上茶谷大河(東洋大)のドラフト評価と予想!読み方や出身中学・高校は?

この記事は5分で読めます

ドラフト会議2017
2018年10月25日に行われるドラフト会議2018で1位指名が確実視されている東洋大学野球部の絶対的エース・上茶谷大河投手を大特集!

ジャイアンツの高橋由伸監督辞任通算1000試合登板を達成した岩瀬仁紀投手の引退など、慌ただしい動きを見せているプロ野球界ですけど、2019年シーズンの即戦力として期待されている上茶谷大河投手とはどんなプレーヤーなのでしょう?

ここでは、東洋大学・上茶谷大河投手の名前の読み方出身中学高校といった基本的なプロフィールはもちろん、各球団のドラフト評価指名予想など、旬な話題を徹底深掘りしていきますので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

上茶谷大河(東洋大)のドラフト評価

東洋大学・上茶谷大河投手に対するプロ野球12球団スカウト陣ドラフト評価をまとめます。
(2018年10月初旬時点の情報)

【福岡ソフトバンクホークス】

スカウト陣のコメント見当たらず。
上位指名の対象外になっている可能性大。

 

【広島東洋カープ】

苑田聡彦スカウト統括部長
「両サイドに投げ分けるコントロールが一番の武器。スピンが利いているストレートも魅力的で、プロ入り直後から先発ローテ入りも」

 

【埼玉西武ライオンズ】

渡辺久信シニアディレクター
「ヒジが柔らかく、球種が豊富なところも魅力的。上位候補間違いなしの状況」

 

【阪神タイガース】

谷本修球団本部長
「お手本のような投球フォームで、想像以上に良いピッチャー。スライダーのキレも抜群」

 

【東北楽天ゴールデンイーグルス】

仁村徹スカウト部副部長
「大学生のピッチャーの中で完成度ナンバーワン」

 

【横浜DeNAベイスターズ】

吉田孝司スカウト部長
「足の上げ方に工夫がみられる。不調時よりも良い感じだった」

 

【オリックスバファローズ】

古屋英夫編成部副部長
「変化球の精度が高く、投球の幅が出てきた」

 

【読売ジャイアンツ】

吉武真太郎スコアラー
「速球のスピードに安定感が出てきた」

 

【北海道日本ハムファイターズ】

今成泰章スカウト
「斎藤佑樹、大石達也、福井優也の2010年早稲田大学トリオよりも(東洋大学トリオの方が)スケールは上」

 

【中日ドラゴンズ】

中田宗男アマスカウトディレクター
「投球パターンを変えて打者を翻弄していた。先発投手の中でトップの評価」

 

【千葉ロッテマリーンズ】

永野吉成チーフスカウト
「自分で配球を考えながら投げている模様。利口なピッチャー」

 

【東京ヤクルトスワローズ】

伊東昭光編成部長
「ストレートをより効果的にするため、カットボールを取得する、という考え方は素晴らしい。今まで以上に抑える確率が上がりそう」

 


スポンサーリンク


 

上茶谷大河(東洋大)のドラフト指名予想

続いて、東洋大学・上茶谷大河投手をドラフト会議で1位指名しそうな球団を勝手気ままに予想していきます。

【候補1:阪神タイガース】

金本知憲監督就任3年目でセリーグ優勝を狙ったものの、歴史的な貧打に泣き、3位以内のAクラス入りも厳しい状況になっている阪神タイガース。

貧打解消が大きな課題になっていますけど、2018年のドラフト会議は素材型の選手が多く、即戦力級の野手が見当たらないので、計算できる先発投手確保に乗り出す可能性も否定できません。

岩貞祐太投手や小野泰己投手、才木浩人投手など、若手の先発投手が台頭してきたとはいえ、先発投手の頭数が足りないのは事実ですから、競合覚悟で上茶谷大河投手を1位指名してくるのでは?と予想しています。

 

【候補2:千葉ロッテマリーンズ】

2球団目の候補は、井口資仁監督就任1年目で大苦戦を強いられた千葉ロッテマリーンズ。

新外国人のボルシンガー投手が二桁勝利を挙げたものの、涌井秀章投手・石川歩投手といったエース格が思うような成績を残せず、他の先発投手も大不振、という厳しい状況を打開するため、即戦力の上茶谷大河投手を1位指名するのでは?と予想。

 

【候補3:東京ヤクルトスワローズ】

3球団目の候補は、東洋大学在学中に何度も登板している神宮球場が本拠地の東京ヤクルトスワローズ。

小川泰弘投手・ブキャナン投手という右の二枚看板がいるとはいえ、シーズン通して活躍できる先発投手が不足していますから、1年目から10勝以上の勝ち星が期待できる上茶谷大河投手1位指名の可能性も十分あるのでは?と予想しています。

 

上茶谷大河(東洋大)の名前の読み方と出身地は?

