事は5分で読めます

スピードスケート
スピードスケート女子の絶対的エースで、2018年2月開幕の平昌オリンピックでメダル獲得が期待されている美女アスリート・小平奈緒選手をピックアップ!

国内外の公式戦で圧倒的な強さを見せている事もあり、平昌オリンピックに出場する日本選手の中で最も金メダルを獲得する可能性が高い、といわれている小平奈緒選手。

でも、アスリートとして目覚ましい活躍を見せている事は知っていても、小平奈緒選手の詳しいプロフィールまでは知らない、という方が意外に多いようなので、ここでは小平奈緒選手のプロフィールを徹底的に調査していきます!

これまでの成績や出身高校・大学などの情報はもちろん、父母の職業や彼氏の存在を調査していきますながら、ネット上で可愛い!と評判の小平奈緒選手に迫っていきますので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

小平奈緒 WIKIプロフィール

スピードスケート女子・小平奈緒選手のプロフィールをWIKI風にまとめました。

名前:小平奈緒(こだいら なお)
生年月日:1986年(昭和61年)5月26日(現在31歳)
出身地:長野県茅野市豊平南大塩
身長:165cm
体重:61kg
血液型:A
趣味:写真撮影
特技:オランダ語
種目:500m/1000m
所属:社会医療法人財団 慈泉会 相澤病院
   スポーツ障害予防治療センター職員
憧れの選手:シンディ・クラッセン(2006年トリノ五輪1500m金メダル)

ウインタースポーツが盛んな長野県出身の小平奈緒選手は、1998年(小学5年時)に地元長野で開催された冬季オリンピックの影響を強く受けた事がきっかけになり、スピードスケート競技に打ち込むようになりました。

長野オリンピックのスピードスケートで大活躍した清水宏保さん(男子500m・金メダル)や岡崎朋美さん(女子500m・銅メダル)のVTRを何度も確認して、自身のパフォーマンス向上に活かしたそうです。

世界スプリント選手権で銅メダルを獲得した実績を持っている新谷志保美さんの父親・純夫さんの下に弟子入りした小平奈緒選手は、中学2年時に500mの中学記録を叩き出すなど、ジュニア時代から堂々たる成績を残しています。

また、2014年のソチオリンピック終了後にはスピードスケートの本場・オランダへと2年間留学しています。

低い位置に腰を置いて、空気抵抗を減らす事を目的にした「ボーズカット」という新しいフォームをオランダの地で取得し、小平奈緒選手の成績も一気に上がっていきました。

 

小平奈緒 かわいい画像集

スピードスケート女子・小平奈緒選手のかわいい画像集をご覧いただきましょう。

小平奈緒選手はあまり表情を変えないアスリートですから、キュートな女性というよりも、クールで大人っぽい雰囲気を全面に出している女性、という印象を持っています。

大会で優勝しても常に冷静な態度を取っている小平奈緒選手ですけど、平昌オリンピックで金メダルを獲得した時にどんな表情を見せてくれるのか、というところにも注目したいですね。

 


スポンサーリンク


 

小平奈緒の学歴(出身高校・大学)

スピードスケート女子・小平奈緒選手の学歴をご紹介します。

出身小学校:茅野市立豊平小学校
出身中学校:茅野市立北部中学校
出身高校:伊那西高校
出身大学:信州大学

小平奈緒選手の出身高校は、新体操部の強豪校としても知られている私立の女子校・伊那西高校です。

伊那西高校には進学コースと普通コース、という2つのコースがあり、進学コースの最新偏差値は「42」で、普通コースの最新偏差値は「36」となっています。

高校時代から全国トップクラスの実力を持っていた小平奈緒選手は、高校卒業後に三協精機や富士急行といったスピードスケートの強豪チームから誘いを受けたものの、地元長野県にある信州大学へと進学します。

スピードスケートでオリンピックのメダリストになる事を夢見ている一方、小平奈緒選手は学校の先生になりたい、という夢も持っていたため、信州大学の教育学部に通う事になりました。

信州大学では、長野オリンピック金メダリスト・清水宏保さんを育て上げた名将・結城匡啓監督の元で実力をメキメキとつけていき、大学在学中に全日本距離別選手権を優勝しています。

 

小平奈緒に彼氏はいるの?

スピードスケート女子・小平奈緒選手に熱愛中の彼氏はいるのでしょうか?

ネット上で美女アスリートとして注目されている小平奈緒選手ですから、熱愛情報がいくつか出ていても不思議ないのでは?と考え、小平奈緒選手に関する恋愛の噂をリサーチしてみました。

しかし、これといった情報が出回っていない状況ですから、現在の小平奈緒選手はフリーである可能性が高いと思います。

2年間オランダに留学していましたので、オランダに本命の彼氏がいるかもしれませんけど、今は平昌オリンピックでの金メダル獲得に人生の全てを注いでいる状況ですから、あえて彼氏を作っていないのかもしれません。

でも、平昌オリンピック後に電撃結婚!なんていう可能性も十分ありますので、今後の情報にも注目したいですね。

 

小平奈緒の母親と父親は?

