フィギュアスケートアメリカ大会2018男子!速報結果と滑走順や代表選手!

この記事は5分で読めます

フィギュアスケートアメリカ大会
フィギュアスケートグランプリシリーズ2018男子の開幕戦・アメリカ大会が2018年10月20日からスタート!

日本人選手の出場こそありませんが、平昌五輪で4回転ジャンプを6度成功させたネイサン・チェン選手(アメリカ)や2017年のNHK杯を制したセルゲイ・ボロノフ選手(ロシア)など、世界のトップスケーターが集結します!

ここでは、地上波のテレビ朝日系列で放送される事が決まったフィギュアスケートアメリカ大会2018男子の出場選手(アサイン)や滑走順順位予想速報結果など、気になる話題を一気にご紹介しますので、どうぞお楽しみに!

 


スポンサーリンク


 

試合日程や放送日|フィギュアグランプリシリーズ アメリカ大会 男子ショート

【フィギュアグランプリシリーズアメリカ大会2018 男子SPの試合日程と放送日】

地上波での放送予定は以下の通りです。

放送日時:<SP>2018年10月20日(土)深夜3時~深夜4時※関東地区のみ
<FS>2018年10月21日(日)午後1時55分~午後3時55分
放送局 :テレビ朝日系列※いずれも録画放送

フィギュアグランプリシリーズアメリカ大会男子SP・FSの模様は、BS朝日とAmebaTVでも視聴する事ができます。

 

【BS朝日】

<SP>2018年10月22日(月)午前8時30分~午前10時
<FS>2018年10月22日(月)午後0時~午後1時55分

 

【AmebaTV】

<SP>2018年10月20日(土)深夜3時~深夜4時05分
<FS>2018年10月21日(日)午後1時55分~午後4時

 


スポンサーリンク


 

滑走順|フィギュアグランプリシリーズ アメリカ大会 男子ショート

【フィギュアGPアメリカ大会2018男子SPの出場予定選手(アサイン)】
※滑走順は確定次第、記載いたします。

ネイサン・チェン(アメリカ)
ネイサン・チェン(アメリカ)
ヴィンセント・ゾウ(アメリカ)
ヴィンセント・ゾウ(アメリカ)

 

ジミー・マ(アメリカ)
ジミー・マ(アメリカ)
セルゲイ・ボロノフ(ロシア)
セルゲイ・ボロノフ(ロシア)
マッテオ・リッツォ(イタリア)
マッテオ・リッツォ(イタリア)
ナム・グエン(カナダ)
ナム・グエン(カナダ)
ケヴィン・レイノルズ(カナダ)
ケヴィン・レイノルズ(カナダ)
オレクシイ・ビチェンコ(イスラエル)
オレクシイ・ビチェンコ(イスラエル)
ミハル・プジェジナ(チェコ)
ミハル・プジェジナ(チェコ)
ロマン・ポンサール(フランス)
ロマン・ポンサール(フランス)
モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)
モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)
ジュリアン・イー・ジージエ(マレーシア)
ジュリアン・イー・ジージエ(マレーシア)
以上、12名の出場となります。

 


スポンサーリンク


 

速報結果|フィギュアグランプリシリーズ アメリカ大会 男子ショート&フリー

【フィギュアGPアメリカ大会2018男子SP&FSの速報結果】
フィギュアスケートアメリカ大会男子ショートSPとフリースケーティングの速報結果です。

1 ネイサン・チェン(USA) 90.58 (1) 189.99 (1) 280.57
2 ミハル・ブレジナ(CZE) 82.09 (2) 157.42 (2) 239.51
3 セルゲイ・ボロノフ(RUS) 78.18 (4) 148.26 (4) 226.44
4 マッテオ・リッツォ(ITA) 78.09 (5) 147.72 (5) 225.81
5 ビンセント・ジョウ(USA) 76.38 (6) 149.37 (3) 225.75
6 ナム・ニューエン(CAN) 69.86 (9) 143.13 (6) 212.99
7 イー・ジュリアン ジー ジエ(MAS) 81.52 (3) 125.99 (9) 207.51
8 モリス・クビテラシビリ(GEO) 68.58 (11) 136.54 (7) 205.12
9 アレクセイ・ビチェンコ(ISR) 69.69 (10) 127.78 (8) 197.47
10 ロマン・ポンサール(FRA) 71.48 (8) 116.44 (11) 187.92
11 ケビン・レイノルズ(CAN) 61.62 (12) 124.01 (10) 185.63
12 ジミー・マー(USA) 71.53 (7) 113.53 (12) 185.06