東洋大学・上茶谷大河投手の名前の読み方「かみちゃたに たいが」です。

名字由来netというサイトで、名字が「上茶谷」の人が全国にどれほどいるのか?を調べてみたところ、全国で90人程度(順位は33,234位)いるそうです。

上茶谷姓は京都府南部の山城がルーツになっているそうで、京都府京都市北区エリアに上茶谷姓の方々が数多く在住している事が判明しました。

上茶谷大河投手の出身地も京都府京都市ですから、先祖代々受け継がれた珍しい名字を背負った状況でプロ入りする事になりますね。

 

上茶谷大河(東洋大)の出身中学や高校はどこ?成績は?

東洋大学・上茶谷大河投手の出身中学・高校とそれぞれの成績をご紹介します。

出身中学は公立・京都市立衣笠中学校。
京都レッドベアーボーイズという野球チームに所属していたそうですが、日本代表入りするほどの選手ではなかったようです。

 

出身高校は私立・京都学園高校。
戦前の大投手で沢村賞のルーツになっている沢村栄治さんや、ソフトバンクなどで活躍し、先日現役引退を発表した大隣憲司投手がOBとして名を連ねています。

高校2年春からチームのエースピッチャーとして活躍していましたが、高校3年夏の京都府大会2回戦で敗退し、甲子園への出場を決める事はできませんでした。

 


スポンサーリンク


 

上茶谷大河(東洋大)の大学での成績

甲子園未出場の上茶谷大河投手でしたが、東都大学野球リーグの強豪・東洋大学へと進学

大学2年冬に血行障害の手術を受けるなど、度重なるケガに悩まされ、大学3年秋までのリーグ戦登板数「7」という低調な結果に終わっていた上茶谷大河投手。

しかし、ケガが完全に癒えた大学4年春に6勝2敗・防御率2.29(奪三振率11.08)という素晴らしい成績を残した上茶谷大河投手は、リーグMVP・最優秀投手・ベストナインのタイトルを獲得!

最速159キロのストッパー・甲斐野央投手とともに大車輪の活躍を見せ、東洋大学のリーグ3連覇に貢献しました。

上茶谷大河(東洋大)の球速と球種(変化球)

ドラフト会議2018で1位指名確実な東洋大学・上茶谷大河投手の球速球種・変化球など、詳しい投球スタイルをご紹介します。

現在の上茶谷大河投手が持っている球種は以下の通り。

  • ストレート(最速152キロ)
  • スライダー
  • スプリット
  • チェンジアップ
  • カットボール

 

腕の位置が下がり気味になるスリークォーターのフォームから精度の高いボールを次々に投げ込んでいく上茶谷大河投手。

大学4年春までは、ストレート・スライダー・スプリットの3球種を中心にした投球スタイルでしたが、伊東昭光編成部長のコメントにあるように、ドラフト会議直前に新球種のカットボールを取得し、投球の幅を広げています。

今春に東都大学野球リーグ最多の20奪三振を記録している上茶谷大河投手ですけど、際どいコースに粘り強く投げていく技巧派ピッチャーですから、プロ入り後は打たせて取る投球スタイルを貫く事になりそうです。

 

上茶谷大河(東洋大)のWIKIプロフィール

最後に、東洋大学・上茶谷大河投手のプロフィールをWIKI風にまとめます。

名前:上茶谷大河(かみちゃたに たいが)
生年月日:1996年(平成8年)8月31日(現在22歳)
身長:181cm
体重:85kg
投打:右投げ/右打ち

30本超のホームランを記録するなど、プロ入り4年目で覚醒した読売ジャイアンツ・岡本和真選手と同じ1996年生まれの上茶谷大河投手。

岡本和真選手は智弁学園高校時代からアマ球界トップクラスの選手として注目されていましたが、上茶谷大河投手は大学4年の時に急成長を遂げた晩成型になります。

同い年のスーパースター・岡本和真選手との対戦でどんな投球を見せてくれるのか、というところにも注目したいですね。

 

まとめ

東都大学野球リーグで絶対的な強さを誇る東洋大学のエースで、ドラフト会議2018の目玉として注目を集めている京都府京都市出身の上茶谷大河投手

複数球団の1位指名が確実な情勢ですので、ドラフト会議当日のクジ次第という面こそありますが、どの球団に入ったとしても、即戦力級の扱いを受けるのは間違いありませんから、プロ入り1年目からフル回転してくれる事でしょう。

1位指名濃厚の甲斐野央投手・梅津晃大投手とともに、東洋大学のBIG3としてプロ野球界に旋風を巻き起こしそうな上茶谷大河投手の活躍にどうぞご期待ください!

 


スポンサーリンク


 

 


スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 入江陵介オリンピックで銀メダル
  2. 増田明美のプロフィール!年齢や身長と夫や弟は?解説が面白い!
  3. 7人制ラグビー(男子)リオオリンピック決定!日本代表メンバー紹介
  4. パラレル大回転
  5. 澤村拓一画像
  6. フィギュアスケートフランス大会2018男子
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。