スピードスケート女子・小平奈緒選手の母親と父親に関する情報をまとめます。

小平奈緒選手の父親の名前は安彦さん。
詳しい職業は分からなかったのですが、小平奈緒選手が小学校を卒業するまで、スピードスケートのコーチングをしていた事が判明しています。

スピードスケート競技と深い関わりを持っていたわけではなかったものの、小平奈緒選手と一緒にスケートリンクへと通い、全国トップクラスのスピードスケート選手の滑りを間近で観察した事もあったそうです。

安彦さんは小平奈緒選手の自主性を重視するコーチングに専念していて、他人から押し付けられた練習をするのではなく、自分自身で練習内容を考え、その練習に取り組む、というスタンスで小平奈緒選手と接していました。

小平奈緒選手の母親の名前は光子さん。
父・安彦さんと同い年(2017年時点で61歳)である事は判明したものの、詳しい職業は分かりませんでした。

小平奈緒選手は負けん気の強い性格の持ち主なのですが、かなりの負けず嫌いな性格だった光子さんから負けん気の強さを受け継いだ、といわれています。

 


スポンサーリンク


 

小平奈緒の兄弟姉妹は?

スピードスケート女子・小平奈緒選手の兄弟姉妹に関する情報をまとめます。

小平奈緒選手には、5歳年上の長女・知佳さんと4歳年上の次女・真衣さんという2人のお姉さんがいますので、3人姉妹の末っ子という事になりますね。

長女・知佳さん、次女・真衣さんともに小学校まで豊平小学校スケートクラブに通っていたものの、本格的にスピードスケート競技に打ち込む事はありませんでした。

知佳さんと真衣さんはいずれも結婚していて、知佳さんは神奈川県鎌倉市、真衣さんは愛知県豊川市に住んでいるそうです。

 

小平奈緒の成績(戦績)

スピードスケート女子・小平奈緒選手の主な成績(戦績)を振り返っていきましょう。(国際大会での成績を中心にご紹介します)

【距離別のベストタイム】

500m:36秒50※日本記録
1000m:1分12秒09※世界記録
1500m:1分55秒40

 

【主な成績】

2010年 バンクーバーオリンピック(チームパシュート) 2位
2011年 世界スプリント選手権 総合5位
2013年 世界距離別選手権(500m) 6位
2014年 世界スプリント選手権 総合5位
2014年 ソチオリンピック(500m) 5位
2014年 ソチオリンピック(1000m) 13位
2015年 世界距離別選手権(500m) 3位
2016年 世界距離別選手権(500m) 6位
2016年 世界スプリント選手権 総合8位
2017年 世界距離別選手権(500m) 1位
2017年 世界距離別選手権(1000m) 2位
2017年 アジア大会(500m) 1位
2017年 アジア大会(1000m) 1位
2017年 世界スプリント選手権 総合1位
2017年 平昌オリンピック選考会(500m) 1位
2017年 平昌オリンピック選考会(1000m) 1位
2017年 平昌オリンピック選考会(1500m) 2位

2017年2月に開催された世界スプリント選手権(カルガリー大会)で日本女子初の総合優勝を果たした小平奈緒選手。

2015-2016シーズンまでは国際大会で3位争いに加わるのがやっと、という状況でしたけど、2016-2017シーズンから一気に素質が開花し、世界のトップスプリンターとして活躍するようになりました。

 

小平奈緒 平昌オリンピックへの期待感

最後に、2018年2月に開幕する平昌オリンピックへの出場権を獲得したスピードスケート女子・小平奈緒選手への期待感をまとめたいと思います。

3大会連続3度目のオリンピック出場となる小平奈緒選手は、500m・1000m・1500mの3種目にエントリーしています。

3種目の中で最も期待できるのが、2016-2017シーズンのW杯で総合1位の座を獲得している500m!

小平奈緒選手は国内外で行われた500mの公式戦で24連勝中、という絶対的な強さを誇っていますので、余程の事が起きない限り、小平奈緒選手が500mで負ける事はないでしょう。

500mだけでなく、1000mでも世界トップクラスの実力を持っていて、1000mは日本代表・高木美帆選手と金メダル争いを展開する可能性が高まっています。

平昌オリンピック選考会では小平奈緒選手が高木美帆選手に勝利していますけど、1000mでは2人の実力は互角ですから、どちらが金メダルを獲得する事になっても驚けないと思います。

日本のスピードスケート女子界史上初となるオリンピックの金メダル獲得が現実味を帯びている小平奈緒選手の活躍にどうぞご期待ください!

 


スポンサーリンク


 

 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ウォルシュジュリアン(陸上400m)はハーフで日本人?父母の国籍は
  2. フィギュアスケートフランス大会2017
  3. THE ICE 2017(フィギュア)に浅田真央!日程や放送日はいつ?大阪・名古屋のアクセスとチケット
  4. バブルラン2017の駐車場や服装と持ち物。早割エントリー方法と当日券は?
  5. 全日本フィギュア選手権大会男子アイキャッチ
  6. 朝比奈沙羅
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。