 

予想|フィギュアグランプリシリーズ アメリカ大会 男子ショート

【フィギュアGPアメリカ大会2018男子SPの感想】

宇野昌磨選手など強力なライバルたちがエントリーした2017年のグランプリファイナル名古屋に続くグランドファイナル連覇を狙うネイサン・チェン選手(アメリカ)が優勝候補の大本命!

金メダル候補だった2018年2月の平昌五輪ではまさかの5位に終わりましたけど、ネイサン・チェン選手らしくない失敗を連発し、SP(17位)で大きく出遅れてしまった事が大きな敗因。

メダル獲得が絶望的な状況だったにも関わらず、FSでメンバー中1位のスコアを叩き出しているように、世界トップクラスの実力を持っているのは間違いありませんよね。

2018-2019シーズンの初戦となったジャパンオープン(FSのみの団体戦)では出場した男子選手6人中4位という微妙な結果に終わりましたが、調整段階での出場となりましたから、特に気にする必要はないでしょう。

4回転ジャンプの精度の高さは羽生結弦選手・宇野昌磨選手を凌ぐものがありますし、SP・FSともにまとまりのある演技を見せてくれれば、順当に勝ち上がってくれるのでは?と予想しています。

地元アメリカでのグランプリシリーズ開幕戦でグランプリファイナル連覇へ向けて始動するネイサン・チェン選手のパフォーマンスにどうぞご注目ください!

 

優勝候補大本命のネイサン・チェン選手に続くのが、31歳のベテランスケーターで、2017年のグランプリファイナル名古屋で4位に入っているセルゲイ・ボロノフ選手(ロシア)です。

田中刑事選手も出場したチャレンジャーシリーズ・オンドレイネペラ杯では、優勝したミハイル・コリヤダ選手(ロシア)に次ぐ2位(239.73点)をしっかり確保し、健在っぷりをアピール。

ネイサン・チェン選手が大きな失敗をしない限り、セルゲイ・ボロノフ選手が2017年NHK杯以来となるグランプリシリーズ優勝を決めるのは難しいかもしれません。

でも、ネイサン・チェン選手を除いたメンバーの中では地力上位の存在ですから、堅実かつ豪快なプログラムがウリのセルゲイ・ボロノフ選手がネイサン・チェン選手に続く2位をキープしてくれるのでは?と予想しています。

また、セルゲイ・ボロノフ選手は、2014年ソチ五輪の銅メダリストで2018年7月に不慮の死を遂げたデニス・テンさん(カザフスタン)が振り付けをした新プログラムを披露する予定になっています。

志半ばでこの世を去ったデニス・テンさんの思いが詰まったプログラムに挑んでいくセルゲイ・ボロノフ選手の演技にも注目してください。

 

フィギュアスケートグランプリシリーズアメリカ大会2018男子の模様は、2018年10月20日(土)深夜と21日(日)の午後にテレビ朝日系列で録画放送されるほか、BS朝日とAmebaTVからも視聴する事ができます

日本人選手の勇姿が見られないのは残念ですけど、昨シーズンの世界選手権を優勝したネイサン・チェン選手をはじめ、なかなか骨っぽいメンバーがそろっていますよね。

2018-2019シーズンのフィギュアスケート男子の今後を占う意味でも重要な立ち位置になっているグランプリシリーズアメリカ大会2018男子にどうぞご期待ください!
 

 


スポンサーリンク



スポンサーリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. リオオリンピック女子卓球個人の放送局と日程!日本代表選手と金メダル予想
  2. デルポトロ(テニス)ランキング!錦織との対戦成績と強力フォアハンド
  3. 全日本フィギュア選手権大会男子アイキャッチ
  4. フィギュアスケート
  5. 五十幡亮汰のWIKIプロフィール!中学や身長と体重は?サニブラウン対戦動画
  6. スピードスケート
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。